【呪術廻戦】日下部篤也は術式なしでも強い?1級術師の実力を紹介

お気に入りに追加

呪術廻戦にて1級術師として活躍している日下部篤也。普段は気だるい性格で怠けているように見える彼ですが、いざ戦闘が始まると実力を発揮し頼りがいのある呪術師に変化します。本記事では呪術廻戦に登場する日下部篤也の術式や強さ、技などについてまとめていきます。

【呪術廻戦】日下部篤也は術式なしでも強い?1級術師の実力を紹介

目次

  1. 【呪術廻戦】日下部篤也とは?
  2. 【呪術廻戦】日下部篤也は術式なしでも強い?実力を考察
  3. 【呪術廻戦】日下部篤也の性格や活躍
  4. 【呪術廻戦】日下部篤也の声優
  5. 【呪術廻戦】日下部篤也に対する世間での評判や人気
  6. 【呪術廻戦】日下部篤也は術式なしでも強かった

【呪術廻戦】日下部篤也とは?

日下部篤也は呪術廻戦における強者で人気も高いキャラクターですが、そんな彼は作中にてどのような人物として描かれているのでしょうか?まずは日下部篤也のプロフィールをまとめていき、それに併せて『呪術廻戦』という作品についても概要とあらすじからおさらいしていきます。

日下部篤也のプロフィール

  • 所属:東京都立呪術高等専門学校2年担任
  • 等級:1級呪術師
  • 趣味:釣り
  • 好きな食べ物:トロたく巻き
  • 苦手な食べ物:マグロの目玉
  • ストレス:任務全般

日下部篤也(くさかべあつや)は呪術高専東京校2年の担任かつ1級呪術師です。コートが似合うハードボイルドな風貌が特徴的で、常に気だるげで任務が嫌いという性格をしています。普段は飄々とした振る舞いをしていますが、格上の呪霊などが現れると死ぬのが怖いという理由で戦闘を避けようとする消極的な一面もあります。

呪術廻戦の概要

呪術廻戦は芥見下々によって週刊少年ジャンプに連載されている漫画作品です。人間の負の感情から生まれる呪霊とそれを退治する呪術師の戦いが描かれたダークファンタジーものであり、緻密な設定や異質な物語が奇抜ながら面白いと評判を呼び、2022年8月時点で累計発行部数7000万部を突破しました。2020年10月にはアニメ化が放送され、2021年12月には劇場映画も公開されるほどの人気を博しています。

呪術廻戦のあらすじ

常人離れした身体能力を持つ高校生虎杖悠仁。彼の通う学校に突如呪霊が現れると、虎杖はその騒動に巻き込まれ、挙句の果てに特級呪物・両面宿儺を復活させてしまいます。騒動が収まったその後、呪術界上層部から死刑宣告を下されてしまう虎杖でしたが、すべての宿儺の指を食べてから死ぬという猶予を与えられると、開き直った虎杖はそこから呪術師としての人生を始めるのでした。

【呪術廻戦】日下部篤也は術式なしでも強い?実力を考察

ここからは呪術廻戦における日下部篤也の強さ、実力についてまとめていきます。日下部篤也は1級呪術師であることから相当な実力者であることは間違いありませんが、日下部篤也の場合は術式なしで1級まで昇りつめたと言われています。ここでは術式なしで昇り詰められた理由と、日下部篤也の技について詳しく解説していきます。

日下部篤也の「シン・陰流」の術式

日下部篤也が使うのはシン・陰流(かげりゅう)という結界術です。シン・陰流とは結界術と居合いを融合させた技術で、強者の領域から身を守るための弱者の領域と言われる簡易流派です。日下部篤也のシン・陰流は平安時代に蘆屋貞綱が考案したものの使い手であり、刀を用いた白兵戦スタイルを得意としています。

日下部篤也は術式なしでも強い?

渋谷事変で虎杖の実力を見た冥冥のセリフから、日下部篤也が術式なしで1級呪術師になったということが明らかにされています。1級呪術師は1級呪霊を祓えるほどの実力者という証明で、1級呪霊は戦車があっても心細いほど強烈な敵とされています。日下部篤也の強さは呪術師の中でもかなりのものと言えるでしょう。

日下部篤也と東堂の強さを比較

東堂は1級呪霊5匹と特級呪霊1匹を相手に、術式を使用せずに祓ったという実績があります。術式がない戦いであれば日下部篤也と東堂は同じ強さを持っているかもしれません。ただし、東堂には不義遊戯という術式を持っているためそこに差が生まれています。

日下部篤也は領域展開ができる?

日下部篤也が領域展開を使用できるかどうかは不明です。ただし、シン・陰流の門下生は簡易領域を習得しているため、呪術廻戦本編の今後の展開次第では、日下部篤也が領域展開を披露する場面が訪れてもおかしくないでしょう。

日下部篤也の技

呪術廻戦のこれまでの本編中にて、日下部篤也は『抜刀(ばっとう)』と『居合「夕月」(いあいゆうづき)』という技を披露しています。2つの技がどのような効果を持っているのか、それぞれに分けて解説していきます。

「抜刀」

抜刀は刀身を呪力で覆い鞘の中で加速させる、正面の敵に特化したシン・陰流最速の技です。シン・陰流の使い手であれば使用できる基本的な技で、呪術廻戦作中では三輪も同じ技を使用していましたが、日下部篤也は自身の身体を動かしながらこの技を発動していました。

居合「夕月」

居合「夕月」は膝立ちの姿勢から繰り出す抜刀術です。この技が使用されたのは渋谷事変で呪詛師・袮木利久と菅田真奈美と対峙した時でしたが、その効果が発動されようとした直前に、彼らの上空で戦っていた宿儺と漏瑚の激突によって爆発が起き、技が発動される前に爆風に巻き込まれてしまいました。そのため、居合「夕月」の具体的な詳細は不明な状態です。

【呪術廻戦】日下部篤也の性格や活躍

ここからは呪術廻戦における日下部篤也の性格や活躍についてまとめていきます。術式なしで1級呪術師に昇りつめたという実力者だった日下部篤也でしたが、彼はその強さを活かして呪術廻戦本編中にどのような活躍をしているのかをここで紹介していきます。

日下部篤也の性格

基本的に面倒くさがりな性格であり、1級呪術師という強さを持っておきながら強者との戦闘にはかなり消極的です。実際に渋谷事変においては五条を封印した一派との戦闘を避けようとして、一般人の避難優先を建前に時間を潰そうとしていました。ただし保身が第一という理念ではないようで、三輪を夏油の攻撃から命がけで庇ったことがあり、仲間のためであれば体を張れるほど情に厚い一面もあります。

日下部篤也の妹エピソード

家族構成に関しては妹がいることが明らかにされています。妹はかつて息子を亡くしてしまったことが原因で精神的病を患っていました。そんな妹を助けるために日下部篤也は夜蛾に依頼し、タケルそっくりの言動をする呪骸を作ってもらいました。妹はその呪骸と出会うと精神が回復。その経緯から日下部篤也は妹を救ってくれた夜蛾に対して大きな恩義を感じるようになりました。

日下部篤也の渋谷事変での活躍

日下部篤也が呪術廻戦本編に初登場したのは渋谷事変です。上層部が五条単独で渋谷平定を決定した時、日下部篤也はパンダと共に日下部班を結成し他の班と共に帳内に突入。途中、夏油一派の呪詛師と遭遇し戦闘になりますが、決着がつく前に宿儺と漏瑚の爆発に巻き込まれます。渋谷駅が大きく崩れ、日下部班も生死不明状態になりましたが、パンダによってガレキに埋まっていたところを見つけられると、その後、偽夏油の攻撃から体を張って三輪を救出するのでした。

【呪術廻戦】日下部篤也の声優

ここからはアニメ版呪術廻戦において日下部篤也を演じている声優についてまとめていきます。呪術廻戦は漫画だけでなくアニメ作品としても人気があり、多くの人に視聴されています。その中で日下部篤也も登場すると、声優の演技によってより際立ったキャラクターになっていました。実際にどんな声優が彼を担当していたのか、ここで解説していきます。

日下部篤也の声優は「三木眞一郎」

アニメ呪術廻戦にて日下部篤也を演じた声優は三木眞一郎(みきしんいちろう)さんです。セガの3D格闘ゲーム『バーチャファイター2』の主人公・結城晶役から名前が知られていった声優さんであり、作品や演じたキャラを尊重する生真面目で礼儀正しい声優として人気があります。これまで多くの作品に出演しており、爽やかな青年役からハンサムな色男、ヘタレキャラやゲスキャラなど、様々な役を演じています。

三木眞一郎のプロフィール

1968年3月18日東京都生まれ。血液型AB型、身長180cm、現在の所属事務所は81プロデュースです。幼い頃から声優に興味があり、周囲の反対を押し切って演者の道を進み続けていきました。そうして1989年にデビューを果たし、1994年に世間的に認知されるほどの人気を集めていき現在までの活躍に至ります。その高い演技力は業界内でも注目されており、2010年の第4回声優アワードでは助演男優賞を受賞しました。

三木眞一郎の主な出演作品

  • コジロウ(ポケットモンスターシリーズ)
  • 竈門炭十郎(鬼滅の刃)
  • ペドロ(ONEPIECE)
  • 若林源三(キャプテン翼J)
  • 結城晶(バーチャファイター2)

【呪術廻戦】日下部篤也に対する世間での評判や人気

これまで呪術廻戦に登場する日下部篤也の情報をまとめてきました。術式なしでも呪霊と渡り合える強さをしたキャラクターでしたが、そんな彼に対して呪術廻戦を愛読しているファンたちはどのような印象を抱いているのでしょうか?ここでは日下部篤也に対する世間での評判や人気について、呪術廻戦ファンのコメントを直接参照してまとめていきます。

呪術廻戦ファンの中で日下部篤也は比較的好印象を持たれているようでした。気だるげな性格でありながら実は強いというギャップに萌える人や、妹思いで夜蛾に恩義を感じているような礼儀正しい部分などが評判になっていました。

渋谷事変では呪術師の死亡シーンが多く描かれており、日下部篤也の生死が不明になった時は本当に死亡したのではないかと大きな話題になっていました。しばらくして生きていた姿で登場すると、何事もなかった様子に安堵する声も多く寄せられていました。

アニメから呪術廻戦を知り始めた人の中では、日下部篤也を声優きっかけで好きになったという人も少なくないようです。三木眞一郎さんによる演技は日下部篤也にピッタリハマっているようで、原作ファンからも高評価を受けていました。

【呪術廻戦】三輪霞がかわいいと人気!呪術師になった理由や強さを考察

あわせて読みたい

【呪術廻戦】三輪霞がかわいいと人気!呪術師になった理由や強さを考察

『呪術廻戦』の女性キャラの中でもかわいいと話題の三輪霞の、魅力について徹底解説していきます。かわいい魅力ポイントとともに、三輪霞の強さや能力についても考察。呪術師になった理由や担当している声優も紹介するので、参考にしてみてください。

【呪術廻戦】日下部篤也は術式なしでも強かった

いい加減でだらけた性格をしている日下部篤也は、術式を持っていなくともシン・陰流を極めた実力者で実は情にも厚い漢でした。現在の呪術廻戦は渋谷事変の内容が描かれていますが、日下部篤也はその戦禍の真っ只中にいます。今後の展開を左右するキャラクターなのかもしれないので、今後の動向をしっかりチェックしておきましょう。

【呪術廻戦】パンダ先輩の正体を考察!中身の真相や死亡説についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】パンダ先輩の正体を考察!中身の真相や死亡説についても

呪術廻戦に登場するパンダ先輩は姿がパンダそのものでありながら人間のような言動をする異質な呪術師です。そんなパンダ先輩の正体についてネット上で様々な考察がされています。本記事ではパンダ先輩の正体に関する考察をまとめ、中身や現在の状態などについても解説します。

zeile

この記事のライター

zeile

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】極ノ番の種類や使用できるキャラまとめ!強力な効果を持っている?

呪術廻戦

【呪術廻戦】極ノ番の種類や使用できるキャラまとめ!強力な効果を持っている?

『呪術廻戦』では様々な効果を持った技がたくさんありますが、その中で紹介する技は「極ノ番」です。今回の記事では極ノ番の種類や強力な効果だけでなく、『呪術廻戦』で極ノ番を使用できるキャラは誰なのかに関する情報についてもそれぞれまとめていきます。

【呪術廻戦】五条悟のかっこいいシーンまとめ!素顔もイケメンなのか調査

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟のかっこいいシーンまとめ!素顔もイケメンなのか調査

呪術廻戦でも人気の五条悟のかっこいいシーンや名言をまとめて紹介していきます。五条悟のかっこいい魅力もポイント別に解説していくため、魅力を見出してみてください。強さや能力、声優のキャストについても説明していくため、参考にしてみてください。

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

呪術廻戦

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

楽巌寺嘉伸(がくかんじよしのぶ)は、『呪術廻戦』に登場するキャラクターです。呪術高専京都校の学長で、白く長い眉毛や顎鬚が特徴です。戦闘時はギターを使って術式を発動させます。今回は呪術廻戦に出てくる楽巌寺嘉伸の人物像をまとめ、術式や強さについて考察します。

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一(かしもはじめ)は、最強でありながら謎多き人物です。一見、中世的な面持ちですが、渋谷事変で封印された五条悟にも似ています。今回は、鹿紫雲一の正体と強さや五条家との関係について紹介すると共に、鹿紫雲一の過去にも迫ります。

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

呪術廻戦

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

「呪術廻戦」に登場し、かわいいと人気なのが庵歌姫です。巫女服と顔の傷が特徴的な庵歌姫の術式や、顔の傷の理由は謎となっています。庵歌姫の術式について考察し、庵歌姫の活躍した場面や他のキャラとの関係、顔の傷の理由についても紹介します。

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

呪術廻戦

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

「呪術廻戦」に登場する特級呪術師の1人、乙骨憂太の幼馴染だった折本里香は11歳で死んでしまう、あまりに不幸な少女でした。「呪術廻戦」0巻でのエピソードは折本里香の乙骨憂太への想いが描かれています。特級過呪怨霊とされた彼女の真の姿を解き明かしていきましょう。

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦で出てきた大きな謎があります。それは「存在しない記憶」と呼ばれる現象で、バトル中に経験していないはずの出来事を思い出すことです。存在しない記憶の正体は何なのか、呪術廻戦ファンの間で考察されている内容や、作者が明かした真相を紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

これまで謎に包まれていた虎杖悠仁の正体とその家族ですが、虎杖悠仁の母親は一体どんな人物で、またその母親の正体は人間なのでしょうか?本記事では、母親の正体や父親について考察し、虎杖悠仁を語る上で欠かせない「両面宿儺」との関係についても紹介していきます。

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

呪術廻戦

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

『呪術廻戦』には既に回収されている伏線、また現在も回収されていない伏線も含めて様々な謎に関係する伏線が存在しています。伏線となる謎は虎杖悠仁という主要キャラクターだけでなく、その他のキャラクター達にも存在します。今回は『呪術廻戦』の伏線について紹介します。

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦の日車寛見の強さや能力、裁判と関係がある術式・領域展開について解説しました。呪術廻戦の死滅回遊編で重要な役割を担う日車寛見はどのような人物なのか、弁護士として担当した事件や、関係するキャラクターについても詳しく書いています。

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード