【ワンピース】MADSは科学者集団組織!メンバーや目的を調査

お気に入りに追加

『ワンピース』の「MADS」について紹介します。ベガパンクが在籍し、『ワンピース』の作品世界で大きな役割を演じたという天才科学者集団「MADS」の主要メンバーや、設立目的を探りました。また、ステューシー、ミス・バッキンらとの関係などについても解説します。

【ワンピース】MADSは科学者集団組織!メンバーや目的を調査

目次

  1. 【ワンピース】MADSは科学者集団組織
  2. 【ワンピース】MADSメンバー
  3. 【ワンピース】MADSの設立や目的を考察
  4. 【ワンピース】ステューシーとミス・バッキンはMADSメンバー?
  5. 【ワンピース】MADSに関係している可能性のあるキャラ
  6. 【ワンピース】MADSに対する世間での評判や人気
  7. 【ワンピース】MADSは科学者集団組織だった

【ワンピース】MADSは科学者集団組織

緻密で膨大な設定を持つ『ワンピース』には、いまだに詳細が語られていない人物や集団が複数存在します。天才科学者集団と言われる「MADS(マッズ)」もその1つで、やはり細かい情報については明らかになっていません。しかし、物語における重要性の高さは疑いがなく、設立の目的やメンバー構成、既存の登場キャラとの関係などが気になります。本記事はその点について解説していきますが、まずは基礎情報からお伝えしておきましょう。

MADSとは?

『ワンピース』に登場する「MADS」は、作中の天才的な科学者たちが集まって形成したグループです。結成の目的や詳しい内情などは未だ不明な点が多いものの、ヴィンスモーク・ヨンジは同グループを「無法」と評していることから、どうやら人道にもとるような違法な実験・研究を行っていたとみられています。メンバーにはベガパンクやシーザー・クラウンなどが顔をそろえていたことが判明しており、組織全体で相当高度な技術力を有していたことが予想されます。

ワンピースの概要

謎の天才科学者集団「MADS」が登場する『ワンピース』は、1997年から現在まで「週刊少年ジャンプ」誌で連載が続いている大長編冒険漫画です。コミックス既刊106巻(2023年7月現在)の国内累計発行部数は4億部を超えているという国民的漫画で、これまでアニメ化のほかゲーム、小説、舞台とあらゆるジャンルに展開されてきました。さらに2023年8月には実写ドラマ化も果たし、世界的な人気を獲得しています。

ワンピースのあらすじ

「MADS」が登場する『ワンピース』は、“海賊王”を目指す若者ルフィを主人公とする物語です。すべての発端は、伝説的な海賊ゴールド・ロジャーが死の間際に残した「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ」という一言でした。そこから彼の遺産である「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐっての争奪戦が幕を開け、ルフィもまた“赤髪のシャンクス”との出会いを通じて海賊へのあこがれを募らせます。そして満を持して冒険へと乗り出した彼は、さまざまな仲間や敵との出会いを重ねていくのでした。

【ワンピース】黄猿のモデルは田中邦衛?共通点やボルサリーノの強さも

あわせて読みたい

【ワンピース】黄猿のモデルは田中邦衛?共通点やボルサリーノの強さも

『ワンピース』に登場する黄猿(ボルサリーノ)のモデルについて調査しました。海軍本部の大将である黄猿は、『ワンピース』の中でも特徴的な見た目と口調で印象に残るキャラとして人気です。本記事では黄猿のモデルとなった芸能人の他、能力や強さについても解説します。

【ワンピース】MADSメンバー

『ワンピース』の作品世界において重要な役割を果たしたとみられる天才科学者集団「MADS」ですが、いったいどういう面々が顔をそろえていたのでしょうか。ここではベガパンクをはじめとした、「MADS」に所属したとされるメンバーについて紹介していきます。

MADSメンバー①天才科学者ベガパンク

『ワンピース』に登場する「MADS」のメンバー、1人目はDr.ベガパンクです。海軍の科学者らを束ねている天才科学者で、「世界一の頭脳を持つ」と評される人物になります。現代技術では再現不可能な未来技術全般を専門に研究しており、その成果には血統因子の発見などがあります。MADSにおいてもリーダーを務めていました。

主要メンバーにおいてただ1人、本編開始時点で世界政府に所属していましたが、歴史の真実への深入りがすぎたことを見とがめられ、抹殺対象となってしまいます。長らく名前のみ本編内で語られていましたが、エッグヘッド編でようやく本人が登場する運びとなりました。

MADSメンバー②シーザー・クラウン

『ワンピース』の「MADS」メンバー、2人目に紹介するのはシーザー・クラウンです。化学兵器開発などを専門に手掛ける天才研究者で、人造悪魔の実の「SMILE」などは彼の手により作られました。「MADS」壊滅後はベガパンク同様政府に雇われるものの、紆余曲折を経てパンクハザードを牛耳り、ドンキホーテ海賊団らとの独自取引を行うに至ります。研究のためには非人道的な行為もいとわない、典型的なマッドサイエンティストです。

MADSメンバー③クイーン

『ワンピース』における「MADS」所属メンバーを紹介していますが、続いてはクイーンです。現在の身分は百獣海賊団の最高幹部「大看板」で、「災害」と表現されるほどの怪物的人物となっています。科学者としての専門は化学兵器や絡繰仕掛けなどで、作中では「疫災弾(エキサイトだん)」などの生物兵器やカラクリ武器などを作り出しました。同じMADSメンバーだったジャッジに激しいライバル心を抱いています。

MADSメンバー④ヴィンスモーク・ジャッジ

『ワンピース』の「MADS」主要メンバーについて紹介していますが、最後はヴィンスモーク・ジャッジです。海洋国家ジェルマ王国を統べるヴィンスモーク家の当主であり、かつサンジの実父にあたる人物です。かつてはベガパンクと共同で研究にあたり、「血統因子」理論の実用化に成功したという天才科学者の一面も持ちます。その成果として、ジェルマ66の兵士量産技術の確立や、自身の子供の改造などを実現しました。

【ワンピース】トットランド(万国)はビッグ・マムが支配!居ない種族も紹介

あわせて読みたい

【ワンピース】トットランド(万国)はビッグ・マムが支配!居ない種族も紹介

『ワンピース』のトットランド(バンコク)について紹介します。『ワンピース』のトットランドを支配しているビッグ・マムや大臣、トットランドに居ない種族などを徹底解説しました。また、トットランドやビッグ・マムの現在や今後について考察しています。

【ワンピース】MADSの設立や目的を考察

上では『ワンピース』の「MADS」構成メンバーについて主要な面々を紹介しましたが、そもそもこの組織はどういった狙いで作られたのでしょうか。ここからは、「MADS」設立の目的に焦点を当てて解説していきます。

MADSを設立したのは誰?

『ワンピース』の作中では非道な悪の科学者集団というイメージが強い「MADS」ですが、そもそもは慈善事業として、世界平和への寄与を目的に作られた団体でした。その名も「平和研究所」ですが、この設立資金を提供したとされるのが、闇金王のル・フェルドです。ル・フェルドは豊富な資金を背景に、ベガパンクなどの有望な科学者を集め「MADS」を築きました。

MADSの目的

「MADS」のもともとの設立目的が世界平和への貢献であったことは、前述のとおりです。所長のベガパンクはその目的を正面から信じて研究を行っていたようですが、ほかのメンバーは違いました。実際に重きを置いていたのは兵器開発であり、世界平和は建前上の目的と認識していたのです。その証拠に「MADS」での研究成果は、その後数々の兵器に転用されることとなりました。

MADSの具体的な活動時期

「MADS」の設立年や解散年は明かされていませんが、『ワンピース』作中で判明しているいくつかの事実から、おおまかな活動時期を推測することはできます。まず、ベガパンクは22年前の時点ですでに世界政府に加わっていました。また、28年前の百獣海賊団にクイーンの姿はない一方で、20年前のワノ国上陸時には確認できます。さらにジャッジの長女レイジュの年齢(24歳)などを考え合わせると、「MADS」は作中時間の20年ほど前まで活動していたとみることができます。

MADSとフランキーの関係

ところで、『ワンピース』の主要キャラのうち「MADS」と特に深い関係を持つとされるのが、フランキーです。フランキーは改造人間ですが、自身を改造するきっかけとなったのは、瀕死の重傷を負った際に見つけた廃船でした。彼はその中に残されていた素材などを利用し、命をながらえたのですが、この廃船がどうやらかつての「MADS」の拠点とみられるのです。扉絵で描かれた「平和研究所MADS」の船と、フランキーが救われた船の形状の相似性からして、かなり確度の高い見方と考えられています。

MADSは復活する?

『ワンピース』の世界で各方面へ大きな影響を与え、その後消滅することとなった「MADS」ですが、気になるのが復活の可能性です。これについては、一概に否定できません。というのも扉絵連載において、仲違いしていたシーザーとジャッジが手を組み、「NEO MADS」を結成したことが明かされたからです。2人の目的は対ベガパンクで一致しており、近い将来エッグヘッドへやってくる可能性が高くなっています。あるいはこれをきっかけに、「MADS」再結成となる展開も考えられます。

【ワンピース】ギアサード(ギア3)はルフィの技!能力や強さを徹底紹介

あわせて読みたい

【ワンピース】ギアサード(ギア3)はルフィの技!能力や強さを徹底紹介

ギアサード(ギア3)は、ワンピースの主人公ルフィが使う技の一つです。ルフィは悪魔の実の一つ「ゴムゴムの実」の能力者で、ワンピース作中ではその能力を活かし戦っています。ギアサードもその能力から生まれたもので、本記事ではその強さや能力について紹介します。

【ワンピース】ステューシーとミス・バッキンはMADSメンバー?

『ワンピース』の作品世界で重要な役割を果たした天才科学者集団「MADS」ですが、そこと大きく関係していると言われているキャラの中には、ステューシーとミス・バッキンも含まれます。ここからは、彼女らと「MADS」の関係性に焦点を当てて考察していきます。

ステューシーの正体やミス・バッキンとの関係

CP-0諜報部員で歓楽街の女王と呼ばれるステューシーは、当初「MADS」の構成員の1人と予想されていましたが、実は同組織によるクローン実験の成功体であったことが判明しています。そのステューシーとの関係が深いのが、かつて「MADS」に居候していたミス・バッキンで、後者は前者をオリジナルとして生み出されました。ミス・バッキンの本名は、ミス・バッキンガム・ステューシーになります。

ステューシーとベガパンクの関係

ステューシーの正体は「MADS」によって作られたクローンと述べました。つまり、ベガパンクは彼女にとって生みの親という関係にあたることになります。さらにベガパンクは、彼女をスパイとしてCP-0に送り込んだ張本人でもあります。ステューシーは実に20年以上にもわたり、その役割を演じ続けたのでした。

ミス・バッキンの目的

ステューシーとはクローンとオリジナルという関係を持つミス・バッキンは、自らについて「白ひげの愛人」と称しています。その上で、息子のエドワード・ウィーブルが白ひげの血を引いていると主張しました。彼女の目的は単純に「白ひげの遺産」で、クローン実験に関わったのも白ひげのクローン(ウィーブル)を作り出すためだった可能性があります。

【ワンピース】ルフィとニカの関係性とは?1話からあった伏線についても

あわせて読みたい

【ワンピース】ルフィとニカの関係性とは?1話からあった伏線についても

『ワンピース』のルフィとニカの関係について紹介します。ゴムゴムの実の能力とニカの関係や、ルフィとニカの関係性、ルフィがニカであることを示唆する伏線などを徹底解説しました。また、ニカの正体や謎、元ネタについても考察しています。

【ワンピース】MADSに関係している可能性のあるキャラ

『ワンピース』に登場する天才科学者集団の「MADS」について解説していますが、同組織に関わっていたのではないかと思われる人物は、これまで見てきた者のほかにもいます。ここではそうした疑いを持つキャラを何人か紹介しましょう。

キャラ①リンドバーグ

『ワンピース』で「MADS」に関係したのではないかと思われるキャラ、1人目はリンドバーグです。革命軍「南軍」に所属する彼は、技術担当としてバーソロミュー・くまの修理などを手掛けています。くまはベガパンクに改造された過去を持っており、そのくまを修理できる技術を持つことは、彼と「MADS」の間に関わりがある証拠ではないかともみられています。

キャラ②ドクトル・ホグバック

「MADS」との関係が疑われるキャラ、2人目はスリラーバーク海賊団船医のドクトル・ホグバックです。現時点で組織との直接の繋がりを感じさせる描写はありませんが、かつてはチョッパーも憧れていたほどの天才外科医で、その技術は『ワンピース』の世界で最高レベルにあたります。それほどの医学的能力を持つ人物なら、「MADS」と関わっていても何ら不思議ではありません。

キャラ③Dr.インディゴ

Dr.インディゴは、劇場版『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』に登場した映画オリジナルのキャラクターです。金獅子海賊団の幹部で、かつ科学者というキャラになります。本編未登場ながら0巻には顔を見せるなど、原作世界にしっかりつながりがある彼もまた、「MADS」に関係する可能性を秘めています。

キャラ④ヴィンスモーク・ソラ

ヴィンスモーク・ソラは元ジェルマ王国王妃で、ジャッジの妻、サンジの母にあたる人物です。作中ではすでに故人の彼女も、「MADS」関係者だったのではないかとする考察があります。クイーンがジャッジに異常なライバル心を持つようになったきっかけが彼女にあるのではないかとの推測から来た意見ですが、今のところ確証はありません。

キャラ⑤モンキー・D・ドラゴン

「MADS」との関係が疑われる人物には、革命軍総司令官のモンキー・D・ドラゴンも含まれます。彼はかつて自勇軍という組織に所属しており、ベガパンクとはその頃からの知り合いだったことが本編内で明かされています。2人とも平和を求める点で共通しており、「MADS」の運営目的もそうだとされていたことから、あるいはドラゴンが「MADS」ごと自軍に勧誘していた可能性も考えられます。

【ワンピース】チムニーの登場シーンやかわいい魅力まとめ!アニメの声優も

あわせて読みたい

【ワンピース】チムニーの登場シーンやかわいい魅力まとめ!アニメの声優も

『ワンピース』に登場するかわいい女の子・チムニーを紹介します。チムニーの親の正体や初登場シーン、作中での活躍やチムニーの2年後の様子、チムニーのかわいい魅力などを徹底解説しました。また、テレビアニメ『ワンピース』でチムニーを演じた声優について紹介します。

【ワンピース】MADSに対する世間での評判や人気

『ワンピース』の「MADS」についてさまざまな角度から解説を行っていますが、続いては評判や人気面についての考察を加えてみましょう。X上の意見から見えてくる「MADS」への印象は、以下のようなものになります。

こちらは、「MADS」の過去について早く知りたいという意見です。『ワンピース』世界において重要な役割を果たし、サンジの身の上にも大きな影響を与えることになった「MADS」は、ファンからの注目度も非常に高いようです。

「MADS」存在時のメンバーの姿は1070話の扉絵で公開されていましたが、そこで後ろを向いていた女性は当初ステューシーと目されていました。しかし、前述のように実はミス・バッキンだったことが判明しています。この方は半ば冗談でバッキン説を考えたところ、当たってむしろ驚いたということのようです。

最後の意見は、「MADS」メンバーの集結について過去編でもいいから見たいというものです。ベガパンクをはじめ作中の名だたる天才科学者たちが集っていたグループとなると、その全容を知りたいファンは多いようで、こうした意見が出るのも自然なところでしょう。今後の展開次第では十分あり得るかとも思われます。

【ワンピース】ビッグマムの若い頃が美人と話題に!過去や巨人族の謎も

あわせて読みたい

【ワンピース】ビッグマムの若い頃が美人と話題に!過去や巨人族の謎も

『ワンピース』に登場するビッグマムの若い頃が美人だと話題になっています。そこで、本記事ではビッグマムの若い頃はどうだったのか検証しました。また、ビッグマムには過去や巨人族の謎があります。その謎についてもまとめたので、ぜひ参考にしてください。

【ワンピース】MADSは科学者集団組織だった

『ワンピース』の「MADS」について解説してきました。このように、「MADS」はかつて作品世界に存在した科学者集団であり、メンバーにはベガパンクやシーザー・クラウンなどそうそうたる天才たちが名を連ねていました。設立の目的は世界平和への貢献でしたが、実際の活動は大分異なっていて、兵器開発に重点が置かれていたとみられています。

その関係者は多岐にわたり、直接所属していたメンバー以外でも、クローンの実験体として誕生したステューシーやそのオリジナルであるミス・バッキンなどが関わっています。「血統因子」の発見により組織は壊滅しますが、メンバーはその後も独自の活動を通じて世界に大きな影響を与えることとなりました。クライマックスに向け復活も噂される「MADS」元メンバーの動向が、今後ますます気になるところです。

【ワンピース】チョッパーが食べたのはヒトヒトの実!モデルが雪男説は本当?

あわせて読みたい

【ワンピース】チョッパーが食べたのはヒトヒトの実!モデルが雪男説は本当?

『ワンピース』のチョッパーが食べた、ヒトヒトの実について解説します。チョッパーが食べた悪魔の実であるヒトヒトの実のモデルは何か、考察してまとめています。ヒトヒトの実の詳細や、チョッパー以外のヒトヒトの実の能力者も紹介します。

だいじろう

この記事のライター

だいじろう

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【ワンピース】ルッチとルフィの決着シーンは何巻何話?どちらが強い?

ワンピース

【ワンピース】ルッチとルフィの決着シーンは何巻何話?どちらが強い?

本記事では『ワンピース』の主人公ルフィとCPきっての天才と謳われるロブ・ルッチの対決シーンについて解説します。ルッチとルフィの対決や決着がついたシーンは原作の何巻で何話なのかを紹介し、2人の強さを比較してどちらが強いのかも考察しています。

【ワンピース】チョッパーのかわいい魅力まとめ!人気の理由も調査

ワンピース

【ワンピース】チョッパーのかわいい魅力まとめ!人気の理由も調査

本記事では『ワンピース』のかわいいマスコットキャラとも言えるチョッパーのかわいい魅力や人気の理由を考察していきます。そして、チョッパーのかわいい魅力だけでなく、強さの理由も探っていきます。さらにSNS上のチョッパーに対する評判や人気も紹介していきます。

【ワンピース】サボの声優の代表作を調査!幼少期時代のキャストは?

ワンピース

【ワンピース】サボの声優の代表作を調査!幼少期時代のキャストは?

本記事では『ワンピース』の主人公ルフィの義兄であるサボの青年期の声優と幼少期の声優のそれぞれのプロフィールや代表作品を紹介します。さらに『ワンピース』のサボの青年期と幼少期の声優に対するSNS上での評判や人気を調査しまとめています。

【ワンピース】緑牛の声優が変わったのはいつから?新旧キャストを紹介

ワンピース

【ワンピース】緑牛の声優が変わったのはいつから?新旧キャストを紹介

本記事では『ワンピース』に登場する緑牛の声優について解説します。緑牛の声優が変わったのがいつからなのか徹底調査しました。また、緑牛の声優新旧キャストのプロフィールや、出演作品と演じたキャラクターについてもまとめたので、せひチェックしてみてください。

【ワンピース】シャンクスのかっこいい魅力とは?黒幕説や名言も紹介

ワンピース

【ワンピース】シャンクスのかっこいい魅力とは?黒幕説や名言も紹介

ワンピース作中で特に人気が高いシャンクスのかっこいい魅力について徹底的に解説していきます。さらに謎の多いシャンクスの黒幕説について考察し、名言・名シーンも紹介しながら、SNS上でのかっこいいシャンクスの人気や評判もまとめます。

【ワンピース】ヤマトの声優は早見沙織!代表作や担当したキャラまで紹介

ワンピース

【ワンピース】ヤマトの声優は早見沙織!代表作や担当したキャラまで紹介

アニメ『ワンピース』でヤマトを演じたのは、女性声優の早見沙織さんです。数々の有名作品に出演している人気声優で、ファンからは「透明感のある声が魅力」といわれています。本記事ではアニメ『ワンピース』でヤマト役を務めた声優、早見沙織さんの経歴や代表作など紹介します。

【ワンピース】サンジが持つジェルマの力とは?変化した眉毛についても

ワンピース

【ワンピース】サンジが持つジェルマの力とは?変化した眉毛についても

麦わらの一味であるサンジには、ジェルマの力が宿っていました。サンジにはジェルマの血統因子操作が影響していないと思われていましたが、クイーン戦で覚醒したのです。本記事では、覚醒したサンジの力について解説すると共に、彼の特徴でもある眉毛の変化について紹介します。

【ワンピース】プリンのその後を徹底調査!サンジとの関係や最後のお願いとは?

ワンピース

【ワンピース】プリンのその後を徹底調査!サンジとの関係や最後のお願いとは?

『ワンピース』に登場するビッグ・マムの娘・プリンについて、その後を調査しました。プリンはサンジとの結婚が破談します。その後黒ひげ海賊団に捕まっていたのです。本記事では、プリンについて紹介すると共に、今後描かれるサンジとの関係について考察します。

【ワンピース】カリブーの言う「あの人」とは?正体について徹底考察

ワンピース

【ワンピース】カリブーの言う「あの人」とは?正体について徹底考察

本記事では『ワンピース』に登場するカリブーの言う「あの人」が誰なのか、その正体について考察していきます。カリブーが「あの人」と言ったシーンやその人物像について解説するとともに「あの人」の候補についてまとめました。また、カリブーの世間の評判についても紹介します。

ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)の正体を徹底考察!候補にあがっているものは?

ワンピース

ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)の正体を徹底考察!候補にあがっているものは?

当記事で考察するのは、ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)の正体についてです。有力とされる複数の候補とその根拠、ロジャーとの関係、ジョイボーイとの関連性などについて紹介していきます。最終章に向け、ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)の正体に迫っていきましょう。

ワンピースの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード