【呪術廻戦】禪院直哉の領域展開を徹底調査!効果や術式も紹介

お気に入りに追加

禪院直哉の領域展開は、特徴のある描かれ方をしています。彼は特別1級術師ですが、女性蔑視発言するような性格の持ち主です。本記事では、禪院直哉が使用する領域展開や術式の効果を徹底解説すると共に、直哉が作中で戦った相手について紹介します。

【呪術廻戦】禪院直哉の領域展開を徹底調査!効果や術式も紹介

目次

  1. 禪院直哉とは?
  2. 禪院直哉の領域展開や術式を考察
  3. 禪院直哉の戦績
  4. 禪院直哉の性格はクズ?死亡して呪霊になった?
  5. 禪院直哉の領域展開に対する世間での評判や人気
  6. 禪院直哉の領域展開は「時胞月宮殿」だった

禪院直哉とは?

禪院直哉は、『呪術廻戦』で登場する御三家の1つである禪院家に生まれた呪術師です。彼の性格と言動には問題があり、禪院家の中でもめ事を起こしています。プロフィールを基に、禪院直哉の人物像を紹介します。

禪院直哉のプロフィール

  • 名前:禪院直哉(ぜんいんなおや)
  • 性別:男性
  • 年齢:27歳
  • 等級:特別1級術師
  • 術式:投射呪法(とうしゃじゅほう)
  • 領域展開:時胞月宮殿(じほうげっきゅうでん)

禪院直哉は、禪院家第26代当主・直毘人(なおびと)の息子です。『呪術廻戦』では、女性蔑視発言や人を見下すような言動をするキャラクターとして描かれています。特別1級術師という強さを持ち、領域展開も発動されられる実力の持ち主です。

呪術廻戦の概要

『呪術廻戦』は、2018年から週刊少年ジャンプにて連載している漫画作品です。2023年9月時点で単行本は23巻まで刊行しており、シリーズ累計発行部数は8000万部を超えました。2020年10月からアニメ『呪術廻戦』が放送され、2023年には第2期となる渋谷事変の物語が描かれています。

呪術廻戦のあらすじ

『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁はとある事件に巻き込まれ、呪霊に襲われていた先輩を助けるために特級呪物・宿儺の指を飲み込んでしまいます。虎杖は「宿儺の器」となったことが理由で死刑宣告を受けてしまいますが、呪術高専の教師である五条悟の計らいで、呪術高専に引き取られ呪術師の道を歩み始めることになります。虎杖は数々の戦いの中で成長し、1級術師に推薦されるほどの強さを手に入れました。

【呪術廻戦】五条悟と伏黒恵の関係性を考察!五条家と禪院家についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】五条悟と伏黒恵の関係性を考察!五条家と禪院家についても

『呪術廻戦』の五条悟と伏黒恵は高専の先生と生徒の関係性ではありますが、それ以上に強い繋がりを持つ2人になっています。そんな『呪術廻戦』の五条悟と伏黒恵の関係性について、作中で描かれた過去や2人がそれぞれ所属する五条家と禪院家などからまとめました。

禪院直哉の領域展開や術式を考察

特別1級術師である直哉は、父・直毘人と同じ術式を使います。また、彼は領域展開も取得していることから、『呪術廻戦』の中でも指折りの強さを持つキャラクターです。ここでは、直哉が使用する術式や領域展開の効果などについて解説して、彼の強さに迫ります。

禪院直哉の術式は「投射呪法」

禪院直哉の術式は『呪術廻戦』第141話で明らかになっており、父・直毘人と同じ投射呪法(とうしゃじゅほう)です。投射呪法は、1秒を24分割にすることで自分の視界を画角とし、あらかじめが画角内で作った動きをそのまま追うというもので、五条悟を除けば最速の呪術と呼ばれています。速く動けるようになる術式ですが、欠点もあり、あらかじめ作って決めた動きを途中で変えられません。直哉はコマ打ちのセンスがあるため、欠点を理解しながら完璧に使いこなしています。

禪院直哉の領域展開は「時胞月宮殿」

禪院直哉が使う領域展開は、時胞月宮殿(じほうげっきゅうでん)です。『呪術廻戦』第198話で、大道鋼と三代六十四に対して直哉が使用しました。直哉の領域展開から逃れられなくなった大道鋼と三代六十四は、瀕死状態になるまで追い込まれました。

禪院直哉の領域展開の効果

時胞月宮殿は投射呪法がベースとなっており、術式対象を更に細かくする効果があります。効果としては、細胞レベルまで術式が適用でき、体を動かすと細胞にズレが生じさせられるのです。すると、体が崩壊してしまうという、恐ろしい効果を持った領域展開になります。時胞月宮殿は、非常に強い効果がある領域展開と推測されます。

禪院直哉の領域展開の元ネタ

禪院直哉の領域展開・時胞月宮殿は、描かれた領域の形から元ネタがあるとされています。その元ネタとは、女性の子宮です。領域内に描かれている形が子宮のようだとファンの間で噂になっていました。また「時胞月宮殿」という名前の「月宮殿」は天女が住む領域を意味する言葉です。領域展開の名前や『呪術廻戦』作中で女性蔑視発言していた直哉の過去などからも、領域展開の元ネタは女性に関係するものではないかと推測されています。

禪院直哉の領域展開の掌印

領域展開の使用者がする掌印には、その人物や領域の特徴が表現されることが多いです。禪院直哉が領域展開を行う際の掌印には、インド神話に登場する天女・伎芸天(ぎげいてん)が題材であると言われています。『呪術廻戦』では、直哉による女性に関する描写が多いため、女性である伎芸天を掌印に選んだと推測されます。

禪院直哉の強さや能力

禪院直哉には、特別1級術師になるほどの強さがあります。禪院真希と対峙した際は、禪院家の術式である投射呪法を使いこなして圧倒していることから、高い能力の持ち主であると推測されます。また、領域展開を習得しているため、呪力量が多いのはもちろん、術式をつかった体術にも秀でている呪術師です。

【呪術廻戦】禪院真希の覚醒までの流れと強さは?父親との関係性も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】禪院真希の覚醒までの流れと強さは?父親との関係性も

『呪術廻戦』に登場する禪院真希(ぜんいんまき)は、呪力をほとんど持っていませんでしたが、ある時を境に能力が覚醒しました。この記事では、禪院真希の覚醒までの流れとその強さに迫ると共に、父親・禪院扇との関係性について解説します。

禪院直哉の戦績

『呪術廻戦』第138話から登場している禪院直哉は、主人公の虎杖悠仁・脹相・禪院真希と対峙しています。直哉は、なぜ宿儺の器である虎杖と、同じ禪院家である真希と戦ったのでしょうか。『呪術廻戦』での直哉の代表的な戦績について、3つ解説します。

禪院直哉の戦績①虎杖悠仁と脹相

禪院直毘人の遺言状に、伏黒恵を禪院家に向かい入れ、当主とすると記載がありました。直哉は虎杖の捜索任務にあたっている伏黒と虎杖をまとめて殺して、自身が当主になろうとします。呪霊を狩っていた虎杖と脹相の前に直哉が現れると、超速の動きで2人を翻弄しました。2対1で戦っていましたが、そこに乙骨憂太が表れたことで、直哉と脹相の戦いが始まります。

禪院直哉の戦績②脹相

直哉と脹相の戦いは、『呪術廻戦』第141話・142話で描かれています。直哉は投射呪法を使い、脹相との戦闘を圧倒的優位な状態にしました。脹相が使う赤血操術に詳しい直哉は、弱点を熟知しています。一方脹相は、直哉が使う投射呪法を理解していないため、ダメージを受け続けました。しかし、脹相がオリジナルの赤血操術「超新星」を放ち、まともに食らった直哉が敗北します。

禪院直哉の戦績③禪院真希

禪院真希は禪院真衣の死をきっかけに覚醒し、伏黒甚爾に匹敵する完全なる天与呪縛(フィジカルギフテッド)に目覚めました。禪院家の者たちを撃破していた真希を止めるべく、直哉が現れます。直哉は投射呪法を発動し続けて超速の動きで真希を圧倒しますが、投射呪法の動きを見破られてしまいカウンターを顔面に食らいました。直哉は、ずっと見下してきた真希の前に屈します。

【呪術廻戦】禪院真希は死亡したのか考察!シーンやその後についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】禪院真希は死亡したのか考察!シーンやその後についても

呪術廻戦の東京校2年生である禪院真希は禪院家との因縁のために強くなった呪術師として知られていますが、渋谷事変が発生するとそこで死亡したのではと話題になっています。本記事では呪術廻戦に出てくる禪院真希の死亡疑惑についてまとめていきます。

禪院直哉の性格はクズ?死亡して呪霊になった?

真希に敗北した直哉は、這うようにして何とか屋敷に辿り着きますが、最終的には死亡しました。しかし、直哉は呪霊になって再度、真希の前に立ち塞がります。また直哉は、クズのような言動を繰り返していたため、禪院家内でも問題視されていました。女性蔑視発言がありましたが、禪院真衣のことは気に入っていたような描写があります。ここでは、直哉の死亡理由や再登場などについて解説します。

禪院直哉の性格はクズ?

禪院直哉は『呪術廻戦』でクズと捉えられるキャラクターとして描かれています。禪院家当主・直毘人が死亡しても、直哉は父親を心配していませんでした。また、普段から女性蔑視発言をしています。禪院家の中でも、直哉に対する評価は悪いもので、彼の言動に怒りを覚える禪院家の者がいました。

禪院直哉の死亡理由

女性蔑視していた直哉は、皮肉な死を遂げます。真希に敗れて屋敷に辿り着いた直哉は部屋に入り、詰めが甘いと真希のことを笑いました。ところが、部屋に入った瞬間、真希・真衣の母親が直哉の背中を包丁で刺したのです。真希との戦闘で呪力を失った直哉は、反撃することもできずに命を落としました。

禪院直哉は呪霊になって再登場

真希・真衣の母親に殺された直哉でしたが、桜島結界のボスとして呪霊になって再登場します。特級レベルの実力を発揮できる存在になった直哉は、領域展開を使いますが、呪力が無い真希に術式の効果は無く、彼女を捉えられませんでした。直哉は真希に背後を取られて、釈魂刀(しゃっこんとう)でとどめを刺されます。直哉が呪霊として復活した理由は、呪力でとどめを刺されていないからでした。直哉を刺した真希・真衣の母親の包丁には、呪力が込められていなかったのです。

禪院直哉と真依の関係

女性蔑視発言している直哉ですが、禪院真衣のことはお気に入りでした。真衣は自分が女性であることを自覚しており、立派だと評価しています。また、呪霊となった直哉が真希と戦っている最中に、真衣の名を出していました。真希と真衣は同じ顔で同じ乳を持っているという発言もしていることから、直哉と真衣は性的関係にあったのではないかという考察もあります。

【呪術廻戦】禪院家の家系図から関係性まで解説!クズといわれる理由は?

あわせて読みたい

【呪術廻戦】禪院家の家系図から関係性まで解説!クズといわれる理由は?

呪術廻戦で登場した禪院家は、内情が明かされていくにしたがい多くの呪術廻戦ファンから「クズすぎる」と言われるようになりました。この記事では、禪院家の家系図や一族の関係や相伝術式の解説、呪術廻戦ファンからクズと言われる理由等を紹介していきます。

禪院直哉の領域展開に対する世間での評判や人気

『呪術廻戦』で直哉と真希の禪院家対決となった際、領域展開した直哉が気持ち悪いという意見がありました。直哉の領域展開には、女性器をモチーフとした要素が含まれています。領域内に女性の真希を閉じ込めたことが、読者の気持ちを害したようです。

禪院直哉の領域展開が作り出した形に驚く読者がいました。大きな目玉が注意を引きますが、領域展開で出現したものが女性器の形をしていると話題です。領域展開「時胞月宮殿」は、女性をモチーフにしていると推測されています。クズと評されている直哉のキャラクターにマッチした、領域展開だという感想がありました。

禪院直哉が使用する領域展開「時胞月宮殿」が、かっこいいという意見がありました。時胞月宮殿の効果は、細胞谷で術式を適用できることから、非常に強力な領域展開であると言われています。特別1級術師という強さも持っていることから、禪院直哉を支持するファンがいました。

【呪術廻戦】禪院甚壱の強さや術式を紹介!禪院家の関係性についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】禪院甚壱の強さや術式を紹介!禪院家の関係性についても

呪術廻戦に登場する禪院甚壱は御三家の一つである禪院家の幹部で、伏黒恵の父である伏黒甚爾とは全く似ていませんが兄弟という関係です。この記事では、禪院甚壱の強さや術式の紹介と、呪術廻戦本編での活躍や禪院家の一族のキャラクター達との関係を解説していきます。

禪院直哉の領域展開は「時胞月宮殿」だった

禪院直哉の領域展開は、領域内に入った者の細胞レベルまで術式効果を与えられる時胞月宮殿でした。領域内には、使用者の心の中が反映されると考えられており、直哉の領域内には女性に関するものが描かれています。女性蔑視していた直哉は、真希・真衣の母親に包丁を刺されて死亡し、復活後は真希にとどめを刺されるという皮肉な結末を迎えました。

【呪術廻戦】禪院直哉の強さや人物像まとめ!死亡理由についても解説

あわせて読みたい

【呪術廻戦】禪院直哉の強さや人物像まとめ!死亡理由についても解説

禪院直哉は、その性格故に呪術廻戦読者からクズと評されることが多いキャラクターです。しかし、ファンも多く人気投票では10位にランクインしています。この記事では、禪院直哉の性格や強さ・術式、呪術廻戦作中での活躍や死亡理由等について解説していきます。

ノーー

この記事のライター

ノーー

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】五条悟の封印が解けた?復活した理由やシーンを紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟の封印が解けた?復活した理由やシーンを紹介

『呪術廻戦』の最強呪術師・五条悟は封印されていましたが、復活しました。夏油の体を乗っ取っている羂索によって、19日ほど封印されていたのです。封印は呪術高専の生徒たちの活躍により解かれました。本記事では、五条悟の封印が解けた理由やシーンを紹介します。

【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリート!特徴や呪術師を徹底紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリート!特徴や呪術師を徹底紹介

『呪術廻戦』に登場する御三家・五条家、禪院家、加茂家について紹介します。各家の当主や特徴、主な呪術師などを紹介し、今後の『呪術廻戦』をより深く読み進めていけるよう詳しく解説します。更に、御三家についてのXでの評判も紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁のおじいちゃんの正体とは?両親の秘密や遺言も

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁のおじいちゃんの正体とは?両親の秘密や遺言も

本記事では『呪術廻戦』に登場する主人公・虎杖悠仁のおじいちゃんの正体や、虎杖悠仁の両親の秘密や家族構成、おじいちゃんの遺言をまとめて紹介します。また虎杖悠仁のおじいちゃんの声を担当している声優や、おじいちゃんに対してのファンからの評価も合わせて紹介します。

【呪術廻戦】胎蔵遍野(たいぞうへんや)の強さは?効果や羂索の術式も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】胎蔵遍野(たいぞうへんや)の強さは?効果や羂索の術式も紹介

本記事では『呪術廻戦』に登場する羂索の領域展開・胎蔵遍野(たいぞうへんや)についてまとめていきます。『呪術廻戦』の九十九戦にて初めて描かれたたいぞうへんやの強さや効果はもちろん、羂索の術式や過去などについても解説していきます。

【呪術廻戦】九十九由基の死亡は確定したのか調査!生きている説の真相とは?

呪術廻戦

【呪術廻戦】九十九由基の死亡は確定したのか調査!生きている説の真相とは?

『呪術廻戦』に登場する九十九由基は死亡しました。しかし、本当に死亡したのか、疑念の声も上がっています。そこで、本記事では、九十九由基の死亡は確定したのかどうか徹底的に調査しました。また、生きている説の真相にも切り込んでいるので、参考にして下さい。

【呪術廻戦】天逆鉾(あまのさかほこ)は現在どこにある?能力や効果も調査

呪術廻戦

【呪術廻戦】天逆鉾(あまのさかほこ)は現在どこにある?能力や効果も調査

本記事では『呪術廻戦』に登場する呪具・天逆鉾(あまのさかほこ)についてまとめていきます。呪術廻戦においてあまのさかほこが現在どこにあるのかを始め、能力や効果、今後の展開でどのように利用されるのかなどについて解説していきます。

【呪術廻戦】メカ丸と三輪霞の関係性は?二人の最後の結末が泣ける?

呪術廻戦

【呪術廻戦】メカ丸と三輪霞の関係性は?二人の最後の結末が泣ける?

メカ丸と三輪霞はどのような関係性なのか解説していきます。泣けるという感想が多い、二人の最後となる結末や与幸吉の想いについても見ていきましょう。恋愛要素の少ない呪術廻戦でのメカ丸と三輪霞の恋愛模様にぜひ注目してみてください。

【呪術廻戦】五条悟が封印されるまでの経緯は?復活する時期を徹底考察

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟が封印されるまでの経緯は?復活する時期を徹底考察

五条悟が封印されるまでの経緯について解説しています。また封印を解除する方法、復活した時期、宿儺との戦いについてもまとめています。さらに五条悟は死亡したのか、生き返る方法、五条悟の封印についての意見をインターネットから集めて紹介しています。

【呪術廻戦】虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールまとめ!声優は誰?

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールまとめ!声優は誰?

『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールについてまとめました。新米呪術師の虎杖悠仁は体型や身体能力に恵まれた青年として登場しています。本記事では、そんな虎杖悠仁の身長などのプロフィールや強さ、さらに作中で発した名言について紹介します。

【呪術廻戦】虎杖香織とはどのような人物?羂索との関係は?正体を考察

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖香織とはどのような人物?羂索との関係は?正体を考察

本記事では『呪術廻戦』の主人公虎杖悠仁の母親である虎杖香織の人物像をまとめています。虎杖香織は羂索との関係が疑われるなど、普通の人間ではなかった可能性があります。そこで、『呪術廻戦』の虎杖香織の正体を徹底的に考察しました。ぜひ参考にしてください。

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード