【約束ネバーランド】シスターの名シーンは?声優と実写俳優も紹介!

お気に入りに追加

「約束のネバーランド」のシスター・クローネは作中での言動や表情などによって猛烈な印象を残しており、人気キャラクターの一人です。そんな「約束のネバーランド」のシスター・クローネについて名シーンやアニメ・実写について解説していきます。

【約束ネバーランド】シスターの名シーンは?声優と実写俳優も紹介!

目次

  1. 【約束のネバーランド】シスターが熱い!
  2. 【約束のネバーランド】シスターの過去から最期まで
  3. 【約束のネバーランド】シスターの名シーン集
  4. 【約束のネバーランド】シスター実写版は渡辺直美が熱演
  5. 【約束のネバーランド】シスターの声優は藤田奈央
  6. 【約束のネバーランド】シスターの世間での評判や人気
  7. 【約束のネバーランド】シスターと鬼滅の刃の関係
  8. 【約束のネバーランド】シスターは初登場からインパクト大

【約束のネバーランド】シスターが熱い!

シスター・クローネは原作漫画の連載が終わった今でも多くの人の印象に残る「約束のネバーランド」のキャラクターです。まずはそのシスターのプロフィールと原作漫画について振り返っていきます。

シスター(クローネ)のプロフィール

グレイス=フィールド(GF)ハウスに派遣された26歳の女性。身長175cmという体格と褐色の肌が特徴。元食用児であり、認識番号は18684。

シスターはママ(イザベラ)の補佐役

クローネはGFに「シスター」として派遣されています。孤児院におけるシスターは飼育長の立場であり、飼育監である「ママ」を補佐する役割を担っています。つまり、GFではママのイザベラを補佐役ということです。

漫画『約束のネバーランド』をおさらい

『約束のネバーランド』は原作を白井カイウ、作画を出水ぽすかが担当する漫画で、『週刊少年ジャンプ』に2016年から2020年に連載されたダークファンタジー・サスペンス作品です。孤児院で暮らす主人公のエマたちが、実は自分たちがこの世界に存在する「鬼」の食用児として育てられていることを知り、その過酷な運命を変えるために行動していきます。

アニメ版や実写映画版も話題に

「約束のネバーランド」はアニメが2019年に第1期、2021年に第2期が放送され、原作とは違う形のエンディングが描かれています。また、2020年には実写映画化もしており、豪華キャストで演じられることが発表されたことで大きな話題となりました。

【約束のネバーランド】エマまとめ!声優や性格は?うざいとの評判についても

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】エマまとめ!声優や性格は?うざいとの評判についても

『約束のネバーランド』のエマは声優や性格なども注目されていて、うざい性格をしているとの評判についても気にされています。今回は『約束のネバーランド』のエマの基本的な情報やキャラクターとの関係、声優、うざいと言われる理由、ネット上の感想などを紹介していきましょう。

【約束のネバーランド】シスターの過去から最期まで

「約束のネバーランド」本編におけるシスター・クローネはエマたちと敵対する相手として描かれていましたが、読み切りや小説では過去が掘り下げられました。そんなシスターの過去から最期までを見ていきましょう。

シスターの過去をおさらい

シスター・クローネの過去は「約束のネバーランド」の読み切りや小説シリーズである『約束のネバーランド 〜ママたちの追想曲〜』 にて明らかになりました。シスターが最期を迎える際、自分の過去を思い出します。そこには今のシスターを作り上げたきっかけがありました。

シスターも農園出身者

シスター・クローネはエマたちとは別の農園(プラント)の出身であり、その頃は優しい性格の少女でした。そこで優秀な成績であったクローネはそのまま出荷されるか、シスターになるかの選択を迫られますが、クローネは生き残るため、シスターの道を選びます。しかし、それに際して農園から逃げられないようにクローネの胸には電流が走るチップが埋め込まれます。

セシルの裏切り

シスター見習いの道を進むと、クローネは養成学校のクラスで同じプラント出身のセシルと再会を果たします。出荷されてしまったと思っていたセシルが無事だったことに涙を流すクローネですが、それから少し時が経つとクラスからシスターになれるのは一人だけだと知らされます。その事実を知ったクローネとセシルは農園からの脱獄を計画します。

しかし、計画の実行を前にしてセシルはクローネを裏切って全ての罪を擦り付けようとしました。信じていた友人の裏切りにクローネは生き抜くためには相手を引きずり落とすしかない現実を受け入れます。実はそのように考え方を変えられるようわざとセシルは裏切ったのですが、そうとは知らないクローネは逆にセシルが計画の首謀者だと告発して、自らは生き残ることになります。

イザベラからママの座を奪う計画

ママのイザベラの要請によってGFにやって来たシスター・クローネですが、エマたちがハウスの秘密を気付いていることを察します。そして、それを隠していたことを理由にイザベラをママの座から失脚させる計画を立て始めます。情報提供することを条件にエマたちへ協力関係になることを持ちかけて、手を組むことに成功しました。

ただ、シスター・クローネが協力しようといるのは表面的なものであり、イザベラからママの座を奪った後にはエマたちも本部に突き出すことを考えていました。また、レイが二重スパイとしてイザベラと駆け引きをしていたことも知っており、自分のことをイザベラに報告すればレイの計画も報告できるので、子どもたちの裏切りは不可能と踏んでいました。

イザベラに見抜かれて計画失敗?

しかし、エマたちと手を組んでからすぐにイザベラからシスター・クローネは通知を受けます。それはクローネが第4プラントへママとして異動することが決定されたというものでしたが、クローネはそれは嘘であり、自分がイザベラによって用済みされたことを理解します。計画はイザベラに見抜かれており、既に先手を打たれていたのです。

シスター死亡までの経緯

シスター・クローネの最期はそれまでの打算的な言動とは違う印象となる死に様であり、過去の経緯を知ってから見ると、シスターもこの世界で生きるためにやってきたことなのだと理解できるようなものです。

イザベラからの異動宣告

イザベラからの異動宣告を受けたシスター・クローネは助かる見込みがないことを悟り、子供部屋で見つけたイザベラを信用を落とすに値するメモとある男が落としたペンを残して、農園の門へ向かいます。そこにはママを統率する「グランマ」と鬼たちが待ち構えていました。

シスターは鬼に食べられた?

シスター・クローネはイザベラの失態やエマたちの脱走についてグランマに報告して生き残ろうとしますが、農園にとってイザベラの方が必要な人材であるとグランマは思っており、聞き入れられません。鬼に襲われて、吸血植物のヴィダを胸に刺されたシスター・クローネはそのまま最期を迎えます。

描写的にこの時点で襲った鬼に食べられてしまったように見えるシスター・クローネですが、実はその肉は別の場所へ出荷されており、鬼の女・王レグラヴァリマに食べられました。エマたちが女王と対面した時、体から生えてきてその事実を知ることになります。

シスターが子供たちに残した言葉とは

鬼に襲われたシスター・クローネは走馬灯が駆け巡る中、子供たちに対して「このクソみたいな世界をぶち壊せ!」という言葉を心の中で伝えます。野心を持って生きていたシスターですが、この世界のシステム自体には疑問を持っていたことを最期に思い出し、それをひっくり返すことをエマたちに望んだです。

【約束のネバーランド】フィルの正体と死亡説の真相は?声優なども紹介

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】フィルの正体と死亡説の真相は?声優なども紹介

「約束のネバーランド」のフィルは可愛らしい見た目と言動で癒し枠になる一方で、主人公たちとは別の場所で多く描かれることから原作漫画の連載中は様々な考察が出てきていました。そんな「約束のネバーランド」のフィルについて正体や死亡説を中心に紹介していきます。

【約束のネバーランド】シスターの名シーン集

「約束のネバーランド」でシスター・クローネが出てくるシーンは色々な意味で印象に残るものであり、名シーンと呼べるシーンも多数あります。

名シーン①シスター初登場

名シーン1つ目はシスター・クローネが初登場するシーンです。イザベラによって呼び寄せられたシスターの登場は大きな体格と愛想笑いとも取れる表情が不気味に描かれており、脱走を目論む段階だったエマたちにとって新たな敵が現れたことがわかるシーンになっています。一方、この頃の印象だけだとシリアスな敵役に見えるものでした。

名シーン②子供たちとの鬼ごっこ

名シーン2つ目はシスター・クローネが子供たちとの鬼ごっこするシーンです。シスターから子供たちへ持ちかけたものですが、そこでシスターは体格に見合った運動能力の高さと効率的に掴まえていく計算高さを見せています。子供たちの弱点を見抜くその姿はエマたちにとって強敵と言える存在でした。

名シーン③シスターの名言「見ぃつけた」

名シーン3つ目はシスター・クローネの名言でもある「見ぃつけた」です。エマをけん制するように言った台詞であり、迫力ある形相からにこやかな表情に戻るところは台詞と合わせて少しホラーチックなものです。一方で迫力があり過ぎる顔はある意味面白い顔芸にも見えます。実写版の宣伝にもこのシーンが採用されています。

名シーン④謎のペン

名シーン4つ目は謎のペンです。シスター・クローネは本部で鬼と話していた謎の男が落としたペンを拾っており、重要なものだと感じ取ったシスターはGFに来てからもずっと持ち続けていました。それから結果的に用済みとされたシスターがエマたちにペンを託すことになるのですが、このペンをきっかけに脱獄が進んでいくことから重要なシーンとして見られています。

シスターと言えば変顔も魅力の1つ

上記の通り最初はシリアスな敵役のように見えたシスター・クローネですが、それ以降はエマたちと接する際には変顔に見えてしまう様々な表情を見せており、コメディチックな役割も担っていきます。その顔芸はファンの間でも人気が高く、コラ画像に使われることから「約束のネバーランド」をよく知らなくてもシスターの変顔は知っている人もいるほど魅力の1つとして広まっています。

【約束のネバーランド】ムジカまとめ!正体や死亡説の真相は?声優なども紹介

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ムジカまとめ!正体や死亡説の真相は?声優なども紹介

『約束のネバーランド』にムジカの正体や死亡説の真相などは注目されていて宗教や声優なども気にされています。今回は『約束のネバーランド』のムジカの基本的な情報、死亡説、宗教や正体、邪血について、ネット上の評価などを紹介していきましょう。

【約束のネバーランド】シスター実写版は渡辺直美が熱演

実写映画の「約束のネバーランド」でシスター・クローネを演じたのは渡辺直美さんです。一見すると風貌はシスターと異なっていますが、その演技は高く評価されています。

渡辺直美とは

渡辺直美さんは吉本興業に所属するお笑いタレントです。体全体で表現するビヨンセのものまねでブレイクしてからメディアの出演が増え、2014年にはニューヨークへ留学するなど日本以外にも活動の場を広げ、世界中で活躍しています。現在はお笑い以外にもメイクやファッション、YouTubeの配信など様々なジャンルで注目される女性です。

2020年12月実写映画『約束のネバーランド』が公開

原作漫画に始まり、小説やアニメにもメディア展開を広げた「約束のネバーランド」ですが、2020年の12月18日はGF脱走編をベースにした実写映画が公開されました。出荷される年齢が引き上げられるなどオリジナルの設定はありますが、漫画の実写化としては一定の評価を得ている作品です。

豪華キャスト勢ぞろいで話題に

実写映画ではエマ役に浜辺美波さん、イザベラ役に北川景子さんが出演するなど、豪華キャストが揃っていることが話題になっています。その中でシスター・クローネを演じる役も驚かれる人物でした。

シスター(クローネ)を演じたのは渡辺直美

その人物こそ渡辺直美さんです。この頃には多数の映像作品に出演していることから演技の面では心配する声が少なかったですが、渡辺直美さんは褐色ではなく、身長や体型も大きく違うことからシスター・クローネに配役されるとはほとんどの人が予想できなかったものです。

渡辺直美(シスター役)の演技の評判

そんな渡辺直美さんの演技ですが、映画のPVが公開され始めると、見た目は違ってもシスター・クローネの雰囲気を掴んでいると話題になりました。原作漫画で見せたような顔芸も渡辺直美さんバージョンで表現されており、子供たちを全力で追いかける様子もシスターらしい迫力があると言われました。豪華キャストの中で最もシンクロ率が高かったと評価する人もいます。

【約束のネバーランド】クローネの魅力は変顔?死亡や声優などについても!

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】クローネの魅力は変顔?死亡や声優などについても!

近年アニメ化や実写映画化もされ、多くの人気を集める『約束のネバーランド』。今回は『約束のネバーランド』の中でも迫力のある変顔とエマ達を追い詰める姿が特徴的なシスター・クローネの性格や魅力、声優や実写版の女優など、クローネについて詳しく説明していきます。

【約束のネバーランド】シスターの声優は藤田奈央

アニメ「約束のネバーランド」でシスター・クローネを演じている声優は藤田奈央さんです。そんな藤田奈央さんについて見ていきましょう。

藤田奈央のプロフィール

5月14日生まれの奈良県出身で現在は声優事務所のヴィムスに所属しています。日本ナレーション演技研究所の出身であり、2011年から声優として活動しています。

藤田奈央の主な出演作品

藤田奈央さんの主な出演作品としては、アニメだと「JKめし!」の朝比奈涼香、「ブラッククローバー」のアスタの幼少期、吹き替えだと「Pバレー:ストリッパーの道」のオータム、「エメラルドシティ」のドロシー、「ワクフ」のユーゴ、「ARROW/アロー シーズン8」のダイナ・ドレイク/ブラックキャナリーを演じており、どちらかと言えば吹き替えジャンルで多く活躍しています。

藤田奈央の世間での評判

シスター・クローネとしての演技は登場時だとコミカルな部分が目立っていますが、シリアスなシーンでは迫真の演技を見せており、その声の迫力が凄いと評価されていました。吹き替えのジャンルでも力強い女性の声が中心であり、その部分がシスター・クローネでも存分に楽しめる演技になっています。

【約束のネバーランド】ママまとめ!性格や登場キャラとの関係は?

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ママまとめ!性格や登場キャラとの関係は?

『約束のネバーランド』のママ(イザベラ)は性格や登場キャラとの関係も注目されていて、過去や実写版女優、声優も気にされています。今回は『約束のネバーランド』のママ(イザベラ)について基本的な情報や過去、実写版女優、声優、ネット上の評価などを紹介していきましょう。

【約束のネバーランド】シスターの世間での評判や人気

ここでは「約束のネバーランド」のシスター・クローネに関する世間での評判や人気を紹介していきます。

漫画の読み切りや小説版でシスター・クローネの過去を知った人はイメージが大きく変わったという意見が多く見られました。また、本来の優しい性格から生き残るためには何でもするようになった理由を知ることでよりシスターというキャラクターを好きになった人も多いようです。

実写映画の感想には渡辺直美さんの熱演を評価する声が多く見られました。原作ではシリアスかつコミカルなシスター・クローネですが、その両方を表現できるのは様々なジャンルで活躍する渡辺直美さんだからこそできたものなのかもしれないという意見もありました。

シスター・クローネの印象として本編以上に声が上がっていたのは「鬼滅の刃」の我妻善逸との絡みです。詳しくは次の項目で紹介しますが、同じジャンプ作品として読んでいた人にとっては納得できるもので、片方しか知らなかった人はもう片方の作品を知るきっかけになったりと作品を超えた奇妙な関係が築き上げられています。

【約束のネバーランド】各キャラの声優一覧!

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】各キャラの声優一覧!

『約束のネバーランド』は2019年にアニメ化しました。アニメでは、人気声優がたくさん出演しています。この記事では、アニメ『約束のネバーランド』に登場するキャラの声優のプロフィールや、出演作を紹介します。また、実写版とのコラボ情報もまとめています。

【約束のネバーランド】シスターと鬼滅の刃の関係

「約束のネバーランド」のキャラクターであるはずのシスター・クローネですが、同じくジャンプの人気作品である「鬼滅の刃」にも大きく関わっています。そんなシスターと「鬼滅の刃」の関係を最後に見ていきましょう。

我峠呼世晴原作『鬼滅の刃』とは

『鬼滅の刃』は吾峠呼世晴の漫画で、『週刊少年ジャンプ』に2016年から2020年に連載されていた作品です。鬼が存在する大正時代を舞台に主人公の竈門炭治郎が鬼にされてしまった妹の禰󠄀豆子を元の人間に戻すため戦っていくストーリーです。原作漫画が好評の中、アニメ化されたことで爆発的にヒットし、社会現象と言えるほど世間に広く知られました。

シスターと我妻善逸(鬼滅の刃)のコラボ?

そんな「鬼滅の刃」とシスター・クローネの関係はネットのコラ画像から始まります。シスターの顔芸と「鬼滅の刃」のキャラクターである我妻善逸がツッコミをするシーンのコラ画像が何故か親和性が高いことから量産され、それがネット一部からファンの間にも広がり始めます。つまり、最初はファンの間で作られた関係だったのです。

作品人気投票でそれぞれランクイン

その関係が公式になってしまったのはお互いの作品における人気投票です。「約束のネバーランド」では我妻善逸、「鬼滅の刃」ではシスター・クローネがそれぞれ主要キャラに食い込む形でランクインすることになり、上記のコラ画像を知らなかった人にもその関係が認知されます。公式もお互いのランクインにコメントしているので良い形として作品を超えたコラボを受け入れているようです。

【約束のネバーランド】シスターは初登場からインパクト大

シスター・クローネは初登場はエマたちに対する強敵として現れながら顔芸を見せたことでコミカルな役回りとして人気を出していったキャラクターです。その一方で過去の経緯からシスターにもシスターなりの生き様があったことがわかるとより好きになるキャラクターでもあります。シスターの本編での活躍や過去を詳しく振り返りたい人は原作漫画やアニメ・小説、実写映画をもう一度見てみましょう。

【約束のネバーランド】グプナとは?儀式の目的や真相などを考察!

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】グプナとは?儀式の目的や真相などを考察!

約束のネバーランドは週刊少年ジャンプで連載されていた大人気漫画です。 物語の中で出てくる「グプナ」という儀式があるのですが、これは一体何をしているものなのでしょうか。この記事では約束のネバーランドの「グプナ」について目的や真相を詳しく調べていきたいと思います。

十文字猛

この記事のライター

十文字猛

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【約束のネバーランド】伏線総まとめ!エマのペンダントやレイの父親の謎とは

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】伏線総まとめ!エマのペンダントやレイの父親の謎とは

約束のネバーランドのエマは、漫画の主人公で人間界に戻るため、旅をしている11歳の女の子です。旅の途中、ムジカからペンダントを貰います。ペンダントを渡した伏線は何だったのでしょうか?約束のネバーランドに登場するレイの父親の謎や、ペンダントの伏線をまとめました。

【約束のネバーランド】死亡・生死不明キャラクター総まとめ!犠牲者の経緯も紹介

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】死亡・生死不明キャラクター総まとめ!犠牲者の経緯も紹介

「約束のネバーランド」死亡キャラ、生死不明キャラを一覧にしてまとめました。「約束のネバーランド」作中での死亡キャラの一覧と死亡に至るまでの経緯を紹介します。生死不明キャラや死亡説があがったキャラも紹介します。「約束のネバーランド」の物語の考察を深めましょう。

【約束のネバーランド】ゴールディポンドの正体が判明!狩場の鬼や子供とは?

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ゴールディポンドの正体が判明!狩場の鬼や子供とは?

「約束のネバーランド」ゴールディポンドとは一体何なのか?その正体について紹介します。「約束のネバーランド」ゴールディポンドの鬼たちと戦う子供達の結末は?「約束のネバーランド」ゴールディポンド編でのヴァイオレットや子供たちの強さについて調査しました!

【約束のネバーランド】ナットの性格やアンナとの関係は?声優情報も調査

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ナットの性格やアンナとの関係は?声優情報も調査

『約束のネバーランド』には個性的な登場人物が多いですが、今回はエマ達と同じGF(グレイス=フィールド)で育ったナットについて紹介します。ナットの性格やアンナとの気になる関係やアニメ『約束のネバーランド』でのナットの声優についても紹介します。

【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由とは?脱走前や13年前も調査

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由とは?脱走前や13年前も調査

『約束のネバーランド』の序盤は脱獄がテーマになっており、その脱獄後のストーリーががつまらないという意見が出ることがあります。この記事ではそんな『約束のネバーランド』の脱走前と脱獄後の違いを見ていきながらつまらないと言われる原因などをまとめていきます。

【約束のネバーランド】ザックとは!バイヨン戦の内容や名言なども紹介

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ザックとは!バイヨン戦の内容や名言なども紹介

約束のネバーランドのザックは、ゴールディ•ポンドで生活をし戦闘チーム最古参の1人である18歳の男性です。約束のネバーランド作中ではザックの名言がカッコ良いとファンの間で話題となっています。この記事ではザックのバイヨン戦の内容や名言をまとめていきたいと思います。

【約束のネバーランド】バイヨン卿の死亡説の真相は?レウウィスとの関係や狩猟場とは

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】バイヨン卿の死亡説の真相は?レウウィスとの関係や狩猟場とは

「約束のネバーランド」のバイヨン卿は紋章付きの外套にパイプで喫煙する姿が紳士的な鬼で、自らが管理する狩場で反乱を起こした食用児と戦うことになります。ここでは「約束のネバーランド」のバイヨン卿と食用児との戦いや同じ貴族のレウウィスとの関係を紹介していきます。

【約束のネバーランド】ヴィンセントの強さは知識量?強さやノーマンとの関係を調査

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ヴィンセントの強さは知識量?強さやノーマンとの関係を調査

「約束のネバーランド」ヴィンセントの能力やその強さ、性格について紹介します。「約束のネバーランド」ヴィンセントがノーマンに心酔する理由とは?「約束のネバーランド」ヴィンセントの名シーンや過去や性格、ノーマンとの出会いやその後について調査しました。

【約束のネバーランド】レスリーとイザベラの関係や過去を調査!歌や生存説とは?

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】レスリーとイザベラの関係や過去を調査!歌や生存説とは?

約束のネバーランドのレスリーは、ママ・イザベラの子供時代関連のある人物で、楽器を弾いている子供として登場します。また、レイの父親なのではという噂もありその理由は何なのでしょうか。今回は約束のネバーランドのレスリーのプロフィールや、声優についてまとめてみました。

【約束のネバーランド】ジリアンは可愛くて強い実力者!魅力や死亡説まとめ

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ジリアンは可愛くて強い実力者!魅力や死亡説まとめ

「約束のネバーランド」のジリアンは衣服にたくさんのワッペンを着けた個性的なファッションをしたかわいい少女です。戦闘になると勇敢な行動を取るその姿とギャップに魅了される人も多いです。そんな「約束のネバーランド」のジリアンの魅力や死亡説について紹介していきます。

約束のネバーランドの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード