【呪術廻戦】来栖華は味方か敵か考察!正体や術式についても紹介

お気に入りに追加

『呪術廻戦』の来栖華は死滅回遊に登場しますが、正体がはっきりせず、敵か味方かも分かっていません。しかし、強大な術式と可愛らしい容姿から多くのファンの心を捉えています。今回は『呪術廻戦』のミステリアスなキャラクターである来栖華の正体や術式に迫ります。

【呪術廻戦】来栖華は味方か敵か考察!正体や術式についても紹介

目次

  1. 【呪術廻戦】来栖華とは?
  2. 【呪術廻戦】来栖華は味方?敵?正体を考察
  3. 【呪術廻戦】来栖華の術式やラッパを考察
  4. 【呪術廻戦】来栖華は五条悟の復活のカギになる?
  5. 【呪術廻戦】来栖華に対する世間での評判や人気
  6. 【呪術廻戦】来栖華の正体には謎が多かった

【呪術廻戦】来栖華とは?

『呪術廻戦』の第145話で登場した来栖華は、自分のことを「天使」と呼んでいます。圧倒的な術式を有していますが、それ以外の情報はほとんどなく、人物像は明らかになっていません。そのため、ファンの間では活発に考察が繰り広げられています。そこで、今回は『呪術廻戦』のミステリアスなキャラクター来栖華を取り上げて考察します。

来栖華のプロフィール

  • 所属:不明
  • 誕生日:不明
  • 年齢:不明

『呪術廻戦』の死滅回遊泳者である来栖華は、情報のほとんどが天元のセリフによっており、呪術高専メンバーとは絡んでいないので、人物像は全くの未知数です。したがって、来栖華を知るためには、天元のセリフ以外には絵から読み解いていくしか方法がありません。しかし、その前に来栖華の登場する『呪術廻戦』とはどのような作品なのかを見ていきましょう。

呪術廻戦の概要

『呪術廻戦』は2018年より連載が始まった芥見下々の漫画作品です。連載開始直後より多くの読者に受け入れられ、大人気作品となりました。2020年にはテレビアニメ第1期が始まり、2021年には劇場版、2022年には舞台にかけられるなど、活発な広がりを見せています。その人気は日本だけでなく、海外にも及んでおり、2020年には全世界のアニメファン対象の投票で「アニメ・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれました。

呪術廻戦のあらすじ

『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁は仙台の高校に通う普通の高校生でしたが、ある事件をきっかけに「宿儺の器」となり死刑を宣告されます。しかし、執行は猶予されて東京都立呪術専門学校に入学し、呪術師として新たな人生をスタートさせました。呪術高専の教官五条悟や先輩、同級生達とさまざまな任務をこなしていく日々でしたが、羂索が自身の目的遂行の障害となる五条悟を封印するために、渋谷事変を引き起こしました。五条は封印され、羂索の足取りはつかめぬまま今度は死滅回遊が開始されました。

【呪術廻戦】烏鷺亨子の人物像まとめ!術式や領域展開も紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】烏鷺亨子の人物像まとめ!術式や領域展開も紹介

『呪術廻戦』の烏鷺亨子(うろたかこ)は死滅回游で登場した呪術師で、強力な術式で乙骨憂太と戦闘を行いました。そんな『呪術廻戦』の烏鷺亨子について、作中からわかる人物象や術式・領域展開などの強さ、登場した話数での戦いの流れなどをまとめました。

【呪術廻戦】来栖華は味方?敵?正体を考察

『呪術廻戦』の死滅回遊泳者・来栖華は、分かっていることがほとんどありません。人物像が明らかでないため、敵か味方かも分かりません。しかし、虎杖悠仁達は五条悟を救うために来栖華と接触すべく行動を起こします。いったい来栖華とはどんな人物なのでしょうか。分かっている情報を元に来栖華の人物像について考察します。

来栖華の正体は1000年前の術師?

天元は「”天使”と名乗る千年前の術師がいる」と来栖華のことを紹介しています。したがって、来栖華の正体は1000年前の術師と考えて間違いありません。『呪術廻戦』では1000年前は呪術の全盛期とされていて、両面宿儺、羂索、裏梅らもこの時代の人物です。

来栖華の正体は海外の術師?

来栖華が1000年前の術師であることは確定していますが、1000年前の日本にラッパはありません。また、自らを「天使」と呼んでいますが、天使はキリスト教世界に由来した言葉です。さらに、「来栖(くるす)」という名は菅原氏との関連を指摘する考察もありますが、ポルトガル語で「十字架」を意味する言葉でもあります。このように、キリスト教と関連する事柄がいくつもあることを考慮すると、来栖華は海外の術師である可能性は高いのではないでしょうか。

来栖華と羂索の関係

来栖華は天元のセリフより1000年前の術師ですが、羂索も1000年前の術師であることを考えると、両者に何らかの接点があったのではないかと考えられています。そもそも『呪術廻戦』では1000年前は呪術の全盛期です。二人とも、その時代に活躍し強力な術式を有しているので、接点があったと考えても何の不思議もありません。

来栖華が死滅回游に参加している理由

来栖華が『呪術廻戦』の死滅回遊に参加している理由として、大きく次の2つがあります。1つ目は、自らの意志で参加しているという説です。2つ目は、死滅回遊のルールに関するものです。死滅回遊では「術式の剥奪」というペナルティーがあります。「術式の剥奪」を行うのに、来栖華の「あらゆる術式を消滅させる術式」を使います。そのために、羂索が来栖華を参加させているという説です。

来栖華は味方?敵?

来栖華が敵なのか味方なのか、その立場は『呪術廻戦』の今後の展開に大きく左右します。「味方」説は、天元が五条悟の封印解除を可能にする術師として来栖華の名を挙げたことが根拠となっています。味方でないのなら名前は挙げなかったのではないでしょうか。それに対し「敵」説の根拠は、来栖華が羂索の要請で死滅回遊に参加しているのではないかという点です。羂索側に立っているのなら敵ということになります。ただ、今のところは敵・味方どちらとも言えません。

【呪術廻戦】偽夏油の正体とは?これまでの経緯や過去に操られた人も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】偽夏油の正体とは?これまでの経緯や過去に操られた人も

『呪術廻戦』の前日譚で死亡した夏油傑は本編で復活を果たします。しかし、復活した夏油は偽物だったのです。渋谷事変で暗躍した偽夏油の正体とは一体誰なのでしょうか?この記事では、偽夏油の正体や能力について解説すると共に、偽夏油の真の目的に迫ります。

【呪術廻戦】来栖華の術式やラッパを考察

『呪術廻戦』の登場人物・来栖華は謎の多いキャラクターです。強大な術式は判明していますが、それがすべてであるかどうか不明です。今のところは天元のセリフと絵柄より推測するしかありません。以下、来栖華の術式やラッパの意味づけについて考察します。

来栖華の術式

来栖華は「あらゆる術式を消滅させる術式」を持っています。これとよく似た呪具に「あらゆる術式を強制解除する”天逆鉾”」があります。しかし、天逆鉾は「術式の強制解除」なので、対象となる術式がすでに発動していることが条件になります。それに対して、来栖華の術式は「術式の消滅」なので、術式の発動とは関係なく消滅させることができます。すなわち、術師から術式そのものをそっくり消滅させることも可能であると推測されています。

来栖華の領域展開

『呪術廻戦』で領域展開とは、術式の最終段階になるので、使いこなせる術者は多くありません。また、来栖華が領域展開を使えるとは言及されていません。しかし、仮に領域展開が使えたとすると、領域内にいる術師の術式はすべて消滅してしまうことが推測されます。また、領域展開の範囲が死滅回遊全域に及んだ場合、参加者の術式が一気に消滅してしまうことも可能かもしれません。

来栖華のラッパ・天使とヨハネの黙示録の関係

キリスト教で「ラッパ・天使」と言えば「ヨハネの黙示録」が思い出されます。「ヨハネの黙示録」の第8章から第11章にかけて、7人の天使が7つのラッパを与えられ、世に災いを及ぼす様子が描かれています。仮に『呪術廻戦』において来栖華がラッパを吹くような場面が描かれるとしたら、「ヨハネの黙示録」と同様、何らかの終末が描かれる可能性も指摘されています。また、「ヨハネの黙示録」の「神の刻印」の有無は、『呪術廻戦』では術師・非術師の区別にあたるのではないかとも言われています。

【呪術廻戦】羂索(けんじゃく)の正体や目的とは?虎杖や宿儺との関係を調査

あわせて読みたい

【呪術廻戦】羂索(けんじゃく)の正体や目的とは?虎杖や宿儺との関係を調査

呪術廻戦では呪霊を率いる呪詛師と彼らの野望を阻止しようとする呪術師たちの戦いが描かれていますが、その争いに乗じて羂索という真の黒幕が登場し物語が大きく揺れ動きました。本記事では呪術廻戦に登場する羂索の正体や強さ、謎に包まれた過去などについてまとめていきます。

【呪術廻戦】来栖華は五条悟の復活のカギになる?

『呪術廻戦』で五条悟は最強の呪術師です。そこで、羂索は自身の目的を遂行するために、邪魔になる五条を渋谷事変で封印しました。虎杖悠仁らは五条の封印を解除するために動きだします。そして天元の元へと足を運びますが、天元の口から出てきたのが来栖華の名です。五条悟の封印解除と来栖華はどう関係しているのか、以下で考察します。

考察①五条悟は獄門疆に封印されている

『呪術廻戦』の最強・五条悟は、渋谷事変で羂索により獄門疆に封印されました。獄門疆は特級呪物であり、約1000年前の生きた結界源信のなれの果てとされています。獄門疆に封印できないものはなく、一度封印すると100年でも1000年でも封印することができます。羂索は「人類の進化と呪力の最適化」の強制という自らの目的達成のためには、五条悟が障害になると考えましたが、五経は六眼の持ち主のため、封印する道を選びました。

考察②獄門疆の封印を解くには2つの呪具が必要

天元は獄門疆「裏」の存在を明らかにしましたが、それにより五条悟の封印解除の道が開かれました。天元によれば、「獄門疆「裏」にも五条は封印されているが、「表」の所有者権限とは異なり、獄門疆を開門する権限はない。しかし、無理矢理開けることはできる」とのことでした。そのための術式として、特級呪具「天逆鉾」か特級相当呪具「黒縄」が必要になります。しかし、「天逆鉾」は五条が海外に封印したか破壊し、「黒縄」も五条がすべて消してしまったので、どちらも実質的には存在していません。

考察③五条悟は来栖華の術式で復活する?

そこでクローズアップされるのが来栖華の術式です。彼女の術式は「あらゆる術式を消滅させる」ものであるため、五条悟の封印を解除するための唯一の手段と見なされています。そこで虎杖悠仁達は、来栖華との接触を最大の目標としています。

【呪術廻戦】獄門疆(ごくもんきょう)を徹底解説!封印の解除方法は?

あわせて読みたい

【呪術廻戦】獄門疆(ごくもんきょう)を徹底解説!封印の解除方法は?

『呪術廻戦』には「獄門疆」という特級呪物があります。獄門疆は『呪術廻戦』の大人気キャラクター五条悟を渋谷事変で封印してしまいます。最強の五条悟を封印できる獄門疆とは、いったいどれほどの力を持っているのでしょうか。今回は、その正体や特性、元ネタを紹介します。

【呪術廻戦】来栖華に対する世間での評判や人気

『呪術廻戦』の登場人物・来栖華は謎の人物ですが、その立ち位置が『呪術廻戦』の今後を大きく左右するので気になるファンは多いようです。五条悟の封印解除に彼女の力が必要なこともありますが、天使のようなかわいらしいルックスもファンの心を捉えているようです。

『呪術廻戦』の死滅回遊泳者・来栖華は正体が明らかになっていないため、その立ち位置にさまざまな意見がありますが、五条悟の封印解除のために味方であってほしいという声はかなり多く見られます。しかし、味方説の場合は、根拠が提示されているものは少なく、願望に近いものの方が多いようです。

それに対して「敵」説は、はっきりと断定している意見が多く見受けられます。術式のために死滅回遊に参加していると考えられることから、羂索側についているのではないかと見ているようです。

天元が来栖華について虎杖等に話はしたものの、長らく姿を見せなかった来栖華ですが、ようやくワンシーンに登場しました。倒れている伏黒恵の前に姿を現しますが、すぐ別のシーンに移ってしまいました。伏黒と来栖とは今後どのような展開になるのでしょうか。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の声優は瀬戸麻沙美!代表作や経歴を紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の声優は瀬戸麻沙美!代表作や経歴を紹介

アニメ『呪術廻戦』のヒロイン釘崎野薔薇を演じているのは、若手人気声優の瀬戸麻沙美です。瀬戸麻沙美は高校生で声優デビューをして以来さまざまなアニメ作品に出演し、巧みなキャラ設定からアニメファンの支持を得ています。今回は、瀬戸麻沙美や釘崎野薔薇について紹介します。

【呪術廻戦】来栖華の正体には謎が多かった

今回は、『呪術廻戦』の謎の人物・来栖華の正体について考察しました。明らかになっている事実が少なく、味方か敵かも分かっていません。他を圧倒する術式の持ち主だけに、味方になってくれれば五条悟の封印解除など有利な展開になります。ますます今後の展開から目を離すことができません。

【呪術廻戦】虎杖仁の正体とは?虎杖悠仁の父親?偽夏油や母親との関係も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】虎杖仁の正体とは?虎杖悠仁の父親?偽夏油や母親との関係も

呪術廻戦の主人公である虎杖悠仁には両親との記憶がほとんどなく作中でも曖昧な存在として描かれてきましたが、父親の名前が虎杖仁と判明するとその正体に関する描写が話題になりました。本記事では呪術廻戦に出てきた虎杖仁の正体や偽夏油との関係についてまとめていきます。

【呪術廻戦】来栖華(くるすはな)は天使と名乗る死滅回游泳者!正体や術式を考察
makkun402

この記事のライター

makkun402

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】極ノ番の種類や使用できるキャラまとめ!強力な効果を持っている?

呪術廻戦

【呪術廻戦】極ノ番の種類や使用できるキャラまとめ!強力な効果を持っている?

『呪術廻戦』では様々な効果を持った技がたくさんありますが、その中で紹介する技は「極ノ番」です。今回の記事では極ノ番の種類や強力な効果だけでなく、『呪術廻戦』で極ノ番を使用できるキャラは誰なのかに関する情報についてもそれぞれまとめていきます。

【呪術廻戦】五条悟のかっこいいシーンまとめ!素顔もイケメンなのか調査

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟のかっこいいシーンまとめ!素顔もイケメンなのか調査

呪術廻戦でも人気の五条悟のかっこいいシーンや名言をまとめて紹介していきます。五条悟のかっこいい魅力もポイント別に解説していくため、魅力を見出してみてください。強さや能力、声優のキャストについても説明していくため、参考にしてみてください。

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

呪術廻戦

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

楽巌寺嘉伸(がくかんじよしのぶ)は、『呪術廻戦』に登場するキャラクターです。呪術高専京都校の学長で、白く長い眉毛や顎鬚が特徴です。戦闘時はギターを使って術式を発動させます。今回は呪術廻戦に出てくる楽巌寺嘉伸の人物像をまとめ、術式や強さについて考察します。

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一(かしもはじめ)は、最強でありながら謎多き人物です。一見、中世的な面持ちですが、渋谷事変で封印された五条悟にも似ています。今回は、鹿紫雲一の正体と強さや五条家との関係について紹介すると共に、鹿紫雲一の過去にも迫ります。

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

呪術廻戦

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

「呪術廻戦」に登場し、かわいいと人気なのが庵歌姫です。巫女服と顔の傷が特徴的な庵歌姫の術式や、顔の傷の理由は謎となっています。庵歌姫の術式について考察し、庵歌姫の活躍した場面や他のキャラとの関係、顔の傷の理由についても紹介します。

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

呪術廻戦

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

「呪術廻戦」に登場する特級呪術師の1人、乙骨憂太の幼馴染だった折本里香は11歳で死んでしまう、あまりに不幸な少女でした。「呪術廻戦」0巻でのエピソードは折本里香の乙骨憂太への想いが描かれています。特級過呪怨霊とされた彼女の真の姿を解き明かしていきましょう。

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦で出てきた大きな謎があります。それは「存在しない記憶」と呼ばれる現象で、バトル中に経験していないはずの出来事を思い出すことです。存在しない記憶の正体は何なのか、呪術廻戦ファンの間で考察されている内容や、作者が明かした真相を紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

これまで謎に包まれていた虎杖悠仁の正体とその家族ですが、虎杖悠仁の母親は一体どんな人物で、またその母親の正体は人間なのでしょうか?本記事では、母親の正体や父親について考察し、虎杖悠仁を語る上で欠かせない「両面宿儺」との関係についても紹介していきます。

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

呪術廻戦

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

『呪術廻戦』には既に回収されている伏線、また現在も回収されていない伏線も含めて様々な謎に関係する伏線が存在しています。伏線となる謎は虎杖悠仁という主要キャラクターだけでなく、その他のキャラクター達にも存在します。今回は『呪術廻戦』の伏線について紹介します。

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦の日車寛見の強さや能力、裁判と関係がある術式・領域展開について解説しました。呪術廻戦の死滅回遊編で重要な役割を担う日車寛見はどのような人物なのか、弁護士として担当した事件や、関係するキャラクターについても詳しく書いています。

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード