【呪術廻戦】花御の死亡シーンは何巻の何話?逆再生のセリフの意味も

お気に入りに追加

呪術廻戦にて狗巻や伏黒の前に現れ彼らを圧倒した特級呪霊の花御。強力な実力者として恐れられていた呪霊でしたが、物語が進行していくと衝撃的な死亡シーンが描かれ話題になりました。本記事では花御の死亡シーンや逆再生のセリフの意味などについてまとめていきます。

【呪術廻戦】花御の死亡シーンは何巻の何話?逆再生のセリフの意味も

目次

  1. 花御とは?
  2. 花御の死亡シーンや復活の可能性
  3. 花御の活躍や逆再生のセリフの意味
  4. 花御の術式や領域展開
  5. 花御に対する世間での評判や人気
  6. 花御は死亡していた

花御とは?

呪術廻戦には虎杖たちの敵対組織として呪霊や呪詛師が数多く登場しており、花御もその内の1人で幹部のような立ち位置で目立っていました。ここでは花御のプロフィールについてまとめていき、それと同時に『呪術廻戦』の作品概要とあらすじについてもまとめていきます。

花御のプロフィール

  • 等級:特級呪霊
  • 発生源:森
  • 嗜好・興味:美味しい空気
  • 嫌いな物:人間

花御(はなみ)は人が森を畏怖する感情から生まれた特級呪霊です。筋骨隆々な体格に白い肌と黒い紋様、眼球の部分から角のような2本の枝が伸びているのが特徴的で、人類の根絶を目指そうとする過激思考でありながら温厚で物腰柔らかな性格をしています。

呪術廻戦の概要

呪術廻戦は芥見下々によって週刊少年ジャンプに連載されている漫画作品です。呪霊と呪術師の戦いをテーマにしたダークファンタジーが描かれており、呪いをベースに作られた世界観やシナリオ設定、個性的なキャラクターや疾走感ある戦闘描写が評価されています。2022年8月には累計発行部数7000万部を突破しており、アニメ化や舞台化といったメディアミックスも展開されています。

呪術廻戦のあらすじ

高校生の虎杖悠仁はある日学校に現れた呪霊と呪術師を名乗る伏黒の戦いに参戦し、戦いの最中で呪力を封印した特級呪物・宿儺の指を飲み込みます。強力な呪力を手に入れて覚醒した虎杖でしたが、同時に呪いの王と恐れられている両面宿儺の器にもなってしまうと、呪術界から秘匿死刑を言い渡されてしまいます。そこに五条の提案によって猶予期間を設けてもらえると、虎杖は人として正しい死を選ぶために呪術師として生きていくことを決めるのでした。

【呪術廻戦】狗巻棘の死亡説の真相は?片腕が無くなっている理由も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】狗巻棘の死亡説の真相は?片腕が無くなっている理由も

『呪術廻戦』には虎杖悠仁の仲間として狗巻棘という人物が登場します。狗巻棘は呪術高専東京校のメンバーと良好な関係を持つ人物ですが、物語の途中で腕が切断されたりと様々な理由から死亡説が考察されています。今回は狗巻棘が腕を失った理由や死亡説について紹介をします。

花御の死亡シーンや復活の可能性

ここからは花御の死亡シーンや復活の可能性についてまとめていきます。姉妹校交流会では狗巻や伏黒、禪院真希といった呪術高専の呪術師を圧倒し貫禄のある強さを誇っていた花御でしたが、物語が進んでいくと花御の死亡シーンが描かれてしまいました。

花御の死亡シーンは何巻何話?

死亡シーンが描かれたのは呪術廻戦10巻第85話です。渋谷事変の作戦中に五条と交戦を繰り広げていた花御は、漏瑚と脹相の3人で戦っていたにもかかわらず、六眼を解禁した五条に圧倒されてしまい最終的に『無下限呪術』で圧死させられました。

花御の死亡シーンや経緯

花御の死亡シーンが描かれたのは渋谷事変でのことです。渋谷事変では呪霊、呪術師関係なく死者が多く出ており互いに命を削り合う死闘があちこちで展開されたことで話題になっています。ここでは花御が実際にどのような経緯を持って死亡してしまったのか詳しく解説していきます。

ネタバレ①五条悟との戦い

渋谷事変が起こると漏瑚は最も注意すべき存在である五条を封印しようと画策し、花御と脹相と共に五条と対峙しました。領域展延をすれば五条に攻撃を当てられるようになり、ヒット&アウェイを繰り返せばいずれ倒せると考えていた漏瑚でしたが、追い詰められた五条は六眼を解禁するのでした。

ネタバレ②五条の術式に負けた花御

本気を出した五条の強さは漏瑚の予想をはるかに超えていました。五条が花御に狙いを定めると花御の領域展延を引き剥がし、弱点である両目の枝を引き抜いてダメージを与えます。更に無下限呪術を発動して花御を追い詰めると、漏瑚が一般人を人質に取ったにもかかわらず五条は花御を押しつぶしました。

ネタバレ③「花御の死を無駄にするな」と言う漏瑚

花御が死亡した後も漏瑚は五条と戦い続けました。その横で脹相が非協力的な態度をとっていると漏瑚は「花御の死を無駄にするな」と一喝し協力しなければ脹相から殺すと脅しました。このセリフから花御の死亡は確定と言えるでしょう。

花御の復活の可能性

花御が死亡したのはほぼ確実と言えます。ですが、花御は人間ではなく呪霊で、元々人が森を畏怖する感情から生まれたとされていたので復活して再び登場する可能性はあるかもしれません。また、呪術高専から花御は精霊に近い呪霊と分析されており、精霊の設定次第では蘇生する方法があるのかもしれません。

【呪術廻戦】歌姫と五条の関係性について考察!嫌いになった過去とは?

あわせて読みたい

【呪術廻戦】歌姫と五条の関係性について考察!嫌いになった過去とは?

呪術廻戦の庵歌姫と五条悟の関係が気になると話題になっています。歌姫と五条は呪術高専の京都校と東京校の教師ですが、実は過去から関係があるようです。この記事では、呪術廻戦の歌姫と五条がどんな関係なのか、歌姫は五条が好きなのか嫌いなのかを考察しました。

花御の活躍や逆再生のセリフの意味

ここからは花御の活躍や逆再生のセリフの意味についてまとめていきます。漫画原作での花御はセリフを喋る際に『記号文字』で独特の言語を話している表現がされており、それがアニメ版に変わると何かしらの音声を逆再生したもので表現されていました。ここでは花御の活躍シーンと逆再生のセリフの意味について詳しく解説していきます。

花御の活躍や登場シーン

花御が初めて登場したのは漏瑚が五条相手に敗北した時でした。花御は夏油と共に2人の戦いを密かに監視しており、漏瑚敗北後、彼を見捨てるようにその場から立ち去っていく夏油に対して花御は何らかのセリフを残していました。

ネタバレ①漏瑚を助ける

五条の領域展開に敗れ、首だけの状態になってしまった漏瑚。そこに鮮やかな花畑がいきなり咲き誇ると、その美しさについ魅了してしまった五条は一瞬気を緩めます。その花畑が花御の仕業であると、花御は五条が動けない間に漏瑚の首を回収し撤退するのでした。

ネタバレ②交流会に乱入し戦う

再び登場を果たしたのは姉妹校交流会の時です。東京校と京都校の戦いの中に花御は堂々と現れると、狗巻や伏黒、加茂や禪院真希を相手にしばらく戦い続けます。複数人が相手であるにもかかわらず、花御は次々と彼らを追い詰めていき特級呪霊としての核の違いを見せつけていきます。

ネタバレ③虎杖と東堂と戦う

呪術高専メンバーがピンチに陥ると、そこに虎杖と東堂が現れ選手交代となります。虎杖は東堂によって黒閃を会得していると、黒閃を決めて花御を確実に追い詰めていきます。更に東堂の術式『不義遊戯』が発動されると花御はそれに翻弄され次々とダメージを受けていきました。戦闘もいよいよ佳境に差し掛かったと思われましたが、それと同時に帳が解除されてしまうと花御は五条がやって来る前に撤退し命からがら逃げ伸びました。

花御のセリフは逆再生?

花御の解読不能なセリフはアニメのセリフを逆再生すると意味が分かるようになっています。漏瑚を助ける前に夏油と会話したシーンでは「私たちこそ人間ですから」と話しており、漏瑚を助けた後のセリフは「さすが呪いの王ですね」と聴き取れます。理解不能なセリフでもしっかり意味を持っていました。

【呪術廻戦】壊相の強さや術式まとめ!兄弟や死亡理由も紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】壊相の強さや術式まとめ!兄弟や死亡理由も紹介

呪術廻戦にて呪胎九相図の次男として登場した壊相は、作中における敵組織に属していたキャラクターでしたが、3兄弟との関係性が描かれると一躍人気キャラクターになりました。本記事では呪術廻戦に出てくる壊相の強さや術式、兄弟や死亡理由についてまとめていきます。

花御の術式や領域展開

ここからは花御の術式や領域展開についてまとめていきます。結果的に五条に敗れて死亡してしまった花御でしたが、その強さは特級呪霊に相応しいもので宿儺に認められた漏瑚とほぼ同等な強さをしていると言えます。

花御の術式

花御は術式によって植物を操ることができます。周囲にある植物に呪力を流して操ったり、自身の呪力を樹木に具現化させたりと自由に使い分けることができ、作中では辺り一面を覆い尽くすほどの巨大な木を一瞬で出現させ、敵が近づいてきた時に一瞬で消して足場を失くすという使い方をしていました。

花御の領域展開

作中で使用している描写は描かれていませんが、花御は領域展開を発動できます。公式ファンブックより名称も明かされており『朶頤光海(だいこうかい)』だと判明しました。作中では虎杖・東堂戦にて追い詰められた際、奥の手として領域展開を発動しようとしていました。

花御の耐久力

作者の芥見先生曰く、花御の耐久力は特級呪霊の中でもトップクラスだったそうです。実際、虎杖・東堂戦で花御は黒閃5発と東堂の繰り出した特級呪具・游雲をまともに食らっていたにもかかわらず最後まで倒れることがありませんでした。花御が受けたこれらのダメージは、漏瑚や他の特級呪霊であればとっくに倒れていたと明言されています。

花御の技

技名

効果

木の鞠

鞠状の木を生成する

花畑

周囲に花畑を展開し相手の戦意を削ぐ

呪いの種子

呪力を餌に成長する種子を敵に撃ち込む

供花

周囲の植物の生命を吸い取り呪力へと変換する

花御が使用する技は植物に関連するものが多いです。具体的な技名と効果は上記の通りですが、花畑は現代最強呪術師の五条相手にも通用した実績があります。また、供花は虎杖・東堂と対峙するまで隠し続けてきたもので、本人曰く「できることなら使いたくない」と語っています。

【呪術廻戦】孔時雨の正体を考察!呪詛師に協力しているのは本当?

あわせて読みたい

【呪術廻戦】孔時雨の正体を考察!呪詛師に協力しているのは本当?

『呪術廻戦』には様々な特徴を持ったキャラがたくさんいますが、その中で紹介するキャラは「孔時雨」です。今回の記事では孔時雨の正体や過去だけでなく、『呪術廻戦』に登場する呪詛師である夏油傑に協力している可能性はあるのかについてもまとめていきます。

花御に対する世間での評判や人気

花御は五条との戦いによって死亡してしまったわけですが、花御の死亡シーンが描かれた時呪術廻戦ファンはどのような感想を残したのでしょう?ここでは花御に対する世間での評判や人気について探るため、実際のコメントを参照しながらまとめていきます。

多くの読者は渋谷事変で花御が死亡するとは予想できず、死亡シーンが描かれた時に驚きが隠せなかったようです。花御は目立った活躍を本編中に残せていなかったり、領域展開もまだ発動していなかったことから死亡しないと思われていましたが、まさかの呆気ない敗北に読者は愕然とするしかなかったようです。

花御の死亡シーンによって五条の強さが更にランクアップしていました。五条の強さは宿儺戦や漏瑚戦で描かれていたため読者にとっても最強の呪術師と認識されていましたが、複数の特級呪霊相手に花御を撃破したことで五条の強さが改めて評価されたようです。

花御に関する考察を調べてみると精霊に近い呪霊の花御は別個体として復活するのではと予想されていました。呪術廻戦の世界における精霊の定義がまだ明確に明かされておらず、その上花御には領域展開の名称が決まっていながら発動できなかったこともあり、復活を望む声が多くありました。

【呪術廻戦】伏魔御厨子は宿儺の領域展開!言葉の意味や能力は?

あわせて読みたい

【呪術廻戦】伏魔御厨子は宿儺の領域展開!言葉の意味や能力は?

呪術廻戦の主人公・虎杖悠仁の身体の中で生きている特級呪物・宿儺(スクナ)は、「伏魔御厨子」と呼ばれる領域展開をすることで、空間内で術式を発動します。伏魔御厨子という名前の意味や、宿儺の能力、呪術廻戦作中で披露した術式について解説します。

花御は死亡していた

特級呪霊として圧倒的な耐久力を誇りファンからの人気もあった花御でしたが、五条の術式がそれをはるかに上回っていたため花御は死亡してしまいました。今後の呪術廻戦で花御の活躍シーンを望むことは難しいですが、花御の死亡によって呪詛師側がどのような動きを見せていくのかに注目していくと面白いでしょう。

【呪術廻戦】禪院真希は死亡したのか考察!シーンやその後についても

あわせて読みたい

【呪術廻戦】禪院真希は死亡したのか考察!シーンやその後についても

呪術廻戦の東京校2年生である禪院真希は禪院家との因縁のために強くなった呪術師として知られていますが、渋谷事変が発生するとそこで死亡したのではと話題になっています。本記事では呪術廻戦に出てくる禪院真希の死亡疑惑についてまとめていきます。

【呪術廻戦】花御の死亡理由を考察!最後のシーンは何巻?再登場の可能性は?
zeile

この記事のライター

zeile

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】夏油傑はなぜクズと言われている?闇落ちの理由も調査

呪術廻戦

【呪術廻戦】夏油傑はなぜクズと言われている?闇落ちの理由も調査

本記事では『呪術廻戦』でかつて五条悟の親友だった夏油傑がクズ・嫌い・かわいそうと言われる理由を徹底考察します。そして、夏油傑がクズに成り下がり、闇落ちしてしまった理由や五条悟との関係性も詳しく解説します。さらに夏油傑に対する世間からの評判もまとめています。

【呪術廻戦】五条悟の封印が解けた?復活した理由やシーンを紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟の封印が解けた?復活した理由やシーンを紹介

『呪術廻戦』の最強呪術師・五条悟は封印されていましたが、復活しました。夏油の体を乗っ取っている羂索によって、19日ほど封印されていたのです。封印は呪術高専の生徒たちの活躍により解かれました。本記事では、五条悟の封印が解けた理由やシーンを紹介します。

【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリート!特徴や呪術師を徹底紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】御三家は呪術界を牽引するエリート!特徴や呪術師を徹底紹介

『呪術廻戦』に登場する御三家・五条家、禪院家、加茂家について紹介します。各家の当主や特徴、主な呪術師などを紹介し、今後の『呪術廻戦』をより深く読み進めていけるよう詳しく解説します。更に、御三家についてのXでの評判も紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁のおじいちゃんの正体とは?両親の秘密や遺言も

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁のおじいちゃんの正体とは?両親の秘密や遺言も

本記事では『呪術廻戦』に登場する主人公・虎杖悠仁のおじいちゃんの正体や、虎杖悠仁の両親の秘密や家族構成、おじいちゃんの遺言をまとめて紹介します。また虎杖悠仁のおじいちゃんの声を担当している声優や、おじいちゃんに対してのファンからの評価も合わせて紹介します。

【呪術廻戦】胎蔵遍野(たいぞうへんや)の強さは?効果や羂索の術式も紹介

呪術廻戦

【呪術廻戦】胎蔵遍野(たいぞうへんや)の強さは?効果や羂索の術式も紹介

本記事では『呪術廻戦』に登場する羂索の領域展開・胎蔵遍野(たいぞうへんや)についてまとめていきます。『呪術廻戦』の九十九戦にて初めて描かれたたいぞうへんやの強さや効果はもちろん、羂索の術式や過去などについても解説していきます。

【呪術廻戦】九十九由基の死亡は確定したのか調査!生きている説の真相とは?

呪術廻戦

【呪術廻戦】九十九由基の死亡は確定したのか調査!生きている説の真相とは?

『呪術廻戦』に登場する九十九由基は死亡しました。しかし、本当に死亡したのか、疑念の声も上がっています。そこで、本記事では、九十九由基の死亡は確定したのかどうか徹底的に調査しました。また、生きている説の真相にも切り込んでいるので、参考にして下さい。

【呪術廻戦】天逆鉾(あまのさかほこ)は現在どこにある?能力や効果も調査

呪術廻戦

【呪術廻戦】天逆鉾(あまのさかほこ)は現在どこにある?能力や効果も調査

本記事では『呪術廻戦』に登場する呪具・天逆鉾(あまのさかほこ)についてまとめていきます。呪術廻戦においてあまのさかほこが現在どこにあるのかを始め、能力や効果、今後の展開でどのように利用されるのかなどについて解説していきます。

【呪術廻戦】メカ丸と三輪霞の関係性は?二人の最後の結末が泣ける?

呪術廻戦

【呪術廻戦】メカ丸と三輪霞の関係性は?二人の最後の結末が泣ける?

メカ丸と三輪霞はどのような関係性なのか解説していきます。泣けるという感想が多い、二人の最後となる結末や与幸吉の想いについても見ていきましょう。恋愛要素の少ない呪術廻戦でのメカ丸と三輪霞の恋愛模様にぜひ注目してみてください。

【呪術廻戦】五条悟が封印されるまでの経緯は?復活する時期を徹底考察

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟が封印されるまでの経緯は?復活する時期を徹底考察

五条悟が封印されるまでの経緯について解説しています。また封印を解除する方法、復活した時期、宿儺との戦いについてもまとめています。さらに五条悟は死亡したのか、生き返る方法、五条悟の封印についての意見をインターネットから集めて紹介しています。

【呪術廻戦】虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールまとめ!声優は誰?

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールまとめ!声優は誰?

『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁の身長や体重を含めたプロフィールについてまとめました。新米呪術師の虎杖悠仁は体型や身体能力に恵まれた青年として登場しています。本記事では、そんな虎杖悠仁の身長などのプロフィールや強さ、さらに作中で発した名言について紹介します。

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード