【ブルーロック】強さランキングを発表!選考結果や技についても解説

お気に入りに追加

『ブルーロック』は、独自の形で最強を追い求めるプレイヤーが数多く登場するため、ファンの間でもさまざまな形で強さランキングがつけられている人気作品です。本記事では『ブルーロック』作中で登場した、プレイヤーの技や能力などを交えた強さランキングを紹介していきます。

【ブルーロック】強さランキングを発表!選考結果や技についても解説

目次

  1. 【ブルーロック】とは?
  2. 【ブルーロック】最強キャラの強さや能力・技の特徴ランキングTOP20~11
  3. 【ブルーロック】最強キャラの強さや能力・技の特徴ランキングTOP10~4
  4. 【ブルーロック】最強キャラの強さや能力・技の特徴ランキングTOP3
  5. 【ブルーロック】海外のプレイヤーの強さランキングTOP3
  6. 【ブルーロック】に対する世間での評判や人気
  7. 【ブルーロック】強さランキング1位は「糸師冴」だった

【ブルーロック】とは?

日本代表のサッカー選手を目指すプレイヤーが数多く登場する『ブルーロック』には、それぞれ特徴的で強力な技や能力を持っています。他のサッカーを題材にした漫画では味わえない、個性的なキャラクターが数多く登場するのも『ブルーロック』の人気を支え続けている要因です。まずは、その『ブルーロック』の基本的な情報について簡単に振り返ってみましょう。

ブルーロックの作者

『ブルーロック』は、原作・金城宗幸先生、作画・ノ村優介先生による少年漫画です。金城宗幸先生は『独地小学校物語』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞(2008年)を受賞した経歴を持ちます。その後、2011年に『神さまの言うとおり』で原作者デビューを果たしました。ノ村優介先生は、『進撃の巨人』の現場でアシスタントを経験した経歴を持つ漫画家で、過去には『砂人の皇』や『ドリィ♡キルキル』などを執筆しています。

ブルーロックの概要

『ブルーロック』は2018年35号より連載が開始したサッカー漫画で、デスゲームの要素を織り交ぜた独自の世界観は話題を呼び、2022年にはアニメ化を果たしました。2021年には第45回講談社漫画賞の少年部門も受賞し、スピンオフ作品の『ブルーロック-EPISODE 凪-』も発表されています。個性的なプレイヤーが数多く登場することや、実在のサッカー選手を取り上げる世界観が人気で、2023年7月時点でシリーズ累計発行部数は2700万部を突破しました。

ブルーロックのあらすじ

W杯終了後の日本では、将来好成績を残せるプレイヤーを養成するためにユース世代のFW300人を対象とした青い監獄プロジェクトを始動しました。この施設はブルーロックと呼ばれ、試験で失格となったものは今後日本代表入りの資格を失うという過酷な条件が課せられます。無名の高校生プレイヤーだった主人公の潔世一は世界最強のストライカーになるために、この過酷なブルーロックの試験に挑戦することになりました。

【ブルーロック】二子一揮の基本プロフィール!能力や目を隠す理由も

あわせて読みたい

【ブルーロック】二子一揮の基本プロフィール!能力や目を隠す理由も

本記事では、人気漫画『ブルーロック』に登場する二子一揮について解説します。目を隠していることが特徴の二子一揮の強さや能力、眼を隠す理由についても徹底調査しました。そして、アニメ『ブルーロック』で二子一揮を担当した声優情報も紹介します。

【ブルーロック】最強キャラの強さや能力・技の特徴ランキングTOP20~11

『ブルーロック』には、独自の能力や技を駆使した特徴的なプレイヤーが数多く登場します。ファンの間では、時折どのキャラクターが『ブルーロック』内で最強なのか白熱した議論が発生するほどです。ここでは、ランキング形式で『ブルーロック』内でどのキャラクターが最強なのか、作中で見せた能力や技などを交えた上で紹介していきます。

20位:二子一輝

強さランキング第20位は、チームZ対チームY時に初登場した二子一揮です。二子一揮は目が隠れるほどの長い前髪が特徴的のプレイヤーで、普段は相手にかかわらず敬語で話しています。プレイスタイルは、卓越した空間認識能力と優れた頭脳でゲームを支配するのが得意なプレイヤーです。他のプレイヤーほどの身体能力は持たない反面、戦術の組み立てに関しては他の追随を許さないほど優れた能力を作中で披露しています。これらのことから、一次試験では司令塔を務めることもありました。

19位:氷織羊

強さランキング第19位は、『ブルーロック』11巻の第92話で初登場した氷織羊です。氷織羊は、卓越したパスワークの技術を持つプレイヤーです。氷織羊が送るパスは、いかなる状況でも正確さが欠けることなく、わずかな隙間さえあれば通してしまいます。青い監獄選抜チームのスタメンにこそ選ばれませんでしたが、サブメンバーとして選出された実力の持ち主です。中性的な容姿と関西弁を使用していることから、ファンの間では可愛らしい印象を持たれています。

18位:時光青志

強さランキング第18位は、『ブルーロック』の二次選考にて初登場した時光青志です。時光青志はお人よしでマイナス思考の強い人物ですが、サッカーとなれば強いフィジカルや体幹を武器に戦います。桁外れのスタミナを駆使して相手を翻弄し、並外れた瞬発力と反応速度を持っていることから、他のプレイヤーからも恐れられています。一次選考も3位で突破する実力を持ち、作中最強クラスのプレイヤーですら脅かす存在でありながら、極度のネガティブな性格は変わらないことからこの順位となりました。

17位:蟻生十兵衛

強さランキング第17位は、二次選考2ndステージで初登場した蟻生十兵衛です。美意識が非常に高く、自分に絶対的な自信を持っている一面もあることから、青い監獄プロジェクトが求めるエゴエスト系ストライカーの素質を持ち合わせています。高いジャンプ力や長いリーチが武器で、いかなる不利な状況でも相手のボールを奪い取ることを得意としているプレイヤーです。作中のU-20日本代表戦では、確実に決められたかのように見えた糸師冴のゴールを、特徴的な足を使って凌いで見せた描写がありました。

16位:乙夜影汰

強さランキング第16位は、三次選考時に初登場を果たした乙夜影汰です。乙夜影汰は、アシメントリーでメッシュの入った特徴的な髪型をしているプレイヤーで、普段はテンションが高くない雰囲気で振る舞っています。プレイスタイルはずば抜けた瞬発力と走力を武器にしているプレイヤーで、作中最強クラスの糸師凛ですら凌駕してみせました。実家は忍者の末裔であることから、試合中も本物の忍者さながらのような雰囲気を醸し出しています。

15位:剣城斬鉄

強さランキング第15位は、一時選考でライバルチームでもあったチームVに所属していた剣城斬鉄です。短距離であれば爆発的な瞬発力を武器に戦うプレイヤーで、初速だけであれば千切ですら凌駕する能力を持っています。左足から繰り出されるシュート力も強力で、一次選考時には1人で5ゴール決められる実力の持ち主です。その一方で、知的な見た目とは裏腹に頭が弱く、それを隠すために難しい横文字を使う特徴があります。

14位:黒名蘭世

強さランキング第14位は、『ブルーロック』第6巻42話で初登場した黒名蘭世です。他のプレイヤーと比べると活躍している描写が少ない黒名蘭世ですが、数少ない描写の中にデータ分析力と、小回りが利く機動力を武器に立ち回ります。それらを駆使して、惑星ホットラインと呼ばれる技を作中で披露しました。自身の機動力と相手を分析したことで動きを理解したコンビネーションは、作中最強クラスのプレイヤーですら翻弄する強さを見せています。

13位:御影玲王

強さランキング第13位は、『ブルーロック』3巻第22話で初登場した御影玲王です。作中に登場する御影コーポレーションの御曹司で、容姿端麗で頭脳も運動能力も優れている特徴があります。初登場時こそ、平均的に優れているプレイヤーでしたが、他のプレイヤーのような突飛した技や能力を持っていませんでした。三次選考で敵が得意としている技や能力をコピーするカメレオンと呼ばれる技が生まれ、U-20日本代表戦では凪が得意としているトラップですら忠実に再現してみせました。

12位:烏旅人

強さランキング第12位は、『ブルーロック』11巻93話で初登場した烏旅人です。烏旅人は氷織羊と面識があるプレイヤーで、相手の弱点を瞬時に把握した上で確実に弱点をつける身体能力の持ち主です。これらを実現できるのは超越したハンドワークとフェイント技術からくるもので、不利な状況であってもこれらの技を駆使することで有利な状況を引き寄せます。作中では乙夜影汰とコンビを組むことがありましたが、お互いの能力の相性が良かったこともあり、青い監獄内でもトップクラスのクオリティを誇る技になりました。

11位:千切豹馬

強さランキング第11位は、『ブルーロック』1巻2話の時点で初登場している千切豹馬です。女性のような見た目やマイペースな性格の持ち主であることから、わがままお嬢と呼ばれることもありました。試合中は他のプレイヤーを寄せ付けないほどのトップスピードを武器にしていて、50m走であれば5秒77で走り抜けてしまいます。このスピードを維持した上で、限られたスペースからシュートやパスを決めてしまうほどの優れた体幹の持ち主です。

【ブルーロック】凪誠士郎は天才FW!基本プロフィールから活躍シーンまで

あわせて読みたい

【ブルーロック】凪誠士郎は天才FW!基本プロフィールから活躍シーンまで

『ブルーロック』凪誠士郎の基本プロフィールから活躍シーンまでを詳しく紹介していきます。御影玲王との関係や、数々の名言もクローズアップしました。また、アニメ版『ブルーロック』で、天性のセンスを存分に開花させていく凪誠士郎を演じた声優についても紹介します。

【ブルーロック】最強キャラの強さや能力・技の特徴ランキングTOP10~4

ここまでは『ブルーロック』に登場するプレイヤーの強さランキングについて第20位から11位まで紹介してきました。ここまで紹介してきたプレイヤーも優れた技や能力を持っていますが、これらの技や能力を超える技術を持つプレイヤーが登場しているのも作品の魅力です。ここからは『ブルーロック』強さランキングについて、第10位から4位まで紹介していきます。どのようなプレイヤーがランクインしているのか、作中で披露された技や能力などを交えてチェックしてみましょう。

10位:馬狼照英

強さランキング第10位は、一次選考時にチームZの一員として出場していた馬狼照英です。自信をキングと表現するほどの自己中心的で周りを振り回すエゴイストでもありますが、それを実現できるほどの実力を持っています。ゴール右上角に対して正確なカーブシュートと屈強なフィジカルを駆使した突進力を武器にしているプレイヤーで、相手の微量な隙さえ見逃さない洞察力も持ち合わせている実力者です。

9位:オリヴァ・愛空

強さランキング第9位は、『ブルーロック』13巻第110話で初登場したオリヴァ・愛空です。オリヴァ・愛空は無造作ヘアーとオッドアイが特徴的なプレイヤーで、ドイツと日本のミックスでもあります。身体能力や視野の広さに特化したプレイヤーで、リーダーシップにも優れていることから、U-20日本代表の主将も務めていました。青い監獄プロジェクトには一癖ある最強クラスのプレイヤーが数多く登場しますが、それらを上手く束ねることができるだけの実力を持っているのも特徴です。

8位:潔世一

強さランキング第8位は、『ブルーロック』の主人公でもある潔世一です。潔世一は初登場時こそ無名のプレイヤーでしたが、内に秘めたポテンシャルが評価されたことで青い監獄プロジェクトの1人として選出されました。プロジェクト開始時こそ自身の技や能力を見出せずにいましたが、試験中にずば抜けた空間認識能力や洞察力に開花しています。無意識のうちに生まれるわずかな隙を察知し、それらを逃さない能力は作中最強クラスです。

7位:凪誠士郎

強さランキング第7位は、『ブルーロック』3巻第22話で初登場を果たした凪誠士郎です。薄いグレーの髪色と垂れ目の風貌のプレイヤーで。スピンオフ作品の『ブルーロック-EPISODE 凪-』では主人公を務めています。普段はマイペースで面倒臭がりな一面がありますが、試合になると作中最強クラスのトラップ能力を駆使して戦っているプレイヤーです。バネのようなしなやかさをもつ肉体と流動性は、世界的プレイヤーですら唸らせてしまうほどの能力です。

6位:國神錬介

強さランキング第6位は、作中でも数少ない良心的な心を持ち合わせたスーパーヒーローに憧れる國神錬介です。青い監獄プロジェクトでは、他人を蹴落とすことに躊躇しないプレイヤーが数多く登場していますが、國神錬介は周囲の人物に律儀で性格をしているのが特徴です。左足から放たれるミドルシュートは強烈で、28m以内であれば如何なる状況でもゴールを決めることができます。作中では無回転ロングシュートも会得しているため、ゴール精度が向上することになりました。

また、作中最強クラスのフィジカルと体幹の持ち主でもあり、常に安定した能力を発揮できるのも特徴です。

5位:雪宮剣優

強さランキング第5位は、『ブルーロック』11巻第94話で初登場した雪宮剣優です。雪宮剣優は非常に柔らかい物腰で謙虚なプレイヤーですが、1on1であれば最強を自負しているほどの絶対的な自信を持っています。身体能力も最強クラスで、単純な速さと力強さを駆使したドリブルが武器のプレイヤーです。高く打ち上げた上で急降下する際の速度を利用したジャイロシュートと呼ばれる技を使用しており、誰かが止めなければ確実にゴールに入るほどの精度を誇っています。

4位:蜂楽廻

強さランキング第4位は、『ブルーロック』1巻第2話の時点で初登場を果たしていた蜂楽廻です。蜂楽廻は教養こそ欠落している一面が見受けられるものの、サッカーに関する能力やひらめきに関しては作中最強クラスのプレイヤーでもあります。他のプレイヤーのような目立った技や能力こそ持たない代わりにドリブルやパスセンスに関する技術は超絶的で、重要な場面を打開するきっかけを幾度となく作り上げるほどです。これらを実現できるプレイヤーは他におらず、作中でも多くの人物から評価されています。

【ブルーロック】士道龍聖の性格や能力は?実はいいやつと言われる理由も

あわせて読みたい

【ブルーロック】士道龍聖の性格や能力は?実はいいやつと言われる理由も

『ブルーロック』の士道龍聖について紹介します。話題のサッカー漫画『ブルーロック』に登場する士道龍聖の性格や能力についてまとめました。また、下種で乱暴なイメージから「いいやつ」との評価に変わった理由や、作中で彼が脱落したどうかなどについても解説します。

【ブルーロック】最強キャラの強さや能力・技の特徴ランキングTOP3

ここまでは『ブルーロック』に登場するキャラクターの技や能力の強さについて、第4位まで紹介してきました。ここまで紹介してきたキャラクターも特徴的な技を駆使しているため、作中でも最強クラスの実力を持っているプレイヤーばかりです。ここからは、今まで紹介してきたプレイヤーですら凌駕してしまうほどの能力を持っているプレイヤーTO3を紹介していきます。実際に『ブルーロック』内で描かれていた内容を基にしているので、どのようなプレイヤーがランクインしているのかチェックしてみましょう。

3位:士道龍聖

強さランキング第3位は、『ブルーロック』11巻88話で初登場を果たした士道龍聖です。士道龍聖は『ブルーロック』に登場するプレイヤーの中でも特に乱暴な性格で、躊躇なく他人に暴力を振るうことがあります。士道龍聖はずば抜けた身体能力とゴールを決めるセンスの持ち主で、単純にゴールを狙うことだけであれば作中最強のプレイヤーです。ただ、それ以外のことに関してはまだ荒削りな部分が多く、トリッキーな戦術を得意とするプレイヤーに対しては不利な状況になることがあります。

2位:糸師凛

強さランキング第2位は、『ブルーロック』5巻40話で初登場を果たした糸師凛です。糸師凛は青い監獄プロジェクトのトップランカーで、主人公の潔世一も意識しているプレイヤーでもあります。サッカーに必要な能力が全体的に高い万能型で、相手の動きをすべて予測した上で罠を仕掛けるなどの常人では不可能な離れ技を作中で披露していました。また、FLOWと呼ばれる技も使用可能で、この状態になると並のプレイヤーでは止めることができない超攻撃型のプレイスタイルに変化します。

1位:糸師冴

強さランキング第1位は、『ブルーロック』1巻4話の時点で初登場を果たしている糸師冴です。糸師冴は先述した糸師凛の兄で、現在では世界の名門クラブチームに所属する最強のプレイヤーです。どの能力を取っても最強クラスで、パスやドリブル、シュートの精度は他のプレイヤーが簡単に真似できるものではありません。現在はあくまで自らチャンスメイクするためのチームプレイを重視した上でMFとして活躍していますが、状況によっては自らFWのように敵陣へ攻め込む芸等も見せつけています。

【ブルーロック】千切豹馬の愛称はお嬢?基本プロフィールを徹底紹介

あわせて読みたい

【ブルーロック】千切豹馬の愛称はお嬢?基本プロフィールを徹底紹介

本記事では『ブルーロック』に登場する千切の愛称、プロフィール、能力、名セリフについて考察しています。またアニメ『ブルーロック』で千切を演じている声優情報についてや、千切は世間ではどう思われているのかについてもまとめています。

【ブルーロック】海外のプレイヤーの強さランキングTOP3

ここまでは、『ブルーロック』に登場する日本人のプレイヤーの強さランキングについて紹介してきました。ここまで紹介してきたプレイヤー以外にも、『ブルーロック』には数多くの名だたる名プレイヤーが登場しています。ここからは、海外で活躍するプレイヤーの強さランキングについて、『ブルーロック』内で実際に描かれていた能力や技などの情報を交えて紹介していきます。どのようなプレイヤーがランクインしているのか、実際にチェックしてみましょう。

3位:ラヴィーニョ

海外のプレイヤー強さランキング第3位は、ブラジル代表の1人で現在は名門のクラブチームでもあるFCバルチャに所属しているラヴィーニョです。ラヴィーニョが持つ能力で特に秀でているのは唯一無二のドリブルテクニックで、如何なるプレイヤーですら彼からボールを奪うことはほぼ不可能と称されています。普段は陽気な性格ですが後進育成に対しても積極的で、各プレイヤーが持っている強みや能力をベースにした育成に力を入れている人物です。

2位:クリス・プリンス

海外のプレイヤー強さランキング第2位は、イングランドの名門チームでもあるマンシャイン・Cに所属しているクリス・プリンスです。クリス・プリンスは、パーフェクトヒーローと呼ばれるほどの屈強な肉体と強靭なメンタルを持っています。これらから生まれる強靭なフィジカルを武器に戦うプレイヤーで、並のプレイヤーでは彼を止めることは不可能と称されるほどです。また、ノエル・ノアを超えるために発明された非合理の新撃は、本人ですら予測できない弾道を描くことで対峙すれば確実に混乱する威力を見せつけました。

1位:ノエル・ノア

海外のプレイヤー強さランキング第1位は、ドイツの最強クラブチームでもあるバスタード・ミュンヘンに所属するノエル・ノアです。ノエル・ノアは『ブルーロック』内でも世界最強の選手と称されており、主人公の潔世一が憧れているプレイヤーでもあります。全ての技術が世界最高峰のため、ヨーロッパの最優秀選手賞にも選ばれています。彼の武器は全人類でもごく僅かしか存在しない完全な両利きで、完全合理主義からくるプレイは如何なるプレイヤーも寄せ付けません。

【ブルーロック】クリス・プリンスはトッププレイヤーの一人!能力や名言は?

あわせて読みたい

【ブルーロック】クリス・プリンスはトッププレイヤーの一人!能力や名言は?

本記事では、『ブルーロック』に登場するクリス・プリンスについて解説します。クリス・プリンスは、『ブルーロック』で活躍する世界のトッププレイヤーの1人です。クリスの能力を紹介すると共に、名言もまとめたので参考にしてください。

【ブルーロック】に対する世間での評判や人気

ここで、『ブルーロック』に対する世間での評判や人気をチェックしてみましょう。

最強の存在でもあるノエル・ノアの能力に感銘を受けたというファンの声も見受けられます。『ブルーロック』内には多種多様な技や能力を駆使したプレイヤーが数多く登場する作品です。その中で最強と呼ばれているノエル・ノアは全体的に高い能力は持ちながらも、他のプレイヤーのような突飛した技は持っていません。その代わりに両利きという天性の武器を手にしているため、両足から安定したシュートを放つことができます。シンプルかつ強力だからこそ、ノエル・ノアは最強と呼ばれるようになりました。

青い監獄プロジェクト内で最強クラスのプレイヤーと呼ばれている糸師凛について、変わらずに最強の存在であってほしいと願うファンの声も見受けられました。『ブルーロック』は、連載が進むにつれて多くのプレイヤーも進化し続けている作品です。そのため、今後の展開次第では現在の強さランキングも大きく変動する可能性もファンの間で考えられています。それでも糸師凛には、今後も変わらずに最強の存在であってほしいと声があがるほどの魅力とカリスマ性を持っているプレイヤーです。

『ブルーロック』に登場するプレイヤーについて、それぞれが突飛した能力や技を持っているからこそ、常勝できるプレイヤーが存在しないことに楽しさを覚えるファンの声も見受けられます。例え最強のプレイヤーであっても、試合状況によっては上手く立ち回れないことも出てくるのが『ブルーロック』の魅力です。特徴的なプレイヤーが繰り広げる試合は常にワクワクできるものばかりのため、今でも多くのファンに愛される結果となりました。

【ブルーロック】糸師冴の強さやモデルになった選手は?かっこいい名言も

あわせて読みたい

【ブルーロック】糸師冴の強さやモデルになった選手は?かっこいい名言も

当記事で紹介するのは、漫画『ブルーロック』の登場人物・糸師冴(いとし・さえ)についてです。糸師冴は、ブルーロックの中でも最強レベルのプレイヤーです。そんな彼の強さや能力、モデルとされる選手、名言や人間関係について紹介していきます。

【ブルーロック】強さランキング1位は「糸師冴」だった

『ブルーロック』に登場するプレイヤーの強さランキング1位は、糸師冴であることがわかりました。このように、『ブルーロック』には独自の形で最強を目指す特徴的なプレイヤーが数多く登場している作品です。今回紹介したランキングも、今後の連載次第では大きく変動する可能性も考えられます。今後、どのようなキャラクターが最強と呼ばれるようになるのか、キャラクターの動向などもチェックしながら『ブルーロック』を楽しんでみましょう。

【ブルーロック】エゴイストは重要ワード?エゴいキャラも合わせて紹介

あわせて読みたい

【ブルーロック】エゴイストは重要ワード?エゴいキャラも合わせて紹介

本記事では、さまざまなエゴイスティックな人物が登場する『ブルーロック』のエゴイストランキングを1位から10位まで紹介しています。あわせて、ネオ・エゴイストリーグの結果と青い監獄・ブルーロックに招集された選手たちのエゴいかっこいいシーンもまとめています。

桜井紅茶

この記事のライター

桜井紅茶

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【ブルーロック】アニメは漫画の何話まで?2期についても徹底調査

ブルーロック

【ブルーロック】アニメは漫画の何話まで?2期についても徹底調査

本記事では、アニメ『ブルーロック』1期が原作漫画では何話まで描いているのか紹介します。また、1期の続きを描くアニメ2期に関しても原作漫画で何話までになりそうか、その予測を徹底調査しました。さらに、主要キャラの声優情報もまとめているので参考にしてください。

【ブルーロック】イングランド勢が強い?メンバーは?生き残る人物を考察

ブルーロック

【ブルーロック】イングランド勢が強い?メンバーは?生き残る人物を考察

この記事では、『ブルーロック』に登場するイングランドチームを解説します。イングランドの強さや特徴、対ドイツ戦の試合結果について徹底調査しました。また、イングランドのマスターやメンバーを紹介するとともに、ブルーロックメンバーで生き残る人物についても考察します。

【ブルーロック】メタ・ビジョンは覚醒能力のひとつ!特徴や使える人は?

ブルーロック

【ブルーロック】メタ・ビジョンは覚醒能力のひとつ!特徴や使える人は?

当記事で解説するのは、ブルーロックに登場する能力「メタ・ビジョン」についてです。メタ・ビジョンの特徴や使える人物、さらに今後覚醒する可能性があるキャラを紹介します。ブルーロックの物語の鍵を握るこの特殊能力について、理解を深めていきましょう。

【ブルーロック】三次選考のメンバーの順位は?ルールや脱落者も紹介

ブルーロック

【ブルーロック】三次選考のメンバーの順位は?ルールや脱落者も紹介

『ブルーロック』の三次選考には、35人のメンバーが出場しました。三次選考では、そこからさらに10人が脱落するのです。本記事では、『ブルーロック』で描かれるU-20日本代表戦のレギュラーを掛け、三次選考に出場したメンバーや順位、脱落者などを紹介します。

【ブルーロック】絵心甚八(えごじんぱち)の名言まとめ!かっこいいセリフも

ブルーロック

【ブルーロック】絵心甚八(えごじんぱち)の名言まとめ!かっこいいセリフも

青い監獄の総指揮を担っているえごじんぱちは、作中で数々のかっこいい名言を残しています。彼のセリフには辛辣な言葉が目立ちますが、選手を思っての発言なのです。本記事では、えごじんぱちが初登場したシーンからU-20日本代表戦までの名言を10個紹介します。

【ブルーロック】凪誠士郎のかっこいい魅力や能力まとめ!活躍シーンも紹介

ブルーロック

【ブルーロック】凪誠士郎のかっこいい魅力や能力まとめ!活躍シーンも紹介

『ブルーロック』の中でも人気の高い凪誠士郎がかっこいいといわれる理由を分析します。凪誠士郎にしかできない天才的な能力の解説や各セクションでの活躍、名言も併せて紹介します。また、かっこいいと言われている世間からの評判や担当した声優に関してもまとめています。

【ブルーロック】敗者復活戦はある?脱落したらどうなる?國神の闇堕ちも

ブルーロック

【ブルーロック】敗者復活戦はある?脱落したらどうなる?國神の闇堕ちも

本記事では『ブルーロック』の選考に敗者復活戦はあるのか、脱落したらどうなるのかを調べてみました。あわせて、敗者復活戦の内容、國神錬介が脱落した理由と闇落ちした理由も解説しています。『ブルーロック』の選考に生き残ったメンバーと脱落者についてもまとめています。

【ブルーロック】御影玲王は脱落していない?凪誠志郎との関係性も調査

ブルーロック

【ブルーロック】御影玲王は脱落していない?凪誠志郎との関係性も調査

『ブルーロック』で脱落が噂されている御影玲王について解説します。現在大人気を博している『ブルーロック』の登場キャラ・御影玲王に関する脱落の真偽についてまとめました。また、彼のや強さ・能力や覚醒の有無、凪誠士郎との関係についても併せて紹介します。

【ブルーロック】ロレンツォの人物像まとめ!能力や活躍を徹底調査

ブルーロック

【ブルーロック】ロレンツォの人物像まとめ!能力や活躍を徹底調査

『ブルーロック』のロレンツォを紹介します。ロレンツォとはどのような人物なのかや、その能力や活躍、ロレンツォの過去や現在などを徹底解説しました。また『ブルーロック』作中でのロレンツォの活躍シーンでの名言や、スナッフィーとの関係なども紹介しています。

【ブルーロック】糸師凛が気持ち悪い理由は兄が関係している?魅力も紹介

ブルーロック

【ブルーロック】糸師凛が気持ち悪い理由は兄が関係している?魅力も紹介

糸師凛(いとしりん)が気持ち悪い理由を紹介します。『ブルーロック』の糸師凛が気持ち悪い理由や、凛が気持ち悪いと言われる原因となっている兄との関係などを徹底解説しました。また、糸師凛のかっこいい魅力や、作中でのかっこいい名言についても紹介しています。

ブルーロックの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード