【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリート!特徴や呪術師を徹底紹介

お気に入りに追加

『呪術廻戦』に登場する御三家・五条家、禪院家、加茂家について紹介します。各家の当主や特徴、主な呪術師などを紹介し、今後の『呪術廻戦』をより深く読み進めていけるよう詳しく解説します。更に、御三家についてのXでの評判も紹介します。

【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリート!特徴や呪術師を徹底紹介

目次

  1. 【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリート
  2. 【呪術廻戦】御三家の特徴や呪術師を解説!五条家とは?
  3. 【呪術廻戦】御三家の特徴や呪術師を解説!禪院家とは?
  4. 【呪術廻戦】御三家の特徴や呪術師を解説!加茂家とは?
  5. 【呪術廻戦】御三家に対する世間での評判や人気
  6. 【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリートだった

【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリート

御三家とは?

『呪術廻戦』に登場する御三家とは、呪術が全盛期だった平安時代より続く名門の家系で、「五条家」「禪院家」「加茂家」の三家系で成り立っています。各家、日本三大怨霊を祖先に持つとされていますが、御三家の中で五条家のみの情報しか開示されていません。各家系、それぞれの特徴が色濃く残っており、『呪術廻戦』の物語の中では各キャラクターにとって重要な背景の一部となっています。

呪術廻戦の概要

『呪術廻戦』は芥見下々先生によって、2018年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている、呪術をテーマにしたダークファンタジーです。コミックス第1巻は発売早々、重版がかかるほどの人気を見せました。また、2020年から始まったアニメ放送をきっかけに、原作コミックの重版がかかるスピードも加速され、2023年夏には累計発行部数が8000万部を記録しています。アニメを始め、舞台などのメディアミックスもされており、その人気はいまだに破竹の勢いとなっています。

呪術廻戦のあらすじ

仙台で過ごしていた虎杖悠仁が、育ての親である祖父を亡くしたその夜、祖父のいた病院に現れたのは特級呪物・宿儺の指を探す伏黒恵でした。呪物の所在を聞く伏黒は「夜に学校の先輩たちが呪物の開放を行う」と聞き、急いで学校に向かいます。しかし、学校にはたくさんの呪霊がはびこっていました。事態の収拾のため虎杖は宿儺の指を食べ、宿儺の器として、両面宿儺を復活させてしまうのでした。そこに、呪術高専の五条悟が現れ虎杖を宿儺ごと東京に連れていき、宿儺と共に死刑される旨を伝えるのでした。

【呪術廻戦】呪術師の階級を一覧にして紹介!昇格する条件についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】呪術師の階級を一覧にして紹介!昇格する条件についても

『呪術廻戦』における呪術師や呪詛師、呪霊や受肉体の階級を一覧でまとめています。呪術師の階級の基準や昇格させる条件を解説し、各階級のキャラクターと共に術式もまとめています。さらに『呪術廻戦』の階級に対するファンからの評判も紹介しています。

【呪術廻戦】御三家の特徴や呪術師を解説!五条家とは?

五条家の特徴

平安時代において大物呪術師でもあり、その不遇な運命の末に日本三大怨霊になってしまった菅原道真を祖先に持つのが「五条家」です。御三家にはそれぞれ相伝の術式がありますが、五条家は加えて特異体質でもある「六眼」を持つ者が家系から生まれることも特徴のひとつです。相伝術式に加えて「六眼」をもつ術師が生まれることは五条家の中でもとても稀有なことで、五条悟の前の「六眼」持ちは数百年以上前のことだったといいます。

五条家の当主

現在『呪術廻戦』の中では五条悟以外の五条家の人間は登場しません。現当主は五条悟で、ワンマンチームであることが明言されています。五条悟は生まれた時から呪術界のバランスを崩したといわれるほど強い力をもって生まれ、幼少期の五条を目の前にした呪詛師は、その強大な力からその身を震わせ動くことができなくなる描写がありました。

五条家の遠縁が乙骨?

『呪術廻戦0』で、一般の家庭で生まれ育った乙骨優太がなぜ特級呪術師ほどの力を有していたのかを五条がその出生をひも解く場面がありました。結果、乙骨は五条家と同じ菅原道真の子孫であることが判明し、五条家の当主である五条悟とは遠縁にあたることがわかりました。そのことを乙骨に伝えるも、反応は薄く事の重大さに気が付いていないようでした。

五条家の相伝術式とは?

五条家の相伝術式は「無下限呪術」になります。自分との間に無限を作ることで、危険と判断した攻撃をどんどん低速化させて接触することなく無効化させます。他にも、超高速移動による長距離移動や空中に浮かぶことも可能になりますが、呪力を多く使ってしまうことが弱点です。しかし五条悟の場合「六眼」を持っていることで「無下限呪術」を思い通りに使いこなすことができています。

五条家の六眼とは?

五条家において、その歴史上稀に出現する特異体質を「六眼」といいます。水色の眼球が特徴で、相手の呪力を詳しく視ることができる能力になります。コントロールをしないと、常時、情報が目に飛び込んでくるため、目や脳が大変疲れやすいといわれています。そのため、五条悟はサングラスや包帯、目隠しを使用して情報量の調整をしているようです。目を隠していても高解像度のサーモグラフィーのように見えているので、動きに支障はないようです。

【呪術廻戦】五条家は御三家の中でも強い?メンバーや家系図を紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】五条家は御三家の中でも強い?メンバーや家系図を紹介

『呪術廻戦』でも注目されている御三家の一つ五条家について紹介していきます。『呪術廻戦』の御三家内でも強さを持っている五条家の現当主でもある五条悟をはじめ、その他のメンバーや家系図にも触れていきましょう。また、五条家相伝の術式についても解説します。

【呪術廻戦】御三家の特徴や呪術師を解説!禪院家とは?

禪院家の特徴

多くの優秀な呪術師を輩出しており「禪院家に非ずんば呪術師に非ず、呪術師に非ずんば人に非ず」というほど、呪術師であることに誇りとこだわりを持った家系です。多くの呪術師を抱える家系なだけあって、作中でも禪院家の人間は多く登場します。しかし、禪院家に生まれた女性や非術師に対してはとてもひどく、根強い男尊女卑の文化が残っている家系でもあります。また、同じ御三家でも五条家とは因縁があるようで犬猿の仲といわれています。

禪院家の当主

禪院家の第26代目当主で、特別1級術師という肩書を有しています。 使用する術式は「投射呪法」で、人並外れたスピードで移動することができることから、五条悟を除けば「最速の術師」とも言われています。また、領域展開に対抗する技・秘伝「落花の情」を扱うことができます。

禪院家の主な呪術師

禪院家は『呪術廻戦』の中でも多くのキャラクターが登場します。またその家柄の特徴から、偏った思考を持つキャラクターも多くいます。ここでは、禪院家に所属する人物の詳細を紹介します。

呪術師①禪院直毘人

現在、71歳の禪院直毘人は禪院直哉の父親にあたり、禪院真希・真依の伯父になります。無類の酒好きで、任務中にもアルコールを手放すことはなく、さらには飲酒をする描写がありました。また、姪にあたる禪院真希が禪院家の当主になることを宣言して出奔した際、直毘人は真希に「相応の試練を与える」と伝えました。

呪術師②禪院甚爾

伏黒恵の父親で、禪院家の出身ではありますが恵の母親と結婚することで苗字を変え、禪院家から出奔しています。『呪術廻戦「壊玉・玉折編」』にて、覚醒した五条悟との戦闘で死亡しました。甚爾の遺言として「伏黒恵を禪院家からかくまってほしい」とを五条悟に伝え、息を引き取りました。

呪術師③禪院真希

禪院家に生まれながら一般人と同じぐらいの呪力しかないため、禪院家の相伝術式は使用できません。また、トレードマークであるメガネを使用していないと呪霊を見ることもできません。それでも、並みはずれた身体能力を用いて剣や槍、三節崑などの呪具を用いた接近戦を得意としています。「禪院」という苗字で呼ばれることを極端に嫌がり、周囲には下の名前で呼ぶよう促しています。

呪術師④禪院真依

禪院真依は東京の呪術高専に通う禪院真希の双子の妹です。真依は本家のある京都の呪術高専に在籍しています。3級術師の肩書を持っており、術式は「構築術式」でリボルバーなどの銃器を使用して戦闘に参加します。相手に対して煽るような口調をする真依ですが、姉の真希に対して複雑な感情を持っているようです。

呪術師⑤禪院直哉

現当主の禪院直毘人の息子で、相伝術式の「投射呪法」を引き継いでいます。禪院家としてのプライドがとても高く、男尊女卑な思考が深く根付いています。禪院家の他の人間に対しても不遜な態度を取ることが多いため、人望はないようです。現当主の息子ということもあり、次期当主であることを自負しています。

呪術師⑥禪院扇

現当主・直毘人の弟で、真希と真依の実の父親になり、特別1級術師の肩書を有しています。禪院家の第26代目当主を決める際「子供の出来が悪かったから、当主になれなかった」と子供たちに責任転嫁するような思考を持っており、プライドの高さがうかがえます。しかし、当主に選ばれなかった理由は単純に直毘人の方が術師として強かったからとされており、直毘人と力が拮抗していると思っていたのは扇の思い違いだったようです。

呪術師⑦伏黒恵

禪院家から出奔した伏黒甚爾の息子で、東京の呪術高専に在籍しています。現在2級術師の肩書を持っており、禪院家の相伝術式「十種影術法」を使用して式神と共に戦闘に向かいます。中学時代は荒れており、地元にいるすべての不良たちを倒したという伝説を持っています。呪術高専の担任でもある五条悟とは、高専の入学前から付き合いがあり、気心が知れた仲のようです。

呪術師⑧禪院甚壱

伏黒甚爾の兄にあたり、特別1級術師の肩書を持っています。筋骨隆々とした見た目と太い眉が特徴で、拳を使用した術式を展開するも詳細は不明です。禪院家の術師部隊の一員で、周囲と連携を取りながら戦闘するため他の隊員たちからの信頼も厚く慕われ、隊長である禪院信朗からも一目置かれる存在です。

呪術師⑨禪院蘭太

禪院家の術師部隊の中でも精鋭が所属する部隊「炳」の一員で、準1級術師並みの能力を有していることがわかっています。男尊女卑が当たり前な禪院家の中でも、良識的な判断の持ち主でもあるようで、目下のものにも敬語を使ったり、率先して道場の掃除をするなど、周囲からの評価はとても高かったようです。しかし、真希のことを呼び捨てにしている描写もあったため「男尊女卑が根強い禪院家の中ではまともな人間なだけだった」という可能性もあり、読者の中で議論の的となっています。

呪術師⑩禪院長寿郎

蘭太と同じく禪院家の精鋭術師部隊「炳」の一員で、常に薄気味悪い笑みを浮かべています。無口で『呪術廻戦』本編の中ではモノローグですら一言だけでした。その力の詳細はわかっていませんが、精鋭部隊に所属していたことから1級呪術師並みの能力を有していたことが予想されます。

呪術師⑪禪院信朗

術式を持たない禪院家の部隊「躯倶留隊」の隊長をしています。「躯倶留隊」が全滅したことを知った信朗は思わず「びっくらポンだぜ」と口走る描写があり、読者からは「びっくらポンの人」と呼ばれているようです。隊長を任されていることから、かなりの実力者ということが予想されますが、覚醒した禪院真希との戦闘では2人がかりでも勝てませんでした。

禪院家の相伝術式とは?

禪院家の相伝術式は「十種影法術」と「投射呪法」の2つです。「十種影法術」は主要キャラである伏黒恵が使用している術式でもあります。ここではそれぞれの特徴を詳しく紹介します。

相伝術式①十種影法術影

術師の影を媒体にして十種類の式神を召喚することのできる術式です。様々な式神を同時に呼び出し、組み合わせを変えることでその場に応じた攻撃や防御・索敵が可能となります。呼び出すだけでなく、自身の影で四次元空間を作り出し、戦闘で使用する得物を収納することも可能です。様々な応用が利く術式ではありますが『呪術廻戦』の中で伏黒恵はこの術式をまだ十分に使いこなせておらず、宿儺に「宝の持ち腐れ」と言われてしまうことがありました。

相伝術式②投射呪法

投射呪法とは「1秒を24分割することで自分の視界を画角とし、あらかじめ画角内で作った動きをトレースする」ことが特徴です。かみ砕いて説明をすると、「次にどう動くのかを瞬時に決定し、1秒を24分割にして超スピードで動く」ということです。また、投射呪法で相手を1秒間フリーズさせることもでき、フリーズさせている間に投射呪法の超スピードで相手を倒すことが可能となります。

【呪術廻戦】禪院家の家系図から関係性まで解説!クズといわれる理由は?

あわせて読みたい

【呪術廻戦】禪院家の家系図から関係性まで解説!クズといわれる理由は?

呪術廻戦で登場した禪院家は、内情が明かされていくにしたがい多くの呪術廻戦ファンから「クズすぎる」と言われるようになりました。この記事では、禪院家の家系図や一族の関係や相伝術式の解説、呪術廻戦ファンからクズと言われる理由等を紹介していきます。

【呪術廻戦】御三家の特徴や呪術師を解説!加茂家とは?

加茂家の特徴

陰陽師として平安時代より脈々と受け継がれる伝統的で正統派な呪術師の家系で、呪術界で最も上層部に近い名門とされています。加茂家として『呪術廻戦』の中に登場するのは、呪術高専の京都校に在籍している加茂憲紀と史上最悪の術師として登場する加茂憲倫のみです。

加茂家の呪術師や次期当主

加茂家の次期当主は加茂憲紀であると考えられます。憲紀は表向き加茂本家嫡男されていますが本来は側室の子です。加茂本家の正室が術式を持つ男児を生むことができずにいたため、側室の子である憲紀が6歳の頃に本家に嫡男と偽る形で迎え入れます。次期当主への強い意識を持っており、家系同様、保守的な考えの持ち主でもあります。

加茂家の相伝術式

「赤血操術」は自身の血を呪力で強化し血液を操る術式です。技の種類が多く、様々な距離に対応できます。しかし、術を使うことで自身の血を大量に消費してしまい、貧血になってしまうことが弱点ではありました。しかし加茂憲紀は、輸血パックを持ち歩くことでその弱点を克服することに成功しました。また『呪術廻戦』の中で「赤血操術」の使い手として登場するのは加茂憲紀と、呪霊の脹相となります。

【呪術廻戦】加茂家とはどのような家?登場主要人物を一覧で紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】加茂家とはどのような家?登場主要人物を一覧で紹介

呪術廻戦の世界には呪術界御三家と言われる3つの名門家が存在し、その1つとして数えられている加茂家は赤血操術を相伝し伝統保守派で格式の高い家として知られています。本記事では呪術廻戦に描かれている加茂家の概要や主要キャラクターなどについてまとめていきます。

【呪術廻戦】御三家に対する世間での評判や人気

禪院家に関しては登場人物が多いことから、その内部に渦巻く問題まで詳しく描写されています。その分、嫌悪感を抱く読者も多いようですが、多くの主要キャラクターが禪院家の考えに対抗していることや、作者の芥見先生自身が禪院家を善としていない流れを作っていますので、いわゆる「胸糞」展開になることなく安心して物語を読み進めることができているようです。

禪院家であれば苗字の違う伏黒恵が禪院家相伝の「十種影法術」を使用していたり、加茂家であれば呪霊の脹相が加茂家相伝の「赤血操術」を使用していたりと、一見、御三家に関係ないキャラクターがその家独自の術式を使用していることがあります。伏黒恵に関しては、実父である伏黒甚爾が禪院家の生まれであることが判明しましたが、脹相に関しては原作の方でその詳細やバックボーンが語られています。

呪術高専は御三家の人間であれば通う必要のない学校です。それは、生家がすでに多くの術師を抱えているため、呪術を学ぶ場としては最良の環境だからです。しかし五条悟は呪術高専に通うことで夏油傑や家入硝子と出会い、代え難い青春を共にすることになりました。呪術高専に通うことが五条家からの指示だったのか、五条悟本人が言い出したのか詳細は不明です。しかし「壊玉・玉折」編を見る限り、呪術高専に通っていた期間は、その後の五条悟に大きな影響をもたらしたことは明らかです。

【呪術廻戦】五条悟が封印されるまでの経緯は?復活する時期を徹底考察

あわせて読みたい

【呪術廻戦】五条悟が封印されるまでの経緯は?復活する時期を徹底考察

五条悟が封印されるまでの経緯について解説しています。また封印を解除する方法、復活した時期、宿儺との戦いについてもまとめています。さらに五条悟は死亡したのか、生き返る方法、五条悟の封印についての意見をインターネットから集めて紹介しています。

【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリートだった

『呪術廻戦』に登場する御三家は五条・禪院・加茂という、呪術全盛期だった平安時代から続くエリート家系のことでした。その力は現在でも色濃く残っており、各キャラクターの根幹にかかわる部分を示している設定となっています。各家系の長い歴史の中では様々な事件も発生しており、その事件が作中の現代にまで影響していたりしています。今後の話の展開でも、御三家は重要なバックボーンとなりますので御三家の概要を理解していると『呪術廻戦』をさらに楽しむことができるのではないでしょうか。

【呪術廻戦】渋谷事変の出来事や時系列を紹介!キャラの生死についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】渋谷事変の出来事や時系列を紹介!キャラの生死についても

『呪術廻戦』では物語に大きな影響を及ぼした出来事として、"渋谷事変"が存在します。渋谷事変は複数のキャラクターの生死に関わる大規模な戦闘が発生した出来事となっている為、読者の記憶に強く残りました。今回は『呪術廻戦』の渋谷事変という出来事について紹介します。

Takechip

この記事のライター

Takechip

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】五条悟の封印が解けた?復活した理由やシーンを紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟の封印が解けた?復活した理由やシーンを紹介

『呪術廻戦』の最強呪術師・五条悟は封印されていましたが、復活しました。夏油の体を乗っ取っている羂索によって、19日ほど封印されていたのです。封印は呪術高専の生徒たちの活躍により解かれました。本記事では、五条悟の封印が解けた理由やシーンを紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁のおじいちゃんの正体とは?両親の秘密や遺言も

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁のおじいちゃんの正体とは?両親の秘密や遺言も

本記事では『呪術廻戦』に登場する主人公・虎杖悠仁のおじいちゃんの正体や、虎杖悠仁の両親の秘密や家族構成、おじいちゃんの遺言をまとめて紹介します。また虎杖悠仁のおじいちゃんの声を担当している声優や、おじいちゃんに対してのファンからの評価も合わせて紹介します。

【呪術廻戦】胎蔵遍野(たいぞうへんや)の強さは?効果や羂索の術式も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】胎蔵遍野(たいぞうへんや)の強さは?効果や羂索の術式も紹介

本記事では『呪術廻戦』に登場する羂索の領域展開・胎蔵遍野(たいぞうへんや)についてまとめていきます。『呪術廻戦』の九十九戦にて初めて描かれたたいぞうへんやの強さや効果はもちろん、羂索の術式や過去などについても解説していきます。

【呪術廻戦】九十九由基の死亡は確定したのか調査!生きている説の真相とは?

呪術廻戦

【呪術廻戦】九十九由基の死亡は確定したのか調査!生きている説の真相とは?

『呪術廻戦』に登場する九十九由基は死亡しました。しかし、本当に死亡したのか、疑念の声も上がっています。そこで、本記事では、九十九由基の死亡は確定したのかどうか徹底的に調査しました。また、生きている説の真相にも切り込んでいるので、参考にして下さい。

【呪術廻戦】天逆鉾(あまのさかほこ)は現在どこにある?能力や効果も調査

呪術廻戦

【呪術廻戦】天逆鉾(あまのさかほこ)は現在どこにある?能力や効果も調査

本記事では『呪術廻戦』に登場する呪具・天逆鉾(あまのさかほこ)についてまとめていきます。呪術廻戦においてあまのさかほこが現在どこにあるのかを始め、能力や効果、今後の展開でどのように利用されるのかなどについて解説していきます。

【呪術廻戦】メカ丸と三輪霞の関係性は?二人の最後の結末が泣ける?

呪術廻戦

【呪術廻戦】メカ丸と三輪霞の関係性は?二人の最後の結末が泣ける?

メカ丸と三輪霞はどのような関係性なのか解説していきます。泣けるという感想が多い、二人の最後となる結末や与幸吉の想いについても見ていきましょう。恋愛要素の少ない呪術廻戦でのメカ丸と三輪霞の恋愛模様にぜひ注目してみてください。

【呪術廻戦】五条悟が封印されるまでの経緯は?復活する時期を徹底考察

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟が封印されるまでの経緯は?復活する時期を徹底考察

五条悟が封印されるまでの経緯について解説しています。また封印を解除する方法、復活した時期、宿儺との戦いについてもまとめています。さらに五条悟は死亡したのか、生き返る方法、五条悟の封印についての意見をインターネットから集めて紹介しています。

【呪術廻戦】虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールまとめ!声優は誰?

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールまとめ!声優は誰?

『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールについてまとめました。新米呪術師の虎杖悠仁は体型や身体能力に恵まれた青年として登場しています。本記事では、そんな虎杖悠仁の身長などのプロフィールや強さ、さらに作中で発した名言について紹介します。

【呪術廻戦】虎杖香織とはどのような人物?羂索との関係は?正体を考察

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖香織とはどのような人物?羂索との関係は?正体を考察

本記事では『呪術廻戦』の主人公虎杖悠仁の母親である虎杖香織の人物像をまとめています。虎杖香織は羂索との関係が疑われるなど、普通の人間ではなかった可能性があります。そこで、『呪術廻戦』の虎杖香織の正体を徹底的に考察しました。ぜひ参考にしてください。

【呪術廻戦】伏黒甚爾のかっこいい魅力やシーンまとめ!術式や声優も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】伏黒甚爾のかっこいい魅力やシーンまとめ!術式や声優も紹介

本記事では『呪術廻戦』に登場する敵キャラ・伏黒甚爾のかっこいい魅力やシーンについてまとめていきます。悪役ながら伏黒甚爾がかっこいいと言われ読者からの人気が高い理由についてはもちろん、作中で披露した術式やアニメ声優についても解説していきます。

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード