【呪術廻戦】真人の術式はチート級?無為転変の強さや技を一覧で紹介

お気に入りに追加

『呪術廻戦』に登場する、特級呪霊の真人は主人公・虎杖悠仁の宿敵とされています。子供のように無邪気ですが、人間に対しては冷酷無情です。特級を冠する真人の術式はチート級と評されることもあります。術式「無為転変」の強さや真人の技について詳しく紹介します。

【呪術廻戦】真人の術式はチート級?無為転変の強さや技を一覧で紹介

目次

  1. 真人とは?
  2. 真人の術式はチート級?強さや技・能力を考察
  3. 真人の天敵は虎杖と釘崎?
  4. 真人の活躍シーンや最後
  5. 真人に対する世間での評判や人気
  6. 真人の術式は「無為転変」だった

真人とは?

呪術廻戦で、主人公である虎杖悠仁たち呪術師が戦うことになるのが呪霊です。真人は階級分けされている呪霊の中でも最上位にあたる特級呪です。虎杖悠仁は最大の宿敵同士であり、「虎杖悠仁を何度でも殺したい」という願望を抱いています。そんな真人について詳しく追っていきましょう。

真人のプロフィール

  • 階級:特級呪霊
  • 発生源:人
  • 趣味・嗜好:嫌がらせ、人間
  • 嫌いなもの:人間
  • 声優:島崎信長

薄いグレーの長髪を下の方で束ねている真人は端正な顔立ちですが、皮膚はつぎはぎが目立ちます。子供のような無邪気な言動が多く、七海建人曰く「発生したばかりの呪霊」ゆえ幼いように感じます。人間を駆逐してしまい、呪いが繁栄する新世界創造のため、夏油傑と手を組んでいる未登録呪霊達のリーダー格です。同族の呪霊たちには家族のように優しく接しており、兄のように諭す場面も見られます。

呪術廻戦の概要

『呪術廻戦』は週刊少年ジャンプに現在も連載中の芥見下下作の人気少年漫画です。2018年からジャンプに掲載され、単行本は累計7000万部を超え現在20巻まで発売されています。2023年にTVアニメ第2期の放送も決定、『劇場版 呪術廻戦 0』の興収収入135億円突破、舞台化などさまざまな媒体で展開しています。

呪術廻戦のあらすじ

主人公の虎杖悠仁は、ある日学校で呪霊に襲われたことがきっかけで、封印されていた呪物の両面宿儺の指を飲み込んだことで死刑宣告を受けます。特級呪術師五条悟のおかげで条件付きで死刑を延期、呪術高専専門学校に入学し呪術師となり、同級生となる伏黒恵や、釘崎野薔薇、先輩たちに出会い、葛藤や奮闘しながら呪霊を祓っていくというストーリーです。

【呪術廻戦】真人の名言まとめ!クズなセリフやアニメの声優も紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】真人の名言まとめ!クズなセリフやアニメの声優も紹介

『呪術廻戦』には様々な名言を残したキャラがたくさんいますが、その中で紹介するキャラは「真人」です。今回の記事では真人のクズな名言・名シーン一覧だけでなく、アニメ版『呪術廻戦』で真人役を担当された声優についてもまとめていきます。

真人の術式はチート級?強さや技・能力を考察

真人の能力である生得術式は「無為転変」です。「無為転変」の性質上、真人の肉体は自由に形を変えることができます。また術式を応用し強力な技を使用しています。チート級と評される真人の術式や、真人の強さ、技や能力について考察していきます。

真人の術式は「無為転変」

「無為転変」は魂に触れ、その形を操作し肉体を思いのままに変形したり改造しすることが可能な術式です。発動条件は真人が素手で対象を触れることのため、躱すことができれば防御が可能。ただし少しでも触れることができれば、対象は魂の形が変形した時にショック死させることができます。しかし真人自身にも「無為転変」で自身の肉体を自由に変形可能なため、真人を避けるのが難しいという点が弱点をカバーしています。自身の変形は限度がほぼないほどで、武器作り出す、動物の形状を模し、空を飛ぶ、水中を高速で移動も可能など多岐に応用できる能力です。

真人の技

真人は自由度の高い術式である「無為転変」をうまく応用した技を繰り出しています。悪意に隙がない、容赦ない攻撃が多い真人。一体どのように応用しているのでしょうか?各技を詳しく紹介していきます。

技①多重魂

「多重魂」は術式「無為転変」により魂の形を変えられ、外見も大きく変えられてしまう改造人間2体以上の魂を無理矢理に融合させ圧縮し、新しいものを生み出す技で、「撥体」へ繋がります。改造人間について詳しく後述します。

技②撥体

「多重魂」からつながる技「撥体(ばったい)」。「撥体」は「多重魂」で二つ以上の魂を無理矢理合わせた魂同士の拒絶反応を利用。爆発力を上げ、対象に向けて放ち攻撃する技です。

真人の改造人間とは?

「無為転変」で魂を改造され、見た目も怪物のようになり操られた者たちの総称です。呪霊にされた訳ではないので、普通の人間にも見ることができ、数分の命しか持ちません。「無為転変」で魂を触れられると即死するはずですが、改造人間にされたものは即死させてもらえなかった上、無理矢理に戦わせられる・元に戻す術はないという凶悪な技です。真人は戦闘員、武器や足場など利便性が高いものとして応用しています。

真人の遍殺即霊体とは?

「遍殺即霊体(へんせつそくれいたい)」は黒閃を経て本当の自分の剥き出しの魂を理解した真人が、己に向けて「無為転変」を発動し、自分自身を改造した真の姿です。人に近かった外見は不気味でより呪霊らしい姿に変貌しており、一番硬度の高い原型より200%硬く、首元のブレードは変形しないという縛りを与え、攻撃力を爆上げしています。手のひらは原型を残しており、「無為転変」も使用可能です。

真人の領域展開は「自閉円頓裹」

真人は領域展開することができる呪霊です。真人の領域展開は「自閉円頓裹(じへいえんどんか)」といい、真人の術式「無為転変」が領域内では手のひらで触れずとも必中になります。領域展開を防ぐ術のないものは回避不能という恐ろしい技です。

真人の黒閃

虎杖との激戦の中、呪霊である真人は「黒閃」を発動させました。呪力を持つものであれば発動可能な「黒閃」、発動させたものは呪力の核心に近づき「領域展開」もできるようになります。発生して間もないとされる真人は短期間でその能力を急成長させています。

【呪術廻戦】真人の領域展開を考察!恐るべき能力や術式についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】真人の領域展開を考察!恐るべき能力や術式についても

『呪術廻戦』の真人は特級呪霊です。口調も穏やかで優しそうな印象を受けますが、性格は冷酷で、人間を弄ぶようなところがあります。真人は虎杖と七海との戦いで領域展開を発動させます。この記事ではそんな真人の領域展開を考察し、能力や術式、声優についても紹介しています。

真人の天敵は虎杖と釘崎?

呪霊の中でも相当な強さを誇る真人。その理由はやはり術式の「無為転変」が対象に触れるだけで即死に追いやれるというチート級の能力を持っているからでしょう。しかし、主人公・虎杖悠二と、虎杖悠仁の同級生である釘崎野薔薇は自ら天敵と見なしています。どういった経緯で天敵としたのか、経緯を詳しく紹介していきます。

真人の天敵は虎杖?

真人の強さは、匹敵する呪術師が少なく、ほぼ無敵状態と言っても過言ではありません。そんな真人は、虎杖悠仁と対戦し、虎杖悠仁のことを宿敵と見なしました。一体どのような理由があるのでしょうか。

考察①虎杖は無意識に自分の魂の輪郭を知覚している

虎杖悠仁の体には虎杖悠仁本人の魂、そして取り込んだ両面宿儺の魂も入っています。常に自分の中に他人の魂のある状態の虎杖悠仁は無意識下で「自分の魂の輪郭」を知覚しています。真人の術式「無為転変」で虎杖悠仁の魂に触れても、虎杖悠仁は自分の魂の形を維持できるため、真人の強さの根幹と言っても過言ではない術式「無為転変」が無効化されてしまいます。

考察②虎杖の魂に触れると宿儺の魂にも触れてしまう

虎杖悠仁は「魂の輪郭」を知覚可能であり、真人の魂にも直接攻撃することができます。真人の「無為転変」は無効化されてしまうため、真人の能力では自身の体で攻撃をするしか虎杖悠仁に攻撃できないのです。さらには無闇に虎杖悠仁の魂に触れると両面宿儺の魂にも触れてしまいます。さらに真人の能力を極めた領域展開もまた、術式「無為転変」が必中になるというもののため、虎杖悠仁相手には使用することもできません

真人の天敵は釘崎?

真人は釘崎野薔薇と対峙した際、「虎杖悠仁と違って、形を変えれるから余裕」と目算していました。ところが釘崎野薔薇は芻霊呪法を駆使し、「共鳴り」で真人の肉体を通し、魂を打ち抜こうとしました。しかし、実際「共鳴り」は真人の分身を通り越して、本体にダメージを与えました。しかも真人の術式的に身体全部が魂と結びついているため、どこに技を食らってもクリティカル状態になります。このことに釘崎野薔薇にも気づかれ、「天敵は虎杖悠仁だけではなかった!」と気を引き締めるのでした。

真人の攻撃で釘崎が死亡?

渋谷事変にて、真人と対戦しています。黒閃を経験してきた釘崎野薔薇は特級呪霊の真人(の分身)と好戦。真人と芻霊呪法の相性は、真人にとって最悪であり押していましたが、一瞬の隙をつかれ真人の術式「無為転変」に倒れました。しかし、明確に作中で死亡が伝わっているわけではなく、その場に新田新が到着していることや反転術式の使える家入硝子のところへ行くことが示唆されており、一縷の望みがある状態です。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の死亡の真相は?生き返る可能性はあるのか考察

あわせて読みたい

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の死亡の真相は?生き返る可能性はあるのか考察

『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠二の通う呪術高専東京校の同級生、釘崎野薔薇。渋谷事件編で、特級呪霊・真人の分身と対峙。戦闘の中で重傷を負い、死亡したとされました。倒れた釘崎野薔薇は本当に死亡したのでしょうか?生き返る可能性があるのか考察していきます。

真人の活躍シーンや最後

「呪術廻戦」では絶対的悪として登場している真人は物語でどのような活躍を見せているのでしょうか。アニメでは声優・島崎信長さんが真人を演じており、より真人の無邪気さやその奥にある悪意を感じさせる演技で恐ろしさを増した真人を表現されています。原作漫画ではアニメ第1クール以降の話でも活躍しており、アニメ化を楽しみに待つ真人ファンも多いです。その活躍を振り返ってみましょう。

活躍シーン①幼魚と逆罰編

幼魚と虐罰編では、両面宿儺復活を画策する夏油傑と共に行動しています。吉野順平と出会い、手駒にしようと甘く囁き、呪術を指南し、吉野順平を追い込んでいきます。さらに、自身の強さを知るため、実験を繰り返し犠牲者を多く出す中で七海建人と遭遇し、激戦の中で自身の能力への理解を深め更なる成長を遂げます。その後、吉野順平の母親を死に至らしめ、精神的に追いやられた吉野順平を欺き、学校内で呪霊を用い虐殺行為を引き起こしました

吉野順平の暴走は虎杖悠仁により制圧、虎杖悠仁の説得に応じ和解に向かいます。そこに現れた真人は、吉野順平の説得に聞く耳は持たず、吉野順平は無為転変の餌食になり死亡します。吉野順平と交流を深めていた虎杖悠仁はこれに激昂、激戦の中、七海建人との共闘に押され、領域展開を習得するも領域展開で必中となった無為転変で宿儺の魂に触れてしまい敗北します。

活躍シーン②京都姉妹校交流会編

幼魚と逆罰編で敗北後は、回復のため療養し、その後は裏方に回った真人。姉妹校交流会で花御が暴れている間の混乱に乗じて、高専に保管されていた宿儺の指6本と特級呪物「呪胎九相図」の1番〜3番の奪取、逃走に成功しています

活躍シーン③宵祭り編

宵祭り編では内通者であり自分達を裏切った内通者・メカ丸もとい与幸吉と対峙します。 与幸吉の「究極メカ丸 絶対形態」と相対するも、肉体を変幻自在させ翻弄し与幸吉を押しますが、与幸吉の第二の奥の手である三輪霞の技「簡易領域」で想定外のダメージを負いました。 最終的に死んだふりをし、隙を突き傀儡の操縦席を破壊し侵入し、「無為転変」によってそのまま与幸吉を即死させました。

活躍シーン④渋谷事変で死亡?

夏油一派の最終目的だった渋谷事変では、大量の一般人を改造人間化するなど暴虐を尽くします。夏油の働きもあり、五条悟の封印に成功後は、己の欲望のまま虎杖悠仁を殺すため、捜索に出ます。七海建人の殺害、釘崎野薔薇の殺害(現在生死不明)が虎杖悠仁の逆鱗に触れ、戦闘は激化するもテンションの上がった真人は黒閃を成功させます。東堂葵と新田明が参戦し東堂葵の左手を奪うも、虎杖悠仁と東堂葵のコンビネーションに苦戦し、逆に黒閃を受けダメージを残していきます。

さらに激化する戦闘の中で、自身に無為転変を発動した真人は「遍殺即霊体」に変貌。激闘の結果、地面に大穴を開けながら虎杖悠仁と共に落下した真人は、東堂葵のブラフにかかり、虎杖悠仁の最大出力の黒閃をまともにくらい、敗北。その後は夏油傑(偽)が呪霊操術極ノ番「うずまき」で吸収し死亡します。

【呪術廻戦】裏切り者は誰?内通者の候補に挙がっているキャラを考察

あわせて読みたい

【呪術廻戦】裏切り者は誰?内通者の候補に挙がっているキャラを考察

『呪術廻戦』で裏切り者とされている内通者の情報に該当する、候補に挙がっているキャラを徹底解説します。『呪術廻戦』で注目された、一人目の裏切り者の情報についても説明。五条の過去や虎杖の今後についても考察していくので、ぜひ参考にしてみてください。

真人に対する世間での評判や人気

真人の領域展開は領域内で「無為転変」が必殺必中するものです。領域を展開するときは真人の口腔内に腕を出現させ、印を結びます。人間のなせる技では無く、呪術師とは一線を画す真人の領域展開の姿は、衝撃的ですがこの姿が大好き!という真人ファンもいます。

真人は呪術廻戦ではヒール側であり、バックボーンの語られていない純粋悪な存在です。子供のように自由気ままに、欲望のまま暴虐を尽くしたり、主人公・虎杖悠仁を甚振ったりすることから、ヘイトを集める存在でしたが、真人は人気のキャラでもあります。混じり気のない悪はスカッとするものもあり、的を得る人間の不条理をついた発言を支持するファンが多くいます。

真人の能力である次々と出てくる改造人間たち、領域展開の悍ましさ、そして術式「無為転変」を応用し、次々と攻撃を繰り出す真人の戦いのスピードはアニメーションにマッチしているとのツイートが。特に真人の領域展開は迫力があり、人の形に近い真人が呪霊だったと思い知らされます。まさに死の象徴となる真人のアニメ2での活躍に期待が高まります。

【呪術廻戦】京都校キャラクター一覧!生徒から教師・学長も紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】京都校キャラクター一覧!生徒から教師・学長も紹介

『呪術廻戦』では主人公・虎杖悠仁の通う呪術高専東京校の姉妹校である京都校も登場します。呪術高専での交流会で邂逅した京都校の個性豊かな学生メンバーについてだけでなく、先生たちや、アニメ呪術廻戦での担当声優についても紹介していきます。

真人の術式は「無為転変」だった

真人は自身を変身させたり、改造人間を作ったりと上手く自分の自由度の高い術式を応用して戦います。呪霊にもかかわらず物語中に成長し領域展開を習得、もとより強力だった「無為転変」を領域内で必中にしました。絶対的な悪である存在の真人の術式「無為転変」はチート級に強い術式でした。

【呪術廻戦】東京校のキャラクター一覧!生徒や教師をまとめて紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】東京校のキャラクター一覧!生徒や教師をまとめて紹介

『呪術廻戦』のメイン舞台となる呪術高専東京校で登場するメンバーを一覧で紹介します。1~3年生のキャラ、先生など魅力的なメンバーの強さなども考察。東京校学長の黒幕説や『呪術廻戦』の京都校に出演するメンバーも解説するので、参考にしてみてください。

【呪術廻戦】真人の強さと術式・無為転変を考察!虎杖を憎む理由とは?
mer0_co

この記事のライター

mer0_co

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

呪術廻戦

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

楽巌寺嘉伸(がくかんじよしのぶ)は、『呪術廻戦』に登場するキャラクターです。呪術高専京都校の学長で、白く長い眉毛や顎鬚が特徴です。戦闘時はギターを使って術式を発動させます。今回は呪術廻戦に出てくる楽巌寺嘉伸の人物像をまとめ、術式や強さについて考察します。

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一(かしもはじめ)は、最強でありながら謎多き人物です。一見、中世的な面持ちですが、渋谷事変で封印された五条悟にも似ています。今回は、鹿紫雲一の正体と強さや五条家との関係について紹介すると共に、鹿紫雲一の過去にも迫ります。

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

呪術廻戦

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

「呪術廻戦」に登場し、かわいいと人気なのが庵歌姫です。巫女服と顔の傷が特徴的な庵歌姫の術式や、顔の傷の理由は謎となっています。庵歌姫の術式について考察し、庵歌姫の活躍した場面や他のキャラとの関係、顔の傷の理由についても紹介します。

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

呪術廻戦

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

「呪術廻戦」に登場する特級呪術師の1人、乙骨憂太の幼馴染だった折本里香は11歳で死んでしまう、あまりに不幸な少女でした。「呪術廻戦」0巻でのエピソードは折本里香の乙骨憂太への想いが描かれています。特級過呪怨霊とされた彼女の真の姿を解き明かしていきましょう。

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦で出てきた大きな謎があります。それは「存在しない記憶」と呼ばれる現象で、バトル中に経験していないはずの出来事を思い出すことです。存在しない記憶の正体は何なのか、呪術廻戦ファンの間で考察されている内容や、作者が明かした真相を紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

これまで謎に包まれていた虎杖悠仁の正体とその家族ですが、虎杖悠仁の母親は一体どんな人物で、またその母親の正体は人間なのでしょうか?本記事では、母親の正体や父親について考察し、虎杖悠仁を語る上で欠かせない「両面宿儺」との関係についても紹介していきます。

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

呪術廻戦

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

『呪術廻戦』には既に回収されている伏線、また現在も回収されていない伏線も含めて様々な謎に関係する伏線が存在しています。伏線となる謎は虎杖悠仁という主要キャラクターだけでなく、その他のキャラクター達にも存在します。今回は『呪術廻戦』の伏線について紹介します。

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦の日車寛見の強さや能力、裁判と関係がある術式・領域展開について解説しました。呪術廻戦の死滅回遊編で重要な役割を担う日車寛見はどのような人物なのか、弁護士として担当した事件や、関係するキャラクターについても詳しく書いています。

【呪術廻戦】花御の強さや術式は?死亡理由や逆再生すると分かる言葉も

呪術廻戦

【呪術廻戦】花御の強さや術式は?死亡理由や逆再生すると分かる言葉も

大人気漫画『呪術廻戦』に登場した特級呪霊「花御」。『呪術廻戦』の比較的早い段階から登場した「花御」を記事の主人公として「花御」の強さや術式の種類、そしてアニメ版『呪術廻戦』で明らかになった言葉のギミックや死亡した経緯をなぞっていきましょう!

【呪術廻戦】秤金次の能力や実力を考察!停学の理由や死滅回游での活躍も

呪術廻戦

【呪術廻戦】秤金次の能力や実力を考察!停学の理由や死滅回游での活躍も

呪術廻戦に登場する秤金次の能力や実力は、これまで明かされていなく、謎が多い人物でした。ここでは現段階で明かされている秤金次の能力の詳細や、停学になった理由、死滅回游内での活躍、呪術廻戦ファンによる秤金次の評判や人気も紹介します。

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード