【ブルーロック】凪誠士郎のかっこいい魅力や能力まとめ!活躍シーンも紹介

お気に入りに追加

『ブルーロック』の中でも人気の高い凪誠士郎がかっこいいといわれる理由を分析します。凪誠士郎にしかできない天才的な能力の解説や各セクションでの活躍、名言も併せて紹介します。また、かっこいいと言われている世間からの評判や担当した声優に関してもまとめています。

【ブルーロック】凪誠士郎のかっこいい魅力や能力まとめ!活躍シーンも紹介

目次

  1. 凪誠士郎とは?
  2. 凪誠士郎のかっこいい魅力
  3. 凪誠士郎の能力やトラップ
  4. 凪誠士郎のかっこいい活躍シーンや名言
  5. 凪誠士郎の声優
  6. 凪誠士郎に対する世間での評判や人気
  7. 凪誠士郎はかっこいい天才キャラだった

凪誠士郎とは?

凪誠士郎のプロフィール

「面倒くさい」が口癖で、何事に対しても意欲を見せない17歳です。しかし、強豪ひしめく『ブルーロック』にサッカー歴半年で呼ばれた天才でもあります。『ブルーロック』には、同じ学校に通う同級生の御影玲王と共に来ていました。進学校の中で成績上位をキープするほど学力面でも天才ですが、授業中のほとんどを居眠りをして過ごしています。原作者の金城宗幸先生は「自分が思う『こういう奴がかっこいい』という要素をすべてぶち込んだキャラクター」と話しています。

ブルーロックの概要

『ブルーロック』は、原作者・金城宗幸、作画・ノ村優介によって、週刊少年マガジンにて2018年から連載を開始しました。2021年には第45回講談社漫画賞の少年漫画部門を受賞し、2023年には累計発行部数2800万部を超える大人気サッカー漫画となっています。2022年には2クールをかけてアニメが放映され、その人気に拍車をかけたといいます。

ブルーロックのあらすじ

埼玉県の高校サッカー選手権大会の決勝戦で敗北した潔世一は、家に帰ると日本フットボール連合から「強化指定選手」として「青い監獄・ブルーロック」への召集状が届いていました。立案者でもある絵心甚八によって課される試練に勝ち残った者が日本代表入りを獲得できますが、負ければ永久に日本代表入りの資格を剝奪されるという過酷な条件を背負うことになってしまいます。潔を始め、全国から集まったストライカーたちが己のエゴをぶつけ合うデスゲームが幕を開けたのでした。  

  【ブルーロック】あらすじや魅力を徹底紹介!主要キャラのプロフィールも

あわせて読みたい

【ブルーロック】あらすじや魅力を徹底紹介!主要キャラのプロフィールも

『ブルーロック』のあらすじや魅力を紹介します。『ブルーロック』の入寮テストから新英雄大戦までのあらすじや内容、脱落者、『ブルーロック』という作品の魅力を徹底解説しました。また、『ブルーロック』の登場キャラクターや名言などを紹介しています。

凪誠士郎のかっこいい魅力

かっこいい魅力①面倒くさがりの性格

凪の口癖は「面倒くさい」ということからも、とてもマイペースでルーズな性格の持ち主であることがうかがえます。「大企業に就職して楽するため」という理由で、親元を離れて一人暮らしをしながら神奈川県にある進学校に通っています。授業中は居眠りをして過ごすことが多い凪ですが、成績は常にトップクラスという頭脳の持ち主です。また、同じ学校に通う御影玲王にサッカーの才能を見出され「面倒くさい」と思いながらもサッカー部に入部しました。

かっこいい魅力②成長していく姿

凪は当初、何事に対しても消極的でコンビを組んでいた御影玲王を通じてでしか周囲とうまく関わることができませんでした。しかし『ブルーロック』の中で多くの試合を経験したり、魅力あるキャラクターたちと関わって自分の世界を広げたりと、着実に成長していきました。その成長と共に、天才的な能力を次々に開花させていき、確実に実力を身に着けていくこととなりました。

かっこいい魅力③潔世一との関係

主人公・潔世一とは一次選考で別々のチームとして試合を行いました。試合には敗北してしまったものの、自身を敗北に追い込んだ潔に強い興味を持ち、二次選考では玲王と決別し、潔と蜂楽が組んでいるチームに自ら希望して参加します。二次選考の中でお互いのプレイスタイルなどを話し合い、お互いに実力を高め、切磋琢磨するライバルのような関係性になりました。

かっこいい魅力④御影玲王との関係

凪がサッカーを始めるきっかけになったのが、同じ学校に通う同級生の御影玲王です。玲王は「凪は俺がいなきゃ…」と話していましたが、凪は多くの試合を経験する中で刺激を受けた多くのプレイヤーに対して興味を持ち始め、玲王との関係はだんだんと形を変えていきました。更に二次選考では、玲王とチームを組むことなくステージに参加することを決意しました。二次選考3rdステージにて凪は玲王が所属するチームと相対し、勝利します。

勝利したチームは負けたチームから1人、チームに引き入れることができましたが、サッカーに対する価値観や目標が玲王とは違うことに気が付き、以前のような関係には戻れないと悟った上で、玲王を引き入れることはありませんでした。

【ブルーロック】登場人物の人物像から相関図まで!能力や声優も紹介

あわせて読みたい

【ブルーロック】登場人物の人物像から相関図まで!能力や声優も紹介

本記事では、大人気漫画「ブルーロック」の登場人物の人物像や関係性について紹介します。ブルーロックのメンバーは全員がFWであるものの、物語が進むにつれて守備での才能を開花させる者も現れます。登場人物達の能力や、アニメ版での声優についても紹介します。

凪誠士郎の能力やトラップ

凪誠士郎の能力や強さ

もともとサッカーに対してそこまで前向きな姿勢を見せてこなかった凪ですが、「ブルーロック」に参加することで、眠っていたポテンシャルを刺激させ、能力を開花させることができました。基本的な性格の部分に変化はないようですが、サッカーに対する貪欲さが目覚めました。

凪誠士郎のトラップの種類

「ブルーロック」で様々な選手と試合をすることで覚醒し、成長を続けてきた凪ですが、一番得意とする技は相手を惑わせる「トラップ」です。凪はその成長と共に、武器である「トラップ」にも磨きをかけてきました。ここでは、凪が得意とする能力「トラップ」の種類の一部を解説していきます。

トラップの種類①ブラックホールトラップ

ブラックホールトラップは別名・全吸収トラップともいいます。空中に浮いているボールの勢いをゼロにし、そのままボレーシュートを打つこともできるトラップです。二次選考の際、潔とチームを組んでいるときに見せたトラップの1つで、潔がシュートを狙わんばかりの勢いで出したパスを、見事にその勢いをブラックホールのように吸収して見せました。

トラップの種類②創造的トラップ

同じく二次選考で見せたトラップの1つで、マッチアップの相手の勢いを封殺するようなトラップです。身体を柔軟に使って、まるでボールを意のままに操っているように見せるトラップです。

トラップの種類③背中トラップ

一次選考で潔世一とマッチアップした際に見せたトラップです。通常のように足でボールを受けてしまったら、相手にボールを取られてしまうような場面でした。そこで凪は、背中でトラップをし、マッチアップしていた潔の裏をかきます。ボールを獲得した凪は、そのまま潔を置いてゴールに向かいますが、点数には結び付きませんでした。

トラップの種類④二段式空砲直蹴撃(フェイク・ボレー)

二次選考の4thステージにて繰り出されたトラップになります。『ブルーロック』で最強と言われた糸師凛をも驚かせた神業トラップです。真正面からトラップを受けようとするボールを奪われてしまうと判断した凪は、シュートを打つ体勢に入ります。しかし、それすらもトラップで、相手をすり抜けたのちに再びシュートを打ち得点を決めました。

【ブルーロック】名シーンをランキングにして紹介!かっこいい名場面は?

あわせて読みたい

【ブルーロック】名シーンをランキングにして紹介!かっこいい名場面は?

本記事では『ブルーロック』に描かれた名シーンをランキング形式で紹介していきます。それまでのサッカー漫画とは一線を画す作風で話題となった『ブルーロック』。本作が人気になった理由をエゴイストたちが残した名シーンから振り返りましょう。

凪誠士郎のかっこいい活躍シーンや名言

凪誠士郎のかっこいい活躍

ここで各選考での「かっこいい」といわれる凪の活躍を紹介します。選考が進むたびに覚醒し、サッカーや周囲への好奇心を高めてきた凪が『ブルーロック』でどのような成長をしてきたのか分析します。

凪の活躍①一次選考

凪はチームVに所属し、チームメイトの御影玲王や剣城斬鉄と共に順当に勝ち星を獲得していきます。潔が所属するチームZと試合をした際、凪は「他者に頼ってゴールを決めていた」ということ、自らが動いてゴールを生んだことがないことに気が付きます。この試合で能動的に動くサッカーが面白いこと、敗北すると心から悔しいことを認識します。

凪の活躍②二次選考

二次選考では、自身の武器でもある「トラップ」に磨きをかけます。一次選考で敗北の悔しさを味わうと共に、サッカーの面白さを感じることのできた潔と共にチームを組み、ときには敗北を経験しながら己の能力を磨き続けます。4thステージには「ブルーロック」最強と謳われていた糸師凛さえも驚くようなトラップを完成させました。

凪の活躍③三次選考

今までの戦績や総合的な判断により、凪は『ブルーロック』内で上位6位に入ることができました。5位だった雪宮剣優と共にCチームを結成し、上位にいる糸師凛が率いるAチームと対戦します。今まで成長し続けてきた凪のトラップはここでも活躍し、絵心の目に留まることになります。そして、U-20のスターティングメンバ―・オフェンシブミッドフィルダーに選出されることとなりました。

凪の活躍④U-20日本代表戦

超攻撃型の布陣で挑んだ試合でしたが、相手に先制点を許してしまいました。しかし反撃の中で凪にボールが回ってくると、得意のトラップ技を大いに発揮し、同点ゴールをもぎ取ります。それは、サッカーを始めて半年という魅力ある逸材を発掘し、世界に渡り合える選手に成長させた「青い監獄プロジェクト」の成功を見せつけた瞬間でもありました。

凪の活躍⑤最終選考「新英雄大戦」

サッカーについて全く知識のなかった凪でしたが、2週間の休息の期間に憧れのプレーヤーを見つけることができました。その選手が所属していたイングランドへ行くことを凪自ら希望します。指導者のクリスからは課題を提示され、練習をこなしていきます。初戦のドイツ戦を迎えると練習の成果を発揮することができたものの、ドイツチームの合流した潔も凪の知らぬ間に大きく成長していました。

潔に勝つためにも同じチームの玲王に協力を要請しました。試合には敗れたものの凪の能力は評価され、指導者のクリスが所属する「マンシャイン・C」からオファーを受けることとなりました。

凪誠士郎のスピンオフ漫画での活躍

『ブルーロックEPISODE凪』は、凪誠士郎の視点から『ブルーロック』を描く物語です。2024年には劇場版の公開も決まっており、『ブルーロック』ファンは必読の公式スピンオフになります。本編では描ききられなかった、活躍の裏に隠された凪の心情やその魅力やキャラクターとの関係性も細かく描写しています。2023年現在、3巻まで発売されていますのでまだ読んでいないという人もすぐに追いつけるかと思われます。劇場公開前に読んでみてはいかがでしょうか。

凪誠士郎のかっこいい名言

多くの試練を乗り越えていく中で大きく成長していく凪誠士郎ですが、クールで何も考えていなさそうなキャラクターからは想像もできないような的確な名言を残しています。ここではそんな凪の魅力あるかっこいい名言の一部を紹介します。

凪の名言①「頑張んなきゃ…」

頑張んなきゃ勝てないなんて弱い奴ってめんどくさいね

出典: times.abema.tv

自分だけ『ブルーロック』で生き残ろうと裏で画策する、潔が所属するチームZの久遠に向けて凪が放った一言です。この言葉の裏を返せば「自分は頑張ったことがないけど勝ってきた」と言い換えることができます。天才と言われてきた凪だからこそ悪気なく言えたかっこいい言葉なのかもしれません。

凪の名言②「負けを認めなきゃ…」

負けを認めなきゃ本当の悔しさなんて手に入んないのにさ

出典: times.abema.tv

独断専行をする馬狼のプレイに対して凪が言った名言です。今まで負け知らずで天才と言われてきた凪が『ブルーロック』に来て潔を始め、多くのプレイヤーたちと対戦することで敗北を味わい、成長してきました。そんな凪だからこそ言えたかっこいい名言なのかもしれません。

凪の名言③「サッカーって面白い…」

ねぇ、レオ。サッカーって面白いんだね

出典: animemanga33.com

一次選考にて、潔が所属するチームZがチームとして成長を遂げていく中で、凪の中でもサッカーに対して強い好奇心を覚え、さらには「自分も試してみたい」という向上心がわき、覚醒し始めるシーンで放った言葉です。今まで何に対しても受動的でやる気がなかった凪が、本気で自分の能力と向き合い始めた瞬間でもあり、凪とコンビを組んでいた玲王との関係が変わり始めたかっこいい一言でもありました。

【ブルーロック】凪誠士郎は天才FW!基本プロフィールから活躍シーンまで

あわせて読みたい

【ブルーロック】凪誠士郎は天才FW!基本プロフィールから活躍シーンまで

『ブルーロック』凪誠士郎の基本プロフィールから活躍シーンまでを詳しく紹介していきます。御影玲王との関係や、数々の名言もクローズアップしました。また、アニメ版『ブルーロック』で、天性のセンスを存分に開花させていく凪誠士郎を演じた声優についても紹介します。

凪誠士郎の声優

凪誠士郎の声優は「島﨑信長」

凪がどん欲に成長していく様子を、さわやかな声で表現するのは声優の島﨑信長さんです。島﨑さんは凪誠士郎を担当する際のコメントにて「普段クールでニュートラルに見える天才の我に置いていかれないようにしっかりやっていきたいです」と話していました。

島﨑信長のプロフィール

1988年12月6日生まれで、2023年には35歳を迎えます。2023年1月には一般女性との結婚を報告され、多くの祝福を受けました。また、婚姻届けには同じく声優で島﨑さんの大親友の松岡禎丞さんが保証人として記名されたといいます。2013年には声優アワード新人男優賞を受賞し、2021年には声優アワード助演男優賞を受賞されている、今、大人気の声優です。

島﨑信長の主な出演作品

  • 『呪術廻戦』:真人
  • 『バキ/範馬刃牙』:範馬刃牙
  • 『Free』:七瀬遥
  • 『フルーツバスケット』:草摩由希
  • 『ましろのおと』:澤村雪
  • 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』:ユージオ
【ブルーロック】凪誠士郎の声優は島﨑信長!これまで担当したキャラまとめ

あわせて読みたい

【ブルーロック】凪誠士郎の声優は島﨑信長!これまで担当したキャラまとめ

『ブルーロック』の凪誠士郎役の声優について紹介します。『ブルーロック』の人気キャラ・凪誠士郎をアニメ版で演じている声優島﨑信長の過去の代表作や、演じたキャラをまとめました。また、凪の作中での魅力的な名言や彼を主人公とするスピンオフ作品などについても解説します。

凪誠士郎に対する世間での評判や人気

『ブルーロック』の中でも人気の高いといわれる凪誠士郎ですが、世間ではどのように受け取られているのでしょうか。Xに投稿されている評判や人気を紹介していきます。

クールで表情が常に変わらない天才が、主人公などとの死闘を繰り広げることで成長していく様子は、読者にとっては思わず応援したくなってしまうようなキャラクター性なのかもしれません。また、作中ではコンビを組んでいた玲王との関係性もファンにはたまらないのかもしれません。

作中での呼び方は「凪」が多いかもしれません。しかし、ファンにしてみれば下の名前でもある「誠士郎」で呼んでみたいファンもいるかもしれません。呼び方でいえば、二次選考でチームを組んでいた馬狼は凪のことを「クサオ」と呼んでいます。凪がめんどくさがりなことが由来なようです。他にも「天才」と呼ばれることもあり、各キャラクターと凪との関係性が見て取れるのではないでしょうか。

2023年2月の投稿ですので、アニメで二次選考が放映されているころかと思われます。2クール目ということで話数もかなり進んでいましたので、一気見するにはまとまった時間が必要と思われます。そんな中でも凪誠士郎のビジュアルのみでファンになってしまう人がいることを考えると、本編の実力も合わされば凪の人気の高さも納得ではないでしょうか。

【ブルーロック】御影玲王はかっこいいメンヘラ!脱落説や凪誠士郎との関係も

あわせて読みたい

【ブルーロック】御影玲王はかっこいいメンヘラ!脱落説や凪誠士郎との関係も

メンヘラと言われる御影玲王について考察しています。ブルーロックからの脱落説について、凪誠士郎や潔世一との関係、活躍した試合や名言についても解説しています。また『ブルーロック』のアニメの御影玲王の声優、世間では御影玲王はどう思われているのかも紹介しています。

凪誠士郎はかっこいい天才キャラだった

『ブルーロック』に登場する凪誠士郎のカッコいい魅力について分析してきました。そのビジュアルや天才的な能力だけでなく、『ブルーロック』に参加したことで得られた大きな成長や、その成長によって周囲の人間との関係性が徐々に変化していくキャラクターでした。2024年には『ブルーロックEPISODE凪』の劇場公開や、アニメ『ブルーロック』のTVシリーズ第2期の制作も決定しています。第1期の最後に出てきたキャラクターが今後、凪たちとどのような関係を築いていくのか、期待が高まります。

【ブルーロック】完結はいつになる?最終回の展開を徹底予想

あわせて読みたい

【ブルーロック】完結はいつになる?最終回の展開を徹底予想

『ブルーロック』の完結について解説します。大人気サッカー漫画『ブルーロック』の完結がいつ頃になるのか、そのおよその時期や最終巻数について予想してみました。さらに最終回の展開予想や完結後の展開があるのかどうか、また本作の魅力ポイントについても併せて紹介します。

Takechip

この記事のライター

Takechip

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【ブルーロック】アニメは漫画の何話まで?2期についても徹底調査

ブルーロック

【ブルーロック】アニメは漫画の何話まで?2期についても徹底調査

本記事では、アニメ『ブルーロック』1期が原作漫画では何話まで描いているのか紹介します。また、1期の続きを描くアニメ2期に関しても原作漫画で何話までになりそうか、その予測を徹底調査しました。さらに、主要キャラの声優情報もまとめているので参考にしてください。

【ブルーロック】イングランド勢が強い?メンバーは?生き残る人物を考察

ブルーロック

【ブルーロック】イングランド勢が強い?メンバーは?生き残る人物を考察

この記事では、『ブルーロック』に登場するイングランドチームを解説します。イングランドの強さや特徴、対ドイツ戦の試合結果について徹底調査しました。また、イングランドのマスターやメンバーを紹介するとともに、ブルーロックメンバーで生き残る人物についても考察します。

【ブルーロック】メタ・ビジョンは覚醒能力のひとつ!特徴や使える人は?

ブルーロック

【ブルーロック】メタ・ビジョンは覚醒能力のひとつ!特徴や使える人は?

当記事で解説するのは、ブルーロックに登場する能力「メタ・ビジョン」についてです。メタ・ビジョンの特徴や使える人物、さらに今後覚醒する可能性があるキャラを紹介します。ブルーロックの物語の鍵を握るこの特殊能力について、理解を深めていきましょう。

【ブルーロック】三次選考のメンバーの順位は?ルールや脱落者も紹介

ブルーロック

【ブルーロック】三次選考のメンバーの順位は?ルールや脱落者も紹介

『ブルーロック』の三次選考には、35人のメンバーが出場しました。三次選考では、そこからさらに10人が脱落するのです。本記事では、『ブルーロック』で描かれるU-20日本代表戦のレギュラーを掛け、三次選考に出場したメンバーや順位、脱落者などを紹介します。

【ブルーロック】絵心甚八(えごじんぱち)の名言まとめ!かっこいいセリフも

ブルーロック

【ブルーロック】絵心甚八(えごじんぱち)の名言まとめ!かっこいいセリフも

青い監獄の総指揮を担っているえごじんぱちは、作中で数々のかっこいい名言を残しています。彼のセリフには辛辣な言葉が目立ちますが、選手を思っての発言なのです。本記事では、えごじんぱちが初登場したシーンからU-20日本代表戦までの名言を10個紹介します。

【ブルーロック】敗者復活戦はある?脱落したらどうなる?國神の闇堕ちも

ブルーロック

【ブルーロック】敗者復活戦はある?脱落したらどうなる?國神の闇堕ちも

本記事では『ブルーロック』の選考に敗者復活戦はあるのか、脱落したらどうなるのかを調べてみました。あわせて、敗者復活戦の内容、國神錬介が脱落した理由と闇落ちした理由も解説しています。『ブルーロック』の選考に生き残ったメンバーと脱落者についてもまとめています。

【ブルーロック】御影玲王は脱落していない?凪誠志郎との関係性も調査

ブルーロック

【ブルーロック】御影玲王は脱落していない?凪誠志郎との関係性も調査

『ブルーロック』で脱落が噂されている御影玲王について解説します。現在大人気を博している『ブルーロック』の登場キャラ・御影玲王に関する脱落の真偽についてまとめました。また、彼のや強さ・能力や覚醒の有無、凪誠士郎との関係についても併せて紹介します。

【ブルーロック】ロレンツォの人物像まとめ!能力や活躍を徹底調査

ブルーロック

【ブルーロック】ロレンツォの人物像まとめ!能力や活躍を徹底調査

『ブルーロック』のロレンツォを紹介します。ロレンツォとはどのような人物なのかや、その能力や活躍、ロレンツォの過去や現在などを徹底解説しました。また『ブルーロック』作中でのロレンツォの活躍シーンでの名言や、スナッフィーとの関係なども紹介しています。

【ブルーロック】糸師凛が気持ち悪い理由は兄が関係している?魅力も紹介

ブルーロック

【ブルーロック】糸師凛が気持ち悪い理由は兄が関係している?魅力も紹介

糸師凛(いとしりん)が気持ち悪い理由を紹介します。『ブルーロック』の糸師凛が気持ち悪い理由や、凛が気持ち悪いと言われる原因となっている兄との関係などを徹底解説しました。また、糸師凛のかっこいい魅力や、作中でのかっこいい名言についても紹介しています。

【ブルーロック】千切豹馬は脱落するのか考察!性別や覚醒についても

ブルーロック

【ブルーロック】千切豹馬は脱落するのか考察!性別や覚醒についても

『ブルーロック』に登場する千切豹馬は、右足の怪我が原因で脱落するのではないかとファンの間で噂になっています。本記事では『ブルーロック』に出てくる千切豹馬が脱落するのか考察し、彼の性別や能力、作中で描かれた覚醒シーンについて解説します。

ブルーロックの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード