【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)は鬼を食べる?理由や死亡原因まで

お気に入りに追加

この記事では、不死川玄弥(しなずがわげんや)の強さの特徴や、なぜ鬼を食べるようになったのかの経緯を調査しました。また、不死川玄弥(しなずがわげんや)が鬼殺隊の一員としてのどのような活躍をし、死亡した原因についても詳しく解説しています。

【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)は鬼を食べる?理由や死亡原因まで

目次

  1. 不死川玄弥(しなずがわげんや)とは?
  2. 不死川玄弥(しなずがわげんや)は鬼を食べる?強さを考察
  3. 不死川玄弥(しなずがわげんや)の活躍や死亡理由まで解説
  4. 不死川玄弥(しなずがわげんや)の過去や不死川実弥との関係
  5. 不死川玄弥(しなずがわげんや)に対する世間での評判や人気
  6. 不死川玄弥(しなずがわげんや)は「鬼喰い」という特異体質だった

不死川玄弥(しなずがわげんや)とは?

不死川玄弥(しなずがわげんや)のプロフィール

  • 誕生日:1月7日
  • 年齢:16歳(我妻善逸や栗花落カナヲと同い年)
  • 家族:不死川実弥(実兄)
  • 身長:180cm
  • 好物:スイカ

不死川玄弥(しなずがわげんや)の性格

不死川玄弥(しなずがわげんや)は、基本的に無口で粗野な面を持ち、しばしば癇癪を起こすシーンが描かれています。乱暴で、敵意のあるような話し方が多いのも特徴の一つとなっていました(後に炭治郎たちとは和解)。彼は柱である実兄の不死川実弥に憧れを抱き、強さも兄に追いつきたいと思いながら奮闘しているものの、その兄からは冷たい態度をとられてしまっています。

鬼滅の刃の概要

『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴先生による漫画作品です。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2016年11号から2020年24号まで連載されました。略称は「鬼滅」です。物語は日本の大正時代を舞台にしており、主人公の竈門炭治郎少年が鬼と化した妹を人間に戻すために鬼たちと戦う姿を描いています。単行本(全23巻)の累計発行部数は、2021年2月時点で1億5000万部以上を突破しており、2020年に公開された映画は、日本の歴代興行収入記録を更新しました。

鬼滅の刃のあらすじ

『鬼滅の刃』は大正時代、日本のとある山奥で暮らす竈門炭治郎という少年が主人公です。ある日、炭治郎は家族を鬼に殺されてしまいますが、唯一生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまいました。炭治郎は禰豆子を人間に戻す方法を探すため、鬼殺隊という組織に入り、鬼との戦いに人生を捧げていきます。様々なキャラクターが登場しますが、それぞれの戦闘能力の強さだけでなく、心の強さについても焦点があてられている物語です。

【鬼滅の刃】登場キャラの名言まとめ!心揺さぶられる名シーンも紹介

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】登場キャラの名言まとめ!心揺さぶられる名シーンも紹介

「鬼滅の刃」にはたくさんのキャラクターが登場し数々の名言を残しています。キャラクターのセリフが心に刺さった人もいるようです。この記事では「鬼滅の刃」に登場する各キャラクターの名言とともに心揺さぶられる名シーンも合わせて紹介します。

不死川玄弥(しなずがわげんや)は鬼を食べる?強さを考察

不死川玄弥(しなずがわげんや)は特異体質「鬼喰い」

不死川玄弥(しなずがわげんや)は、呼吸が使えない鬼殺隊の隊士です。そのことがコンプレックスとなり、彼は自身のとてつもない強さの消化器官と特異体質を活用し、文字通り鬼を食べる「鬼喰い」を特技としています。鬼を食べることにより、鬼の持つ強さを一時的に自分の物にすることができます。

鬼喰いができるのは玄弥だけ?

鬼喰いができるのは、不死川玄弥(しなずがわげんや)だけです。鬼を食べて、その力を自分のものにできるのは、玄弥にしかできない特殊能力です。「刀鍛冶の里編」では、玄弥は上弦の肆である半天狗との戦闘中にも鬼を食べており、その咀嚼音の強さは炭治郎にまで聞こえたほどで、彼の歯の硬さがうかがえます。

また、上弦の壱である黒死牟によれば、約300年前にも玄弥と同様に鬼を食べる特異体質の鬼殺隊隊士がいたようです。その隊士は胴体を両断されて死亡しましたが、玄弥は胴体が両断されても生き続けました。このことからも、玄弥の特異な体質が類い稀なものであることがわかります。さらに、黒死牟の髪を食べることで、黒死牟の優れた再生能力をコピーし、一度は胴体を再びつなぐこともできています。

玄弥はいつから鬼喰いをしていた?

不死川玄弥(しなずがわげんや)が、鬼喰いを行うようになった時期が明確になっているシーンはありません。しかし、経緯については前述のとおり、他の鬼殺隊剣士と違い、呼吸が使えないことに代表されるような身体能力の低さからくるコンプレックスを埋め合わせることが鬼喰いを始めた理由です。ただし、このことは苦肉の策で始めたこととされています。

完全に体が鬼になるわけではない?

不死川玄弥(しなずがわげんや)は、鬼を食べることで一時的かつ部分的に鬼化し、完全に鬼化するわけではありません。ただし、鬼化したことにより瞳が黒くなるなど、身体的特徴は変化が見られます。

鬼喰いをするデメリット

鬼喰いにより、不死川玄弥(しなずがわげんや)自身の理性、判断能力を失っている場面も描かれています。身体能力的には鬼化したことにより、向上がみられるものの、鬼喰いがメリットだけではない理由がはっきりとわかります。

不死川玄弥(しなずがわげんや)の反復動作

あらかじめ決めていた行動を何度も繰り返すことで、自分の集中力を極限まで高める方法を「反復動作」と呼びます。不死川玄弥(しなずがわげんや)の場合、実際に半天狗との戦いの際に、何度も念仏を唱えることでこの方法を実践しました。また、岩柱の悲鳴嶼行冥が南無南無と唱え続けることが反復動作の一例です。

不死川玄弥(しなずがわげんや)の日輪刀

不死川玄弥(しなずがわげんや)の日輪刀は、刀が打たれた時の灰色のままになっています。これは、彼が呼吸を使えないことが理由です。代わりに、彼は南蛮銃による射撃をメインの武器として使っています。もちろん相手との間合いによっては、日輪刀も使っています。南蛮銃の弾丸には、日輪刀の原料にもなっている猩々緋砂鉄を使用しており、鬼の頚に直撃させることで弱い鬼であれば殺傷することも可能です。

【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)の特異体質とは?作中の活躍も

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)の特異体質とは?作中の活躍も

『鬼滅の刃』のしなずがわげんや(不死川玄弥)について解説します。『鬼滅の刃』に登場する鬼殺隊隊士・しなずがわげんやが持つ特異体質についてまとめました。また、作中での玄弥の活躍や鬼にまつわる悲しい過去、死亡の経緯などについても併せて紹介します。

不死川玄弥(しなずがわげんや)の活躍や死亡理由まで解説

活躍①竈門炭治郎立志編

鬼殺隊の最終選別に残ったのは、炭治郎を含めて5人で、その一人が不死川玄弥(しなずがわげんや)でした。玄弥は兄である不死川実弥と早く接触したい気持ちから、色の変わった日輪刀の完成品をすぐに入手したいと横暴な態度に出ます。さらに、選別に残った5人の前で今後のことを説明していた産屋敷かなたの髪をつかんで威嚇します。その態度の悪さを見かねた炭治郎から、腕をつかまれ、そのまま腕を骨折させられました。

活躍②刀鍛冶の里編

最終選別を終えて、不死川玄弥(しなずがわげんや)が鬼殺隊の一員となってからは、しばらく炭治郎たちとの交流は描かれていませんでしたが、刀鍛冶の里で再会を果たし、上弦の肆である半天狗と戦闘で炭治郎たちと共闘します。この戦闘中に様々な二人の心理描写があり、炭治郎との距離が一気に縮まりました。

活躍③柱稽古編

柱より下の階級の者が柱を順番に回る「柱稽古」が行われていた際、一つの事件が起きます。風柱、不死川実弥(しなずがわさねや)と不死川玄弥(しなずがわげんや)が直接接触し、言い争いになります。さらに玄弥が鬼を喰っていることを知った実弥は怒り出し、玄弥を再起不能にすると言って攻撃しようとしました。

その現場を目の当たりにした炭治郎は、二人の仲を取り持とうとしましたが、エスカレートして乱闘騒ぎとなり、風柱との稽古は中断となりました。また、玄弥にも謹慎処分が下されています。

活躍④無限城編で死亡

無限城編では、上弦の壱、黒死牟と霞柱、時透無一郎の対決に不死川玄弥(しなずがわげんや)は遭遇します。玄弥は黒死牟に胴体を切断される瀕死の重傷を負いますが、兄の不死川実弥が現れ、黒死牟に立ち向かいました。その後、他の柱も戦闘に加わり、玄弥は無一郎から力を得て再び立ち上がります。玄弥と他の柱たちが協力して、何とか黒死牟を撃破することができました。

この後、玄弥は兄である不死川実弥に母が死んだ時にかけた酷い言葉を謝罪し、兄は今まで玄弥のことをずっと気にかけていたことを知り、その優しさに触れ、美しい兄弟愛が描かれる中で逝ってしまいます。

活躍⑤その後転生した?

転生後の世界では、兄の不死川実弥は実弘という名前の警察官になっていました。玄弥が転生したと思われる男性もまた警察官として描かれていますが、名前は明らかになっていません。二人の警察官は先輩、後輩の間柄のようで、ナイフを振り回していた犯人を逮捕したことで、兄弟のように仲良くなったことが語られています。

【鬼滅の刃】登場キャラのその後は?子孫や転生について最終回から考察

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】登場キャラのその後は?子孫や転生について最終回から考察

『鬼滅の刃』では鬼殺隊によって鬼舞辻無惨を倒すことができましたが、炭治郎達はその後どうなったのでしょうか。その後の様子や子孫については『鬼滅の刃』最終話や公式ファンブックで語られています。本記事では炭治郎達のその後の生活や子孫、転生などについて紹介します。

不死川玄弥(しなずがわげんや)の過去や不死川実弥との関係

過去①母と兄弟たちと暮らしていた

不死川家は父と母と7人の兄弟で暮らしていました。父が人の恨みを買ったことが理由で殺された後は、働き者の母を心配しながら、兄の不死川実弥と二人で家族を守ろうと話していました。

過去②鬼となった母を殺す実弥

ある時、外出した母がなかなか戻ってこない時があり、兄の不死川実弥が母を探しに行きました。その後、家に鬼が入ってきて、玄弥以外の弟妹が殺されてしまいます。実弥も鬼が家に入ってきたことを知り、玄弥を外に連れ出し救出しました。鬼は実弥の攻撃により死亡しますが、その鬼の正体は彼らの母だったことが判明し、絶望します。玄弥に至っては、当時混乱の絶頂だったことが要因ではあるものの、兄が母を殺めたと誤解し、実弥を人殺しだと叫び罵倒しました。

過去③実弥とは別々に暮らすようになる

母が死亡した後、実弥は姿を消し、鬼を狩るようになりました。その後、鬼殺隊士であった粂野匡近(くめのまさちか)と出会い、育手を紹介されて鬼殺隊に入隊します。実弥は実績を積み、「下弦の壱」を倒して風柱となりましたが、粂野匡近はその戦いで死亡しました。

過去④玄弥が鬼殺隊に入った理由

玄弥が鬼殺隊に入った理由は、兄の実弥を追いかけるためです。玄弥は実弥が柱となったことを知り、彼は実弥が鬼になった母を殺めたときにかけた酷い言葉を謝罪したい気持ちから、離れて暮らしていた兄への想いが募っていきます。

【鬼滅の刃】不死川実弥はかっこいい?名シーンや弟との関係性についても

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】不死川実弥はかっこいい?名シーンや弟との関係性についても

鬼滅の刃に登場する不死川実弥は荒々しい言動で禰豆子にも強い嫌悪感を示していましたが、本当は弟思いで心優しく、読者からかっこいいと評判になりました。本記事では不死川実弥がかっこいい魅力が分かる名シーンや弟との関係性についてまとめていきます。

不死川玄弥(しなずがわげんや)に対する世間での評判や人気

不死川玄弥(しなずがわげんや)は、最期は兄の実弥とお互いの優しさに触れ合いながら亡くなってしまいます。しかし、それまでの劇中では、兄弟ともに容姿、性格共に凶暴な印象を受ける場面も多く描かれていました。その根底には、両親から遺伝したものがあるのではないかと考えているファンもいます。

不死川兄弟の能力は、他の剣士と比較しても特殊な部分を持っています。母親が鬼なった事実もあり、不死川家に特殊体質の秘密があるものと推察されます。

不死川玄弥(しなずがわげんや)は、他の剣士と異なり、呼吸を上手く使えないながらも、鬼喰いの特殊能力があったり、唯一無二の部分が読者を惹きつけています。

【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)の死亡シーンは?最後が泣ける?

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)の死亡シーンは?最後が泣ける?

『鬼滅の刃』に登場する人気キャラの一人である不死川玄弥(しなずがわげんや)は作中で死亡してしまいます。この記事では、不死川玄弥(しなずがわげんや)の死亡シーンと不死川玄弥(しなずがわげんや)の最後について紹介していきます。

不死川玄弥(しなずがわげんや)は「鬼喰い」という特異体質だった

不死川玄弥(しなずがわげんや)は、鬼殺隊剣士の中でも「鬼喰い」という唯一無二の特異体質を持っています。その特異体質を利用した戦闘描写は、味方でありながら、鬼の能力を持ち合わせているという他の剣士にはない特徴があり、スリリングなシーンとして描かれています。また、武器も南蛮銃を多用しており、これも他の剣士にはない特徴です。そして、兄の不死川実弥との兄弟愛と繊細な心理描写にも注目すると、『鬼滅の刃』をより楽しむことができます。

【鬼滅の刃】刀鍛冶の里編をネタバレ!あらすじは?登場キャラも紹介

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】刀鍛冶の里編をネタバレ!あらすじは?登場キャラも紹介

『鬼滅の刃』の「刀鍛冶の里編」のあらすじ、内容、結末をネタバレしています。また「刀鍛冶の里編」で登場したキャラ、死亡したキャラ、見どころもネタバレし、アニメの主題歌、「刀鍛冶の里編」についての世間での評判も紹介しています。

雲田筋人

この記事のライター

雲田筋人

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【鬼滅の刃】刀鍛冶の里編の見どころは?あらすじや登場キャラも紹介

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】刀鍛冶の里編の見どころは?あらすじや登場キャラも紹介

鬼滅の刃の「刀鍛冶の里編」は2023年にテレビアニメ化されました。この記事では刀鍛冶の里編の見どころを紹介します。あらすじや登場キャラの紹介だけでなく、鬼滅の刃の作品概要や刀鍛冶の里編に関するファンの評価、さらに作中の名言なども紹介します。

【鬼滅の刃】死んでほしくなかった人ランキング!死亡シーンや活躍まとめ

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】死んでほしくなかった人ランキング!死亡シーンや活躍まとめ

人気漫画『鬼滅の刃』の「死んでほしくなかった人」について紹介します。鬼殺隊や鬼を含めておびただしい犠牲者が出る『鬼滅の刃』で、特に死んでほしくなかった人をランキング形式でまとめました。また、それぞれが作中で見せた活躍や死亡シーンについても合わせて紹介します。

【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)と縁壱(よりいち)の関係とは?二人の過去を調査

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)と縁壱(よりいち)の関係とは?二人の過去を調査

上弦の壱である黒死牟(こくしぼう)と、最強の剣士である縁壱(よりいち)の関係について考察しています。二人にはどんな過去があるのか、縁壱(よりいち)の謎と関わった人物、黒死牟(こくしぼう)の性格や強さについても解説しています。さらに二人の評判もまとめています。

【鬼滅の刃】童磨が鬼になった理由と死亡までの経緯は?登場キャラとの関係も

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】童磨が鬼になった理由と死亡までの経緯は?登場キャラとの関係も

本記事では『鬼滅の刃』に登場する上弦の弐の鬼・童磨のプロフィールや強さ、過去や鬼になった理由を考察します。また童磨が人間の女しか食べない理由、他のキャラクターとの関係性を解説します。さらに童磨が鬼になった理由についてのファンの意見をまとめています。

【鬼滅の刃】玉壺は人間の姿のときから残虐?鬼になった理由も徹底調査

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】玉壺は人間の姿のときから残虐?鬼になった理由も徹底調査

玉壺の人間の姿について解説します。『鬼滅の刃』の鬼の中でも一際残虐な玉壺の過去については、本編で明かされていません。人間の姿が一体どういうものだったのか、公式情報を元にまとめました。また、「気持ち悪い」と言われる理由や鬼となった経緯についても紹介します。

【鬼滅の刃】人気キャラランキングを発表!魅力や強さについても徹底解説

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】人気キャラランキングを発表!魅力や強さについても徹底解説

『鬼滅の刃』の人気ランキングを紹介します。人気キャラの魅力ランキングTOP30や、柱の強さランキングTOP3などを徹底解説しました。また、テレビアニメ『鬼滅の刃』で人気キャラクターの声を担当している声優を紹介しています。

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の声優は?変更はあったのかも調査

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の声優は?変更はあったのかも調査

本記事ではアニメ版『鬼滅の刃』にて、甘露寺蜜璃(かんろじみつり)を演じた声優について調査します。またアニメ版『鬼滅の刃』において、甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の声優キャストに変更があったのかだけでなく、過去の代表出演作品についても紹介します。

【鬼滅の刃】産屋敷耀哉の能力や病気について考察!正体についても調査

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】産屋敷耀哉の能力や病気について考察!正体についても調査

『鬼滅の刃』で鬼殺隊の長として登場する産屋敷耀哉について調査しました。歴代続く呪いにかかっていて体は病弱ですが芯の強い産屋敷耀哉は、隊士達から慕われる大人物です。本記事では、『鬼滅の刃』の作中でも異様な雰囲気と能力を持つ産屋敷耀哉の正体について解説します。

【鬼滅の刃】雛鶴とは?宇髄天元との出会いや活躍について詳しく紹介

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】雛鶴とは?宇髄天元との出会いや活躍について詳しく紹介

『鬼滅の刃』の遊郭編から登場する雛鶴は音柱、宇髄天元の3人の嫁のうちの1人です。容姿端麗なくノ一で作中では遊女として遊郭に潜入し、鬼の調査を行っていました。本記事では『鬼滅の刃』に出てくる雛鶴のプロフィールや宇髄天元との出会い、作中での活躍について紹介します。

【鬼滅の刃】神崎アオイはなぜ戦わない?伊之助との関係や魅力も紹介

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】神崎アオイはなぜ戦わない?伊之助との関係や魅力も紹介

『鬼滅の刃』の神崎アオイはなぜ戦わないのか解説します。神崎アオイの過去や戦わない理由、神崎アオイと伊之助との関係や、神崎アオイのかわいい魅力などを徹底解説しました。また、テレビアニメ『鬼滅の刃』で神崎アオイを演じている声優についても紹介しています。

鬼滅の刃の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード