【呪術廻戦】禪院直毘人の強さや術式を紹介!活躍や最期についても

お気に入りに追加

呪術廻戦にて日本呪術界に深く根付いている禪院家。禪院直毘人はその26代目当主であると禅院家の中でも異質な存在として作中で描かれました。本記事では呪術廻戦に登場する禪院直毘人の強さや術式、活躍や最期の死亡シーンについて詳細にまとめていきます。

【呪術廻戦】禪院直毘人の強さや術式を紹介!活躍や最期についても

目次

  1. 【呪術廻戦】禪院直毘人とは?
  2. 【呪術廻戦】禪院直毘人の術式や能力・強さ
  3. 【呪術廻戦】禪院直毘人の活躍や最期
  4. 【呪術廻戦】禪院直毘人の声優
  5. 【呪術廻戦】禪院直毘人に対する世間での評判や人気
  6. 【呪術廻戦】禪院直毘人は最速の術師だった

【呪術廻戦】禪院直毘人とは?

呪術廻戦において禪院直毘人は登場した場面が渋谷事変のみで、あまり多く語られていない人物ですが、ネット上ではそれ以降の物語から評価が上がり続けているキャラクターです。ここでは呪術廻戦に登場する禪院直毘人がどのような人物なのかを解説していき、禪院直毘人の活躍が描かれた作品『呪術廻戦』についておさらいしていきます。

禪院直毘人のプロフィール

  • 年齢:71歳
  • 所属:禪院家26代目当主
  • 等級:特別一級呪術師
  • 趣味・特技:アニメ
  • 好きな食べ物:酒(日本酒)
  • 苦手な食べ物:はんぺん
  • ストレス:五条(家)

禪院直毘人(ぜんいんなおびと)は呪術界御三家に数えられている禅院家の26代目当主にして特別1級呪術師。そして禪院真希と真衣、伏黒甚爾のおじにあたる人物です。顔は70代の老人らしく皺がありますが、身体は常に鍛え続けており五条という例外を除いた上で『最速の術師』という異名を持ちます。呪力のない真希のことを蔑んでいましたが、渋谷事変では身を挺して庇うシーンが描かれており実は家族思いな一面が垣間見えます。

呪術廻戦の概要

呪術廻戦は芥見下々によって週刊少年ジャンプに連載されている漫画作品です。人の負の感情から生まれる化け物・呪霊と、それを呪力で祓う呪術師たちの戦いが描かれた本作は、緻密な設定とダークな世界観、個性的なキャラクターに実力と思想がぶつかり合うバトル要素が詰め込まれた作品として話題を呼びました。2022年8月時点で累計発行部数7000万部を記録しており、20巻が発行された現在も連載が続けられています。

呪術廻戦のあらすじ

高校生の虎杖悠仁はある日、学校に閉じ込められた先輩を助けるために呪霊に立ち向かいます。呪霊は呪力がなければ祓えないことを知った虎杖は、封印されていた呪物・宿儺の指を食べて能力を覚醒。ですがその行動が特級呪霊・両面宿儺をその身に宿すのと同意であると、宿儺の器になってしまった虎杖は「すべての宿儺の指を食べてから死ぬ」という死刑宣告を下されます。泣くなく宣告を受け入れた虎杖は、その日から呪術師としての人生を開始するのでした。

【呪術廻戦】黒閃の発動条件や経験キャラは?威力や経験するメリットを紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】黒閃の発動条件や経験キャラは?威力や経験するメリットを紹介

大人気作品の『呪術廻戦』に登場する現象の1つである黒閃。この黒閃を発動できる人物は登場人物の中でも一部の人間のみです。『呪術廻戦』で黒閃を発動する条件や経験キャラを一覧で紹介します。また黒閃の威力や経験するメリットもあわせて紹介します。

【呪術廻戦】禪院直毘人の術式や能力・強さ

ここからは呪術廻戦における禪院直毘人の術式や能力・強さについてまとめていきます。呪術廻戦作中で初めて禪院直毘人が登場すると、読者の間では呪術界御三家の一角である禅院家の当主だった彼に相当な術式と実力があるのではと期待が寄せられており、実際に描かれた内容もそれに応えるような強さをしていました。

禪院直毘人の術式は「投射呪法」

投射呪法(とうしゃじゅほう)は禪院家に伝わる術式で、自らの視界を画角として『1秒間の動きを24の瞬間に分割したイメージ』を予め頭の中で作り、それを実際に自身の体でトレースする能力です。分かりやすく言うならば、パラパラ漫画で書いた24ページ分の動きを禪院直毘人本人ができるようになるということです。動きの作成に失敗する、もしくは成功しても過度な物理法則が働く場合はその後1秒間フリーズしてしまうデメリットがあります。

しかし、デメリットの効果は裏を返せばある程度の物理法則を無視して動くことができることになり、それこそが禪院直毘人の術式の真髄とも呼べます。失敗しない範疇の行動であれば、その動きが術者の身体能力的に不可能なものであっても問題なくトレースされるため、瞬間移動を可能にしたり、瞬時に敵の背後からだまし討ちをしたりと、俊敏性を活かした戦いを仕掛けられます。

禪院直毘人の「落花の情」

落花の情(らっかのじょう)は御三家に伝わる領域対策の術です。必中術式が命中する寸前、呪力を放出してカウンターを繰り出すという攻守万能な効果をしています。簡易領域に似ていますが、簡易領域の効果が攻撃の中和であるのに対し、落花の情は迎撃するのが特徴です。

禪院直毘人は領域展開ができる?

呪術廻戦20巻までの間で禪院直毘人が領域展開を発動したことはありません。渋谷事変の陀艮戦では領域展開ではなく落花の情を使用していました。この行動が領域展開を使うまでもなかったという判断だったのか、それとも単純に領域展開を持っていなかったからなのかは不明ですが、ネット上では後者の意見が有力です。

【呪術廻戦】特級呪術師になる条件とは?4人の呪術師や特級呪霊も紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】特級呪術師になる条件とは?4人の呪術師や特級呪霊も紹介

呪術廻戦にて最高等級の呪術師に与えられる称号『特級呪術師』。現状特級にあたる呪術師は4人のみですが、彼らの実力は想像を絶するほど強力なものとして描かれており大きな話題を呼びました。本記事では呪術廻戦に出てくる特級呪術師を一覧にしてまとめていきます。

【呪術廻戦】禪院直毘人の活躍や最期

ここからは呪術廻戦における禪院直毘人の活躍や最期についてまとめていきます。禪院直毘人が本格的に登場したのは渋谷事変でした。そこで活躍シーンが描かれた禪院直毘人でしたが、多くの術師の死亡描写が描かれていくと、禪院直毘人も物語の際中に死亡してしまいました。

禪院直毘人の活躍

禪院真希の過去回想では彼女のことを落ちこぼれ呼ばわりし、「当主を目指す」と言った彼女の決意を鼻で笑うような薄情者でしたが、物語が渋谷事変に突入し禪院家のクズっぷりと禪院直毘人の最期が描かれるとネット上では『実はいい人だったのでは?』という噂が立つようになりました。そう言われるようになった経緯を禪院直毘人の活躍、最期のシーンから解説していきます。

禪院直毘人の活躍① 5巻

禪院真希の過去回想が描かれると、そこに禪院家当主として禪院直毘人の姿が初めて描かれました。家から迫害されていた真希が家を出ると決意を伝えると、禪院直毘人は彼女に相応の試練を与えると伝えました。この言動に当時は落ちこぼれに対する性格の悪い行動だと言われていましたが、その後物語が進むにつれて禅院家の意地悪さが目立ってくると、真希を屋敷から脱出させ独立して成長を促した名采配だと再評価されています。

禪院直毘人の活躍②10巻

渋谷事変が発生すると、禪院直毘人は禪院班のメンバーとして真希や釘崎と共に登場します。当主でありながら自ら戦場に立ったわけですが、実は禪院班及び他の班に禪院宗家の人物は1人も登場しておらず、一般人のために命を懸けたのは禪院直毘人だけでした。

禪院直毘人の活躍③11巻

五条悟が封印されると、術師を入れないための『帳(とばり)』が渋谷に降ろされます。そして封印をきっかけに改造人間が非術師を襲い始め、それを阻止するために禪院直毘人は禪院班メンバーと共に帳内へ突入しました。

禪院直毘人の活躍④12巻

第99話にて、帳の中に入ったものの禪院直毘人は戦わず、真希たちが戦っているのを横目に酒を飲んでいました。戦うつもりがなく班に同行していたのかと思われましたが、第106話で渋谷駅に突入すると、そこで特級呪霊の陀艮と接敵し、術式を発動して高速スピードで攻撃を与えていきました。しかし術式のスピードに対応されてしまうと必中術式「死累累湧軍」によって右腕を欠損。そこで戦闘を中断し領域からの脱出を試みます。

禪院直毘人の死亡シーン

死亡
Pexels

領域の外を目指していた禪院直毘人でしたが、唐突に禪院甚爾が侵入すると彼と協力して陀艮と戦闘し、見事に倒しきります。ですがその後、漏瑚が禪院直毘人、七海、真希の前に現れると、そこで禪院直毘人は襲われてしまい体を焼かれてしまいます。その後しばらく生死の境をさまよっていた禪院直毘人でしたが、16巻の第138話にて死亡が判明しました。

【呪術廻戦】冥冥の声優は三石琴乃!エヴァやワンピースなど出演作品も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】冥冥の声優は三石琴乃!エヴァやワンピースなど出演作品も

『呪術廻戦』のアニメでは、声優の三石琴乃さんが冥冥の声を担当しています。三石琴乃さんは、これまでにも『ワンピース』など多くの作品に出演してきました。本記事では、声優の三石琴乃さんのプロフィールや、冥冥以外に担当した主なキャラを紹介します。

【呪術廻戦】禪院直毘人の声優

ここからはアニメ版呪術廻戦にて禪院直毘人を演じている声優についてまとめていきます。禪院真希と深い関わりがあり最速の術師という異名を持つ禪院直毘人でしたが、このキャラクターを演じた声優は渋いお爺さんキャラで鉄板なあの人です。

禪院直毘人の声優は「中田譲治」

禪院直毘人を演じた声優は中田譲治(なかたじょうじ)さんです。過去に俳優として活動していた経歴を持っており、演技力においては声優界の中でも高い能力を有しています。仕事に対する姿勢もストイックなもので、ボイス収録でOKが出されても自身が納得しなければ何度もやり直すという誠実さも魅力の1つです。

中田譲治のプロフィール

4月22日の東京都生まれ。血液型はA型、身長は175cm、現在の所属事務所は大沢事務所です。大学生の頃に演劇を学び始め、卒業後は時代劇や刑事ドラマに出演しキャリアを積んでいきました。当時はテレビ俳優として活動していましたが、野村道子に誘われたことをきっかけに声の仕事を請け負うようになり、どちらかに専念しなければならなくなった時に声優を選ぶと1985年に本格的に声優デビューを果たしました。

中田譲治の主な出演作品

  • ギロロ伍長(ケロロ軍曹)
  • ゴッドワルド・ハイン(機動戦士Vガンダム)
  • ホーディ・ジョーンズ(ONEPIECE)
  • 闇咲逢魔(とある魔術の禁書目録)
  • 三島一八(鉄拳)
【呪術廻戦】反転術式とは?使用キャラや効果・術式反転との違いを調査

あわせて読みたい

【呪術廻戦】反転術式とは?使用キャラや効果・術式反転との違いを調査

呪術廻戦において反転術式という言葉は多く出てきます。しかし、どのようなものなのかあまり把握できていない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、呪術廻戦に出てくる反転術式について詳しく解説していきます。また、術式反転と生得術式についても解説していきます。

【呪術廻戦】禪院直毘人に対する世間での評判や人気

呪術廻戦にて禪院家26代当主として登場し、スピード特化の術式を活かした戦闘などで活躍しつつも最終的に死亡してしまった禪院直毘人。こんな彼の存在に呪術廻戦ファンたちはどのような印象を抱いているのでしょうか?ここでは禪院直毘人に対する世間での評判や人気についてまとめていきます。

初めて禪院直毘人が登場した時は禪院真希や真衣を迫害する嫌味な人でしたが、物語が進行し迫害だと思われていた行動が実は彼女らのための行動だったことが明らかにされていくと、下がっていた評価が急上昇していました。最期のシーンで死亡してしまった時は『惜しい人を亡くした』『禪院家唯一の良心が…』といった感想も寄せられていました。

禪院直毘人の強さを評価している意見がありました。最速の術師として相応しい強さだと評判で、それ以外の感想でも、速さで相手を圧倒する戦闘スタイルは老齢な見た目とギャップがあって面白いと言われていました。

禪院直毘人はアニメが好きであり、解像度が上がっている昨今のアニメに苦言するほど強いこだわりも持っています。そのことに対し共感するオタクな人もいました。術式の内容もアニメを模したような効果でしたが、それも含めて気に入られているようです。

【呪術廻戦】裏梅の正体や強さは?術式や宿儺との関係についても考察

あわせて読みたい

【呪術廻戦】裏梅の正体や強さは?術式や宿儺との関係についても考察

『呪術廻戦』で謎が多いといわれている裏梅の正体について、詳しく解説していきます。裏梅の強さがどれくらいなのか、使用する術式や技についても紹介。また、『呪術廻戦』の物語でも注目されている宿儺との関係性についても説明します。

【呪術廻戦】禪院直毘人は最速の術師だった

初登場時は人を蔑む性悪な人物として描かれた禪院直毘人でしたが、渋谷事変では真希のことを庇ったり、命を懸けて戦ったりしてみせました。この行動に底辺にあったファンの評価が急上昇したわけですが、呪術廻戦作中で最期のシーンが描かれ死亡してしまったことに悔やむ声も多かったことでしょう。今後の呪術廻戦では禪院直毘人に生かされた禪院真希や真衣たちの活躍に期待しましょう。

【呪術廻戦】脹相の能力や人物像まとめ!虎杖や加茂家との関係性も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】脹相の能力や人物像まとめ!虎杖や加茂家との関係性も

『呪術廻戦』に登場するキャラクター「脹相」は能力の高さや性格から、多くのファンから人気を集めています。そんな『呪術廻戦』人気キャラ「脹相」の能力や人物像について解説すると共に、主人公・虎杖悠仁や加茂家との関係性に迫ります。

zeile

この記事のライター

zeile

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

呪術廻戦

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

楽巌寺嘉伸(がくかんじよしのぶ)は、『呪術廻戦』に登場するキャラクターです。呪術高専京都校の学長で、白く長い眉毛や顎鬚が特徴です。戦闘時はギターを使って術式を発動させます。今回は呪術廻戦に出てくる楽巌寺嘉伸の人物像をまとめ、術式や強さについて考察します。

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一(かしもはじめ)は、最強でありながら謎多き人物です。一見、中世的な面持ちですが、渋谷事変で封印された五条悟にも似ています。今回は、鹿紫雲一の正体と強さや五条家との関係について紹介すると共に、鹿紫雲一の過去にも迫ります。

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

呪術廻戦

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

「呪術廻戦」に登場し、かわいいと人気なのが庵歌姫です。巫女服と顔の傷が特徴的な庵歌姫の術式や、顔の傷の理由は謎となっています。庵歌姫の術式について考察し、庵歌姫の活躍した場面や他のキャラとの関係、顔の傷の理由についても紹介します。

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

呪術廻戦

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

「呪術廻戦」に登場する特級呪術師の1人、乙骨憂太の幼馴染だった折本里香は11歳で死んでしまう、あまりに不幸な少女でした。「呪術廻戦」0巻でのエピソードは折本里香の乙骨憂太への想いが描かれています。特級過呪怨霊とされた彼女の真の姿を解き明かしていきましょう。

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦で出てきた大きな謎があります。それは「存在しない記憶」と呼ばれる現象で、バトル中に経験していないはずの出来事を思い出すことです。存在しない記憶の正体は何なのか、呪術廻戦ファンの間で考察されている内容や、作者が明かした真相を紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

これまで謎に包まれていた虎杖悠仁の正体とその家族ですが、虎杖悠仁の母親は一体どんな人物で、またその母親の正体は人間なのでしょうか?本記事では、母親の正体や父親について考察し、虎杖悠仁を語る上で欠かせない「両面宿儺」との関係についても紹介していきます。

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

呪術廻戦

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

『呪術廻戦』には既に回収されている伏線、また現在も回収されていない伏線も含めて様々な謎に関係する伏線が存在しています。伏線となる謎は虎杖悠仁という主要キャラクターだけでなく、その他のキャラクター達にも存在します。今回は『呪術廻戦』の伏線について紹介します。

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦の日車寛見の強さや能力、裁判と関係がある術式・領域展開について解説しました。呪術廻戦の死滅回遊編で重要な役割を担う日車寛見はどのような人物なのか、弁護士として担当した事件や、関係するキャラクターについても詳しく書いています。

【呪術廻戦】花御の強さや術式は?死亡理由や逆再生すると分かる言葉も

呪術廻戦

【呪術廻戦】花御の強さや術式は?死亡理由や逆再生すると分かる言葉も

大人気漫画『呪術廻戦』に登場した特級呪霊「花御」。『呪術廻戦』の比較的早い段階から登場した「花御」を記事の主人公として「花御」の強さや術式の種類、そしてアニメ版『呪術廻戦』で明らかになった言葉のギミックや死亡した経緯をなぞっていきましょう!

【呪術廻戦】秤金次の能力や実力を考察!停学の理由や死滅回游での活躍も

呪術廻戦

【呪術廻戦】秤金次の能力や実力を考察!停学の理由や死滅回游での活躍も

呪術廻戦に登場する秤金次の能力や実力は、これまで明かされていなく、謎が多い人物でした。ここでは現段階で明かされている秤金次の能力の詳細や、停学になった理由、死滅回游内での活躍、呪術廻戦ファンによる秤金次の評判や人気も紹介します。

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード