【約束のネバーランド】伏線総まとめ!エマのペンダントやレイの父親の謎とは

お気に入りに追加

約束のネバーランドのエマは、漫画の主人公で人間界に戻るため、旅をしている11歳の女の子です。旅の途中、ムジカからペンダントを貰います。ペンダントを渡した伏線は何だったのでしょうか?約束のネバーランドに登場するレイの父親の謎や、ペンダントの伏線をまとめました。

【約束のネバーランド】伏線総まとめ!エマのペンダントやレイの父親の謎とは

目次

  1. 【約束のネバーランド】とは?
  2. 伏線や謎を徹底考察
  3. ノーマンに関する伏線・謎
  4. 鬼に関係する伏線や謎
  5. 最終回後も未回収の伏線や謎
  6. 約ネバの伏線は読者を魅了する重要な鍵

【約束のネバーランド】とは?

約束のネバーランドとは、2016年35号〜2020年28号まで「週刊少年ジャンプ」で連載されたダークファンタジーです。原作者は白井カイウさん、作画を出水ポスカさんが担当していました。2021年6月時点で全世界累計発行部数は3200万部を突破している大人気漫画です。近年では、アニメ化•実写映画化•小説化されてさらにメディアから広く注目されています。

約束のネバーランドのおさらい

一度ここで「約束のネバーランド」をおさらいしましょう。約束のネバーランドは、首に認識番号を記された、鬼のエサとなる食用児として育てられている子供達が、自分達の運命を変えるために冒険するダークファンタジーです。GFハウスでママに優しく育てられていた主人公エマ•レイ•ノーマン達は、仲間の死をキッカケに自分達は食用児(鬼のエサ)だと悟りました。エマ達はハウスを脱獄し自らの運命を変えに冒険する物語です。

漫画『約束のネバーランド』の受賞歴

  • 2016年  漫道コバヤシ漫画大賞
  • 2017年 みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2017
  • 2017年 第63回小学館漫画賞
  • 2017年 漫画新聞大賞
  • 2017年 漫道コバヤシ漫画大賞
  • 2018年 このマンガがすごい!

数々の受賞歴がある「約束のネバーランド」は、2019年時点で「週刊ジャンプ」の中でもトップクラスの人気があり、特に低年層に人気を集めていました。「鬼語」の魅力や漫画のキャラクターが子供目線に描かれている事から、低年層の心を掴んだ作品となったのではないでしょうか。

【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由とは?脱走前や13年前も調査

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由とは?脱走前や13年前も調査

『約束のネバーランド』の序盤は脱獄がテーマになっており、その脱獄後のストーリーががつまらないという意見が出ることがあります。この記事ではそんな『約束のネバーランド』の脱走前と脱獄後の違いを見ていきながらつまらないと言われる原因などをまとめていきます。

伏線や謎を徹底考察

大人気漫画の「約束のネバーランド」ですが、ただ見ているだけでは理解できない伏線や鬼語、未回収な部分が約束のネバーランドには隠されています。ここでは、作品タイトルの謎•鬼語の謎•認識番号の秘密•七つの壁•レイの父親など、普通に見ているだけでは理解できない隠された伏線や謎をまとめていきます。また違った視点で、約束のネバーランドを見れるので面白いと思います。

伏線・謎①作品タイトルの謎

「約束のネバーランド」の作品タイトルの謎を考察していきましょう。「約束」の意味は、人間と鬼の間で結ばれた約束のことを指しています。1000年以上前に人間と鬼は、お互い憎しみ合い殺し合いをしていました。そこで戦争に疲れた人間が、お互いに殺し合いをやめようと提案し、殺し合いを辞める約束をしました。ネバーランドの意味は、鬼と人間の世界を自由に行き来できる存在だと考察されています。作中では、ラートリーがそれに当たります。

伏線・謎②認識番号の秘密

GF農園の子供達の首に記されている認識番号は、鬼が食用児を把握するために認識番号を記しています。さらに、認識番号は生まれた順番を記録する為に記したと考察されています。重要キャラ3人の認識番号を見てみましょう。エマ63194•レイ81194•ノーマン222194となっています。この番号を逆から読み、番号の下3桁で年齢を管理していています。年齢が上がっていく程、下3桁の認識番号が小さくなっていきます。

伏線・謎③ラムダ7214とは

ラムダ7214とは、特別な食用児を量産させる為に作った試験農園です。ゴールディ•ポンド(GP)運営していた鬼バイヨンが出資して作られました。死亡したとされていたノーマンも、ラムダ7241で試験を受けている作画が描かれていました。ラムダ7241のテストは農園最上位に難しいとされていますが、ノーマンはここでも常に満点を出していました。

ラムダ農園とは

ラムダ農園とは、ラートリーと鬼貴族が作った新農園です。ラムダ農園を作った理由は、高級な食用児を作るために実験をする施設です。言わば、食用児の実験場です。薬の投与や非道な実験を繰り返し行い、ラムダ農園の食用児は心底鬼を憎んでいます。ラムダでは、ザジやアダムのように、人間とは思えない強さを持った食用児がいます。それは繰り返し行った非道実験による影響だと考察されています。

アダムだけ投薬実験の副作用がなかった

アダムとは、ラムダ農園に住んでいた大柄な4歳の男の子です。身体能力が高く、普通の人では到底持てない重い物を、軽々と持ち上げる怪力を持っています。しかし知能は低く認証番号ばかり連語し会話ができません。ラムダの投薬実験で、初めて副作用が起きなかったキャラクターです。副作用が起きなかった理由には、鬼貴族であるバイヨンがアダムと戦うことに楽しみを覚えて、アダムには副作用の出る薬を使わなかったと考察されています。

伏線・謎④七つの壁について

エマが人間界に戻る方法を模索している時に、鬼であるムジカに告げられた言葉が「七つの壁を探しなさい」との言葉でした。約束のネバーランドでは、七つの壁はメインとなるワードで、エマ達が人間界に戻るための鍵を握っています。

七つの壁とは

七つの壁とは、人間界と鬼界を間にある壁です。エマ達が人間界に戻るには、七つの壁を乗り越える必要があります。七つの壁の向こう側には鬼の頂点が存在し、人間界に戻るには、鬼の頂点と約束を結ばなければ戻れません。1000年前に1人だけ七つの壁に辿り着き、鬼との約束を結んだのが、初代ラートリー家当主ただ1人です。

七つの壁への行き方

七つの壁への行き方は、「満月が出た夜に金の水に自らの血液を入れ、それをヴィダでかき回して開花させる」そうすると、自動的に七つの壁の入り口までトリップします。金の水とは、漫画103話で出てくる金の水の事を指しています。ヴィダとは、鬼が食用児を殺す時に刺す植物を指しています。七つの壁とは、物体ではなく時空のことを表していて、条件が重なると時空が歪みトリップされます。

伏線・謎⑤エマが交わした約束や「ごほうび」とは

エマが人間界に戻るには、七つの壁の奥に存在する「鬼の頂点」と約束を交わす必要があります。しかし、約束を交わす代わりに「鬼の頂点」からごほうびを要求されました。その内容とは、エマの記憶を完全に消し去るとの内容でした。エマの脳が欲しかった鬼の頂点は、エマの願いを叶えつつご褒美として記憶を奪いました。そしてエマは、仲間達との全ての記憶が無くなったのです。

伏線・謎⑥レイの父親は?レイの誕生日の謎

約束のネバーランドに登場するレイの父親は、ピーターラートリーではないかとファンの間で考察されています。理由は、168話でピーター•ラートリーが「僕は食用児の父。創業者なんだぞ」と発言したことからファンの間では、レイのような優れた食用児は、ラートリーの遺伝子が混ざっているのでは?と考察されています。しかし作中では、レイの父親の真相は未回収となっています。

作中でのレイの誕生日は、1月15日となっています。これはママ(イザベラ)からも発言されており確実です。しかしファンの間では、レイの誕生日は別にあるのではないか?と考察されています。白井カイウさんが、左目を隠しているレイの誕生日は別にあるとコメントした事から、ファンの間で考察が始まりましたが、真相は未回収となっています。

【約束のネバーランド】ナットの性格やアンナとの関係は?声優情報も調査

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ナットの性格やアンナとの関係は?声優情報も調査

『約束のネバーランド』には個性的な登場人物が多いですが、今回はエマ達と同じGF(グレイス=フィールド)で育ったナットについて紹介します。ナットの性格やアンナとの気になる関係やアニメ『約束のネバーランド』でのナットの声優についても紹介します。

ノーマンに関する伏線・謎

約束のネバーランドに登場するノーマンとは、物語の主要人物で主人公エマ達と行動を共にする天才児です。GFハウスでイザベラに出荷された後、登場してこなかった事から死亡説が考察されています。ここでは、ノーマンの死亡説の真意•ノーマンが鬼と交わした同盟をまとめていきます。

ノーマンの基本プロフィール

約束のネバーランドで登場するノーマンは、GFハウス出身で11歳の男の子です。認識番号22194で、生まれながらの天才で4歳でテストを開始以降、フルスコア以外取ったことがありません。GFハウスの食用児達と鬼ごっこをした時も、ノーマンは身体能力は高くないものの天才頭脳からすぐに皆を捕まえてしまいます。主人公エマ達共に食用児という運命を変えるため行動しています。

ノーマンの生存説

GFハウスで、イザベラに出荷されて登場してこなかったノーマンは、死亡したのではないか?と考察されていました。しかし、ある伏線からファンの間ではノーマン生存説の噂が広がっています。ここでは、ノーマンが生存していると言われる伏線をまとめていきます。

ノーマンの生存に関する伏線

ノーマンが生存していると言われる理由は、ある伏線から考察されます。ノーマンが出荷される扉を開けた時「えっ」っと困惑している反応を見せました。普通鬼に殺される場面なら、恐怖に襲われるはずです。この事から、ノーマンは出荷されたのではなく、別の何かに利用されたのでは?と考察されています。単行本9巻で、ノーマンがラムダ農園で生存している事が判明しています。

ギーラン卿との同盟

ノーマンは、鬼であるギーラン卿とある同盟を交わしました。その同盟の内容とは、全食用児の開放•食用児の自治の容認でした。その代わに、700年前裏切られた王家と五摂家を葬り、鬼の政権中枢にギーラン卿を戻すことを約束しました。ギーラン卿は、ノーマンの条件を受け入れて同盟を結ぶことにしました。しかし同盟は嘘だらけで、ノーマンは最初からギーラン卿と鬼をぶつけ、共倒れされる為の作戦だったのです。

ノーマンがアイシェに伝えた言葉とは

約束のネバーランドに登場するアイシェとは、単行本16巻で登場する鬼に育てられた食用児です。親子のような関係で愛情を持って鬼から育てられています。しかしノーマン達がアイシェの家に突撃して、育ての親である鬼を殺してしまいます。怒り狂ったアイシェに、ノーマンが鬼語で何かを伝えます。何を伝えたかは未回収のままでした。しかし、アイシェの驚いた顔を見る限り、意外な言葉を伝えられたと考察されます。

ノーマンの名前の元ネタ

ノーマンの名前の元ネタは、アメリカの画家「ノーマン•ロックウェル」から取っているそうです。これは約束のネバーランド、公式回答から紹介しているので確実です。ノーマン•ロックウェルさんは、世界で十数人しか与えられないシルバー•バッファロー賞を贈られたいる人物です。シルバー•バッファローさんが描いた絵画は18億円で落札されるほど、大人気の画家です。

ノーマンは最終的にどうなった?

最終的にノーマンは人間界に戻ることができます。エマ達と共に7つの壁に辿り着き、エマが「鬼の頂点」と「自分の記憶を全て消す代わりに、人間界に戻す」というごほうびで約束を交わします。エマ•レイ•ノーマン達は人間界にバラバラに飛ばされてしまいます。しかし、レイとノーマンは再開して、記憶を無くしたエマを探す旅にでるのです。

【約束のネバーランド】ノーマンまとめ!魅力や声優は?生きてるなどのネタバレも

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ノーマンまとめ!魅力や声優は?生きてるなどのネタバレも

今回ご紹介するのは『約束のネバーランド』という人気漫画についてです。この漫画には主人公の一人としてノーマンという人物が登場します。ノーマンが『約束のネバーランド』のストーリーにどのように関わっていくのか、また声優や他のキャラクターについても触れていきます。

鬼に関係する伏線や謎

ネバーランドに登場する鬼は、食用児である人間を食べて生体維持をしています。鬼には様々な謎があり、鬼だけが通じる「鬼語」の存在や、中には人間を食べなくても生体維持ができ、知性も保てる鬼も存在します。また、鬼の中で昔から受け継がれている宗教も存在しています。ここでは、鬼の宗教の謎や鬼独自の「鬼語」の謎、全ての鬼の頂点の真実をまとめていきます。

伏線・謎①鬼と鬼の宗教について

鬼と鬼の宗教とは、原初信仰といい「人間を食べない」宗教の事です。作中で出てきたムジカとソンジュは、まさに原初信仰を信仰している鬼です。鬼特有の「鬼語」も話せる知能も持っています。なぜ鬼が人間を食べずに生体維持が出来るのでしょうか?そこにはムジカの超得異個体が関係していました。ムジカは鬼を食べなくても生体維持できる特別な鬼で、ソンジュもムジカの血を分け与えられ同じ体質になれたのです。

伏線・謎②鬼独自の言語「鬼語」

鬼は大きく分けて4種類存在しており、知性も何もない野良鬼から「鬼語」を巧みに使う知性鬼がいます。「鬼語」は作中に出てきますが、文字は何かの模様のようにしか見えず、人間では発音することも出来ません。鬼は人間の言葉も話すことができて「鬼語」で話す時は、人間に聞かれたくない会話をする時と考察されています。作中では、最後まで「鬼語」の真相は未回収のままです。

伏線・謎③鬼と「宗教」の関係

鬼界の宗教とは、原初信仰といい「人口的に作られた命を食べてはいけない」宗教です。作中に出てくるムジカとソンジュは、この信仰を徹底しているので、鬼なのに人間を食べる事はありません。しかし、普通の鬼ならば人間を食べないと生体維持ができませんが、ムジカの超得異個体で、人間を食べなくても生体維持ができます。しかし、ムジカと出会う前のソンジュは、人間を食べていた過去を持っています。

伏線・謎④全ての鬼の頂点「ラスボスの鬼」

鬼界では階級社会となっていて、知能が低く猿や犬のような見た目をしている「鬼語」や会話もできない鬼や、人間の言葉も「鬼語」も話せる、王や貴族といった一般鬼よりも偉い鬼も存在します。上位に存在する鬼達は皆「鬼語」を使い会話ができます。その全ての鬼の頂点に君臨しているのが「あのお方」と言われる鬼です。人間界と鬼界の狭間に存在していて、食用児が人間界に戻るには、「あのお方」と約束を結ばなければなりません。

伏線・謎⑤邪血は少女

約束のネバーランドに登場する邪血の少女は、人間を食べなくても生体維持できる超得異個体です。「鬼語」を話せ、原作では主人公エマ達の味方で命の恩人でもあります。生まれてから一度も人間を食べた事がなく、邪血の少女の血を分け与えられた者は、同じ超得異個体を手に入れる事ができます。邪智の一族は、超得異個体から危険な存在とされ、王家と五摂家によって絶滅されていますが、その生き残りが邪智の少女でした。

【約束のネバーランド】邪血の少女とは!正体はムジカ?登場キャラとの関係なども

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】邪血の少女とは!正体はムジカ?登場キャラとの関係なども

「約束のネバーランド」邪血の少女の正体はムジカなのではないか?とファンの間で注目されています。今回は「約束のネバーランド」邪血の少女の正体はムジカなのか?正体の真相や登場キャラとの関係、ネット上の感想などを紹介していきましょう。

最終回後も未回収の伏線や謎

約束のネバーランドでは、未回収のまま最終回を迎えた出来事が沢山あります。ファンの間では、未回収の伏線や謎を作中から考察して、様々な声が上がっています。ここでは、未回収のまま終わった出来事を見ていきましょう。

エマ達は人間の世界へ行けるのか?

エマ達は人間の世界に行く事ができます。しかしエマは全ての記憶を鬼の頂点に奪われます。七つの壁に辿り着いたエマは、鬼の頂点に「人間界に戻して欲しい」と交渉します。鬼の頂点は、人間界に戻す代わりに君の記憶を全て奪うとの条件を出しました。エマは皆を助ける為、自分の記憶を犠牲にし、食用児全てを人間界に戻すことに決めたのです。

飼育監(ママ)について

約束のネバーランドに登場するイザベラとは、元GF農園出身の食用児で首には認識番号が刻まれています。作中では、 GF農園のママとして冷酷な一面と優しい一面を見せています。イザベラは、約束のネバーランド主要人物レイの母親であり、我が子と知りながら、出荷しなければいけない苦しみに耐えていました。しかし、原作終盤にイザベラは死んでしまいます。鬼に殺されかけたエマを助る為に、身代わりになったのです。最後は皆に囲まれた逝ってしまうのです。

エマがムジカに貰ったペンダントとは

エマが森でムジカに貰ったペンダントは、原作では未回収のままですが、一体なんの意味があったのでしょうか?ムジカは、七つの壁を探しなさい。という助言と共にペンダントを渡しました。ノーマン曰く「お守り」とのことですが、約束のネバーランドファンの間では、また違った考察をされています。このペンダントは「持ち主が強く望むもの」を実現させる力があるのではないか?と考察されていますが、真相は未回収です。

食用児達はどうやって生まれた?

約束のネバーランド原作では、食用児達がどうやって生まれたのか描かれていません。しかしファンの間では、様々な伏線が出ています。その一つが、イザベラ(ママ)が産んでいる説です。実際にレイを産んだのはイザベラで、それが分かった理由は、レイがお腹の中にいる時の記憶が残っていたからです。これは、レイの頭が異常に発達していたからだと思います。

イザベラがレイのママという事から、他の子供達もイザベラが産んだのではないか?と考察されています。

イザベラの出生や行方について

イザベラはGF農園で、全ての食用児を逃してしまったことから、全ての責任を取る覚悟で鬼の元へ向かいました。しかし、鬼から下された判決は、飼育監長への昇格でした。イザベラは、優秀な人物だったイザベラを殺すのではなく、イザベラが犯した罪を別の人間になすりつけ殺したのです。生かされたイザベラでしたが、最期はエマ達を鬼から守るた為、自らの命を投げ出し子供達に見守られ、逝ってしまいました。

おじさんの「お茶会」とは

約束のネバーランドに登場するおじさんとは、認識番号ETR3M8です。13年前、高級農園から脱獄しシェルターに辿り着いた人物です。エマ達と同じ境遇です。初対面では、エマに銃口を向け最悪の出会いでしたが、後半からは頼もしいお兄さんに変わっていきます。過去に仲間を鬼に皆殺しされています。おじさんの精神は崩壊してしまいました。精神を安定させる為にお茶会という名目で、亡くなった仲間を想像して、1人で話していると考察されていますが、真相は未回収です。

30年前に起こった事とは

約束のネバーランドの30年前の世界は、鬼と食用児の世界で現在と何も変わりません。ではなぜ30年前というワードが出てきたのか?その理由は、エマ達がハウスで見た30年前の本にありました。その本には、30年前に何かが起きて、人間が鬼に支配される世界になったと記載されていました。エマ達はその本を信じて30年前に何かが起こったと勘違いしてしまったのです。実際は、1000年前から人間は鬼に支配されているのです。

W・ミネルヴァとは

約束のネバーランドに登場するミネルヴァとは、エマ達食用児の脱獄を手助けしてくれる存在です。エマ達が脱獄できる様、あらゆる手段を使い助言をしてくれました。そんなミネルヴァの本名は、ジェームズ•ラートリーです。人間ですが、認識番号は付いていません。1000年前鬼との約束を交わしたラートリー家の末裔だったのです。しかしミネルヴァは、弟の部下に暗殺され死亡してしまいます。

フィルの正体

フィルの正体は、クローンではないかと考察されています。フィルの優秀な頭脳から、高学歴な遺伝子を組み合わせたクローン人間ということが考察できます。また、エマにとても懐いていることから、エマの遺伝子を受け継いでいるのでは?と考察されています。しかし、原作では未回収のままとなっています。

フィルとは

約束のネバーランドに登場するフィルは、身長100cmの男の子で、認識番号34394です。エマ達と共にGF農園で出身の食用児です。天真爛漫な性格で、頭がよく年少グループのリーダー的存在です。

アンドリューとの会話について

アンドリューとは、長身で丸メガネを掛け、人間ですが認識番号がなく、面長が特徴なキャラクターです。ラートリーに信用されている事から、認識番号が付いていないとされています。エマ達を襲撃して殺そうとする鬼側の人間です。そんなアンドリューが突然ハウスに来て、フィルに「君と話がしたい」も声をかけます。作中では、会話の内容は未回収のままですが、フィルの頭脳や何らかの能力が目的だったと考察されます。

エマの最後は?

エマは人間界に戻る為、七つの壁を見つけ「鬼の頂点」と全ての食用児解放の約束を結びました。その代償に、エマの全ての記憶を消すごほうびを「鬼の頂点」から条件として出されました。エマは皆を助ける為に、条件を飲み全ての記憶を失いました。人間界でレイ•ノーマンと再開し、記憶がないエマでしたが自然と涙が溢れてくるのでした。記憶にはないが、身体が覚えていたのではないでしょうか。真相は未回収です。

【約束のネバーランド】フィルの正体と死亡説の真相は?声優なども紹介

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】フィルの正体と死亡説の真相は?声優なども紹介

「約束のネバーランド」のフィルは可愛らしい見た目と言動で癒し枠になる一方で、主人公たちとは別の場所で多く描かれることから原作漫画の連載中は様々な考察が出てきていました。そんな「約束のネバーランド」のフィルについて正体や死亡説を中心に紹介していきます。

約ネバの伏線は読者を魅了する重要な鍵

今回は、約束のネバーランドの伏線をまとめてみました。原作では未回収な部分も、あらゆる伏線があることが分かりました。そして食用児達は、最後には皆人間界に帰ることができてパッピーエンドな結末となっています。記憶を無くしたエマでしたが、首にある認識番号を消し、また新たに同じ仲間と思い出を作るのではないでしょうか。

【約束のネバーランド】ゴールディポンドの正体が判明!狩場の鬼や子供とは?

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ゴールディポンドの正体が判明!狩場の鬼や子供とは?

「約束のネバーランド」ゴールディポンドとは一体何なのか?その正体について紹介します。「約束のネバーランド」ゴールディポンドの鬼たちと戦う子供達の結末は?「約束のネバーランド」ゴールディポンド編でのヴァイオレットや子供たちの強さについて調査しました!

TKweb

この記事のライター

TKweb

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【約束のネバーランド】ギルダまとめ!性格や声優は?裏切り者説の真相も

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ギルダまとめ!性格や声優は?裏切り者説の真相も

約束のネバーランドに登場するギルダは、頭が良く成績優秀で、子供達の中でもリーダー的存在な10歳の女の子です。そんなギルダですが、ファンの間では裏切り者説が浮上しています。この記事では、約束のネバーランドのギルダの裏切り者説の真相や、アニメ声優などをまとめます。

【約束のネバーランド】エマが要求されたごほうびとは!結んだ約束まとめ

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】エマが要求されたごほうびとは!結んだ約束まとめ

『約束のネバーランド』のエマは物語の終盤においてあの方と約束を結ぶための「ごほうび」を差し出すことになり、それについてファンの間では様々な意見が交わされました。この記事ではそんなエマのごほうびについてあの方との関係性や予想された候補などをまとめていきます。

【約束のネバーランド】ノーマン出荷後の生死は?再会する?黒幕説も考察

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ノーマン出荷後の生死は?再会する?黒幕説も考察

『約束のネバーランド』ノーマンが出荷されるとなった時、そんなまさか!?となった人も多いのではないでしょうか?今回はノーマンが出荷された後どうなってしまうのか?エマやレイと再会はできるのか?まさかのノーマンが黒幕では!?そんな部分を考察していきたいと思います!

【約束のネバーランド】死亡・生死不明キャラクター総まとめ!犠牲者の経緯も紹介

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】死亡・生死不明キャラクター総まとめ!犠牲者の経緯も紹介

「約束のネバーランド」死亡キャラ、生死不明キャラを一覧にしてまとめました。「約束のネバーランド」作中での死亡キャラの一覧と死亡に至るまでの経緯を紹介します。生死不明キャラや死亡説があがったキャラも紹介します。「約束のネバーランド」の物語の考察を深めましょう。

【約束のネバーランド】ゴールディポンドの正体が判明!狩場の鬼や子供とは?

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ゴールディポンドの正体が判明!狩場の鬼や子供とは?

「約束のネバーランド」ゴールディポンドとは一体何なのか?その正体について紹介します。「約束のネバーランド」ゴールディポンドの鬼たちと戦う子供達の結末は?「約束のネバーランド」ゴールディポンド編でのヴァイオレットや子供たちの強さについて調査しました!

【約束のネバーランド】ナットの性格やアンナとの関係は?声優情報も調査

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ナットの性格やアンナとの関係は?声優情報も調査

『約束のネバーランド』には個性的な登場人物が多いですが、今回はエマ達と同じGF(グレイス=フィールド)で育ったナットについて紹介します。ナットの性格やアンナとの気になる関係やアニメ『約束のネバーランド』でのナットの声優についても紹介します。

【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由とは?脱走前や13年前も調査

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由とは?脱走前や13年前も調査

『約束のネバーランド』の序盤は脱獄がテーマになっており、その脱獄後のストーリーががつまらないという意見が出ることがあります。この記事ではそんな『約束のネバーランド』の脱走前と脱獄後の違いを見ていきながらつまらないと言われる原因などをまとめていきます。

【約束のネバーランド】ザックとは!バイヨン戦の内容や名言なども紹介

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ザックとは!バイヨン戦の内容や名言なども紹介

約束のネバーランドのザックは、ゴールディ•ポンドで生活をし戦闘チーム最古参の1人である18歳の男性です。約束のネバーランド作中ではザックの名言がカッコ良いとファンの間で話題となっています。この記事ではザックのバイヨン戦の内容や名言をまとめていきたいと思います。

【約束のネバーランド】バイヨン卿の死亡説の真相は?レウウィスとの関係や狩猟場とは

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】バイヨン卿の死亡説の真相は?レウウィスとの関係や狩猟場とは

「約束のネバーランド」のバイヨン卿は紋章付きの外套にパイプで喫煙する姿が紳士的な鬼で、自らが管理する狩場で反乱を起こした食用児と戦うことになります。ここでは「約束のネバーランド」のバイヨン卿と食用児との戦いや同じ貴族のレウウィスとの関係を紹介していきます。

【約束のネバーランド】ヴィンセントの強さは知識量?強さやノーマンとの関係を調査

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ヴィンセントの強さは知識量?強さやノーマンとの関係を調査

「約束のネバーランド」ヴィンセントの能力やその強さ、性格について紹介します。「約束のネバーランド」ヴィンセントがノーマンに心酔する理由とは?「約束のネバーランド」ヴィンセントの名シーンや過去や性格、ノーマンとの出会いやその後について調査しました。

関連するキーワード

約束のネバーランドの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード