【BLEACH】平子真子の卍解は?斬魄刀や能力も!他の死神との関係も考察

お気に入りに追加

『BLEACH』には平子真子という仮面の軍勢のリーダー格の男が登場します。実は元五番隊隊長で卍解も使うことができます。この記事では平子真子の斬魄刀の能力や山本元柳斎重國・黒崎一護など他の死神との関係を紹介します。またプロフィールや声優などもまとめています。

【BLEACH】平子真子の卍解は?斬魄刀や能力も!他の死神との関係も考察

目次

  1. 平子真子とは
  2. 平子真子の斬魄刀や卍解
  3. 平子真子の経歴
  4. 平子真子の声優は?
  5. 平子真子の世間での評判や人気
  6. もしも平子真子が〇〇だったら
  7. 平子真子の卍解は小説版のみ

平子真子とは

平子真子とは『BLEACH』に登場するキャラクターです。『BLEACH』では破面篇から本格的に登場しており、最初は黒崎一護を仮面の軍勢という組織に誘うなど謎の多い人物でした。ここではそんな平子真子のプロフィールや仮面の軍勢について紹介します。

平子真子のプロフィール

『BLEACH』に登場する平子真子は、5月10日生まれの身長176cm、体重60kgの男性です。金髪のおかっぱ頭が特徴的です。ファッションにこだわっており、他のキャラクターよりもおしゃれです。ちなみに『BLEACH』の1話の巻頭カラーにも平子真子の姿が描かれています。

仮面の軍勢のリーダー的存在

『BLEACH』の破面篇では仮面の軍勢(ヴァイザード)という集団が登場します。平子真子は仮面の軍勢のリーダー的な存在で、『BLEACH』の劇中では虚化に悩む黒崎一護の前に突然現れて仮面の軍勢に勧誘しました。

仮面の軍勢とは

『BLEACH』に登場する仮面の軍勢とは虚化できる死神の組織です。ただ虚化できるだけでなく、その力を操るための訓練を受けています。メンバーには平子真子・猿柿ひよ里・愛川羅武・鳳橋楼十郎・矢胴丸リサ・有昭田鉢玄・六車拳西・久南白がいます。

顔を手のひらで覆うことで自由に虚化することができます。虚化を継続する時間を長くするには訓練が必要ですが、久南白のように才能だけで連続して15時間以上虚化状態を維持できる者もいます。

平子真子の斬魄刀や卍解

『BLEACH』の空座決戦篇では、平子真子の斬魄刀にどのような能力があるのか判明しました。ここでは平子真子が使う斬魄刀や卍解の能力について詳しく紹介します。

平子真子の斬魄刀は逆撫(さかなで)

『BLEACH』の平子真子の斬魄刀は「逆撫(さかなで)」といいます。平子真子によると、性格が悪くて嘘ばかりつく性格をしている斬魄刀です。この斬魄刀は始解の段階で特殊な能力を使うことができるのですが、藍染惣右介はこの能力に目をつけて平子真子に近づきました。

逆撫の解号

『BLEACH』の平子真子の斬魄刀「逆撫」の解号は「倒れろ 逆撫」です。この解号によって斬魄刀を始解することができます。始解すると柄に丸い持ち手がついた状態になり、刀身には5つの小さい穴が空きます。

逆撫の能力

『BLEACH』では空座決戦篇の藍染惣右介との戦いで平子真子は初めて「逆撫」を始解しました。始解をすると刀から甘い匂いを発生させ、周辺にいる人物の感覚器官を狂わせて上下左右前後の方向を逆さにすることができます。嗅覚によって感覚器官を狂わせていますが、音の反響を逆転させることも可能です。

そのため音の反響によって地形を判断することも出来ません。全てが逆転して見えるということは、攻撃された場合見えている方向とは逆の方向から攻撃を受けてしまうということです。そのため初見ではほとんど回避不可能の能力なのですが、相手が逆さに慣れてしまうと攻略されるという弱点があります。

ただ逆転の解除は自由にできるので、相手に慣れさせないように時折解除しながら戦います。ちなみに平子真子が『BLEACH』に登場した時は空中を逆さまになって浮遊していました。これも始解の伏線だったといわれています。

平子真子の卍解は逆様邪八宝塞

『BLEACH』に登場する平子真子の斬魄刀の卍解の名前は「逆様邪八宝塞(さかしまよこしまはっぽうふさがり)」といいます。卍解「逆様邪八宝塞」は撫子の花弁の形をした台座が出現し、平子真子はその上に立った状態になります。そして刀身がは錫杖のような形になります。

逆様邪八宝塞の能力

平子真子の卍解「逆様邪八宝塞」の能力は敵と味方の認識を逆転させることができます。つまり同士討ちさせることができるということです。とても強力な能力で、卍解の適応範囲にいるものは敵・味方関係なくこの能力に影響されてしまいます。そのため、味方がいたり敵が一人だけだと卍解を使う事ができないのです。

必ず複数の敵VS自分一人という状況で使わなければなりません。ちなみに卍解を使用している時、平子真子自身は花の台座から動くことはありません。このような能力からとても使いにくい卍解だといわれています。本人もこの卍解の厄介さは自覚しており、始解は強敵用、斬魄刀は弱敵用だと思っているようです。

平子真子の卍解は小説版のみ

平子真子の卍解が書かれたのは連載終了後に発売された『BLEACH』の小説「Can't Fear Your Own World」です。『BLEACH』の劇中では最後まで卍解が描かれることはありませんでした。

原作で登場しなかった理由

『BLEACH』の空座決戦篇では藍染惣右介と直接対決していますが、そこでも卍解を見せることはありませんでした。その後、千年血戦篇で星十字騎士団と戦った時も卍解は使っていません。強敵と戦っているにもかかわらずなぜ卍解を使わなかったのかというと、平子真子が戦っているシーンではほとんど誰かが一緒にいたからです。

例えば『BLEACH』の空座決戦篇では周りに尸魂界から来た死神や仮面の軍勢の仲間達がいました。また千年血戦篇では基本的に雛森桃と一緒に行動しています。この状態で卍解を使えば味方にも能力の影響が出てしまいます。そのため、『BLEACH』の劇中ではどんな強敵を相手にしても卍解が描かれることがなかったのです。

平子真子の経歴

『BLEACH』の平子真子は破面篇で虚化に悩む黒崎一護の心を見透かしたように突然現れました。謎の人物として登場しましたが、その後平子真子の過去が描かれました。ここでは平子真子の過去に何があったのか、またその他の死神との関係について紹介します。

元護廷十三番隊五番隊隊長

平子真子は110年前まで護廷十三隊五番隊の隊長を務めていました。当時は仮面の軍勢のメンバーもそれぞれ隊長・副隊長などをしており、高い実力を持っていました。

藍染惣右介との関係と事件

『BLEACH』の過去篇ではまだ藍染惣右介は五番隊隊長ではなく副隊長でした。つまり平子真子とは上司と部下の関係でした。藍染惣右介は皆から慕われて憧れられるような副隊長でしたが、平子真子は隊長でありながらも階級が下の猿柿ひよ里から飛び蹴りを食らわせられたりしていました。

基本的に自由気ままな平子真子に藍染惣右介は振り回されがちでしたが、上司・部下として表面上は仲よさげにしていました。しかし藍染惣右介が起こしたある事件で二人の関係は崩れてしまいます。

藍染惣右介とは

『BLEACH』に登場する藍染惣右介とは、元護廷十三隊五番隊隊長です。死神でしたが、浦原喜助が虚化の研究の過程で作った崩玉を狙って謀反を起こしました。性格はいつも穏やかな表情をしており、優秀でありながらも驕らないタイプの人物です。

しかしそれは表向きの顔で、長い年月をかけて崩玉を手にするために計画を立ててきた野心家です。その本性はとても冷酷で、尸魂界篇では自分を慕っている雛森桃を操った挙げ句に刺し殺そうとしました。破面篇では幼馴染の日番谷冬獅郎に斬魄刀で幻術をかけ、雛森桃を斬らせました。

このように元部下や同僚であろうとも容赦なく捨て駒にしてしまいます。死神のときは髪をおろして眼鏡をしていましたが、謀反を起こしてからは裸眼でオールバックになりました。

藍染惣右介の事件

『BLEACH』の過去篇では藍染惣右介が起こした事件がきっかけで虚化してしまったことが判明します。過去篇は平子真子が浦原喜助隊長就任の式典に出席するところから始まります。式典後、平子真子は部下から隊長として認められず落ち込んでいる浦原喜助に声をかけてアドバイスしました。

その帰り、平子真子は空中を指で裂きます。するとその中から藍染惣右介が出てきました。藍染惣右介はこっそり平子真子と浦原喜助の会話を聞いていたのです。簡単に隠れていたことを見破った平子真子に対して藍染惣右介は「隊長はやっぱり怖い人です」と言いました。

そしてある夜、藍染惣右介は天才と評判の新人死神に目をつけます。それが市丸ギンでした。藍染惣右介は五番隊第三席を殺してもまだ余裕の表情を見せる市丸ギンの実力を高く評価します。そして時は流れ、浦原喜助が隊長に就任して9年後にある事件が問題となっていました。

ある日平子真子が藍染惣右介とともに出歩いていると、たまたま浦原喜助と会います。藍染惣右介は流魂街の変死事件について聞いたかと浦原喜助に話しかけました。通常であれば死亡すると着物と一緒に霊子化するのですが、この事件ではなぜか着物だけを残して人々が消えていました。

平子真子は卯ノ花烈からこの事件のことを聞いており、調査には九番隊が動いていると話しました。しかし間もなくして九番隊の六車拳西の霊圧が消失してしまいます。これを受け、山本元柳斎重國は始末特務部隊に平子真子達を含む現仮面の軍勢のメンバーを指名して現場に向かわせました。

すると事件を調査するために一足先に現場に向かっていた猿柿ひよ里がある人物と戦っていました。それは虚化した六車拳西だったのです。たとえ仲間でもこのまま虚化してしまう六車拳西を見逃すわけにはいきません。山本元柳斎重國の命によって駆けつけた始末特務部隊のメンバーは六車拳西をどうにかして止めようとします。

その頃、瀞霊廷の守護を言い渡された京楽春水は外を歩いていました。すると建物の廊下を歩く藍染惣右介を見つけました。向こうも京楽春水に気づき、軽く会釈をして去っていきます。しかし六車拳西が暴れまわる現場には瀞霊廷にいるはずの藍染惣右介が現れます。

この時現状はさらに酷くなっており、あとから駆けつけた猿柿ひよ里も突然虚化が始まり、側にいた平子真子は重症を負ってしまいます。平子真子は倒れながらも、藍染惣右介の顔を見て納得しました。平子真子は以前から藍染惣右介が怪しいと思っており、実は監視するために藍染惣右介を五番隊副隊長に指名していたのです。

しかし平子真子は何も気づいていなかったと藍染惣右介は言います。なぜならこの一ヶ月の間、平子真子の側を歩いていたのは藍染惣右介ではなかったからです。平子真子は「鏡花水月」の完全催眠によってずっと騙されていたのです。平子真子は藍染惣右介を警戒するあまり、一定の距離を保って接していました。

もし他の隊のように親しかったのであれば、違う相手と話していると気づいていたかもしれません。しかし平子真子は警戒心の高さを逆に利用されてしまいました。平子真子はすぐに斬魄刀を抜いて藍染惣右介と戦おうとしましたが、その瞬間に虚化が始まります。

自分だけでなく周りも次々と虚化が始まったことで平子真子は焦ります。その様子を見ていた藍染惣右介は、冷静に興奮状態の方が虚化が起こりやすいと分析していました。平子真子達は藍染惣右介の虚化実験の材料にさせられていたのです。

山本元柳斎重國によって追放

『BLEACH』の過去篇では平子真子達の虚化の原因が藍染惣右介の実験によるものだということが判明しました。藍染惣右介は虚化した平子真子達をすぐに始末しようとしましたが、そこに浦原喜助握菱鉄裁が現れてそれを阻止します。藍染惣右介は嘘をつこうとしましたが浦原喜助はすぐに虚化実験をしていることを見破りました。

藍染惣右介は浦原喜助が「虚化」と言ったことを聞くと満足そうにして去っていきました。その後、虚化の進行を阻止するために握菱鉄裁が禁術を使って虚化した平子真子達の空間をそのまま十二番隊に運び込み、その空間内の時間を止めました。浦原喜助は崩玉を使って虚化の解除に挑みましたが失敗し、四十六室から追放を言い渡されます。

総隊長の山本元柳斎重國や他の死神は特に庇い立てすることはありませんでした。しかし四楓院夜一の暗躍によって、浦原喜助は虚化した平子真子達と共に現世に逃げることができました。この時から平子真子は山本元柳斎重國や死神を恨むようになります。

仮面の軍勢結成

『BLEACH』の過去篇では、山本元柳斎重國が命じた始末特務部隊のメンバーと戦いに巻き込まれた猿柿ひよ里が仮面の軍勢であることが判明しました。その後平子真子達は浦原喜助が開発した魂魄自殺防止のワクチンを打たれ、虚化の訓練を受けることになります。こうして仮面の軍勢が結成されたようです。

メンバーとの関係

『BLEACH』に登場する仮面の軍勢のメンバーと平子真子の関係は、元々山本元柳斎重國が率いる護廷十三隊の仲間でした。当時は特に山本元柳斎重國との仲も悪いものではなく、六車拳西は「ジイさん」と親しげに呼んでいました。

『BLEACH』の過去篇では猿柿ひよ里や愛川羅武とは特に仲良く話す姿が見られている他、鳳橋楼十郎のことはこの頃からローズとあだ名で呼んでいました。有昭田鉢玄以外は隊長・副隊長という立場だったので、以前から交流があったようです。

黒崎一護との出会い

『BLEACH』の破面篇では、虚化の暴走に悩む黒崎一護の前に現れて仮面の軍勢に誘いました。虚化できる黒崎一護の味方だと言って誘いましたが、黒崎一護からはとても警戒されていました。ここでは黒崎一護と平子真子のエピソードを紹介します。

黒崎一護とのエピソード

『BLEACH』の劇中で平子真子は何度も黒崎一護を勧誘しましたが、その度に断られていました。そこで平子真子は黒崎一護の学校に転校してしつこくつきまといます。それでも黒崎一護は仮面の軍勢に入ろうとはしませんでしたが、その後の戦いで虚化の暴走をなんとかしなければ満足に戦えないと焦りだします。

そして黒崎一護は自ら仮面の軍勢の元へ向かい、虚の制御方法を教えてほしいと頼みました。しかし仲間にはならないと無茶を通そうとします。その後仮面の軍勢のアジトで修行をすることになった黒崎一護でしたが、ずっとランニングマシンで走らされることに不満を言います。それに対して平子真子は珍しくキレて黒崎一護に厳しい訓練を課しました。

こうして平子真子は仲間と共に地下で黒崎一護を鍛え上げました。しかしその後グリムジョー・ジャガージャックと戦うもののほとんど敵わず、平子真子によって助けられます。なんだかんだ黒崎一護のことは気にかけているようで、『BLEACH』の死神代行消失篇後も黒崎一護を励ましていました。

藍染惣右介との戦闘

『BLEACH』の387話では因縁の相手である藍染惣右介との戦いが描かれました。ここで平子真子は初めて斬魄刀の始解を見せています。元部下の藍染惣右介にも始解の能力を見せるのは初めてだったようで、藍染惣右介は指摘されるまで香りに全く警戒していませんでした。

vs藍染惣右介の詳細

『BLEACH』での藍染惣右介との戦いで平子真子は斬魄刀を始解し、藍染惣右介に甘い香りを嗅がせて感覚器官を狂わせました。藍染惣右介は攻撃の向きまで変わっているとは思わず、攻撃を受けてしまいます。

しかしそれを理解した瞬間、藍染惣右介はすぐに反撃して平子真子の背中を斬りました。藍染惣右介の五感全てを支配する能力には全く通用しませんでした。

山本元柳斎重國と和解し隊長復帰

『BLEACH』の空座決戦篇で平子真子が山本元柳斎重國と再会した時にはまだ昔のことを許していないようでした。実際に山本元柳斎重國から「味方と考えて良いか」と聞かれた時は一度はうなずいたものの、訂正して「一護の味方」と言いました。

しかし戦いの後、平子真子達の潔白が証明されて処分が撤回されます。これにより山本元柳斎重國と和解して五番隊隊長へ復帰することになりました。死神代行消失篇ではほとんど登場しないので山本元柳斎重國とどのようなやり取りをしたのか不明ですが、10年後も隊長を続けていました。

平子真子は山本元柳斎重國と和解することができましたが、猿柿ひよ里は死神を許すことができずそのまま現世に戻りました。こうして山本元柳斎重國と和解して隊長に復帰した者と現世にとどまる者に分かれたことで仮面の軍勢は実質解体することになりました。

平子真子の声優は?

『BLEACH』は2004年にアニメ化され死神代行消失篇まで放送されました。ここでは『BLEACH』のアニメで平子真子役を演じた声優を紹介します。

平子真子の声優は小野坂昌也

『BLEACH』のアニメで平子真子役を演じた声優は小野坂昌也です。声優の小野坂昌也は2007年から平子真子役を演じていますが、2005年に実は虚のゲジゲジムカデ役として『BLEACH』のアニメに出演しています。

また小野坂昌也は声優活動だけでなくYoutuberとしても活動しており、「小野坂昌也☆ニューヤングTV」というチャンネルを開設しています。「小野坂昌也☆ニューヤングTV」では、檜佐木修兵役を演じた声優の小西克幸と共にアプリゲーム「BLEACH Brave Souls」とコラボも果たしています。

小野坂昌也のプロフィール

『BLEACH』の平子真子役を演じる小野坂昌也とは、1964年10月13日生まれの男性声優です。青二プロダクションという声優事務所に所属しています。元々声優ではなくお笑い芸人を目指していましたが断念し、その後俳優を目指すようになりました。その時俳優養成所だと勘違いして声優事務所である青二塾に1期生として入塾しました。

現在は声優としてだけでなくラジオパーソナリティやYoutuberとしても活動しています。ラジオパーソナリティとしては多くの人気番組を受け持っていることから第4回声優アワードベストパーソナリティ賞を受賞しました。

小野坂昌也の主な出演作品

声優の小野坂昌也の主な出演作品には、『ヘタリアシリーズ』のアメリカ役、『SLAM DUNK』の安田靖春役、『魔法使いTai!』の高倉武男役、『テニスの王子様』の桃城武役、『はじめの一歩』の千堂武士役、『ボボボーボ・ボーボボ』の首領パッチ役、『よんでますよ、アザゼルさん。』のアザゼル役などがあります。

平子真子の世間での評判や人気

SNSでは『BLEACH』の中でも平子真子が一番好きという方がたくさんいました。特に平子真子は戦っている姿や斬魄刀の能力がかっこいいといわれています。ただ卍解は『BLEACH』の本編では使われなかったので、漫画で卍解を使っているシーンを見てみてたかったという声もありました。

『BLEACH』のアニメでは平子真子の声もかっこいいと評判でした。平子真子役の声優の小野坂昌也はギャグアニメのキャラクターの声を演じることが多いので、本当にアザゼルや首領パッチと同じ声なのかと驚いている方もいました。

『BLEACH』の平子真子が五番隊隊長に復帰した後は、よく副隊長の雛森桃と一緒に行動しているシーンが描かれています。平子真子のおかげで雛森桃が元気になったといわれているため、この二人のコンビは人気です。藍染惣右介に裏切られ、精神的に不安定になっていた雛森桃の側にいるのが平子真子で良かったと安心する声もありました。

もしも平子真子が〇〇だったら

ここでは『BLEACH』の平子真子がもしも〇〇だったらと仮定して、後輩・会社の上司・彼氏の三つのシチュエーションで考察していきます。

平子真子後輩篇

『BLEACH』の平子真子がもしも後輩だったら、可愛げがないながらも優秀な働きをしてくれると考えられます。面倒くさそうにしつつもなにかトラブルがあった時には最後まで一緒に支えてくれるはずです。

平子真子会社の上司篇

『BLEACH』の平子真子がもしも会社の上司だったら、部下の扱いに優れた上司になると考えられます。平子真子は相手をよく観察するタイプです。実際に『BLEACH』でも唯一藍染惣右介の異常に気づいていました。この時は相手が悪かったのですが、『BLEACH』の登場人物の中でも常識人でリーダーシップも取れるので頼れる上司になるはずです。

平子真子彼氏篇

『BLEACH』の平子真子が彼氏だったら、彼女のしたいことを優先してくれるタイプの彼氏になると考えられます。平子真子は面倒見がよくどちらかというと我儘にも付き合ってくれる性格をしています。ただ自由気ままに行動することもあるので振り回される可能性もあります。

平子真子の卍解は小説版のみ

『BLEACH』の本編では残念ながら平子真子の卍解のシーンは描かれませんでした。SNSでは卍解を使っているところが見たかったという声もありました。ただ『BLEACH』の小説版で平子真子の卍解を見ることができます。ぜひ漫画だけでなく小説もあわせて読んでみてください。

セオ

この記事のライター

セオ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【BLEACH】cまとめ!メンバーと能力や強さは?破面大集合

BLEACH

【BLEACH】cまとめ!メンバーと能力や強さは?破面大集合

本記事では漫画『BLEACH』に登場する十刃(エスパーダ)の能力や仕組み、死神との関係性などについて詳しく紹介していきます。十刃の最強ランキングなども紹介していきますので、『BLEACH』を見た事ない方や見た事ある方も是非最後までご覧ください。

【BLEACH】黒崎一護まとめ!技や能力も!結局何者?これが黒崎一護!

BLEACH

【BLEACH】黒崎一護まとめ!技や能力も!結局何者?これが黒崎一護!

『BLEACH』の黒崎一護は家族思いで心優しい主人公で家族の血統や声優なども注目される人気キャラであり、斬魄刀も人気があります。今回は『BLEACH』の主人公・黒崎一護についてプロフィールや声優や家族、斬魄刀『斬月』や技など様々なことを紹介していきましょう。

【BLEACH】ユーハバッハまとめ!能力や技は?チート級キャラの倒し方

BLEACH

【BLEACH】ユーハバッハまとめ!能力や技は?チート級キャラの倒し方

『BLEACH』の千年血戦篇に登場するユーハバッハは滅却師の始祖で、黒崎一護が戦意喪失するほどの強敵でした。ここではユーハバッハが『BLEACH』の劇中で使用した技や能力について紹介します。またその正体に関する考察などもまとめています。

【BLEACH】フラシオンとは!各メンバーを紹介!従属官まとめ

BLEACH

【BLEACH】フラシオンとは!各メンバーを紹介!従属官まとめ

『BLEACH』にはフラシオン(従属官)が登場します。フラシオン(従属官)はエスパーダ(十刃)の側近のような破面です。『BLEACH』では護廷十三隊の隊長や副隊長達と戦いました。ここではフラシオン(従属官)にはどんなキャラクターがいるのかを紹介します。

【BLEACH】最強は誰?最強キャラランキング!

BLEACH

【BLEACH】最強は誰?最強キャラランキング!

「BLEACH」はキャラクターが多数登場します。どのキャラも個性的でバトルシーンを盛り上げてくれます。この記事では「BLEACH」に登場するキャラクターで誰が最強なのかをランキング形式でまとめていきます。「BLEACH」の最強キャラをぜひ知っていってください。

【BLEACH】黒棺とは!鬼道最強?藍染惣右介や鹿児島との関係も?

BLEACH

【BLEACH】黒棺とは!鬼道最強?藍染惣右介や鹿児島との関係も?

『BLEACH』の藍染惣右介が詠唱する「黒棺」はその文言や発動時のカッコ良さも相まって人気の技の一つです。それと同時にネット上での「黒棺」は面白いネタという認識があります。今回はそんな『BLEACH』の鬼道「黒棺」について強さや面白さを紹介していきます。

【BLEACH】滅却師とは!能力や死神と関係などまとめ

BLEACH

【BLEACH】滅却師とは!能力や死神と関係などまとめ

滅却師は『BLEACH』の最終章である「千年血戦篇」で死神たちと全面戦争をする存在であり、能力や死神との関係、「最後の生き残り」石田雨竜についてなど多くの点が注目されています。今回は『BLEACH』の『滅却師』について、様々なことを紹介していきましょう。

【BLEACH】千年血戦篇まとめ!見えざる帝国?星十字騎士団?ネタバレも

BLEACH

【BLEACH】千年血戦篇まとめ!見えざる帝国?星十字騎士団?ネタバレも

『BLEACH』の千年血戦篇では新たなる敵・ユーハバッハが登場します。ユーハバッハは見えざる帝国の星十字騎士団を率いて尸魂界を襲撃しました。黒崎一護が戦いで最も苦戦した相手でもあります。ここでは『BLEACH』の千年血戦篇の最後についてネタバレを紹介します。

【BLEACH】名言一覧!オサレポエムの宝庫?厳選名言祭り

BLEACH

【BLEACH】名言一覧!オサレポエムの宝庫?厳選名言祭り

『BLEACH』にはキャラクターの名言がたくさんあり、単行本には毎回巻頭ページにポエムが掲載されています。ファンからはオサレポエムと呼ばれる人気ポエムでもあります。この記事では『BLEACH』の名言やオサレポエムを一覧でまとめて紹介します。

【BLEACH】最終回まとめ!ネタバレ要素盛り沢山!各キャラのその後なども

BLEACH

【BLEACH】最終回まとめ!ネタバレ要素盛り沢山!各キャラのその後なども

『BLEACH』は2016年に最終回を迎えました。最終回では黒崎一護の子供が登場します。この記事では、『BLEACH』のこれまでのストーリーのおさらいをしながらネタバレを紹介します。また原作漫画とは違うアニメの最終回もまとめています。

BLEACHの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード