【呪術廻戦】コガネは死滅回游で登場するキャラ?式神の正体を考察

お気に入りに追加

呪術廻戦の死滅回游で登場するコガネというキャラクターは、一体どういった存在なのでしょうか。死滅海遊におけるコガネの役割や能力、式神の正体について考察していきます。あわせて死滅回游のルールと呪術廻戦ファンによるコガネの評判も紹介します。

【呪術廻戦】コガネは死滅回游で登場するキャラ?式神の正体を考察

目次

  1. 【呪術廻戦】コガネが登場する死滅回游とは?
  2. 【呪術廻戦】コガネは死滅回游で登場?正体を考察
  3. 【呪術廻戦】コガネの能力を考察
  4. 【呪術廻戦】コガネが登場する死滅回游のルールや目的
  5. 【呪術廻戦】コガネに対する世間での評判や人気
  6. 【呪術廻戦】コガネは死滅回游で登場する泳者に取り憑く式神

【呪術廻戦】コガネが登場する死滅回游とは?

死滅回游とは?

呪術廻戦に登場する死滅回游とは、羂索(けんじゃく)によって仕組まれた殺し合いです。死滅回游の参加者は泳者(プレイヤー)と呼ばれ、羂索によって呪力を与えられた人造の術師や、結界(コロニー)に侵入した者を指します。死滅回游では、あらかじめ8つの総則(ルール)が定められており、術式の覚醒後19日以内に参加表明をしなければ、術式を剥奪されるという術者にとっては死に値する罰を受けることになります。

呪術廻戦の概要

漫画「呪術廻戦」は、芥見下々先生が描く呪いというダークファンタジーをテーマにした物語です。人間のマイナス感情から生まれる呪霊と、呪術を使用できる呪術師とのバトルがメインに描かれています。呪術廻戦は2018年から少年ジャンプで連載が始まり、2020年からはTVアニメとしても放送が開始されました。2021年には「劇場版 呪術廻戦0」の映画が公開され興行収入137億円を突破しており、2022年には単行本20巻まで発刊されている大人気の作品です。

呪術廻戦のあらすじ

人より身体能力が高いこと以外は普通のオカルト部に所属する男子高校生、虎杖悠仁が主人公です。ある日、呪いの指を見つけたオカルト部員たちは、夜の学校で指のお札を外すことにしましたが、それは「両面宿儺(りょうめんすくな)」と呼ばれる特急呪物の指でした。呪術師の伏黒恵に事情を聞いた虎杖は、急いで学校に向かいますが、 学校には既に呪霊が集まっており、虎杖は先輩を助けるために「宿儺の指」を飲み込みます。この事件をきっかけに虎杖は「両面宿儺」の器になり、呪術師としての道を歩み始めます。

【呪術廻戦】羂索(けんじゃく)の正体や目的とは?虎杖や宿儺との関係を調査

あわせて読みたい

【呪術廻戦】羂索(けんじゃく)の正体や目的とは?虎杖や宿儺との関係を調査

呪術廻戦では呪霊を率いる呪詛師と彼らの野望を阻止しようとする呪術師たちの戦いが描かれていますが、その争いに乗じて羂索という真の黒幕が登場し物語が大きく揺れ動きました。本記事では呪術廻戦に登場する羂索の正体や強さ、謎に包まれた過去などについてまとめていきます。

【呪術廻戦】コガネは死滅回游で登場?正体を考察

コガネは泳者に取り憑く式神だと天元の発言で判明

呪術廻戦の死滅回游にて突然出現した「コガネ」の正体は、高等な呪術師である「天元」によって、各泳者(プレイヤー)につき一体ずつ取り憑く式神だということが明かされます。隠すことに特化した結界術の能力を持つ天元は、様々な情報に網羅しており、死滅回游内で正体不明の呪霊に遭遇して困っている呪術高専の生徒にとって、駆け込み寺のような重要な存在になっています。

コガネの死滅回游における役割

呪術廻戦の死滅回游内で、各泳者(プレイヤー)につき一体ずつ憑いている式神「コガネ」は、蜂のような尻尾とドクロのような容姿が特徴的です。コガネは死滅回游において、監視役であり窓口のような役割を担っていると考察されます。泳者が総則(ルール)で定められた19日以内に殺しを行わなかったり、ポイントの変動がない場合には術式の剥奪をされてしまいます。コガネが各泳者に憑くことで、ルール違反をしていないか管理者が容易に監視できると考察されます。

コガネは羂索の呪力によって作り出された?

呪術廻戦の死滅回游で泳者(プレイヤー)の監視役であり、窓口としての役割を担っているコガネは、羂索(けんじゃく)の呪力によって作り出された式神と考察されます。そもそも、式神というのは術師の呪力によって作ることができる存在です。死滅回游という殺し合いシステムを作った羂索が、自身の呪力によって作り出した式神コガネに、各泳者の監視の役割をさせていると考えれば自然な仕組みだと言えるでしょう。

【呪術廻戦】偽夏油の正体とは?これまでの経緯や過去に操られた人も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】偽夏油の正体とは?これまでの経緯や過去に操られた人も

『呪術廻戦』の前日譚で死亡した夏油傑は本編で復活を果たします。しかし、復活した夏油は偽物だったのです。渋谷事変で暗躍した偽夏油の正体とは一体誰なのでしょうか?この記事では、偽夏油の正体や能力について解説すると共に、偽夏油の真の目的に迫ります。

【呪術廻戦】コガネの能力を考察

コガネの能力は泳者の点数の計算?

呪術廻戦に登場する死滅回游の監視役でもあり、窓口役として羂索(けんじゃく)によって作り出された式神「コガネ」の能力について着目してみましょう。死滅回游に参加した泳者(プレイヤー)は、術式覚醒後19日以内に参加を宣誓しなければ術式を剥奪されてしまいます。さらに、自分以外の泳者を殺すことでポイントを獲得していくシステムになっており、最後にポイントの変動があった日から19日以内にポイントに動きがない場合にも術式を剥奪されます。

泳者は、日数やポイントの管理を自分自身で正確にカウントすることが難しいので、それぞれの泳者に憑いているコガネが日数の計算やポイントの管理を行っているのではないかと考察されます。

コガネの能力は術式の剥奪?

各泳者(プレイヤー)に一体ずつ憑いているコガネの能力は、ポイントの管理をするだけではありません。そもそも死滅回游に参加している泳者のポイントとは、結界(コロニー)内にてバトルをし自分以外を殺すことによって変動します。このポイントが定められた期間内に増減など変動が見られない場合には、術式を剥奪されてしまうというルールがあります。可愛い見た目のコガネですが泳者から術式を剥奪する恐ろしい能力もあると考察されます。

コガネを破壊できない?

死滅回游に参加した各泳者(プレイヤー)に取り憑くコガネは、羂索(けんじゃく)の監視役や窓口として存在していることが分かりました。つまり、泳者にとっては、コガネ自体を破壊してしまうのが1番手っ取り早いのでは?と感じるでしょう。しかし、巧妙なルール設定された羂索によって作り出された死滅回游ですから、大事な監視役であり窓口役である式神コガネを破壊するのは難しい、もしくは無理ではないかと考察されます。万が一、コガネの破壊が可能になれば状況が大きく変わるかもしれません。

【呪術廻戦】天元様の能力や正体を徹底考察!素顔や登場人物との関係は?

あわせて読みたい

【呪術廻戦】天元様の能力や正体を徹底考察!素顔や登場人物との関係は?

週刊少年ジャンプで話題沸騰中の呪術廻戦。その中で謎組織から神のように崇められている存在『天元様』が読者からの注目を集めています。本記事では呪術廻戦に登場する天元様について、彼の能力や正体、素顔や目的などについてまとめていきます。

【呪術廻戦】コガネが登場する死滅回游のルールや目的

死滅回游の基本的なルール

死滅回游は、羂索(けんじゃく)によって総則(ルール)が定められています。元々の総則は8つあり、1つ目は羂索によって術式を与えられたものが死滅回游の泳者(プレイヤー)となり、術式が覚醒した後、19日以内に参加を宣誓をしなければなりません。2つ目は、参加後19日以内に参加宣誓をしなかった泳者は術式を剥奪されてしまいます。3つ目は泳者でない術者も、結界(コロニー)内に侵入した時点で、死滅回游の泳者となり参加宣誓したとみなされます。4つ目は他の泳者を殺すことでポイントを獲得できます。

5つ目は、死滅回游の管理者によって泳者のポイントが設定されており、術者を倒すと5ポイント、非術者を倒すと1ポイント獲得することができます。6つ目は獲得したポイントを100点消費すると管理者と交渉し、新しいルールを1つ追加できます。7つ目は、死滅回游の管理者は死滅回游の存続を脅かさない限り極力新しいルールの追加を認めなければいけません。8つ目は死滅回游に参加後、もしくはポイント増減してから19日間ポイントの変動がない場合は術式を剥奪されてしまいます。

死滅回游の追加されたルール

呪術廻戦の死滅回游には、あらかじめ設けられた8つのルールがあります。その中の6つ目に死滅回游の泳者は、自身が保有する100ポイントを消費して、管理者と交渉しルールを1つ追加することが可能というルールがあります。泳者である鹿紫雲一(かしもはじめ)は、自身の貯めた100ポイントを消費して、9つ目となるルールを追加しました。9つ目のルールは「泳者は他の泳者の名前、滞留結界(コロニー)、ルールを追加した回数、保有ポイントなどの情報を参照することができる」というものでした。

死滅回游を始めた羂索の目的

呪術廻戦で1000年もの間、様々な肉体を乗っ取って存在してきた羂索(けんじゃく)が死滅回游を作り出したのは、どのような目的があったのでしょうか。呪術廻戦の作中で、人類の呪力の最適化が目的だと羂索自身が明らかにしている描写があります。人間だけでなく、呪霊、術師、非術師すべてが呪力の可能性があると考え、日本全土の人類を進化させるのが目的で、死滅回游を作ったと考察されます。さらに羂索は、進化させる手段として、不死の能力を持つ天元と日本全土の人類を同化させようとしているのでしょう。

死滅回游における呪術高専側の目的

呪術廻戦の死滅回游で、ルールを追加するために100ポイント保有している泳者を狙うことにした伏黒や虎杖、呪術高専側にはどのような目的があったのでしょう。伏黒の義理の姉、伏黒津美紀は偽夏油(羂索)謎の呪いによって1年以上も寝たきりになっていました。実はその呪いは偽夏油(羂索)によってかけられたものであり、強制的に死滅回游の泳者にされていたのです。

伏黒は、誰も傷つけない心優しい義姉の津美紀を助け出すため、死滅回游に参加することにします。さらに、津美紀のように死滅回游の参加に本意ではない泳者達を助け出すことが呪術高専側の目的だと考察されます。

【呪術廻戦】夏油傑の脳の正体は羂索?謎に包まれている目的についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】夏油傑の脳の正体は羂索?謎に包まれている目的についても

『呪術廻戦』の本編に出てくる夏油傑は、偽物であることがわかっています。偽夏油傑の正体は、羂索という術師だと判明しました。羂索とは一体何者なのか、その正体の謎について考察してまとめます。また、羂索の目的や術式についても紹介します。

【呪術廻戦】コガネに対する世間での評判や人気

羂索(けんじゃく)によって始められた、死滅回游という名のデスゲームに突如現れた式神「コガネ」について、呪術廻戦ファンはどのように感じているのでしょうか。コガネの評判をまとめてみました。

呪術廻戦の死滅回游で登場したコガネの役割について殺された泳者(プレイヤー)についての報告も行うのか、殺した側のポイントの移動だけを報告するのか、など考察されていました。コガネの担う役割について呪術廻戦ファンの間でもさらに詳しい情報が開示されることを期待しているようです。

羂索(けんじゃく)によって仕組まれた、死滅回游に登場したコガネのキャラクター性は、呪術廻戦ファンの間でも話題になっているようです。コガネの魅力にハマったファンも多く、ぬいぐるみが発売されることを期待する声も上がっていました。

死滅回游に登場する式神「コガネ」は取り憑く泳者(プレイヤー)によって、尻尾や目の形、口など容姿に個体差が現れます。ハート型の尻尾や特徴的な目をしたコガネの可愛さにハマってしまう呪術廻戦ファンも多いようです。

【呪術廻戦】佐々木先輩の人物像と登場シーンまとめ!死滅回游で再登場する?

あわせて読みたい

【呪術廻戦】佐々木先輩の人物像と登場シーンまとめ!死滅回游で再登場する?

佐々木先輩は『呪術廻戦』の序盤に登場した女性キャラです。序盤以降出番がなかったものの、人気が高く再登場を期待する声も上がっていました。この記事では佐々木先輩の人物像や『呪術廻戦』での初登場シーン、再登場の有無について解説します。

【呪術廻戦】コガネは死滅回游で登場する泳者に取り憑く式神

呪術廻戦に登場するコガネの正体は、死滅回游を作り出した羂索(けんじゃく)の呪力によって作られた式神でした。死滅回游では、羂索によって術式を与えられた者や結界(コロニー)に侵入した者を泳者(プレイヤー)と呼び、総則(ルール)を元に自分以外の他者を殺すデスゲームを行わなければなりません。コガネは死滅回游の監視役と窓口のような役割とともに、ルール違反をした泳者の術式を剥奪する能力があると考察されます。

蜂のように泳者の周りを飛び回り、特徴的な可愛らしい見た目で、呪術廻戦ファンを魅了するコガネですが、今後術式を剥奪するシーンが描かれたり、破壊されてしまうことはあるのでしょうか。呪術廻戦の今後の展開に期待しましょう。

【呪術廻戦】石流龍の術式や領域展開を紹介!死滅回游に参加した理由も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】石流龍の術式や領域展開を紹介!死滅回游に参加した理由も

呪術廻戦にて死滅回游が開催されるとその参加者には強大な力を秘めた術師が多く登場していますが、その中でも石流龍の術式や姿が描かれるとネット上で大きな話題になりました。本記事では呪術廻戦に出ている石流龍の術式や領域展開、死滅回游の参加理由についてまとめていきます。

しばっち

この記事のライター

しばっち

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

呪術廻戦

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

『呪術廻戦』には既に回収されている伏線、また現在も回収されていない伏線も含めて様々な謎に関係する伏線が存在しています。伏線となる謎は虎杖悠仁という主要キャラクターだけでなく、その他のキャラクター達にも存在します。今回は『呪術廻戦』の伏線について紹介します。

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦の日車寛見の強さや能力、裁判と関係がある術式・領域展開について解説しました。呪術廻戦の死滅回遊編で重要な役割を担う日車寛見はどのような人物なのか、弁護士として担当した事件や、関係するキャラクターについても詳しく書いています。

【呪術廻戦】花御の強さや術式は?死亡理由や逆再生すると分かる言葉も

呪術廻戦

【呪術廻戦】花御の強さや術式は?死亡理由や逆再生すると分かる言葉も

大人気漫画『呪術廻戦』に登場した特級呪霊「花御」。『呪術廻戦』の比較的早い段階から登場した「花御」を記事の主人公として「花御」の強さや術式の種類、そしてアニメ版『呪術廻戦』で明らかになった言葉のギミックや死亡した経緯をなぞっていきましょう!

【呪術廻戦】秤金次の能力や実力を考察!停学の理由や死滅回游での活躍も

呪術廻戦

【呪術廻戦】秤金次の能力や実力を考察!停学の理由や死滅回游での活躍も

呪術廻戦に登場する秤金次の能力や実力は、これまで明かされていなく、謎が多い人物でした。ここでは現段階で明かされている秤金次の能力の詳細や、停学になった理由、死滅回游内での活躍、呪術廻戦ファンによる秤金次の評判や人気も紹介します。

【呪術廻戦】ミミナナ(美々子と菜々子)の人物像まとめ!夏油との関係も

呪術廻戦

【呪術廻戦】ミミナナ(美々子と菜々子)の人物像まとめ!夏油との関係も

『呪術廻戦』には魅力的なキャラクターがたくさんいますが、その中でもJKキャラとして人気を集めているのがミミナナ(美々子と菜々子)。呪術廻戦でのミミナナ(美々子と菜々子)の魅力に迫っていくと共に、能力や過去、夏油との関係も紹介します。

【呪術廻戦】真人の術式はチート級?無為転変の強さや技を一覧で紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】真人の術式はチート級?無為転変の強さや技を一覧で紹介

『呪術廻戦』に登場する、特級呪霊の真人は主人公・虎杖悠仁の宿敵とされています。子供のように無邪気ですが、人間に対しては冷酷無情です。特級を冠する真人の術式はチート級と評されることもあります。術式「無為転変」の強さや真人の技について詳しく紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁のかっこいい魅力はどこ?性格や名言も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁のかっこいい魅力はどこ?性格や名言も紹介

『呪術廻戦』の主人公である虎杖悠仁には、さまざまなかっこいい魅力があります。外見や性格、能力など、虎杖悠仁のかっこいい魅力についてまとめています。また、虎杖悠仁の名言や、アニメで虎杖悠仁を演じた声優の榎木淳弥さんについても紹介します。

【呪術廻戦】禪院家の家系図から関係性まで解説!クズといわれる理由は?

呪術廻戦

【呪術廻戦】禪院家の家系図から関係性まで解説!クズといわれる理由は?

呪術廻戦で登場した禪院家は、内情が明かされていくにしたがい多くの呪術廻戦ファンから「クズすぎる」と言われるようになりました。この記事では、禪院家の家系図や一族の関係や相伝術式の解説、呪術廻戦ファンからクズと言われる理由等を紹介していきます。

【呪術廻戦】東堂葵の強さや人物像を考察!術式や声優についても

呪術廻戦

【呪術廻戦】東堂葵の強さや人物像を考察!術式や声優についても

東堂葵は、『呪術廻戦』に登場する大柄でドレッドヘアがトレードマークの呪術師です。呪術高専の3年生で、自己中心的な言動が目立ちますが、確かな術力を持っています。今回はそんな『呪術廻戦』に登場する東堂葵の術式や強さ、人物像をまとめていきます。

【呪術廻戦】乙骨憂太とリカちゃんとの関係は?祈本里香が怨霊になった理由も

呪術廻戦

【呪術廻戦】乙骨憂太とリカちゃんとの関係は?祈本里香が怨霊になった理由も

「呪術廻戦」の中で4人しか存在していない、特級呪術師である乙骨憂太(おっこつゆうた)と、いつも彼を守るリカちゃんの正体や、二人の関係性について解説します。乙骨憂太と婚約していたという里香が怨霊になってしまった理由と、リカちゃんとの関係についても考察します。

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード