【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の過去や強さを徹底解説!どのような鬼?

お気に入りに追加

『鬼滅の刃』の上弦の壱・黒死牟について解説します。『鬼滅の刃』に登場する上弦の壱の鬼、黒死牟の人間時代の過去の出来事や強さについてまとめました。また、黒死牟の強さの理由や彼が使う「月の呼吸」の型の種類、作中での死亡の経緯などについても紹介します。

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の過去や強さを徹底解説!どのような鬼?

目次

  1. 【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟とは?
  2. 【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の人間時代の過去や縁壱との関係
  3. 【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟は最強?強さを考察
  4. 【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の性格や最期
  5. 【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の声優
  6. 【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟に対する世間での評判や人気
  7. 【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟は最強の鬼だった

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟とは?

数多い『鬼滅の刃』の見どころの中で代表的なものを選ぶ際、決して外せないのが敵である鬼の描写です。特に上弦の鬼たちの恐ろしさや背景のドラマは圧倒的ですが、わけても上弦の壱・黒死牟の描かれ方には心を奪われます。黒死牟にまつわる過去のできごとやその強さについて触れる前に、まずは基本的な事柄について押さえておきましょう。

黒死牟のプロフィール

『鬼滅の刃』に登場する黒死牟(こくしぼう)は、十二鬼月の中で上弦の壱に位置する鬼です。身長190㎝、体重93kgで、人間だった時の名前は継国巌勝(つぎくにみちかつ)になります。血鬼術との合わせ技として、月の呼吸による攻撃を用います。武士の出で立ちに6つの眼を持つ異形の鬼であり、額や首筋などには炎のような痣が浮かんでいます。

鬼滅の刃の概要

上弦の壱の鬼・黒死牟が登場する『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴原作・作画によるダークファンタジー漫画です。掲載誌は「週刊少年ジャンプ」で、2016年から4年あまりにわたり発表されました。単行本(全23巻)の累計部数は、1億5000万部を突破しています。テレビアニメや劇場アニメも制作されており、いずれも社会現象となるほどの人気を獲得しています。

鬼滅の刃のあらすじ

『鬼滅の刃』は、大正時代を舞台に描かれる鬼と人間との闘いの物語です。家族とともに慎ましく暮らしていた少年・竈門炭治郎は、ある日自分の不在中鬼に家族を惨殺され、生き残った妹の禰󠄀豆子も鬼にされてしまいます。剣士・冨岡義勇との出会いを経て鬼を狩る「鬼殺隊」に入った炭治郎は、厳しい修行と闘いに耐えつつすべての元凶である鬼舞辻󠄀無惨に迫る…という内容となっています。

【鬼滅の刃】鳴女(なきめ)が鬼になった理由は?悲しい最期についても紹介

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】鳴女(なきめ)が鬼になった理由は?悲しい最期についても紹介

『鬼滅の刃』に出てくる鳴女(なきめ)は長い黒髪と琵琶を携えた女の鬼です。鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の側近ですが、作中で彼女についてあまり触れられていないため、謎多き鬼といわれています。本記事では『鬼滅の刃』に登場した鳴女の正体や悲しい最期について紹介します。

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の人間時代の過去や縁壱との関係

上弦の壱の鬼・黒死牟について理解する上で、とりわけ重要なのが彼の過去の出来事です。ここでは黒死牟がたどった人間時代の過去と、継国縁壱(つぎくによりいち)との関係について解説します。

過去①武家の家系に生まれる

上弦の壱の黒死牟は、前述のように人間だった時の名を継国巌勝と言います。縁壱とは双子の関係であり、共に戦国時代の武家の子供として育ちました。しかし当時双子は不吉という認識があったため、巌勝を後継ぎとして残し、顔に痣のあった縁壱は出家させる予定となっていました。そうした事情もあり、2人の待遇には何ごとにも差が付けられることとなります。

過去②縁壱への嫉妬

上弦の壱の鬼・黒死牟の人間時代の過去について紹介しています。後継ぎとして優位に立っていた兄の巌勝でしたが、剣の腕において弟の縁壱が数段優っていることが判明します。そこから縁壱が跡目争いで有力視されるようになりますが、当人は母の死後早々に家を出ました。その後巌勝は、縁壱が死の前の母を人知れず支えていた事実を知ります。すべてを見透かしていた弟の天才と高潔ぶりに対し、巌勝は激しい嫉妬心を抱くのでした。

過去③縁壱との再会

上弦の壱の鬼・黒死牟の過去について続けて紹介します。家族が出来、十年以上の間平穏に暮らしていた巌勝でしたが、ある日野営中鬼に襲われるという出来事に遭遇します。そこへ現れたのは、鬼狩りとなった弟・縁壱でした。窮地を救われた巌勝は、人間としても剣士としてもさらに磨きのかかった弟を見て、再び激しい嫉妬心に駆られます。そのあげく、妻子を捨てて弟と同じ道へ踏み入ったのでした。

過去④鬼舞辻󠄀と出会い鬼になる

引き続き、上弦の壱の鬼・黒死牟の過去の出来事について紹介します。着実に剣士として成長を遂げていく巌勝でしたが、弟との差は埋まりませんでした。そうこうするうちに痣も浮かび、死期が迫ったことを知ります。そんな中彼の前に現れたのは、鬼舞辻無惨でした。無惨の誘いを受けた巌勝は、強さのために人間を捨て鬼になることを選択します。

過去⑤縁壱との戦いに負ける

こうして鬼となったかつての巌勝=黒死牟は、60年ほど経ったある日の夜に縁壱と再会します。縁壱もすでに80歳を過ぎ、もはや過去のような強さは感じられません。そんな縁壱を憐れむ黒死牟でしたが、肝心の勝負は彼の惨敗でした。弟を超えるために人間を捨てたにも関わらず、老いた彼にすら勝てなかったのです。しかし、その闘いの途中で縁壱は寿命を迎えます。結局、黒死牟は勝ち逃げという不本意な結果を得たのでした。

【鬼滅の刃】チュン太郎が鎹鴉になったのはなぜ?本名や入隊した理由も解説

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】チュン太郎が鎹鴉になったのはなぜ?本名や入隊した理由も解説

『鬼滅の刃』に登場した雀のチュン太郎は、鬼殺隊士である我妻善逸(あがつまぜんいつ)の鎹鴉(かすがいからす)です。小さい体で懸命に仕事する姿がかわいいとファンから人気を集めています。本記事では『鬼滅の刃』に出てくるチュン太郎の本名や鎹鴉になった理由を解説します。

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟は最強?強さを考察

『鬼滅の刃』における上弦の壱・黒死牟の過去は上記の通りですが、その強さについても気になるところです。ここでは、最強とも言われる上弦の壱・黒死牟の強さの秘密や能力について解説していきます。

黒死牟の最強の理由

元鬼狩りという過去を持つ上弦の壱・黒死牟は、十二鬼月の中でも最強と目されています。その理由はどこにあるのでしょうか。黒死牟の強さについて詳しく掘り下げていきましょう。

最強の理由①呼吸や型を使用して戦う

『鬼滅の刃』における上弦の壱・黒死牟の強さの秘密の一端となっているのが、「呼吸」と「型」を使った戦闘法です。鬼狩りとして会得した全集中の呼吸と上弦の鬼としての血鬼術とを組み合わせた、「全集中・月の呼吸」の技により、黒死牟は最強の称号を得るに至りました。

最強の理由②変幻自在の武器

上弦の壱・黒死牟の強さの理由の2つ目が、「変幻自在の武器」です。黒死牟が持つ刀は自らの血肉から創り出したもので、何本でも生成することができる上、破壊されても瞬時に修復が可能です。形状も思いのままで、作中ではとてもつもなく長く、刀身が複数に分岐した刀などを生成しました。黒死牟はこの刀を、「虚哭神去(きょこくかむさり)」と名付けています。

最強の理由③透き通る世界と痣を発現

上弦の壱・黒死牟の強さの理由の3つ目は、「痣」の発現と「透き通る世界」です。『鬼滅の刃』において痣の発現は、身体能力の飛躍的な向上を意味します。一方「透き通る世界」は肉体を透視できる能力で、筋肉の収縮を直接視ることで動きの先読みが可能となり、回避能力を大幅に向上させられます。もともとは縁壱の能力でしたが、鍛錬により黒死牟も体得しました。

黒死牟の月の呼吸の型

前述のように、上弦の壱・黒死牟は血鬼術と「月の呼吸」を組み合わせることで、絶大な強さを発揮します。ここからは、「闇月・宵の宮」や「月魄災渦」といった黒死牟の使う月の呼吸の型を詳しく紹介していきます。

壱ノ型 闇月・宵の宮

上弦の壱・黒死牟の月の呼吸の型、まずは壱ノ型 闇月(やみづき)・宵の宮です。こちらは、抜刀から横なぎに刀を一閃させる技になります。月の呼吸による技は斬撃が三日月状に回転しており、太刀の本筋を避けても斬られるのが特徴です。この比較的シンプルな技でも回避は難しく、一撃で無一郎の左腕を斬り飛ばしました。

伍ノ型 月魄災渦

続いて紹介する上弦の壱・黒死牟の月の呼吸の型は、伍ノ型 月魄災渦(げっぱくさいか)です。こちらは刀を一切振ることなく、無数の竜巻状の斬撃を作り出す技になります。技の効果範囲も非常に広く、この技があることで、鍔迫り合いなどによって太刀筋を封じることは不可能となります。なお、「月魄」とは「月の精」の意味になります。

捌ノ型 月龍輪尾

上弦の壱・黒死牟の月の呼吸の型について紹介しています。続いては、捌ノ型 月龍輪尾です。こちらは壱の型と似た強烈な横なぎの技ですが、刀身が伸びているなどの理由により、その数倍の間合と威力を持ちます。作中ではこの技により、不死川実弥の足にダメージを負わせました。

玖ノ型 降り月・連面

黒死牟の月の呼吸玖ノ型 降り月(くだりづき)・連面は、背中から前方への刀の一閃により、巨大かつ無数の斬撃を雨あられと敵に振り落とす技です。『鬼滅の刃』作中では、これにより不死川実弥の背中を傷つけました。

拾ノ型 穿面斬・蘿月

続いては、拾ノ型 穿面斬・蘿月(らげつ)です。こちらは楕円形の軌道とチェーンソーのような回転刃を持つ斬撃を、重ねて繰り出す強烈な技になります。実弥はあやうくこの直撃を受けるところ、無一郎に救われました。

拾肆ノ型 兇変・天満繊月

上弦の壱・黒死牟の月の呼吸の型について紹介してきましたが、最後は拾肆ノ型 兇変・天満繊月です。こちらはあたり一面覆いつくす量の渦状の斬撃を、折重ねるようにして放つ攻撃になります。形としては伍ノ型の発展で、より広範囲に効果を及ぼすことができるものの、その分隙も生みやすいという短所があります。

【鬼滅の刃】全集中の呼吸とは?種類を一覧で紹介!現実でやるときの方法や効果も

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】全集中の呼吸とは?種類を一覧で紹介!現実でやるときの方法や効果も

本記事では『鬼滅の刃』の全集中の呼吸の種類や習得するメリットやデメリット、効果などを紹介します。また、全集中の呼吸は『鬼滅の刃』の世界だけでなく現実でも効果があると言われており、全集中の呼吸を現実でやるときの方法についても説明します。

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の性格や最期

上では上弦の壱・黒死牟の強さの理由について解説しましたが、彼の別の面についても興味は尽きません。ここからは、黒死牟の性格や6つの目を持つ理由、さらに作中で死亡したかどうかについて紹介します。

上弦の壱の黒死牟の性格

上弦の壱・黒死牟は異形の鬼ですが、その振る舞いは理知的かつ冷静沈着、礼儀や忠節を重んじる性格となっています。相手の力量を素直に称賛する懐の深さも持ち、このあたりは武士として生きた人間時代の名残りと取れます。彼と対峙した無一郎も、その威厳や威圧感に気おされるほどでした。

上弦の壱の黒死牟の6つの目の理由

『鬼滅の刃』の上弦の壱・黒死牟の最大の外見的特徴と言えば、3対から成る6つの目です。この6つ目の由来について作中では明かされませんが、「縁壱零式」が関係しているという考察も成り立ちます。零式は戦国時代に作られた、縁壱の能力を模した人形ですが、腕が6本あるのが特徴です。人間時代の黒死牟はこの零式を相手に稽古を重ねた可能性があり、そのイメージが焼き付いた結果、鬼と化した後6つ目が発現したとも考えられます。

上弦の壱の黒死牟は死亡した?

上弦の壱・黒死牟は『鬼滅の刃』の中で死亡したのでしょうか。その答えはイエスです。無限城での闘いにおいて無一郎、実弥、玄弥、悲鳴嶼を相手に圧倒的な力を見せますが、4人の必死の攻撃についに屈します。それでもさらに変身を遂げ闘おうとするものの、あまりの異形ぶりに自ら動揺し、その隙を突かれて敗北しました。最後は縁壱への憧れと、何も手にできなかった後悔をかみしめつつ消失します。

【鬼滅の刃】下弦の参の病葉(わくらば)は初登場で粛清された?鬼化前も考察

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】下弦の参の病葉(わくらば)は初登場で粛清された?鬼化前も考察

『鬼滅の刃』に登場する下弦の参の病葉(わくらば)は、初登場の「パワハラ会議」と通称されるシーンで、無惨に粛清される形で最期を遂げてしまいます。下弦の参の病葉の登場シーンと最期の解説、鬼化前の考察、そしてアニメ版『鬼滅の刃』の病葉の声優情報も紹介します。

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の声優

十二鬼月で最強の呼び声高い上弦の壱・黒死牟について紹介していますが、彼の強さや性格などだけでなく、アニメ版の声優についても知りたいところです。ここでは、アニメ版『鬼滅の刃』で黒死牟を演じる声優について紹介します。

上弦の壱の黒死牟の声優は「置鮎龍太郎」

アニメ版『鬼滅の刃』で黒死牟を演じているのは、声優の置鮎龍太郎(おきあゆりょうたろう)です。「りょうちゃん」や「オッキー」などの愛称で知られており、舞台俳優としての活動も行っています。艶のある声質で二枚目を演じる機会が多くなっていますが、コミカルなキャラや熱血漢も演じられる実力派声優です。

置鮎龍太郎のプロフィール

『鬼滅の刃』の上弦の壱・黒死牟役声優・置鮎龍太郎のプロフィールを紹介しましょう。置鮎氏は1969年11月17日、福岡県北九州市で生まれました。小学3年生からは、大阪府に転居しています。高校に進学した頃に声優を目指すようになり、卒業後青二塾大阪校へ入塾、その後青二プロダクション所属となります。ラジオCMでデビューした後、96年『地獄先生ぬ~べ~』で初のテレビアニメ主役を獲得、以後も多数の作品に出演しています。

置鮎龍太郎の主な出演作品

置鮎龍太郎の『鬼滅の刃』以外の出演作品について見てみましょう。これは前述の『地獄先生ぬ~べ~』(鵺野鳴介)のほか、『テニスの王子様』(手塚国光)、『BLEACH』(朽木白哉)、『戦国BASARA』(豊臣秀吉)、『トリコ』(トリコ)、『SLAM DUNK』(三井寿)、『パリピ孔明』(諸葛孔明)などが挙げられます。

【鬼滅の刃】産屋敷家は短命の一族?呪いの真相や鬼舞辻無惨との関係も調査

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】産屋敷家は短命の一族?呪いの真相や鬼舞辻無惨との関係も調査

『鬼滅の刃』の産屋敷家が短命の一族と言われる所以や無惨との関係性を考察します。そして産屋敷家のキャラクターを一覧で紹介し、産屋敷家のモデルや財源についても解説します。更に『鬼滅の刃』ファンからの産屋敷家に対する評判もまとめています。

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟に対する世間での評判や人気

『鬼滅の刃』の上弦の壱・黒死牟についてさまざまな角度から考察していますが、続いてはさらに別の視点から眺めてみましょう。世間の黒死牟に対するイメージなどは、どうなっているのでしょうか。ここでは縁壱と深い因縁で結ばれた鬼・黒死牟の人気ぶりなどを紹介していきます。

こちらはシンプルに「黒死牟=かっこいい」という意見です。黒死牟は鬼でありつつ侍としての矜持を持ち、たたずまいも毅然としています。容貌も異形ながら端整で、敵キャラとして申し分ないカッコよさを備えています。ある意味上弦の壱の座にふさわしいキャラと言えるでしょう。

続いては、黒死牟が一番好きなキャラで「鬼になった理由や正体がせつなく」、かつ「散り際が凄い」という意見です。黒死牟は最後に至って鬼としての己の姿に絶望した挙句、追い求めていたのが縁壱であったことに気づきます。そして結局は何も手にできなかったことを悔い、塵となって消えていきました。こうした無念の想いは、立場に関係なく共感できるところです。

こちらも『鬼滅の刃』で一番好きなキャラが黒死牟という意見で、キャラデザや喋り方などがお気に入りだと述べています。たしかに目が6つというインパクトの強い容貌や、正統な武士の出で立ちそのままのデザインには目を奪われます。また、黒死牟は話す時やたらと間を空ける癖があるのですが、それが彼の謹厳さと同時に、一種の愛嬌のようなものを醸し出しているというのもうなずけるところです。

【鬼滅の刃】十二鬼月(上弦/下弦)とは?メンバーや豪華アニメ声優も紹介

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】十二鬼月(上弦/下弦)とは?メンバーや豪華アニメ声優も紹介

本記事では『鬼滅の刃』にて鬼舞辻無惨が率いる最強の十二体の鬼・十二鬼月についてまとめていきます。『鬼滅の刃』作中に描かれた十二鬼月のメンバーや上弦・下弦の意味、アニメ版の担当声優にそれぞれの鬼が迎えた最後などについて解説していきます。

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟は最強の鬼だった

『鬼滅の刃』の上弦の壱・黒死牟について紹介してきました。このように、黒死牟は人間だった時分は、継国縁壱の双子の兄という立場にありました。それが弟への激しい嫉妬心から人間を捨て、鬼舞辻󠄀無惨に仕える上弦の壱の鬼となります。鬼となって絶大な強さは得たものの、彼が望んでいた縁壱の力には、結局到達できませんでした。

そうした過去のいきさつを知ると、黒死牟というキャラの見え方はかなり違ってきます。彼の人間的な弱さや渇望には、共感を覚える向きも多いでしょう。アニメ版での本格的な登場はこれからですが、その時がますます楽しみになってきます。それまで待ちきれないという方は、ぜひ原作をチェックしてみてください。

【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)の特異体質とは?作中の活躍も

あわせて読みたい

【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)の特異体質とは?作中の活躍も

『鬼滅の刃』のしなずがわげんや(不死川玄弥)について解説します。『鬼滅の刃』に登場する鬼殺隊隊士・しなずがわげんやが持つ特異体質についてまとめました。また、作中での玄弥の活躍や鬼にまつわる悲しい過去、死亡の経緯などについても併せて紹介します。

だいじろう

この記事のライター

だいじろう

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【鬼滅の刃】林勇は雑魚鬼役で登場している?キャスティングされた他作品も紹介

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】林勇は雑魚鬼役で登場している?キャスティングされた他作品も紹介

林勇が鬼滅の刃に登場しているのか徹底調査していきます。林勇が鬼滅の刃に登場しているのは雑魚鬼というキャラで、短いシーンしかないのは本当なのか解説。鬼滅の刃の他に、東京リベンジャーズのマイキーや呪術廻戦の猪野琢真といった林勇の代表作についても紹介していきます。

【鬼滅の刃】小野賢章はオーディション落ちした?出演アニメ作品を紹介

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】小野賢章はオーディション落ちした?出演アニメ作品を紹介

小野賢章は鬼滅の刃に声優として出演しているのか徹底調査していきます。小野賢章が鬼滅の刃の声優オーディションに落ちたという噂の真相にも迫っていきましょう。また、小野賢章の代表作でもありハリー・ポッターなどの出演作品についても紹介していきます。

【鬼滅の刃】内田雄馬は声優として出演しているのか調査!代表作も紹介

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】内田雄馬は声優として出演しているのか調査!代表作も紹介

内田雄馬は人気声優ですが、鬼滅の刃に出演しているのか徹底調査していきます。内田雄馬と鬼滅の刃の時透無一郎には、どのような関係があるのかも考察。また、内田雄馬の代表作ともいえる、5作品の5キャラについても紹介していきます。

内田真礼は鬼滅の刃に声優として登場しているのか調査!経歴も紹介

鬼滅の刃

内田真礼は鬼滅の刃に声優として登場しているのか調査!経歴も紹介

内田真礼は人気声優の1人ですが、鬼滅の刃に出演しているのかについてこの記事では調査していきます。鬼滅の刃に登場しているか調査する、内田真礼のプロフィールや経歴についても紹介。人気声優の内田真礼の代表作についても解説していくため、ぜひ参考にしてみてください。

【鬼滅の刃】林原めぐみが出演していた噂の真相とは?経歴も紹介

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】林原めぐみが出演していた噂の真相とは?経歴も紹介

本記事では大人気アニメ『鬼滅の刃』で、林原めぐみが出演していたという噂について解説します。『鬼滅の刃』に出演していた噂の真相とあわせて、林原めぐみのプロフィールや経歴、代表作について徹底調査たのでぜひチェックしてみてください。

【鬼滅の刃】刀鍛冶の里編の見どころは?あらすじや登場キャラも紹介

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】刀鍛冶の里編の見どころは?あらすじや登場キャラも紹介

鬼滅の刃の「刀鍛冶の里編」は2023年にテレビアニメ化されました。この記事では刀鍛冶の里編の見どころを紹介します。あらすじや登場キャラの紹介だけでなく、鬼滅の刃の作品概要や刀鍛冶の里編に関するファンの評価、さらに作中の名言なども紹介します。

【鬼滅の刃】死んでほしくなかった人ランキング!死亡シーンや活躍まとめ

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】死んでほしくなかった人ランキング!死亡シーンや活躍まとめ

人気漫画『鬼滅の刃』の「死んでほしくなかった人」について紹介します。鬼殺隊や鬼を含めておびただしい犠牲者が出る『鬼滅の刃』で、特に死んでほしくなかった人をランキング形式でまとめました。また、それぞれが作中で見せた活躍や死亡シーンについても合わせて紹介します。

【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)と縁壱(よりいち)の関係とは?二人の過去を調査

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)と縁壱(よりいち)の関係とは?二人の過去を調査

上弦の壱である黒死牟(こくしぼう)と、最強の剣士である縁壱(よりいち)の関係について考察しています。二人にはどんな過去があるのか、縁壱(よりいち)の謎と関わった人物、黒死牟(こくしぼう)の性格や強さについても解説しています。さらに二人の評判もまとめています。

【鬼滅の刃】童磨が鬼になった理由と死亡までの経緯は?登場キャラとの関係も

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】童磨が鬼になった理由と死亡までの経緯は?登場キャラとの関係も

本記事では『鬼滅の刃』に登場する上弦の弐の鬼・童磨のプロフィールや強さ、過去や鬼になった理由を考察します。また童磨が人間の女しか食べない理由、他のキャラクターとの関係性を解説します。さらに童磨が鬼になった理由についてのファンの意見をまとめています。

【鬼滅の刃】玉壺は人間の姿のときから残虐?鬼になった理由も徹底調査

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】玉壺は人間の姿のときから残虐?鬼になった理由も徹底調査

玉壺の人間の姿について解説します。『鬼滅の刃』の鬼の中でも一際残虐な玉壺の過去については、本編で明かされていません。人間の姿が一体どういうものだったのか、公式情報を元にまとめました。また、「気持ち悪い」と言われる理由や鬼となった経緯についても紹介します。

鬼滅の刃の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード