【黒子のバスケ】花宮真まとめ!悪魔主将の強さは?声優や人気なども調査!

お気に入りに追加

『黒子のバスケ』には花宮真というキャラクターが登場します。花宮真は霧崎第一高校バスケ部の主将です。霧崎第一高校との試合で誠凛高校は花宮真のプレーに苦戦しました。この記事では花宮真の能力や技、またアニメの声優や舞台の俳優などを紹介します。

【黒子のバスケ】花宮真まとめ!悪魔主将の強さは?声優や人気なども調査!

目次

  1. 花宮真とは
  2. 花宮真と登場キャラの関係
  3. 花宮真のバスケのポジションや実力
  4. 花宮真と今吉翔一の今花エピソードとは
  5. 花宮真の人物像
  6. 花宮真の声優は?舞台版の俳優も
  7. 花宮真の世間での評判や人気
  8. もしも花宮真が◯◯だったら
  9. 花宮真は霧崎第一高校バスケ部の悪童

花宮真とは

花宮真とは『黒子のバスケ』というスポーツ漫画に登場するキャラクターです。『黒子のバスケ』は高校のバスケットボール部を舞台にした漫画で、花宮真はウインターカップで誠凛高校と試合をした時に登場しました。ここでは花宮真とはどのような人物なのか詳しく紹介します。

花宮真のプロフィール

『黒子のバスケ』に登場する花宮真とは霧崎第一高校の2年生です。バスケットボール部に所属しており、ポジションはポイントガードです。1月12日生まれで身長は179cm、体重は67kgです。他のポイントガードのキャラと比べると身長は高めです。

眉が特徴的な霧崎第一高校バスケ部の主将

花宮真は紫がかった黒髪と麻呂眉が特徴的な霧崎第一高校のバスケ部の主将です。また主将だけでなく監督も兼任しています。霧崎第一高校は強豪校なので監督がいないわけではありません。実際に花宮真が1年生の時は監督がいました。

しかし花宮真はなんらかの方法で監督を追い出し、それ以降は霧崎第一高校の監督と主将を兼任するようになりました。その後ラフプレーを得意とする高校として霧崎第一高校は恐れられるようになりました。ラフプレーは主将の花宮真の命令ですが、チームのメンバーは嫌がってやっているわけではありません。

花宮真と登場キャラの関係

花宮真は『黒子のバスケ』では霧崎第一高校の主将として登場し、主にウインターカップでの試合や解説役で登場します。しかし霧崎第一高校だけでなく他校のキャラとも関わりがあります。ここでは花宮真とその他の登場キャラとの関係について紹介します。

今吉翔一との関係

今吉翔一と花宮真は先輩と後輩の関係です。実は二人共同じ中学校のバスケ部でした。花宮真は今吉翔一の腹黒さを苦手としていますが、今吉翔一は今でも花宮真に構うことがあるようです。本編では二人の関係についてほとんど描かれていないものの、試合では観戦しながら互いのことを分析するシーンがあります。

今吉翔一とは

『黒子のバスケ』に登場する今吉翔一とは桐皇学園の3年生です。身長は180cm、体重は71kgでポジションはポイントガードです。バスケ部では主将を務めています。目つきは悪いものの人当たり良く関西弁を喋るのですが、腹の中で何を考えているのか分からないタイプです。

青峰大輝を桐皇学園に直接スカウトしており、反抗的な青峰大輝でも今吉翔一には従順なところがあります。ちなみに今吉翔一が注目している選手は花宮真です。ちなみに花宮真から「妖怪」と称されたことでファンからは「妖怪サトリ」呼ばわりされるようになりました。

今吉翔一とのエピソード

『黒子のバスケ』の本編で直接的な関わりはほとんどない今吉翔一と花宮真ですが、互いの試合を観戦して解説するシーンがあります。霧崎第一高校が出場した試合では今吉翔一が花宮真のことを「天才」と語り、どれだけ頭が良いのかを解説しました。

一方で桐皇学園が出場した試合では花宮真が今吉翔一のプレーを見て「腹の探り合いが得意」と語りました。それに加えて「人の嫌がることをさせたら随一」「妖怪」と不穏な発言が続きます。ゲスと称される花宮真にここまでいわれるので、今吉翔一も相当性格が悪いことが分かります。

ちなみにNG集では「妖怪」と発言をした花宮真に対して、今吉翔一がコートから「聞ーこーえーたーでーはーなーみーやー」と言うシーンがあります。この時花宮真は3階の観客席に居たので、普通であれば花宮真が喋っている言葉が聞こえるはずがありません。まさに「妖怪」のような聴力を持つ今吉翔一に、花宮真はびっくりして叫びました。

その他にもアニメの予告では、花宮真が今吉翔一のことを「悪人面」と言うシーンがあります。その時も聞こえていたのか今吉翔一は何も言わず遠くからじっと花宮真を見つめました。見られていることに気づいた花宮真は恐ろしさに震え上がります。誠凛高校との試合では弱みを見せない花宮真でしたが、今吉翔一は唯一恐れる存在のようです。

瀬戸健太郎との関係

瀬戸健太郎と花宮真は同じチームのレギュラーです。主に花宮真のスティールをサポートする役割がありますが、他のメンバーと同様にラフプレーもします。

瀬戸健太郎とは

『黒子のバスケ』に登場する瀬戸健太郎とは、霧崎第一高校の2年生です。身長190cmで体重76kg、ポジションはセンターです。たくさん寝るタイプなのか、誠凛高校との試合では出場するまでアイマスクをして寝ていました。IQ160の頭脳を持っていますが、おでこを出さないと頭が回らないため試合中はオールバックで出場しています。

瀬戸健太郎とのエピソード

瀬戸健太郎は花宮真がスティールを行うにあたって欠かせない人物です。花宮真は頭が良いのでその思考回路についていける人物が瀬戸健太郎しかいないのです。瀬戸健太郎が花宮真の読みにあわせてパスコースを減らすことで、成功率100%のスティールを行うことができます。

ちなみに回想では瀬戸健太郎は花宮真に勝てる気がしないと語るシーンがあります。つまり花宮真はそれ以上のIQを持っているということなのです。誠凛高校との試合後はよく花宮真と共に観戦している姿が描かれています。

木吉鉄平との関係

木吉鉄平と花宮真は同じ「無冠の五将」です。しかし二人はそれだけの関係ではありません。1年生の時に木吉鉄平の足が負傷するきっかけを作ったのが花宮真だったのです。

木吉鉄平とは

『黒子のバスケ』に登場する木吉鉄平とは誠凛高校の2年生です。身長は193cm、体重は81kgでポジションはセンターです。誠凛高校でバスケ部を創立した人物でもあり、足を負傷するまではエースでもありました。ウインターカップ後はアメリカで手術を受けることになります。中学時代は「無冠の五将」の「鉄心」として注目されていました。

木吉鉄平とのエピソード

木吉鉄平と花宮真はある因縁があります。1年生の時のインターハイでは誠凛高校と霧崎第一高校の試合が行われました。花宮真が当時主将だったのかは分かりませんが、この時すでに選手たちにラフプレーをさせていました。花宮真は出場するとすぐに木吉鉄平の足を狙いました。その理由は木吉鉄平の足の不調にいち早く気づいたからです。

このことからエースの木吉鉄平を一番潰しやすいと思ったのか、花宮真は指を鳴らして合図を送ります。その瞬間、木吉鉄平は足を負傷して倒れてしまいました。審判は事故として処理しましたが、日向順平は明らかにリバウンドのタイミングがおかしかったと抗議します。しかし花宮真は謝ることすらしませんでした。

このような因縁があることから、2年生になってウインターカップで再び対戦することになった木吉鉄平は、みんなを守ることを決意します。そして仲間をラフプレーからかばったことで満身創痍となり、試合に出られなくなってしまいました。結局霧崎第一高校は負けてしまいますが、花宮真は最後まで心を改めることはありませんでした。

花宮真のバスケのポジションや実力

『黒子のバスケ』に登場する花宮真はラフプレーを得意とする選手ではありますが、実はとても実力の高い選手です。ここでは花宮真のバスケのポジションや実力などを紹介します。

ポジションは「ポイントガード」

花宮真のポジションはポイントガード(PG)です。『黒子のバスケ』では誠凛高校の伊月俊や洛山高校の赤司征十郎が同じポジションです。『黒子のバスケ』のファンからは「PG組」とひとくくりにされることもあります。

ポイントガードとは

ポイントガードとはコートの中央あたりのポジションで、チームの司令塔の役割を担っています。ポジションの番号は1番です。激しい体のぶつかり合いなどがないため高身長やしっかりとした体格は求められず、低身長の選手でも務まります。実際に『黒子のバスケ』に登場するポイントガードの平均身長は177.5cmと低めです。

その代わりにチームの参謀としての高い知能判断力スピードドリブルテクニックなどが必要とされます。そのため、チームの中で最も起用な者がポイントガードを務めることが多くあります。

花宮真のバスケの技や実力

『黒子のバスケ』で花宮真が登場したのは、過去編とウインターカップでの誠凛高校との試合でした。花宮真は霧崎第一高校の主将なだけあり、その実力は高く誠凛高校も苦戦します。ここではそんな花宮真のプレースタイルと異名についてまとめています。

プレースタイルはラフプレー

花宮真の基本的なプレースタイルはラフプレーです。ラフプレーとは違反行為となる乱暴なプレーのことです。違反行為なので審判に見つかればすぐに止められます。しかし花宮真は霧崎第一高校のメンバー全員で協力してラフプレーをする姿を審判に見られないように仲間が死角を作ります。

またわざとではなく事故に見せかけたラフプレーも得意です。花宮真本人が手を下すことはほとんどなく、主に古橋康次郎や原一哉が実行します。ラフプレーは違反行為なので監督がいれば止めるはずですが、霧崎第一高校の主将と監督を兼任しているのは花宮真です。そのため止める人が居ない状況なのです。

それに加え、福田総合学園のようにレギュラーメンバーがいやいやながら従っているわけではありません。古橋康次郎にいたっては流血させても平然としています。ただこのラフプレーは試合の作戦の一つです。そもそも花宮真は相手の行動を読んでスティールを行うことを得意としています。スティールとはオフェンスのボールを奪うことです。

試合の序盤ではラフプレーをすることでわざと相手を怒らせます。こうして精神的に追い詰めることで無意識に攻撃を単調化させて読みやすくします。つまりラフプレーは相手の攻撃を読みやすくしてスティールを成功させるための一つの手段なのです。この作戦は仲間の間で「蜘蛛の巣」と呼ばれており、100%のスティールが可能になります。

悪童の異名を持つ無冠の五将の1人

花宮真は『黒子のバスケ』の「無冠の五将」と呼ばれるメンバーのうちの一人です。「無冠の五将」とは、バスケの才能があるにも関わらず「キセキの世代」の登場で活躍できなかった選手達のことです。

しかし「キセキの世代」と渡り合えるほどの強さがあります。そのため「無冠の五将」の「悪童」と呼ばれる花宮真は、そもそもラフプレーなしでもバスケのセンスがある人物なのです。実際に誠凛高校との試合ではポイントガードでありながらも、3Pシュートやティアドロップを決めるシーンがあります。

さらに花宮真の恐れられているところはその頭の良さです。IQ160の瀬戸健太郎よりも頭が切れるといわれており、一度経験した試合は完璧にトレースできます。

花宮真と今吉翔一の今花エピソードとは

今吉翔一と花宮真が同じ中学出身であるということが『黒子のバスケ』で判明してから、今吉翔一と花宮真の「今花」のカップリングが人気になりました。『黒子のバスケ』の本編では二人が関わっているシーンはほとんどありませんが、小説などで二人の中学生時代が描かれ、ファンの間では話題になりました。

今花エピソード①天才

今吉翔一と花宮真に接点があることが分かったのは、ウインターカップの誠凛高校と霧崎第一高校の試合中です。試合を観戦していた今吉翔一の口から、実は中学校が同じで花宮真が天才的な頭脳を持っていることを明かしました。

アニメではこの時、中学生時代の花宮真と今吉翔一が机で作戦を考えているようなシーンが描かれました。この時は同じチームだったからか、花宮真は現在のようにあからさまに今吉翔一を避けていなかったようです。

今花エピソード②小説で描かれた中学生時代

黒子のバスケ -Replace Ⅴ- ふぞろいのエースたち」という小説では花宮真と今吉翔一の中学時代のエピソードが書かれています。花宮真は中学生の頃から猫をかぶっていましたが、今吉翔一からはすぐにその性格の悪さを見抜かれてしまいます。そして花宮真はある時、気に入らないコーチの息子を故意に怪我させました。

今吉翔一もまたコーチとその息子を煩わしく思っており、この負傷をきっかけにコーチと息子、そして面倒なメンバーを追い出しました。そして新しくコーチが入ってくるのですが、このコーチは形だけでほとんど実権を持ちませんでした。そこを狙った今吉翔一は中学2年生で主将になり、実質コーチの役割を務め、そして花宮真をレギュラーに昇格させました。

花宮真は中学生になってすぐにはレギュラーにはなりませんでした。しかし今吉翔一が主将になったのをきっかけにレギュラー入りすることができたのです。ちなみに今吉翔一は、コーチの息子を負傷させたのが花宮真だということを知った上でレギュラーにしています。このように小説では性格の悪い今花らしいエピソードが書かれています。

今花エピソード③プライベートでの関係

『黒子のバスケ』の本編ではほとんど関わり合うことがない今吉翔一と花宮真ですが、アニメのエンドカードでは私服姿の二人が描かれました。奥に今吉翔一がおり、手前の花宮真が焦りながらカメラマンを蹴り飛ばしているような構図です。

花宮真は今吉翔一に苦手意識を持っているようですが、今でもプライベートで交流があると思わせるようなエンドカードでした。このエンドカードを元に今花が好きな方は様々な二次創作をしているようです。またこの時の花宮真の表情が焦っているように見えることから「ゲスデレ」といわれるようになりました。

今花エピソード④バスケ対戦は拒否?

花宮真は今吉翔一に対して苦手意識を持っています。その理由は腹の探り合いに関しては今吉翔一の方が一枚上手だからです。花宮真は純粋な頭の良さを武器にしますが、今吉翔一の場合は相手の表情や仕草から行動を読み取るタイプです。

そのため『黒子のバスケ』の桐皇学園の試合を観戦していた花宮真が、ポーカーなどでは今吉翔一と戦いたくないとはっきり言うシーンがあります。また花宮真は秀徳高校との試合で2軍を出すなど、負けると分かっている試合には出場しません。そのことから今吉翔一を苦手とする花宮真は桐皇学園との試合も拒否する可能性があります。

今花エピソード⑤オンラインゲームでミストVSラッキーナウ

『黒子のバスケ』のアニメ2期のDVD4巻に特典でついてくるドラマCDでは、花宮真と今吉翔一のやりとりがありました。ドラマCDは花宮真がオンラインゲームにログインした場面から始まります。花宮真は「ミスト」という名前で脱出ゲームに参加していましたが、そこには偶然にも今吉翔一・相田リコ・宮地清志が揃ってしまいます。

もちろんみんなハンドルネームを使っているので、互いに顔見知りであることは分からないままストリーは進んでいきます。今吉翔一のハンドルネームは「ラッキーナウ」で、「ミスト」と共に行動することになりました。ちなみに「ミスト」は猫かぶりキャラで、「ラッキーナウ」は標準語を喋るキャラです。

うざ絡みをしてくる「ラッキーナウ」に対して、猫をかぶりながらも操作している花宮真は画面の前でキレていました。対して「ラッキーナウ」こと今吉翔一は「ミスト」の正体が花宮真であることに気づき、スポーツをしているのかと鎌をかけてきました。「陸上とかやっているか」という質問に面倒だと感じた「ミスト」は適当に返事をしました。

そんな「ミスト」に対して「球技ではないのか」と明らかに気づいているような発言もしますが、それでも花宮真は気づきません。そしてゲームの終盤、ある罠にハマってしまい「ミスト」だけが逃げようとします。そんな「ミスト」を「ラッキーナウ」は引っ張り込んで罠に巻き込みました。

これが原因で「ミスト」は「ラッキーナウ」共々負けてしまいました。ちなみに罠にかかった時、「ラッキーナウ」は素で「勝ち逃げは許さへんで」と関西弁で喋っていますが、結局花宮真は最後まで「ラッキーナウ」の正体に気づきませんでした。ゲーム終了後、「ラッキーナウ」から友達申請が来ているのを見た花宮真が怒って終わります。

花宮真の人物像

花宮真は『黒子のバスケ』の誠凛高校との試合でラフプレーをしたことで読者からも怒りを買いました。とはいえ主将と監督を務めるほどの人物でもあります。そんな花宮真がどのような人物なのか、ここでは詳しく解説していきます。

悪童キャラでも本当はバスケ愛が凄い説

花宮真は「悪童」といわれるほどたちの悪い選手です。『黒子のバスケ』の小説では中学生の頃からそのような性格をしていたことが分かります。ただここまでの性格になったのはバスケ愛があるからではないかといわれています。

灰崎祥吾のように暇つぶしというわけではなく、ラフプレーをするのにも勝つためという目的がありました。歪んだ形ではあるものの高校生になってもバスケを続けていることから、バスケ愛はあるのではないかといわれています。

花宮真の趣味と特技

花宮真の趣味は読書で特技はダーツです。花宮真はとても頭が良いので趣味が読書というところは想像がつきます。「セガコラボカフェ池袋GIGO」では読書をする花宮真の描き下ろしイラストが描かれました。花宮真がハンギングチェアに座って優雅に本を読んでいるイラストで、そのイラストにマッチしたカフェメニューが企画されています。

このように、読書に関してはイベントなどの描き下ろしイラストになることがあるのですが、ダーツをしている様子はほとんど描かれていません。ただ二次創作としてダーツをモチーフにした花宮真のグッズを制作しているファンがいました。

好物は「カカオ100%のチョコ」

花宮真の好物はカカオ100%のチョコです。『黒子のバスケ』の本編ではチョコを食べているシーンはありませんが、ファンの間では花宮真の誕生日にチョコを用意されていました。ただカカオ100%のチョコを入手するのは難しく、何店舗も探し回っている方もいました。

花宮真はおバカな女性が好み?

花宮真の好みの女性は頭の悪い女です。ファンの中には、花宮真は頭が良いから同レベルの女性が好みだと思っていたと驚いている方もいました。なぜ頭の悪い女が好きなのかファンの間で考察されていますが、花宮真の性格から自分の思い通りに動く女が好きなのではないかといわれています。

頭の良い女性だと自分の行動を勘ぐられたり、予想外の行動をする可能性があります。しかし頭の悪い女であれば余計な詮索をしないので、操ることは容易いのです。なぜ花宮真がそこにこだわるのかというと、頭が良いので自分の思い通りにならないと気が済まない性格をしてるからです。

実際に『黒子のバスケ』では試合の展開が自分の思うようにいかないことに苛立っているシーンがありました。このことから自分の思い通りに動く頭が悪い女が好みなのではないかと考察されています。ちなみファンの間では花宮真以上に頭の良い女性はなかなかいないといわれています。ただ今吉翔一のような腹黒いタイプは苦手かもしれません。

花宮真の声優は?舞台版の俳優も

『黒子のバスケ』のアニメは3シーズン放送されました。花宮真は『黒子のバスケ』の第2期から登場しました。また『黒子のバスケ』は舞台化もされています。ここでは花宮真役を演じた声優や舞台俳優について紹介します。

花宮真の声優は福山潤

『黒子のバスケ』で花宮真役を演じた声優は福山潤です。声優の福山潤は2013年から2015年までの2シリーズに出演しました。また『黒子のバスケ』の映画やキャラソン、ゲームなどにも花宮真役の声優として出演しています。

福山潤のプロフィール

花宮真役の福山潤は1978年11月26日生まれの男性声優です。BLACK SHIPという声優事務所のCEOでもあります。1997年に声優としてデビューし、2006年には「アニカン大賞」男性声優賞などを受賞しました。その後も「東京国際アニメフェア」や「声優アワード」などで多くの賞を受賞する実力派声優です。

福山潤の主な出演作品

声優の福山潤の主な出演作品には、『コードギアス 反逆のルルーシュ』のルルーシュ役、『武装錬金』の武藤カズキ役、『デュラララ!!』の岸谷新羅役、『青の祓魔師』の奥村雪男役、『暗殺教室』の殺せんせー役、『鬼滅の刃』の矢琶羽役、『半妖の夜叉姫』の理玖役、『マクロスF』のルカ・アンジェロー二役などがあります。

福山潤と担当キャラ「花宮真」の性格を比較

声優の福山潤が演じているキャラクターの中でも『黒子のバスケ』の花宮真は人気です。ただ福山潤は花宮真の性格とは全く違い、真面目で優しいと他の声優から評判です。男前な性格をしていることでも知られていることから、花宮真のゲスな性格とは正反対である事がわかります。

舞台版の俳優は太田基裕

『黒子のバスケ』の舞台で花宮真役を演じたのは太田基裕です。太田基裕は花宮真が登場する第2弾公演の舞台「黒子のバスケ OVER-DRIVE」に出演しています。ここでは舞台俳優の太田基裕について紹介します。

太田基裕とは

舞台で花宮真役を演じた太田基裕は1987年1月19日生まれの俳優です。2.5次元俳優として知られており、『テニスの王子様』の舞台で俳優デビューしました。それから『弱虫ペダル』や『刀剣乱舞』、『うたの☆プリンスさまっ♪』など多くの人気アニメの舞台に出演しています。

太田基裕の役や演技の評判

舞台を実際に観た方の感想では、太田基裕が清々しく悪役を演じきっていたと好評でした。花宮真は悪役なのに太田基裕は豪華すぎるという声もあるほどの人気舞台俳優です。感想の中には太田基裕で良かったという声もたくさんありました。

花宮真の世間での評判や人気

『黒子のバスケ』の花宮真はその性格から「ゲス」と呼ばれる事が多いのですが、時折見せる本気の表情や試合に負けた時の表情が好きという方がたくさんいました。また性格は許せないけど特徴的な麻呂眉や顔は好みという方もいました。

『黒子のバスケ』のキャラクターの中でも一番ゲスな花宮真は、意外にも読者から人気です。しかし木吉鉄平や誠凛高校が好きなファンからは許せないという声がたくさんありました。ただラフプレーは許せないことだと分かっているものの、それでも花宮真が好きという方もいました。

『黒子のバスケ』のキャラクターの中でも人気の花宮真はよくグッズ化されます。2019年のジャンプフェスタでは、宮地清志・氷室辰也・青峰大輝・黒子テツヤ・赤司征十郎・花宮真・灰崎祥吾のスーツ姿の描き下ろしイラストが公開されました。スーツ姿の花宮真はかっこいいと話題になりました。

『黒子のバスケ』の花宮真はイケメンという方もいればそうでないという方もいます。ただし、声優に福山潤、舞台俳優に太田基裕が起用されたことでイケメンキャラだと認識したという方もいました。中には漫画では花宮真は嫌いだったけどアニメや舞台を見て好きになったという方もいました。

もしも花宮真が◯◯だったら

ここではもしも『黒子のバスケ』の花宮真が〇〇だったらと仮定して、彼氏・上司・父親の三つのシチュエーションで考察していきます。

花宮真彼氏篇

もしも花宮真が彼氏だったら、良いように扱われる可能性があります。花宮真の好きな女性のタイプは頭の悪い女です。花宮真は自分の思い通りにならないと気が済まない性格をしているので、自分の計画に敏い女性よりも鈍い女性の方が好きなようです。だから気づかないうちに都合の良いように扱われる可能性があるのです。

花宮真上司篇

もしも花宮真が上司だったら、頭が良いのでしっかりと功績を残す優秀な上司になると考えられます。しかし手段を選ばないタイプなので、各方面に恨みを買う恐れがあります。部下としては花宮真をフォローするか、極力邪魔をしないようにした方がいいと考えられます。

花宮真父親篇

もしも花宮真が父親だったら、息子も花宮真に似た性格になるかもしれません。子供は親の影響を受けやすいので、花宮真がどのように子供と接するかによって変わってくると考えられます。

ただ花宮真は灰崎祥吾のように普段から素行の悪い人物ではありません。立ち回りが上手く頭が良いので、そういうところが子供に受け継がれるかもしれません。

花宮真は霧崎第一高校バスケ部の悪童

『黒子のバスケ』に登場する花宮真は霧崎第一高校の主将兼監督をしている人物で、ラフプレーで相手を追い詰める卑怯な方法で誠凛高校を苦しめました。そんな花宮真が唯一苦手意識を持っているのが今吉翔一です。

『黒子のバスケ』の本編では花宮真の活躍が見れますが、小説やドラマCDでは今吉翔一とのエピソードもあるのでぜひあわせて見てみて下さい。

セオ

この記事のライター

セオ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【黒子のバスケ】虹村修造とは!帝光中学元主将まとめ!

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】虹村修造とは!帝光中学元主将まとめ!

本記事では『黒子のバスケ』に登場する虹村修造について紹介していきます。虹村修造のポジションや能力、生い立ち、『黒子のバスケ』に登場するキャラとの関係性など詳しく紹介します。さらに、虹村修造の声優や舞台版の俳優についても紹介していきます。

【黒子のバスケ】名言まとめ!人気なのは?

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】名言まとめ!人気なのは?

本記事では『黒子のバスケ』に登場するキャラクター達が残した、数々の名言について詳しく紹介していきます。ランキング形式で紹介します。『黒子のバスケ』に登場する「キセキの世代」のメンバーのそれぞれによる、心に響く名言をがたくさん誕生しています。最後まで楽しみにご覧ください。

【黒子のバスケ】キセキの世代とは!各メンバーの特徴や関係性などまとめ!

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】キセキの世代とは!各メンバーの特徴や関係性などまとめ!

『黒子のバスケ』には「キセキの世代」が登場します。「キセキの世代」は主人公の黒子テツヤと深い関係があり、物語のキーパーソンです。この記事では『黒子のバスケ』に登場する「キセキの世代」のメンバーやキャラ同士の関係について紹介します。

【黒子のバスケ】ラストゲームの評判は?登場キャラや内容もネタバレ

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】ラストゲームの評判は?登場キャラや内容もネタバレ

『黒子のバスケ ラストゲーム』は『黒子のバスケ』の映画としてキャラクターや声優などが話題になった作品となっています。今回は『黒子のバスケ ラストゲーム』について基本情報や登場チームの情報、ゲスト声優や主題歌、ネット上の感想などを紹介していきましょう。

【黒子のバスケ】桐皇学園高校まとめ!メンバーや監督は?モデル校も調査

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】桐皇学園高校まとめ!メンバーや監督は?モデル校も調査

『黒子のバスケ』には桐皇学園高校というバスケ強豪校が登場します。桐皇学園高校は「キセキの世代」の青峰大輝の他にも癖の強い選手が多数所属しています。作中では主人公の黒子が所属する誠凛を苦しめました。この記事では桐皇学園高校の選手や監督、マネージャーを紹介します。

【黒子のバスケ】秀徳高校まとめ!メンバーや監督は?モデル校も調査

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】秀徳高校まとめ!メンバーや監督は?モデル校も調査

『黒子のバスケ』の秀徳高校は緑間真太郎が所属する強豪校であり、他のメンバーや監督なども注目されています。今回は『黒子のバスケ』に登場する秀徳高校についてメンバーや監督のプロフィール、モデルとなったと噂されている高校、ネット上の感想などを紹介していきましょう。

【黒子のバスケ】海常高校まとめ!メンバーや監督は?モデル校も調査

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】海常高校まとめ!メンバーや監督は?モデル校も調査

『黒子のバスケ』に登場する海常高校は「キセキの世代」の黄瀬涼太やキャプテンの笠松幸男が所属するインターハイに毎年出場しているような全国区レベルの強豪校です。この記事では海常高校のメンバーや監督のプロフィールなどを紹介していきます。

【黒子のバスケ】誠凛高校まとめ!メンバーや監督は?モデル校も調査

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】誠凛高校まとめ!メンバーや監督は?モデル校も調査

誠凛高校は黒子テツヤの所属する高校であり、そのメンバーや監督なども注目されています。モデルになった高校も噂されていて、ネット上でも話題になっています。今回は『黒子のバスケ』の誠凛高校バスケ部のメンバーや監督、モデルとなった高校などを紹介していきましょう。

【黒子のバスケ】キャラクターまとめ!キャラ濃いめ?人気キャラは?

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】キャラクターまとめ!キャラ濃いめ?人気キャラは?

『黒子のバスケ』には個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。この記事では、『黒子のバスケ』に登場する人気キャラクターを、高校ごとに紹介します。また、『黒子のバスケ』のアニメに出演した声優などもあわせてまとめています。

【黒子のバスケ】イケメンキャラは?声優も評価対象?世間の評判などまとめ

黒子のバスケ

【黒子のバスケ】イケメンキャラは?声優も評価対象?世間の評判などまとめ

『黒子のバスケ』にはたくさんのイケメンキャラが登場します。この記事では、顔や性格がイケメンの人気キャラをランキングでまとめています。また『黒子のバスケ』のアニメでは、キャラの声がイケメンボイスだと話題になりました。そこでアニメの声優もあわせて紹介します。

関連するキーワード

黒子のバスケの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード