【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由とは?脱走前や13年前も調査

お気に入りに追加

『約束のネバーランド』の序盤は脱獄がテーマになっており、その脱獄後のストーリーががつまらないという意見が出ることがあります。この記事ではそんな『約束のネバーランド』の脱走前と脱獄後の違いを見ていきながらつまらないと言われる原因などをまとめていきます。

【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由とは?脱走前や13年前も調査

目次

  1. 【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由
  2. 【約束のネバーランド】面白い理由や見どころを解説
  3. 【約束のネバーランド】脱走前のストーリー展開
  4. 【約束のネバーランド】脱獄後のストーリー展開
  5. 【約束のネバーランド】13年前の出来事や農園から脱獄した人物とは
  6. 【約束のネバーランド】脱獄後のストーリーの世間での評判や人気
  7. 【約束のネバーランド】脱獄後の評価はつまらない派が多かった

【約束のネバーランド】脱獄後がつまらない理由

『約束のネバーランド』は「GF(グレイス=フィールド)ハウス脱獄編」や「ミネルヴァ探訪編」などのようにストーリーの区切りがある作品ですが、その中で脱獄後のストーリーがつまらないという意見が一部で出ていました。ここではそんな脱獄後がつまらないと考える理由や前後の違いを詳しく見ていきます。

脱獄後がつまらないとされる理由やシーン

『約束のネバーランド』の脱獄後がつまらないと言われるのは初期にあった要素やシーンが変わってしまったところが最も大きな理由になっています。作品を見るきっかけになったのは初期の要素やシーンが面白かったからという人が多く、そこが変わってしまうと、つまらなく感じてしまうというのです。それでは具体的にどこに違いが出てきのでしょうか。

「脱出」から「鬼との戦闘」へのテーマの変化

『約束のネバーランド』の脱獄後で変わった部分として、脱出前は農園から脱出するために子供達が知恵を絞りっていくところが話の中心でしたが、脱獄後は農園にはいなかった自分達を食べる鬼との戦いが話の中心になっていきます。脱出前も心理戦という意味では戦いではあったのですが、脱獄後は能力を持った鬼に対して銃火器で立ち向かうなど戦いの意味に違いが出てきたのです。

その変化によって脱出前はキャラ同士の会話シーンが多かったのですが、脱獄後だと戦闘シーンが増えています。元々バトル漫画の多い『週刊少年ジャンプ』の作品と違い、『約束のネバーランド』では心理戦が行われているところを魅力に感じている人もいたので、戦闘シーンが見たかったわけではないという意見が出てきてしまったのです。

脱出前との物語のスケールの違い

脱出前と脱獄後では物語のスケールも違いがあります。脱出前は農園もとい孤児院という狭い範囲で大人達と駆け引きをしていくものでしたが、脱出後は話が進んでいくうちに『約束のネバーランド』における鬼の世界を大きく変えるような行動や戦いをしていくことになります。そこが違いが出たことで狭い範囲だったからこそ子供達だけの力で何とかしていた部分や絆の深さを感じられた部分が少し薄まったと感じる人もいるのです。

漫画『約束のネバーランド』での脱獄編は何巻?

漫画『約束のネバーランド』において「GFハウス脱獄編」は第5巻の37話までになっており、同じ巻の38話以降は「ミネルヴァ探訪編」になっています。その後も「ゴールディ・ポンド編」、「七つの壁編」、「王都決戦編」と大きく分けると5つの編に分かれていますが、「ゴールディ・ポンド編」以降になると先の戦闘シーンの比率が上がっていくものです。

約ネバファンは脱出前での心理戦が好き?

ここまでの脱獄後がつまらない理由を総括すると、『約束のネバーランド』の一部のファンは脱走前の孤児院という狭い範囲で行われる心理戦が好きだったことが窺えます。謎や伏線が多い作品であったことから考察しながら見るという楽しみ方もあり、そのような人が好んでいたのは戦闘シーンよりも心理戦やそれに関わるキャラの動きだったことが考えられます。

【約束のネバーランド】コニーまとめ!死と花の関係は?声優なども

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】コニーまとめ!死と花の関係は?声優なども

約束のネバーランドのコニーは、お母さんになる未来を夢みている6歳の女の子。ですが第1話で胸に花が刺さり死亡してしまいます。コニーは何故死亡してしまったのでしょうか。この記事では約束のネバーランドのコニーの死の真相や、アニメでの声優などをまとめたいと思います。

【約束のネバーランド】面白い理由や見どころを解説

先の項目ではつまらない理由をピックアップしましたが、それでも『約束のネバーランド』自体は魅力溢れる作品であり、その多数ある見どころの中でどこが引っかかるかはそれぞれの好みに寄ります。ここではそんな『約束のネバーランド』で魅力や見どころとされる部分を見ていきます。

面白い理由①残酷な世界観

『約束のネバーランド』では主人公のエマが同じ孤児院に住む年下の女の子・コニーが食糧として出荷されているところを目撃したことから自分達が住む孤児院が鬼の食糧を育てる農園であることに気付くことからストーリーが始まります。それを知った後も次々と残酷な真実がエマ達に突き付けられていくもので、そんなシリアスな世界観がジャンプ作品として珍しくて面白いと評価されています。

面白い理由②原作と作画の担当が分かれている

『約束のネバーランド』は原作が白井カイウ、作画が出水ぽすかのタッグで制作された作品になっています。原作と作画が分かれていることは面白い話が続く中でも安定した作画で作品が楽しめるようになっており、特に週刊連載中にはその部分が魅力に感じた人が多くいました。

面白い理由③伏線や謎

『約束のネバーランド』は始まりから鬼のための農園を孤児院と偽っていたように様々な謎が隠されていたり、ミネルヴァのペンを始めとする後に繋がるような物や言動が伏線として登場したりする作品です。そんな伏線や謎がどういう意味を持つか考察するところが面白さの一つになっており、週刊連載中は少しずつストーリーが進むこともあって次の週を待ちながら考えられるものでした。

伏線や謎が多いのも面白い理由の1つ

『約束のネバーランド』では普通の世界には存在しないはずの鬼の謎以外にも人間のキャラが隠していることやそれら二つよりも上位の存在など複数の複数の伏線や謎が登場しています。中には連載終了後の現在も完全に明らかになっていない部分もあり、そういった伏線や謎の多さがより面白さを引き立たせています。

見どころ①物語に登場する賢い子供達

『約束のネバーランド』に登場する多くのキャラは子供であり、主人公のエマも11歳とかなり低年齢になっています。ただ、そんな子供達が生き残るために大人顔負けの知恵を出していく姿は頼もしかったり、かっこよく見えたりするものです。大人で脱獄や戦闘をするとどこかで見たストーリーになってしまいますが、賢い子供達が活躍するところは他と違いを感じる見どころになります。

見どころ②戦闘シーン

『約束のネバーランド』の見どころの一つには戦闘シーンがありますが、これは先ほどの項目で書いたように脱出前と脱獄後のどちらが好きであるかによって指すシーンも変わってきます。

ママとの心理戦

脱出前の戦闘シーンは肉体的な戦いではなく、ママ・イザベラに脱獄計画がバレないように立ち回る心理戦です。ママ側に動きを読まれていることから仲間内にスパイ疑惑が出たり、シスター・クローネの介入で子供達とママのパワーバランスが変わったりと駆け引きが一辺倒ではないところは展開がどうなるかわからない見どころになっています。

鬼達との戦闘

一方、脱獄後の戦闘シーンは一部を除いて鬼達との直接的な戦闘になります。人間とは異なる体の作りで驚異的な能力を発揮する鬼達ですが、決して弱点がないわけではなく、対策を練って戦えば打ち倒すこともできます。その対策するまでの過程や仲間達と協力しながら戦っていくところはバトル漫画としての魅力が感じられます。

見どころ③緊迫したストーリー展開

面白さの残酷な世界観に繋がるところですが、冒頭で犠牲になるコニーや脱出前に出荷されることになるノーマンなど名前があるキャラでも退場する可能性がある作品になっています。エマ達食用児は鬼に殺され、食べられる可能性があり、そういった緊迫感が常にあるストーリー展開も見どころの一つです。

【約束のネバーランド】ママまとめ!性格や登場キャラとの関係は?

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ママまとめ!性格や登場キャラとの関係は?

『約束のネバーランド』のママ(イザベラ)は性格や登場キャラとの関係も注目されていて、過去や実写版女優、声優も気にされています。今回は『約束のネバーランド』のママ(イザベラ)について基本的な情報や過去、実写版女優、声優、ネット上の評価などを紹介していきましょう。

【約束のネバーランド】脱走前のストーリー展開

脱獄後がつまらないと言われるということは裏を返せば脱走前のストーリーは非常に良いものであるということになります。ここではそんな『約束のネバーランド』の脱走前のストーリーについてまとめていきます。

脱走前のあらすじ

ママと慕われるイザベラが取り仕切るGFハウスという孤児院で幸せに暮らしていたエマはある日、里親が見つかって孤児院から出ることになったコニーの忘れ物を届けるためにノーマンと共に行くことが禁じられた門の近くまで行きます。しかし、そこでは変わり果てた姿のコニーがおり、そこから鬼の存在と自分たちがその鬼の食糧である食用児として人間農園で育てられていた事実を二人は知ります。

そんな現状を変えるためにエマとノーマンはレイ、ドン、ギルダと真実を共有しながらイザベラに気付かれないよう農園からの脱獄計画を練り始めます。しかし、そのエマ達の動きを牽制するように優しかったはずのイザベラも動き始めました。

脱獄前はエマ達とイザベラの心理戦

脱走前で中心となるのはエマ達が作中の世界がどんな状況なのか調べつつ、食用児として出荷される前に農園からの脱出を図ることです。ただ、真実を知った時点でママ・イザベラはエマ達にとっての敵であることがわかっているため、何も知らないことを装いながらそれらの準備を進めていくことになります。騙すための心理戦はエマ達が子供であることを忘れるような緊迫感があるものです。

ノーマンの脱獄計画

エマ達が脱獄計画を進める中で応援として来たシスター・クローネの登場やレイはいち早く真実を知っていて密かにイザベラと駆け引きをしていたことが明らかになるなど、様々な展開が起こります。そんな中、イザベラはエマ達が集まる中でノーマンの出荷が決定したことを報告しますが、ノーマンは敢えて出荷に従うことで自分以外の脱獄を成功させることを目論見ます。

ノーマンのプロフィール

GFハウスに住む11歳の男の子で認識番号は22194。毎日行われるテストでは毎回フルスコアを取っており、脱獄計画においては実質的なリーダーとして子供達を引っ張っていきます。全員で脱獄する理想を掲げるエマに対しては内心不可能だと思いつつも叶えられるように動く優しく気遣いができる性格です。

死ぬ気のレイを巻き込んだ

ノーマンは出荷される前にレイが農園やイザベラに復讐を考えていることを知ります。その復讐とは鬼にとって上質な食糧である自分が焼身自殺することでこれまでの積み重ねを無くし、更には他の子供達が逃げるチャンスを作るというものでした。それを見破ったノーマンはエマにレイの自殺を阻止するようにしつつ、その復讐計画に乗っかる形でハウスの放火を行うよう指示しました。

計画の伝達方法はクローネとの会話を聞かせた

脱獄計画を成功させるには4歳より上の子供達にもイザベラにバレないような方法で真実を教える必要がありました。その手段として出荷前のノーマンはシスター・クローネとの会話を他の子供達にこっそりと聞かせるというものでした。ドンやギルダの協力を得ながら他の子供達にも真実を共有した後は脱獄のために必要な物や脱獄後の備蓄をみんなで準備していくことになります。

あえて橋を渡らず崖を越える

出荷が決定した後のノーマンはその過程で農園の外から出られるは一つの橋だけで、それ以外の周りは崖に囲まれていることを知ります。しかし、ノーマンは唯一の渡り道である橋は見張りや追手が来る可能性が高いことから逃げ道として崖を渡る方法を考え始めます。その結果、崖の先にロープをかけてハンガーで渡ることを思い付き、そのための道具の用意と本番で渡れるよう子供達へ練習することを指示しました。

【約束のネバーランド】ノーマンまとめ!魅力や声優は?生きてるなどのネタバレも

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ノーマンまとめ!魅力や声優は?生きてるなどのネタバレも

今回ご紹介するのは『約束のネバーランド』という人気漫画についてです。この漫画には主人公の一人としてノーマンという人物が登場します。ノーマンが『約束のネバーランド』のストーリーにどのように関わっていくのか、また声優や他のキャラクターについても触れていきます。

【約束のネバーランド】脱獄後のストーリー展開

ノーマンの脱獄計画によって農園から抜け出したエマ達が次の行動へ移っていくのが脱獄後のストーリーになっていきます。その中でも「ミネルヴァ探訪編」から「ゴールディ・ポンド編」の手前までのストーリーを見ていきます。

脱獄後は鬼と人間の戦闘

脱獄後にエマ達が遭遇するのは様々な見た目や能力を持つ鬼達であり、生き延びるために戦闘を繰り広げていくものです。最初のうちは運よく逃れるシーンも多いものですが、鬼と戦いながら生きている人間と出会うことでエマ達も鬼との戦闘方法を身に付けていき、その度に戦闘シーンも激しくなっていきます。

脱獄後の最初の朝

崖を渡ることで農園からの脱獄に成功したエマ達は暗い夜の中で森を駆け抜けて行きます。そして、森の突き当たりに着いた瞬間、朝日が昇る光景を目にします。このシーンは長い脱獄編が終わりと新たなストーリーの始まりを感じさせることから印象深い名シーンとして挙げられるものです。

最初の朝のシーン

そんなのシーンにたどり着くまでにエマは駆け抜けながら外に出られたことや自由になれたことを実感し始めます。そして、エマは朝日を見た瞬間に「最初の朝だ」と言います。この「最初の朝」という台詞もこのシーンの象徴的な言葉になっています。

脱獄後の外の世界

エマが自由を感じたのも束の間、外の世界では農園で待つ現実とは別の意味で過酷な環境が広がっていました。GFハウス内で手に入れたヒントを頼りにエマ達は次の行動へ移っていきます。

人を食べる植物の森

エマ達が最初に巻き込まれたのは森の中にある人を食べる植物です。次の目的地を探す中で穴に落ちたエマ達はその植物によって絶体絶命の危機になりますが、ミネルヴァのヒントが隠されていた「ウーゴ冒険記」に今の状況と似ている描写があることに気付いて、その脱出方法を用いてピンチを脱しました。

ゴールディ・ポンド編

鬼との戦闘が本格化するのは「ゴールディ・ポンド編」であり、このストーリーでは知性がありながら並外れた身体能力を持つ鬼達が多数登場します。一方で、その環境の中でも戦いながら生き残り続けている別の農園の子供達もおり、エマやレイがそこへ合流したことで新たな展開が描かれていきます。

脱獄後の新たな目的とは?

植物から逃げ延びた後に出会った人を食べない鬼のソンジュとムジカからエマ達はこの世界は分断された二つのうちの鬼の世界であり、それとは別に人間の世界が存在していることを知ります。そのことからエマ達は食糧として鬼に食べられない人間の世界へ行くことを新たな目的として行動を始めます。

脱獄後こそ面白いという意見も?

『約束のネバーランド』を見た人の中には脱獄後の方が面白いという意見もありました。鬼との戦闘はそれまでの心理戦とは異なるものですが、強大な力に対して立ち向かう姿はバトル漫画としては面白いもので、その中に『約束のネバーランド』らしい頭を使った戦略もあることから他とは違う戦闘シーンが楽しめるものです。

【約束のネバーランド】農園一覧!出身キャラとその後についても調査!

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】農園一覧!出身キャラとその後についても調査!

アニメ化や実写映画化で大人気を博している『約束のネバーランド』。今回はそんな『約束のネバーランド』の中でエマ達が過ごしていた農園や後々登場する農園など、各農園の一覧を紹介していくと共に、各農園の登場キャラの一覧も紹介していきます。

【約束のネバーランド】13年前の出来事や農園から脱獄した人物とは

『約束のネバーランド』の農園からの脱獄は序盤だとエマ達が始めてやり遂げたことのように見えますが、その後の展開でエマ達以外にも農園からの脱獄をした人物が明らかになります。ここではその脱獄と関わりがある13年前の出来事について見てきます。

レウウィスとルーカスの13年前に行われたゲームとは

エマ達の時代から13年前にグローリー=ベルと呼ばれる農園から何人かの子供達が脱獄を果たし、一度はミネルヴァの導きによってシェルターへ辿り着きますが、その後に変化がなかったことから新たな場所としてゴールディ・ポンドを目指し始めました。しかし、到着したゴールディ・ポンドでは鬼の貴族達が人間を狩猟する場となっており、子供達は巻き込まれることになります。

その中で子供達は何とか生き延びていましたが、圧倒的な力を持つレウウィスの登場により子供達は次々と殺されてしまい、ついにはリーダー格のユウゴとそのサブリーダー的なポジションのルーカスだけが残ることになりました。そして、このまま全滅することを避けるためにルーカスはユウゴを逃がす時間稼ぎとしてレウウィスへ単身挑み始めます。

レウウィスとルーカスとの戦い

森の中に爆薬によって陽動を仕掛けるルーカスでしたが、レウウィスはそれさえも感知していました。しかし、レウウィスはルーカスの勇気に対して本気で戦える相手と判断して、ルーカスにとある提案をします。それは15分の間に自分を倒せるチャンスを作るというもので、そのうち10分間は反撃せず、しかも鬼の弱点である核を晒した状態で戦うというものでした。

これはフェアで本気の戦いに飢えていたレウウィスだからこそ取った行動であり、どちらにせよ選択肢がないルーカスはその条件を飲んでレウウィスと戦い始めました。ただ、それだけハンデがあってもレウウィスを倒すことは叶わず、ルーカスはレウウィスに敗北することになります。

脱獄に成功したオジサンとは

エマ達が森を抜けてシェルターへ到着した際、そのシェルターには先客として大人の男性がいました。その男性は最初のやり取りでは素性を明かさずそのことからエマ達に「オジサン」と呼ばれることになりますが、この人物こそ13年前にエマ達よりも早く自分達の農園から脱獄した子供の一人であり、リーダー格としてゴールディ・ポンドから唯一生き残ったユウゴ本人でした。

オジサンはミネルヴァを探していた

そんなオジサンが何故子供の時にシェルターからゴールディ・ポンドへ移動してしまったのかと言えばエマ達も導いていたミネルヴァ本人へ会うことを目的としていたからでした。シェルターにいるものと思われたミネルヴァはおらず、ゴールディ・ポンドでの悲劇からオジサンは探すことを諦めていましたが、エマ達との出会いによってユウゴとしての物語も大きく動き出します。

【約束のネバーランド】ルーカスまとめ!ユウゴとの関係や最後は?

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ルーカスまとめ!ユウゴとの関係や最後は?

『約束のネバーランド』のルーカスはエマ達と関わる大人の中では数少ない味方であり、親友のユウゴの関係性がよく取り上げられるキャラです。そんな『約束のネバーランド』のルーカスについて、生存していた理由やユウゴと再会からその最後などを見ていきます。

【約束のネバーランド】脱獄後のストーリーの世間での評判や人気

ここでは脱獄後のストーリーについて世間での評判や人気を見ていきます。脱出前と脱獄後の違いにギャップを感じた人はどれくらいいるのでしょうか。

脱獄後が描かれた単行本5巻の発売は2017年であり、それ以降になると徐々に脱走前のストーリーの方が面白かったという意見が出始めています。一方で、2020年発売の20巻まで読んだ上で振り返っている人の中にも脱走前の方が面白かったというまとめをしている人もいます。全体を通して見たとしても脱出前後の違いに思うところがある人はいるようです。

『約束のネバーランド』の面白さの意見としてキャラについて指摘されていることもありました。これについては変化ある方とない方の両方の意見があります。理想しか語らないエマが変わらないことに違和感を覚える人もいれば、後に再登場することにノーマンの性格の違いにショックを受ける人もいました。

感想や評価の中にはむしろ脱出前の方が面白くなかったという意見もいくつか見られます。ジャンプ作品としてはやはり多少の戦闘シーンがあった方がわかりやすく面白いもので、そういう意味では序盤の展開は助長に感じる可能性はあるものです。

【約束のネバーランド】ユウゴまとめ!死亡説?登場キャラとの関係も!

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】ユウゴまとめ!死亡説?登場キャラとの関係も!

ユウゴは「約束のネバーランド」の中盤で登場し、作中で様々な活躍を見せた読者の印象に残るキャラになっています。そんな「約束のネバーランド」のユウゴについて、『週刊少年ジャンプ』の連載当時に出ていた死亡説や登場キャラとの関係性などを紹介していきます。

【約束のネバーランド】脱獄後の評価はつまらない派が多かった

『約束のネバーランド』の脱獄後のストーリーは脱出前との様々な違いからつまらないと感じる人が多くいました。しかし、これらの評価はあくまでストーリーを切り分けて見た時の感想であり、全体を通して見たり、キャラ単体で見た時の評価はまた変わってくるものです。世間の意見に流されず自分で見ることでわかることもあるのでまだ見ていない人も既に見た人も原作漫画を自分の目で確かめてみましょう。

【約束のネバーランド】エマに左耳がない理由は?左耳関連情報まとめ

あわせて読みたい

【約束のネバーランド】エマに左耳がない理由は?左耳関連情報まとめ

「約束のネバーランド」のエマの左耳は脱獄する前に切除していますが、これによってキャラとしての変化や考察を始め様々な話題が上がってきました。この記事ではそんな「約束のネバーランド」のエマに左耳がない理由や左耳に関連した考察や噂などをまとめていきます。

十文字猛

この記事のライター

十文字猛

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【約束のネバーランド】ギルダまとめ!性格や声優は?裏切り者説の真相も

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ギルダまとめ!性格や声優は?裏切り者説の真相も

約束のネバーランドに登場するギルダは、頭が良く成績優秀で、子供達の中でもリーダー的存在な10歳の女の子です。そんなギルダですが、ファンの間では裏切り者説が浮上しています。この記事では、約束のネバーランドのギルダの裏切り者説の真相や、アニメ声優などをまとめます。

【約束のネバーランド】エマが要求されたごほうびとは!結んだ約束まとめ

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】エマが要求されたごほうびとは!結んだ約束まとめ

『約束のネバーランド』のエマは物語の終盤においてあの方と約束を結ぶための「ごほうび」を差し出すことになり、それについてファンの間では様々な意見が交わされました。この記事ではそんなエマのごほうびについてあの方との関係性や予想された候補などをまとめていきます。

【約束のネバーランド】ノーマン出荷後の生死は?再会する?黒幕説も考察

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ノーマン出荷後の生死は?再会する?黒幕説も考察

『約束のネバーランド』ノーマンが出荷されるとなった時、そんなまさか!?となった人も多いのではないでしょうか?今回はノーマンが出荷された後どうなってしまうのか?エマやレイと再会はできるのか?まさかのノーマンが黒幕では!?そんな部分を考察していきたいと思います!

【約束のネバーランド】伏線総まとめ!エマのペンダントやレイの父親の謎とは

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】伏線総まとめ!エマのペンダントやレイの父親の謎とは

約束のネバーランドのエマは、漫画の主人公で人間界に戻るため、旅をしている11歳の女の子です。旅の途中、ムジカからペンダントを貰います。ペンダントを渡した伏線は何だったのでしょうか?約束のネバーランドに登場するレイの父親の謎や、ペンダントの伏線をまとめました。

【約束のネバーランド】死亡・生死不明キャラクター総まとめ!犠牲者の経緯も紹介

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】死亡・生死不明キャラクター総まとめ!犠牲者の経緯も紹介

「約束のネバーランド」死亡キャラ、生死不明キャラを一覧にしてまとめました。「約束のネバーランド」作中での死亡キャラの一覧と死亡に至るまでの経緯を紹介します。生死不明キャラや死亡説があがったキャラも紹介します。「約束のネバーランド」の物語の考察を深めましょう。

【約束のネバーランド】ゴールディポンドの正体が判明!狩場の鬼や子供とは?

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ゴールディポンドの正体が判明!狩場の鬼や子供とは?

「約束のネバーランド」ゴールディポンドとは一体何なのか?その正体について紹介します。「約束のネバーランド」ゴールディポンドの鬼たちと戦う子供達の結末は?「約束のネバーランド」ゴールディポンド編でのヴァイオレットや子供たちの強さについて調査しました!

【約束のネバーランド】ナットの性格やアンナとの関係は?声優情報も調査

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ナットの性格やアンナとの関係は?声優情報も調査

『約束のネバーランド』には個性的な登場人物が多いですが、今回はエマ達と同じGF(グレイス=フィールド)で育ったナットについて紹介します。ナットの性格やアンナとの気になる関係やアニメ『約束のネバーランド』でのナットの声優についても紹介します。

【約束のネバーランド】ザックとは!バイヨン戦の内容や名言なども紹介

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ザックとは!バイヨン戦の内容や名言なども紹介

約束のネバーランドのザックは、ゴールディ•ポンドで生活をし戦闘チーム最古参の1人である18歳の男性です。約束のネバーランド作中ではザックの名言がカッコ良いとファンの間で話題となっています。この記事ではザックのバイヨン戦の内容や名言をまとめていきたいと思います。

【約束のネバーランド】バイヨン卿の死亡説の真相は?レウウィスとの関係や狩猟場とは

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】バイヨン卿の死亡説の真相は?レウウィスとの関係や狩猟場とは

「約束のネバーランド」のバイヨン卿は紋章付きの外套にパイプで喫煙する姿が紳士的な鬼で、自らが管理する狩場で反乱を起こした食用児と戦うことになります。ここでは「約束のネバーランド」のバイヨン卿と食用児との戦いや同じ貴族のレウウィスとの関係を紹介していきます。

【約束のネバーランド】ヴィンセントの強さは知識量?強さやノーマンとの関係を調査

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ヴィンセントの強さは知識量?強さやノーマンとの関係を調査

「約束のネバーランド」ヴィンセントの能力やその強さ、性格について紹介します。「約束のネバーランド」ヴィンセントがノーマンに心酔する理由とは?「約束のネバーランド」ヴィンセントの名シーンや過去や性格、ノーマンとの出会いやその後について調査しました。

約束のネバーランドの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード