【BLEACH】最終回まとめ!ネタバレ要素盛り沢山!各キャラのその後なども

お気に入りに追加

『BLEACH』は2016年に最終回を迎えました。最終回では黒崎一護の子供が登場します。この記事では、『BLEACH』のこれまでのストーリーのおさらいをしながらネタバレを紹介します。また原作漫画とは違うアニメの最終回もまとめています。

【BLEACH】最終回まとめ!ネタバレ要素盛り沢山!各キャラのその後なども

目次

  1. 『BLEACH』最終回がざわつく!
  2. 『BLEACH』最終回のネタバレ【漫画】
  3. 『BLEACH』最終回のネタバレ【アニメ】
  4. 『BLEACH』最終回打ち切りの噂の真相
  5. 『BLEACH』最終回のその後について
  6. 『BLEACH』最終回に対する世間の評判
  7. 『BLEACH』最終回10年後で他のキャラは?
  8. 『BLEACH』最終回は見どころいっぱい

『BLEACH』最終回がざわつく!

『BLEACH』の最終回では黒崎一護の子供が登場したことでSNSでも話題になりました。ここでは最終回のネタバレを紹介する前に、まずは最終回までの「BLEACH」がどんなストーリーなのか紹介します。

ついに最終回を迎えた『BLEACH』

『BLEACH』は2001年から「週刊少年ジャンプ」で連載が始まり、2016年に最終回を迎えました。『BLEACH』の最終巻となる74巻の漫画の表紙は、10年後の黒崎一護と朽木ルキアが描かれています。

最終回までの漫画『BLEACH』をおさらい

ここでは最終回までの漫画『BLEACH』がどのようなストーリーだったのか、エピソードごとにネタバレをまとめています。

死神代行篇ネタバレ

『BLEACH』の死神代行篇では朽木ルキアが黒崎一護と出会うところから始まります。虚に襲われて戦闘不能になった朽木ルキアは、自分の死神の力を黒崎一護に渡して死神化させ、虚を倒しました。朽木ルキアは浦原喜助にサポートしてもらい、死神の力が戻るまでの間人間として過ごせるように義骸を用意してもらいます。

そしてその間、黒崎一護に死神代行を頼むことになります。黒崎一護は死神代行として活動するようになってから滅却師である石田雨竜と出会い、茶渡泰虎や井上織姫にその正体がバレてしまいます。ある日、いつまでたっても死神の力が戻らないことを不思議に思っていた朽木ルキアの元に朽木白哉と阿散井恋次が現れます。

二人は超過滞在したことと死神の力を譲渡した罪で朽木ルキアを尸魂界へ連行して行きました。それを止めようとした黒崎一護は朽木白哉によって死神の力を奪われてしまいます。

尺魂界篇ネタバレ

『BLEACH』の尸魂界篇では朽木ルキア救出と藍染惣右介殺人事件の二つのストーリーが同時に進行します。黒崎一護は浦原喜助との修行で本来の死神の力を得ることができました。そして石田雨竜、茶渡泰虎、井上織姫、夜一の5人で尸魂界へと乗り込みます。

一方、日番谷冬獅郎は市丸ギンの行動を怪しんでいました。そんなある時藍染惣右介が殺される事件が発生します。藍染惣右介は犯人は日番谷冬獅郎だと雛森桃宛の遺書に書いていましたが、日番谷冬獅郎は犯人が市丸ギンだと考えていました。その頃、黒崎一護は朽木白哉に負けたことで卍解習得の修行をしていました。

三日で卍解を習得した黒崎一護は処刑寸前の朽木ルキアを救出します。朽木ルキア救出には阿散井恋次や浮竹十四郎、京楽春水など処刑に疑問を持っていた死神も協力しました。その処刑の場にいなかった日番谷冬獅郎と松本乱菊は中央四十六室ヘ向かっていました。中央四十六室は全滅しており、そこには死んだはずの藍染惣右介がいました。

藍染惣右介は朽木ルキアの中に隠された崩玉を奪うために中央四十六室を乗っ取り、処刑させるよう促していました。そして朽木ルキアの中に崩玉を隠したのが浦原喜助です。浦原喜助は崩玉を消滅させるために朽木ルキアを利用しようとしていました。

藍染惣右介の死体に違和感を感じて駆けつけた卯ノ花烈によって藍染惣右介の謀反が伝えられ、隊長総出で朽木ルキアを守ろうとします。しかし崩玉は奪われ、藍染惣右介と協力していた市丸ギン、東仙要の二人は虚圏へと逃亡しました。

破面篇ネタバレ

『BLEACH』の破面篇では崩玉によって力をつけた虚との戦いが始まります。藍染惣右介は虚圏を支配して破面を死神と戦わせました。そして井上織姫の再生能力に目をつけて拉致します。黒崎一護は井上織姫を助け出すために虚圏へ向かい、十刃と戦います。その頃藍染惣右介は十万の魂魄を集めて王鍵を作るために空座町を襲撃します。

すでに偽の空座町を用意していた護廷十三隊はそこで決戦を繰り広げることになります。しかし虚圏から帰還した黒崎一護が加わっても、藍染惣右介には誰も太刀打ちできませんでした。黒崎一護は最後の「月牙天衝」を習得するために修行し、この最後の「月牙天衝」によって浦原喜助と共に藍染惣右介を封印することに成功しました。

死神代行消失篇ネタバレ

『BLEACH』の死神代行消失篇では、最後の「月牙天衝」を使ったことで霊力を失った黒崎一護が再び死神に戻るまでのストーリーが描かれています。黒崎一護の元には銀城空吾という完現術者が現れました。銀城空吾はこの完現術の能力を嫌っており、死神の力を取り戻して能力を奪ってほしいと黒崎一護に頼みました。

人間と死神の間である死神代行の黒崎一護であれば、完現術の能力を奪ったり与えたりすることができるというのです。黒崎一護は渋々銀城空吾に協力することになります。しかし銀城空吾は黒崎一護に完現術を習得させて、その能力を奪うつもりでいました。実は銀城空吾も死神代行だったのです。

銀城空吾は奪った黒崎一護の完現術の能力を使い、尸魂界を襲撃しようとします。しかしその直後に朽木ルキアが霊力を溜めた刀を黒崎一護に刺したことで、再び死神としての力が蘇りました。こうして死神として復活した黒崎一護は銀城空吾を倒します。

千年血戦篇ネタバレ

『BLEACH』の千年血戦篇では突然虚の数が激減して世界の均衡が崩れそうになるところから始まります。それはすでに滅亡したといわれていたはずの滅却師の仕業でした。滅却師は5日後に尸魂界を襲撃すると言い、雀部長次郎忠息を殺害します。そしてその5日後、星十字騎士団という滅却師集団が現れ、朽木白哉達の卍解を奪いました。

さらにはユーハバッハによって山本元柳斎重國も殺害されてしまいます。大きな戦力を失った護廷十三隊ですが、そこに霊王を守る零番隊が現れました。そして黒崎一護や他の重症者達を連れて霊王宮で鍛え直します。

千年血戦篇・訣別篇ネタバレ

『BLEACH』の千年血戦篇・決別譚では石田雨竜視点で物語が進みます。ユーハバッハは石田雨竜が最後の滅却師の生き残りだと言い、後継者に指名しました。石田雨竜は星十字騎士団の「A」の聖文字を与えられます。ユーハバッハが最後の生き残りと言った理由は、石田雨竜が混血統滅却師だからです。

9年前、ユーハバッハは「聖別」によって混血統滅却師から力を奪いました。石田雨竜の母もこの「聖別」で死亡しました。しかし混血統滅却師の中で石田雨竜だけが生き残っていたのです。何か別の力を持っていると思ったユーハバッハは、石田雨竜を後継者として受け入れました。そうして星十字騎士団は瀞霊廷へ二度目の襲撃に向かいます。

【BLEACH】黒崎一護の虚化!理由や謎などを考察!完全虚化も

あわせて読みたい

【BLEACH】黒崎一護の虚化!理由や謎などを考察!完全虚化も

週刊少年ジャンプの大人気漫画「BLEACH」の主人公黒崎一護は成長し色々な力を得て戦います。特にホロウ化は人気で「BLEACH」のバトルシーンを盛りあげてくれます。今回は「BLEACH」の主人公黒崎一護のホロウ化の能力やその謎について考察してまとめていきます。

『BLEACH』最終回のネタバレ【漫画】

『BLEACH』の漫画はどのような最終回を迎えたのか、ここではユーハバッハとの戦いの結末から最終回までを紹介します。

最終回(漫画)ネタバレ①ラスボスの存在とユーハバッハ

『BLEACH』の千年血戦篇ではユーハバッハがラスボスとして登場しました。ユーハバッハは滅却師が世界を支配するために死神を滅ぼしに来たと思われていましたが、ユーハバッハの真の目的は霊王を殺して死の恐怖がない世界を作ることでした。

ただこの目的については親衛隊以外の星十字騎士団は伝えられていなかったようです。そんなユーハバッハは零番隊の兵主部一兵衛でも敵わないほどの「全知全能」の能力を持っていました。これは未来予知ができる能力です。兵主部一兵衛を倒したユーハバッハは霊王を殺害して吸収します。

霊王もまた未来予知の能力を持っていました。そのため、霊王を吸収したユーハバッハは、いくつもの世界線の未来を見ることができるようになりました。

最終回(漫画)ネタバレ②黒崎一護VSユーハバッハ

『BLEACH』の74巻では黒崎一護とユーハバッハの対決が描かれています。未来予知ができるユーハバッハに対して、黒崎一護は滅却師と内なる虚の力を融合させた真の「斬月」の卍解を使って戦います。

ユーハバッハの強さ炸裂

本来の斬魄刀の力が使えるようになった黒崎一護でしたが、ユーハバッハは触れてもいないのに斬魄刀を折りました。なぜそんなことができるのかというというと、黒崎一護の斬魄刀が折れた未来を選択したからです。ユーハバッハはこれによって戦えなくなった黒崎一護の滅却師の力を奪いました。

月島秀九郎の登場

斬魄刀を折られて滅却師の力を奪われた黒崎一護は為す術もなく倒れてしまいます。斬魄刀は井上織姫の再生能力でも直すことはできませんでした。ユーハバッハとの戦いの後に駆けつけた阿散井恋次は、戦意喪失した黒崎一護を無理やり立たせようとします。そんな黒崎一護の体を刃が貫きました。それは月島秀九郎の刀でした。

月島秀九郎銀城空吾は『BLEACH』の死神代行消失篇で死亡した後、志波家で修行していました。そのため、志波岩鷲と共に星十字騎士団との戦いに参加していたのです。月島秀九郎と銀城空吾は義理を返すために黒崎一護に協力することにしました。月島秀九郎の能力は過去を改変することができる能力です。

月島秀九郎が「黒崎一護の斬魄刀は折られなかった」という過去改変を行ったことで、「斬月」は折られる前の状態に戻りました。そして黒崎一護は再びユーハバッハと戦うことを決心します。

藍染惣右介も参戦

黒崎一護の元を去ったユーハバッハは瀞霊廷に向かいました。そこには拘束がいくつか解かれた藍染惣右介が待ち構えていました。ユーハバッハに対抗するために京楽春水が藍染惣右介を「無間」から解放していたのです。そんな藍染惣右介とユーハバッハが戦っているところに、復活した黒崎一護と阿散井恋次が舞い戻ります。

ユーハバッハが戦闘に敗北

ユーハバッハは再び黒崎一護の斬魄刀を折り、さらには阿散井恋次の卍解を腕ごと斬り落として粉々にしました。藍染惣右介が庇うものの「鏡花水月」まで砕かれて吹き飛ばされてしまいます。そこに片腕を斬り落とされた黒崎一護が飛び込んできます。

ユーハバッハは「鏡花水月」によって腕を斬られたのが阿散井恋次ではなく黒崎一護であることを見抜いており、再び斬魄刀を粉々にして体を貫きました。しかしそれさえも実は「鏡花水月」の幻覚だったのです。実際に片腕を失くし、胸を貫かれていたのは藍染惣右介でした。

「鏡花水月」はユーハバッハの未来視に干渉することができ、未来視までも幻覚で惑わせていたのです。その隙を狙い、ユーハバッハの背後から黒崎一護は「月牙天衝」を放ちます。しかしユーハバッハはそれでも未来を改変して復活しようとしました。そこに石田雨竜が「静止の銀」と呼ばれる鏃でユーハバッハを貫きます。

この「静止の銀」はユーハバッハの「聖別」によって死亡した石田雨竜の母の心臓から取り出されたものです。「静止の銀」はユーハバッハの血と混ざり合うことで、全ての力を一瞬だけ消失させる効果がありました。この一瞬の隙を狙い、黒崎一護はユーハバッハを両断しました。

最終回(漫画)ネタバレ③10年後の尺魂界

『BLEACH』の685話ではユーハバッハとの決戦から10年後の尸魂界が描かれました。10年後には射場鉄座左門、矢胴丸リサ、虎徹勇音が隊長になっており、副隊長には斑目一角、阿近、虎徹清音が新しく就任していました。そして各隊長・副隊長が集まる中、朽木ルキアの新隊長着任の儀が行われていました。朽木ルキアは十三番隊隊長となったのです。

最終回(漫画)ネタバレ④息子や娘達の出会い

『BLEACH』の最終回である686話では黒崎一護の子供と朽木ルキアの子供の出会いが描かれました。尸魂界ではユーハバッハの残滓が見つかり、対処に追われていました。そのことを知らない朽木ルキアと阿散井恋次は、子供を連れてクロサキ医院を訪れます。最後は二人の子供が自己紹介するところで終わりました。

【BLEACH】ユーハバッハの最後とは!最後の謎など様々な説まとめ

あわせて読みたい

【BLEACH】ユーハバッハの最後とは!最後の謎など様々な説まとめ

本記事では『BLEACH』のラスボスとして登場した圧倒的強さの持ち主であるユーハバッハの強さや能力、ユーハバッハの最後、死神達との関係について詳しく紹介していきます。是非最後までご覧ください。

『BLEACH』最終回のネタバレ【アニメ】

『BLEACH』のアニメは2004年から放送されて2012年に放送終了しました。しかしアニメは死神代行消失篇までしか放送されておらず、最終回も原作の漫画とは違います。ここでは『BLEACH』のアニメの最終回を紹介します。

アニメ『BLEACH』最終回の内容とは

『BLEACH』のアニメ最終回は銀城空吾と黒崎一護の戦いに決着がつきます。そして黒崎一護は尸魂界へ行き、直接護廷十三隊の隊長に報告しました。その後京楽春水は浮竹十四郎の元を訪れ、代行証は持っておくと黒崎一護が言ったことを伝えました。二人は黒崎一護の成長を感じます。

そして黒崎一護は朽木ルキアに別れを告げました。黒崎一護は死神の力を取り戻したので、これが最後の別れにはなりません。笑顔で二人は別れ、現世に戻るとそこには家族や友人が待っていました。

アニメと漫画の最終回を比較

『BLEACH』のアニメと漫画の最終回は違います。アニメは死神代行消失篇で終了しましたが漫画は千年血戦篇で完結したからです。そのためアニメでは黒崎一護の子供は登場していません。そこで死神代行消失篇のアニメと漫画の最終回を比べました。漫画では特に朽木ルキアと別れを告げるシーンはありません。

そもそも朽木ルキアは死神代行消失篇の最終回には登場していませんでした。漫画では毒ヶ峰リルカが最終回の最後のページに登場しました。毒ヶ峰リルカはずっと浦原商店で療養していましたが、ある日急に失踪します。そしてビルの屋上に立ち、心の中で銀城空吾や井上織姫達にお礼を言いました。

そして最後に黒崎一護に対して「さよなら あたしのこと忘れてね」と言います。こうして毒ヶ峰リルカがビルから姿を消して死神代行消失篇は終了します。このようにアニメの死神代行消失篇の最終回と漫画では少し違う展開で終わりました。

アニメ『BLEACH』最終回のセリフから次回作に期待も

アニメ『BLEACH』の最終回では、黒崎一護が「またな」と言って完結しました。このセリフから続編を期待する声がたくさん上がりました。『BLEACH』の漫画が最終回を迎えた時は実写映画化が発表されましたが、千年血戦篇のアニメ化が発表されるのかと思っていたと落胆した方も多いようです。

しかし2020年に20周年を記念して千年血戦篇のアニメ化が決定しました。放送日などはまだ未定ですが、千年血戦篇のアニメ化に期待しているファンが多いようです。

【BLEACH】藍染惣右介とユーハバッハの関係!どっちが強い?

あわせて読みたい

【BLEACH】藍染惣右介とユーハバッハの関係!どっちが強い?

本記事では『BLEACH』に登場する藍染惣右介とユーハバッハの関係性やどちらが強いのかなどを詳しく紹介していきます。藍染惣右介とユーハバッハは『BLEACH』の中でも圧倒的強さを持つキャラクターです。そんな最強の2人を徹底検証しました。

『BLEACH』最終回打ち切りの噂の真相

『BLEACH』は打ち切りになったのではないかという噂があります。なぜそのような噂があるのか、打ち切りの噂の真相について考察をまとめています。

最終回を迎え打ち切りの噂が浮上

『BLEACH』の最終回では10年後の黒崎一護の様子が描かれました。この最終回の描写から打ち切りだったのではないかと噂されるようになりました。

『BLEACH』打ち切り説の発端や理由

『BLEACH』の最終回が打ち切りだと噂されるようになったのは、主に最終回に満足いかないファンが原因のようです。ここでは『BLEACH』打ち切り説の発端や理由をまとめています。

打ち切りを過ぎらせる最終回の内容

『BLEACH』の最終回では10年後に突然黒崎一護と井上織姫の子供・黒崎一勇が登場しました。その後朽木ルキアと阿散井恋次の子供・阿散井苺花が死神見習いだと自己紹介し、黒崎一勇も自分は死神だと言って終わります。霊王についての謎や藍染惣右介の真意などは分からないまま終了しました。

この終わり方に不満を抱いた人が、打ち切りだったのではないかと考えるようになったようです。おそらく子供達が描かれた理由は、ユーハバッハが以前言っていた「幸福を感じる瞬間を選んで殺してやる」という言葉に対する伏線を回収するためだといわれています。

この時、黒崎一護・井上織姫夫婦の元に阿散井恋次・朽木ルキアが休暇を取って訪れました。黒崎一護は自分の子供達を会わせ、さらに妹達や友人達に囲まれて茶渡泰虎の試合を見るという幸福な時間を過ごしていたはずです。そんな時に尸魂界ではユーハバッハの残滓が現れました。

このユーハバッハの残滓は黒崎一護を殺そうとしていたといわれていますが、黒崎一勇がそれを阻止しました。なぜ黒崎一勇がそれを阻止できたのかは、その直後の藍染惣右介の言葉にヒントがあるといわれています。ユーハバッハの創りたかったのは死の恐怖がない世界です。しかし恐怖がない世界ではそれを退ける勇気を持つことができません。

まさにその勇気の「勇」という名前をつけられた黒崎一勇は、ユーハバッハの理想に相反する存在だったことから残滓を退くことができたのではないかと考察されています。また死の恐怖をなくすことで何を失ってしまうのかを伝えている重要なシーンでもあります。このように最終回の10年後は伏線を回収するためにも必要なシーンだったといわれています。

『BLEACH』は、物語開始直後は直接的に説明するシーンがたくさんありましたが、後半になるにつれて間接的に伝えるような描写が増えます。そのため、読者の中には最終回で10年後が描かれた理由が分からず、不満に思った方が打ち切りだったのではと噂するようになったようです。

人気や注目度の低迷説

『BLEACH』は死神代行消失篇で人気が低迷したといわれています。その影響で死神代行消失篇は急ピッチで物語が進み、悪役である銀城空吾がなぜ復讐を企んだのか分からない状態で完結してしまいました。このような人気の低迷によって最終回も10年後にいきなり飛んでしまったのではないかといわれています。

久保帯人(原作者)の希望による打ち切り説

『BLEACH』の漫画の原作者である久保帯人が希望して打ち切りにしたのではないかという説もあります。実際に体調を崩した時に連載終了を考えたこともあったそうです。また無理に編集部から引き伸ばしをの圧力をかけられたことでもう描きたくないと思ったのではないかという噂もあります。

ただ最終回の後は、その後のストーリーや漫画で描かれなかった部分が小説として書かれました。最終回後も小説を出していることから、久保帯人が無理に引き伸ばしをされてストーリーを繋げていたとは考えられません。

久保帯人が最終回に託した想いとは

『BLEACH』の漫画の原作者である久保帯人は、最終回に向けて様々な調整をしていたようです。そのことから考えても打ち切りではなかったのではないかと考えられています。ここでは久保帯人の拘りやメッセージについて紹介します。

久保帯人の「15」の拘り

『BLEACH』はちょうど連載開始から15年で最終回を迎えました。この15という数字は主人公の黒崎一護の名前と同じように読める数字です。作者は漫画の最後に「なんとか15年で描き終えられた」とコメントしていることから、15年で終わることが一つの目標だったのではないかといわれています。

久保帯人から作品を通してのメッセージ

『BLEACH』の最終回では藍染惣右介が「勇気」について語っているシーンがありました。このシーンによって『BLEACH』という作品が「勇気」をテーマに描かれているということが判明しました。

あるファンレターも関係?

『BLEACH』の千年血戦篇ではユーハバッハが生と死の境界をなくすという目的で世界崩壊を企みました。そして「勇気」というテーマに沿うように物語は完結します。この最終回はあるファンレターが影響を与えたといわれています。

そのファンレターは余命1年の難病を患った男の子からの手紙で、『BLEACH』を生きる希望にしていたと書かれていました。当時久保帯人は体調不良が続き連載終了を考えていたのですが、このファンレターで最後まで描き続けることを決意したそうです。

このようなエピソードから、打ち切りではなく久保帯人の望んだ終わり方だったのではないかといわれています。ファンレターについては「久保帯人&スタッフ」のツイッターに掲載されています。

【BLEACH】黒崎一護の卍解!能力や強さは?

あわせて読みたい

【BLEACH】黒崎一護の卍解!能力や強さは?

「BLEACH」の主人公、黒崎一護は「天鎖斬月」という卍解で戦います。天鎖斬月は同じ卍解の中でもとても強力です。この記事では黒崎一護の卍解「天鎖斬月」についてご紹介していきたいと思います。BLEACH読まれる方は是非、「天鎖斬月」を詳しく知ってみてください。

『BLEACH』最終回のその後について

『BLEACH』の最終回ではファンも驚きの展開となっていました。ここでは最終回のその後について詳しく紹介します。

主人公の黒崎一護は「真の死神」に覚醒

『BLEACH』の物語開始当初、黒崎一護は朽木ルキアの死神の力によって死神になりました。その後自分の中の死神の力を引き出すことができたものの、黒崎一護の精神世界にいる滅却師の力が「斬月」になりすましていました。その理由は黒崎一護がこれ以上強くなればどんどん戦いに巻き込まれていき、危険な目に遭うと思ったからです。

さらに黒崎一護は死神を改造して造られたホワイトという虚の能力を母から受け継いでいました。黒崎一護が「浅打」なしで斬魄刀を形成していた理由は、元死神のホワイトが影響していたからです。二枚屋王悦が与えた試練によって黒崎一護はホワイトの力と滅却師の力を合わせて本当の「斬月」になることを知ります。

そして二枚屋王悦に「浅打」を打ってもらった黒崎一護は真の「斬月」を手に入れることができました。しかしユーハバッハとの戦いでは滅却師としての力とそれに混ざり合っていたホワイトの力を奪われます。それでも黒崎一護は斬魄刀を使って戦い続けました。

最後にユーハバッハを斬った時には、刀が卍解から始解の姿へと変わりました。この時に黒崎一護は本来の死神としての力を手に入れたのではないかと考察されています。

京楽春水が浮竹十四郎のお墓を訪れる

『BLEACH』の685話は、京楽春水が浮竹十四郎のお墓を訪れるシーンから始まります。浮竹十四郎は世界の崩壊を防ぐために自らミミハギ様となって死亡しました。浮竹十四郎と同期だった京楽春水は10年後、お酒を呑みながら浮竹十四郎のお墓に近況報告をしていました。

黒崎一護と井上織姫の結婚

『BLEACH』の最終回では黒崎一護と井上織姫が結婚していました。黒崎一護は何をしているのか不明ですが、おそらくクロサキ医院を継いでいるのではないかといわれています。結婚後も妹や父と同居しているようです。

息子(黒崎一勇)が誕生

黒崎一護と井上織姫の間には黒崎一勇という子供が誕生しました。二人の子供というだけあり、髪色は黒崎一護似で目元や瞳の色は井上織姫似です。自由奔放な性格なのか、色んな所を歩き回っているようです。基本的に放任主義のようですが、一応危険がないか椿鬼達に行動を見張らせているようです。

朽木ルキアと阿散井恋次の結婚

『BLEACH』の最終回では朽木ルキアと阿散井恋次が結婚していることが判明していました。久々の家族での休暇だったようで、朽木白哉はユーハバッハの残滓の事は二人に知らせずに現世へ送り出しました。ちなみに朽木ルキアと阿散井恋次の結婚については小説の「WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」で詳しく書かれています。

娘(阿散井苺花)が誕生

朽木ルキアと阿散井恋次の間には阿散井苺花という子供が誕生しました。阿散井恋次の赤毛を受け継いでいますが、顔立ちは朽木ルキアそっくりの子供です。勝ち気な性格も二人に似ています。イラスト集にて誕生日は10月28日で好きなものは「父様」嫌いなものは「おばけ」ということが判明しています。

【BLEACH】ユーハバッハと斬月の関係!正体は?説を色々検証

あわせて読みたい

【BLEACH】ユーハバッハと斬月の関係!正体は?説を色々検証

『BLEACH』の千年血戦篇にはユーハバッハという敵が登場します。ユーハバッハの外見は黒崎一護の精神世界で具現化した斬魄刀「斬月」にそっくりです。この記事ではユーハバッハと「斬月」にどのような関係があるのか、その正体について考察をまとめています。

『BLEACH』最終回に対する世間の評判

『BLEACH』の最終回では黒崎一護と井上織姫が結婚しているので、黒崎一護が「井上」ではなく「織姫」と呼ぶシーンがありました。黒崎一護と井上織姫のカップリングが好きな方は、アニメでこのやり取りを見たいと思う方も多いようです。また結婚式の様子なども気になるという声もありました。

『BLEACH』の最終回後は漫画で描かれなかった他のキャラクター視点の物語が小説で書かれました。『BLEACH』の漫画は黒崎一護視点だったので描けなかった部分がたくさんあったようで、最終回でも回収されなかった伏線が小説で明らかになります。特に檜佐木修兵が主人公の「Can't Fear Your Own World」は『BLEACH』ファンから人気です。

『BLEACH』の最終回では阿散井苺花と映画「MEMORIES OF NOBODY」に登場したオリジナルキャラクターの茜雫が似ていると話題になりました。実は茜雫は別世界の阿散井恋次と朽木ルキアの子供をイメージしてデザインされたキャラクターです。そのため阿散井苺花と茜雫は似ているのです。

【BLEACH】虚とは!能力や種類なども紹介!完全虚化とは

あわせて読みたい

【BLEACH】虚とは!能力や種類なども紹介!完全虚化とは

『BLEACH』には虚という悪霊が登場します。虚の中には破面と呼ばれる強い者たちも存在します。また死神もある条件で虚化し、虚の能力を使えるようになります。ここでは『BLEACH』に登場する虚の種類や虚化した「仮面の軍勢」と黒崎一護について紹介します。

『BLEACH』最終回10年後で他のキャラは?

『BLEACH』の最終回では大人になったキャラクターがたくさん登場しました。黒崎一護の友人達は何をしているのか不明ですが、石田雨竜と茶渡泰虎のその後については最終回で描かれています。

石田雨竜は医師に

石田雨竜は医師になりました。見覚えのある病院の屋上で休憩を取っていることから、おそらく父が院長を務める空座総合病院に務めているのではないかといわれています。石田雨竜は昼休憩を延長してまで、皆と観る予定だった茶渡泰虎の試合をスマホで観ていました。看護師からは慕われているようです。

茶渡泰寅はボクシングの道へ

茶渡泰虎は10年後、ボクサーとして活躍しています。最終回では黒崎一護の家で友人達が集まり、妹達がポップコーンとコーラを準備してテレビで茶渡泰虎の試合を観戦していました。

【BLEACH】朽木ルキアまとめ!死神との関係や卍解など強さも考察!

あわせて読みたい

【BLEACH】朽木ルキアまとめ!死神との関係や卍解など強さも考察!

『BLEACH』には朽木ルキアという女性死神が登場します。朽木ルキアはもうひとりの主人公ともいわれている重要人物です。この記事では朽木ルキアが使う斬魄刀の卍解の能力や他の死神との関係を紹介します。またアニメの声優や実写版のキャストをまとめています。

『BLEACH』最終回は見どころいっぱい

『BLEACH』の最終回はいきなり10年後の黒崎一護の子供が登場したりするので、混乱する読者もいました。しかしそれまでのストーリーを見直すと伏線が回収されていることや、「勇気」がテーマの漫画だったことが判明します。『BLEACH』の最終回は見どころがたくさんあるので、ぜひ読んでみてください。

rg4yd

この記事のライター

rg4yd

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【BLEACH】cまとめ!メンバーと能力や強さは?破面大集合

BLEACH

【BLEACH】cまとめ!メンバーと能力や強さは?破面大集合

本記事では漫画『BLEACH』に登場する十刃(エスパーダ)の能力や仕組み、死神との関係性などについて詳しく紹介していきます。十刃の最強ランキングなども紹介していきますので、『BLEACH』を見た事ない方や見た事ある方も是非最後までご覧ください。

【BLEACH】黒崎一護まとめ!技や能力も!結局何者?これが黒崎一護!

BLEACH

【BLEACH】黒崎一護まとめ!技や能力も!結局何者?これが黒崎一護!

『BLEACH』の黒崎一護は家族思いで心優しい主人公で家族の血統や声優なども注目される人気キャラであり、斬魄刀も人気があります。今回は『BLEACH』の主人公・黒崎一護についてプロフィールや声優や家族、斬魄刀『斬月』や技など様々なことを紹介していきましょう。

【BLEACH】ユーハバッハまとめ!能力や技は?チート級キャラの倒し方

BLEACH

【BLEACH】ユーハバッハまとめ!能力や技は?チート級キャラの倒し方

『BLEACH』の千年血戦篇に登場するユーハバッハは滅却師の始祖で、黒崎一護が戦意喪失するほどの強敵でした。ここではユーハバッハが『BLEACH』の劇中で使用した技や能力について紹介します。またその正体に関する考察などもまとめています。

【BLEACH】フラシオンとは!各メンバーを紹介!従属官まとめ

BLEACH

【BLEACH】フラシオンとは!各メンバーを紹介!従属官まとめ

『BLEACH』にはフラシオン(従属官)が登場します。フラシオン(従属官)はエスパーダ(十刃)の側近のような破面です。『BLEACH』では護廷十三隊の隊長や副隊長達と戦いました。ここではフラシオン(従属官)にはどんなキャラクターがいるのかを紹介します。

【BLEACH】最強は誰?最強キャラランキング!

BLEACH

【BLEACH】最強は誰?最強キャラランキング!

「BLEACH」はキャラクターが多数登場します。どのキャラも個性的でバトルシーンを盛り上げてくれます。この記事では「BLEACH」に登場するキャラクターで誰が最強なのかをランキング形式でまとめていきます。「BLEACH」の最強キャラをぜひ知っていってください。

【BLEACH】黒棺とは!鬼道最強?藍染惣右介や鹿児島との関係も?

BLEACH

【BLEACH】黒棺とは!鬼道最強?藍染惣右介や鹿児島との関係も?

『BLEACH』の藍染惣右介が詠唱する「黒棺」はその文言や発動時のカッコ良さも相まって人気の技の一つです。それと同時にネット上での「黒棺」は面白いネタという認識があります。今回はそんな『BLEACH』の鬼道「黒棺」について強さや面白さを紹介していきます。

【BLEACH】滅却師とは!能力や死神と関係などまとめ

BLEACH

【BLEACH】滅却師とは!能力や死神と関係などまとめ

滅却師は『BLEACH』の最終章である「千年血戦篇」で死神たちと全面戦争をする存在であり、能力や死神との関係、「最後の生き残り」石田雨竜についてなど多くの点が注目されています。今回は『BLEACH』の『滅却師』について、様々なことを紹介していきましょう。

【BLEACH】千年血戦篇まとめ!見えざる帝国?星十字騎士団?ネタバレも

BLEACH

【BLEACH】千年血戦篇まとめ!見えざる帝国?星十字騎士団?ネタバレも

『BLEACH』の千年血戦篇では新たなる敵・ユーハバッハが登場します。ユーハバッハは見えざる帝国の星十字騎士団を率いて尸魂界を襲撃しました。黒崎一護が戦いで最も苦戦した相手でもあります。ここでは『BLEACH』の千年血戦篇の最後についてネタバレを紹介します。

【BLEACH】名言一覧!オサレポエムの宝庫?厳選名言祭り

BLEACH

【BLEACH】名言一覧!オサレポエムの宝庫?厳選名言祭り

『BLEACH』にはキャラクターの名言がたくさんあり、単行本には毎回巻頭ページにポエムが掲載されています。ファンからはオサレポエムと呼ばれる人気ポエムでもあります。この記事では『BLEACH』の名言やオサレポエムを一覧でまとめて紹介します。

【BLEACH】ユーハバッハの能力!技は?戦闘シーンで検証

BLEACH

【BLEACH】ユーハバッハの能力!技は?戦闘シーンで検証

ユーハバッハは『全知全能』という圧倒T冷な能力を持った『BLEACH』のラスボスであり、様々ことが注目されています。今回は『BLEACH』の全知全能のラスボス・ユーハバッハについて技や能力一覧、霊王との関係や一護との戦い、ネット上の評判などを紹介していきます。

BLEACHの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード