【七つの大罪】強さランキングを発表!1位に輝く最強のキャラクターは?

お気に入りに追加

本記事では『七つの大罪』における強さランキングを紹介していきます。『七つの大罪』には主人公をメリオダスを始め、個性的な魔力や戦闘能力を持つキャラクターが多く登場しています。その中で最強のキャラクターは誰なのか作中の活躍などを考慮して強さランキングを発表します。

【七つの大罪】強さランキングを発表!1位に輝く最強のキャラクターは?

目次

  1. 【七つの大罪】とは?
  2. 【七つの大罪】強さランキングTOP25~11
  3. 【七つの大罪】強さランキングTOP10~4
  4. 【七つの大罪】強さランキングTOP3
  5. 【七つの大罪】活躍シーンの名言
  6. 【七つの大罪】キャラの強さに対する世間での評判や人気
  7. 【七つの大罪】強さランキング1位の最強キャラは魔神王メリオダスだった

【七つの大罪】とは?

本記事では七つの大罪における強さランキングをまとめて最強キャラについて考察していきますが、まずは七つの大罪の作品概要やあらすじ、作者についてまとめていきます。王道なハイファンタジー作品として話題を呼んだ本作が作られたルーツや現在の発行部数などについておさらいしていきましょう。

七つの大罪の作者

七つの大罪を手掛けた作者は鈴木央先生です。1977年2月8日に福島県に生まれ、1994年に漫画家としてデビューを果たしています。少女漫画に影響された画風とファンタジーな背景を得意としており、また速筆で優秀な漫画家としても知られています。2012年に七つの大罪の連載を開始すると講談社漫画賞・少年部門を受賞し、2021年には七つの大罪の続編にあたる黙示録の四騎士の連載をスタートさせました。

七つの大罪の概要

七つの大罪は鈴木央によって週刊少年マガジンに連載されていた漫画作品です。オリジナルの要素を交えたハイファンタジーな世界観と緻密に練られたストーリーが評判を呼び、2023年1月時点で累計発行部数3800万部を突破するほどの人気を博しました。2020年に本編は完結しましたが、現在もアニメ化や映画化といったメディアミックスによってファンに親しまれています。

七つの大罪のあらすじ

ブリタニア随一の大国・リオネス王国は聖戦によって国政が荒れている状況で、その国の聖騎士だったメリオダスは騎士長殺しの罪を被せられ移動酒場の店主に成りすまして逃亡していました。そんなある日、酒場にエリザベス王女が現れるとリオネス王国を救ってほしいと頼まれます。メリオダスは冤罪の理由を解き明かすためにも、七つの大罪メンバーを集めながらエリザベスと共に進むことを決意します。

【七つの大罪】ホークはただのブタではない?正体や強さについても解説

あわせて読みたい

【七つの大罪】ホークはただのブタではない?正体や強さについても解説

本記事では『七つの大罪』に登場するホークがただのブタではない理由について調査します。また『七つの大罪』におけるホークの正体や強さ・神器だけでなく、メリオダスとの関係や豚の帽子亭で残飯処理として活躍している情報についても詳しく解説します。

【七つの大罪】強さランキングTOP25~11

七つの大罪には主人公のメリオダスを始め、伝説の騎士団・七つの大罪のメンバーや聖騎士、魔神に天使といった様々な肩書きのキャラクターが登場しバトルを繰り広げています。バトル漫画であれば多くの読者が強さランキングを妄想し、最強キャラが誰なのかと考察したことがあることでしょう。ここでは登場キャラの魔力や活躍シーンを考慮しながら強さランキングを紹介していきます。なお、本記事では最終話までのネタバレ記述を含んでいるため閲覧する際はご注意ください。

25位:ホーク

ホークは移動酒場『豚の帽子亭』の残飯処理騎士団団長を自称する豚です。いわゆる本作のマスコットキャラですが、その正体はメリオダスの監視役だった煉獄の生物でした。過酷な環境である煉獄で生きていた経験からか異様に耐久力が高く、デリエリの連撃星を50発ほど受けても次のコマでは平然としているほどです。また、赤魔神に覚醒した時は闘級が1000を超え侮れない存在となりました。

24位:モンスピート

モンスピートは十戒の1人に数えられる魔神族です。魔界でも指折りの獄炎使いとされており、魔力・遊撃星(トリックスター)を利用した炎技はどれも強烈な威力を誇ります。また、探知能力にも秀でており、たとえ索敵対象が何百マイル離れていても気配からその場所を特定することができ、獄炎鳥(ごくえんちょう)は見えない敵を追尾して攻撃することができます。

23位:ギルサンダー

ギルサンダーは先代聖騎士長ザラトラスの息子で若き聖騎士です。過去にメリオダスから稽古をつけられていたことがあり、その頃の経験もあってか非常に高い身体能力と戦闘センスを持っています。魔力・雷帝(サンダーボルト)は雷を自在に操れる能力で、特定の対象にピンポイントで雷撃を命中させたり周囲に降らせて複数の敵を一掃したりすることができます。

22位:四大天使のタルミエル

タルミエルは女神族の中で選ばれた4人・四大天使の1人です。女神族は七つの大罪に登場する種族の中で最も闘級が高い種族であり、その中でも四大天使は作中トップクラスの闘級を秘めていると言われています。また、四大天使はそれぞれ最高神から恩寵を授かっており、タルミエルが受けた恩寵・大海は大海原を生成するという規格外な強さを持っています。

21位:ダブズ

ダブズは巨人の名工と称されている巨人族です。七つの大罪原作では聖戦で魔神族を封印した神器・常闇の棺を作った人物として名前だけ紹介され、本人は劇場版第2作目『光に呪われし者たち』にて登場及び活躍しました。戦闘スタイルは魔力・鍛造(フォージ)によって武器を生み出して戦うというユニークなもので、ダブズ自身の戦闘力は高くないものの強力な武器の生成と相手の使用する神器への知識を利用してメリオダスに勝利してみせました。

20位:四大天使のサリエル

サリエルは四大天使の1人に数えられる女神族です。3000年前の聖戦ではタルミエルと共に戦場に赴き、十戒たちを相手に互角以上に渡り合いました。与えられた恩寵・竜巻は激しい突風や身を切り裂くほどの竜巻を発生させることができ、タルミエルとの合技・エンリルの天罰は嵐と雷によって魔神族ですら再生不可能なレベルの破壊力を持っています。

19位:エレイン

エレインはキングの実妹に当たる妖精族です。兄のキングと比べると魔力が乏しいものの戦闘力は妖精族の中で優秀な部類とされており、魔力・神風(ミラクルウィンド)は風の魔法を操ると共に相手を状態異常にさせる特殊効果があります。七つの大罪序盤では泉を守る聖女として登場し戦闘で目立った活躍をしていませんでしたが、第2部にて覚醒すると巨大な竜巻を複数出現させるほどの強さを手に入れました。

18位:ダリア

ダリアはキングの先代となる二代目妖精王です。細身なキングとは異なり大柄で筋肉質な体型をしており、武力や肉弾戦においては十戒のゼルドリスに引けを取らないほどの強さを誇ります。また、インデュラを一撃で倒すという活躍も披露していましたが、劇場版で再戦した時は苦戦を強いられていたため、最終的な強さランキングは18位に留まりました。

17位:グロキシニア

グロキシニアは十戒の1人に数えられる妖精族です。十戒になる前は初代妖精王として君臨しており、キングと同様に植物や樹を操る魔力を持っています。戦闘時に使用する武器・霊槍バスキアスは合計10種類の形態に変化させることができ、山を消滅させるほどの威力を持っていることに留まらず形態ごとに攻撃を跳ね返す、グロキシニアの姿を隠す、一瞬で傷を治すといった様々な効果を発生させることができます。

16位:エリザベス・リオネス

エリザベス・リオネスは七つの大罪のメインヒロインでありリオネス王国の王女です。エリザベスが持つ魔力は傷ついた人を治癒したり相手の魔力を跳ね返す能力で、物語序盤では無意識にその効果を発動していました。しばらくの間は非戦闘員として扱われていましたが、メラスキュラの瘴気やインデュラの怨霊を浄化するなど意外な活躍を見せており、最終決戦では聖櫃で魔神王にダメージを与えていたため、もしかしたら最強格の強さを持っているかもしれません。

15位:キャス

キャスはアーサーの相棒だった猫の見た目をした生物です。可愛らしい見た目からマスコットキャラと認識されていましたが、公式ファンブックで明かされた闘級は10100ととても高いです。その後、キャスはホークと同じく煉獄の生物であることが明かされると、化け猫の本性を披露してアーサーと対決し混沌の一部の力を使って片腕を粉々にしてみせました。

14位:ディアンヌ

ディアンヌは七つの大罪の1人で嫉妬の罪(サーペント・シン)の異名の持ち主です。巨人族でありながら戦うことを好まない優しい人物ですが、仲間のためとなれば戦鎚ギデオンと魔力・創造(クリエイション)を用いて大地に魔力を逃がしながらパワフルかつテクニカルな戦いを披露します。ドロールと修行した後は闘級が15100までに増幅し、また味方の闘級を上げるドロールの舞も習得しました。

13位:アーサー・ペンドラゴン

アーサー・ペンドラゴンは新興国キャメロット王国の少年王です。アーサーは初登場時から最強だったわけではなく、十戒のキューザックと戦った時には敗北し死亡してしまいました。しかしその後、マーリンによって復活を果たすと混沌の王としての力に目覚め、キャスとの激闘を制して新しいエクスカリバーを手に入れました。七つの大罪強さランキングでは13位となりましたが、続編の黙示録の四騎士では更なる強さを披露し強さランキング上位に入るかもしれません。

12位:ゴウセル

ゴウセルは七つの大罪の1人で色欲の罪(ゴート・シン)の異名の持ち主です。本編に登場しているゴウセルの正体は人形で、本人は戒禁の影響で囚われの身となっていました。戦闘スタイルは魔力・侵入(インベイション)を駆使した精神や記憶操作で、肉体的な強さを無効化することもできるため破格の能力と言えます。魔力の強さだけならば最強クラスと言えますが、作中での活躍描写が少なかったため強さランキングでは12位となりました。

11位:最高神

最高神は全ての天使を束ねる女神族の神です。トップクラスの闘級を持つ四大天使を束ね恩寵を与えている張本人であり、顔は光そのものであることから表情が見えないという特徴があります。所持している魔力・最高神(ゴッド)はあらゆる物理攻撃を無効化するというチート能力で、加えて洗脳能力や魔力を無効化するバリアなどを展開することもできます。存在からして最強の存在と推察できますが、活躍シーンの少なさから11位となりました。

【七つの大罪】ランスロットはバンとエレインの子供!黙示録の四騎士について

あわせて読みたい

【七つの大罪】ランスロットはバンとエレインの子供!黙示録の四騎士について

『七つの大罪』で登場した七つの大罪の1人であるバンと妖精族の姫であるエレインの子供の「ランスロット」は、続編では「黙示録の四騎士」と予言された聖騎士の一人です。この記事では、ランスロットの能力や活躍、周りのキャラとの関係等を解説していきます。

【七つの大罪】強さランキングTOP10~4

ここからは七つの大罪強さランキングTOP10~4を紹介していきます。11位までには四大天使やアーサーなど最強格のキャラクターが何人か選ばれていましたが、彼らは総じて活躍シーンが稀薄だったりしたため高順位になりませんでした。一方で後述する強さランキングTOP10以上のキャラクターは闘級の数値では測れない強さを本編中で披露しておりその活躍を考慮して高順位となりました。

10位:ゼルドリス

ゼルドリスは十戒の1人に数えられている魔神族です。十戒のリーダーを務める人物ですが闘級は61000とそれほど高いものではありません。しかし、魔神王から貸し与えられた魔力・魔神王(ゴッド)は魔力攻撃を無効化することができ、マーリンや四大天使の魔力ですら消滅させていました。その他にも間合いに入った相手を自動で切り捨てる全反応(フルリアクト)も強烈で万能な強さを持っています。

9位:四大天使のリュドシエル

リュドシエルは四大天使のリーダーを務めている女神族です。リュドシエルは闘級が201000とされており、明かされている登場キャラの中では最も高い数値となっています。受けた恩寵・閃光は光の速さで移動し攻撃できる強力な能力で、ゼルドリスの全反応が機能できないほどのスピードを誇ります。登場キャラの中で最も高い闘級は伊達ではありませんが、作中での活躍シーンに恵まれず強さランキング9位となりました。

8位:四大天使のマエル

マエルは四大天使の1人に数えられる女神族です。マエルは恩寵・太陽を授かっており、その実力は四大天使の中で最強と言われています。太陽の能力はエスカノールと同じ日の出によって肉体が大幅に強化する能力で、正午に近づくとリュドシエルでも歯が立たないほど破格の強さを手に入れます。正午を迎えて発動できる偉大なる太陽(グレイテスト・サン)は原初の魔神を一撃で葬るほどの高威力を誇ります。

7位:マーリン

マーリンは七つの大罪の1人で暴食の罪(ボア・シン)の異名の持ち主です。マーリンの闘級は4710と物足りない数値ですが、魔力・無限(インフィニティ)によって実質無限の魔力を隠し持っており闘級の数値が意味をなしていません。作中でも約17万の闘級を持つ魔神キューザックやチャンドラーと互角以上に渡り合っており、魔力の扱いにおいては誰よりも秀でている最強格のキャラクターです。

6位:キング

キングは七つの大罪の1人であり怠惰の罪(グリズリー・シン)の異名の持ち主です。キングの正体は妖精族の王で魔力においては妖精族の中でもトップクラスです。戦闘時に使う神器・霊槍シャスティフォルは10の形態を持っており、神器の巨大化や高威力の光線発射、敵の石化など様々な効果を発動することができます。覚醒した時は神器の効果もより強力になり、4つの戒禁を取り込んだマエルの攻撃を防ぐほどにまで成長しました。

5位:原初の魔神

原初の魔神はチャンドラーとキューザックの本来の姿である最上位魔神です。魔神王の腹心に選ばれるほどの存在だけあって桁外れの戦闘力を持っており、チャンドラーとキューザックに分裂した後の2人はそれぞれ闘級17万ほどありました。原初の魔神が持つ魔力・終局(クライシス)は受けたダメージをそのまま攻撃力に転換するもので、その魔力でエスカノールとマーリンの2人を追い詰める活躍を見せました。

4位:エスカノール

エスカノールは七つの大罪の1人で傲慢の罪(ライオン・シン)の異名の持ち主です。普段は痩躯で気弱そうな体格をしていますが、魔力・太陽(サンシャイン)が発動されると筋骨隆々な体格に変化し闘級が測定できないほどの強さを手に入れます。太陽がなければ強くなれないという弱点はありますが、正午の1分間限定の最強形態・天上天下唯我独尊(ザ・ワン)は魔神王と互角に渡り合うほどの強さを秘めています。

【七つの大罪】バンは不死身の肉体を持っている?神器や登場キャラとの関係も

あわせて読みたい

【七つの大罪】バンは不死身の肉体を持っている?神器や登場キャラとの関係も

『七つの大罪』に登場する魅力的なキャラクター、バンの秘密を解き明かします。不死身の肉体や神器の力、そして「七つの大罪」での彼の役割に迫ります。あわせて、エレインを含む他キャラとの関係性や印象に残るバンの名言もまとめました。

【七つの大罪】強さランキングTOP3

ここからは七つの大罪強さランキングTOP3を紹介していきます。TOP3の3人は作中で破格の強さやインパクトの強い活躍を残しており、読者の間でも最強と名高いです。作中でも最強格の戦闘能力を持っているキャラクターを発表していきます。

3位:バン

バンは七つの大罪の1人で強欲の罪(フォックス・シン)の異名の持ち主です。過去に生命の泉を飲んだことで不死身の肉体を持つようになり、あらゆる攻撃を受けても絶命することがありません。チート能力を持っている一方である時には敵を倒せず力不足を痛感し、煉獄で千年以上過ごし圧倒的な強さを手に入れました。覚醒後の強さは魔神王や最高神と渡り合えるほどで、エレインを復活させた後もその強さは健在です。

2位:魔神王

魔神王は魔神族を束ねる神です。元々は煉獄に閉じ込められていた存在でしたが、メリオダスやゼルドリスの肉体を乗っ取ることで外の世界に出られるようになり本来の力を取り戻しました。攻撃を治癒に反転する支配者(ザ・ルーラー)などの魔力は作中最強クラスの能力であり、実際に七つの大罪メンバー全員を相手に戦ってみせました。

1位:魔神王メリオダス

メリオダスは七つの大罪の団長であり魔神王の後継者です。物語序盤は魔力を倍以上の威力にして跳ね返す全反撃(フルカウンター)で格上の相手でも撃破する活躍をしていました。後半では魔神化や殲滅モードを習得したことによって闘級を爆発的に上昇し、最終的には魔神王を上回る強さを手に入れトドメを刺しました。新しく魔神王になったことで名実ともに最強のキャラクターと言えるでしょう。

【七つの大罪】ディアンヌのかわいい魅力とは?キングとの馴れ初めも解説

あわせて読みたい

【七つの大罪】ディアンヌのかわいい魅力とは?キングとの馴れ初めも解説

『七つの大罪』に登場するディアンヌの可愛い魅力について紹介します。どんなキャラクターでどういうところがかわいいのか、またキングとの馴れ初めや過去についても掘り下げて紹介します。更に『七つの大罪』ファンのディアンヌの評判や人気もまとめていきます。

【七つの大罪】活躍シーンの名言

七つの大罪では強者同士の白熱したバトル描写やメリオダスたちが最強になっていく成長過程などが見どころとなっていますが、物語の中で彼らの信念や熱意が伝わる名言もかっこいいと評判になっています。名言を知ることで強さにかかわらずそのキャラクターの魅力を感じられることでしょう。ここでは七つの大罪における活躍シーンの名言についてまとめていきます。

名言①「どんなウソついたって …」

どんなウソついたって 自分の心だけはだませねえんだぜ

出典: renote.net

七つの大罪メンバーを探す旅を始めたメリオダスはバーニャ村に辿り着きミードという少年と出会います。彼は幼い頃に両親を亡くしながらも村人たちが親代わりになって育ててくれた過去を持っていましたが、親がいる子どもを羨ましく思いついイタズラや嘘をついて気を引こうとしていました。そんな彼にメリオダスは上記のように話しかけ、寂しさと向き合い再び村人と仲良く生きていくきっかけを与えました。

名言②「たとえお前が死んでも…」

たとえお前が死んでも… オレはお前との約束を果たす!!

出典: renote.net

ギルサンダーとの戦いでメリオダスが深手を負ってしまうと、彼をダルマリーの町まで運び治療することになりました。その間に聖騎士・ゴルギウスが刃折れの剣を奪おうとします。その場は目覚めたメリオダスによって難を逃れますが、代わりに医者が殺害されてしまいエリザベスは何もできなかったと自分を責めてしまいます。その時にメリオダスは上記のように彼女に話しかけて励ましてあげました。

名言③「お前の”覚悟”…」

お前の”覚悟” しっかり受け取めたぜ

出典: renote.net

メリオダスとディアンヌがルインの幻術にハマって同士討ちを始めてしまい、その場にいたエリザベスは困惑してしまいます。そこに虫の大群に襲われている少女がやってくるとエリザベスはその子を助けようとしますが、その少女の正体は幻術で変身していたルイン本人でした。罠にかかってしまったエリザベスでしたが、彼女はとっさの判断でルインの錫杖から鈴を奪い幻術を解きました。解放されたメリオダスは傷つき倒れたエリザベスに向けて上記のように思いを受けとります。

名言④「キミのためなら戦って…」

キミのためなら戦っていいと思った 今日のキミが あんまりカッコ良かったから

出典: renote.net

ディアンヌはメリオダスに気に入られていたエリザベスに冷たい態度を取っていましたが、バステ監獄からセネットとバンを救い出した時のエリザベスの活躍を見て考えを改めました。その後、ダナ先生の計らいで食事会が開かれるとそこでディアンヌはエリザベスを認めたことを直接話し、同時に彼女の呼び方を「王女さん」から「エリザベス」と名前呼びに変えました。

名言⑤「俺の命と引きかえに…」

俺の命と引きかえに エレインを生き返らせてくれ

出典: renote.net

殺されたエレインを助けるためにバンは王国の至宝・ケルヌンノスの角笛を見つけ、女神族と交渉しました。この時にバンが言ったセリフが上記のものでエレインへの愛が本物であることが示された名シーンです。一方女神族はメリオダスを殺せという条件を提示し、バンは友人と恋人のどちらを取るかという選択を迫られます。

名言⑥「女は男の言葉に…」

女は男の言葉に 男は女の行動に グッとくるものよ

出典: renote.net

魔神族復活の儀式を通じて十戒が蘇ってしまうと、メリオダスたちはその気配を感じて彼らの元へ向かおうとします。その時にメリオダスは危険を予測してエリザベスに「足手まとい」と称して彼女を置いていきました。エリザベスはメリオダスの真意に気付いているものの事実を突きつけられたことに落ち込んでしまいます。その際にスレイダーは彼女に対して上記のセリフを言ってアドバイスをしました。思わず笑みを浮かべたエリザベスは行動で示すことを決意します。

【七つの大罪】トリスタンは黙示録の四騎士の一人!人物像を徹底紹介

あわせて読みたい

【七つの大罪】トリスタンは黙示録の四騎士の一人!人物像を徹底紹介

本記事では『七つの大罪』及び『黙示録の四騎士』に登場するトリスタンについてまとめていきます。『七つの大罪』の主人公・メリオダスの息子として登場したトリスタンの活躍や魔神族の力、アニメ版の担当声優などについて解説していきます。

【七つの大罪】キャラの強さに対する世間での評判や人気

これまで七つの大罪強さランキングについてまとめてきましたが、ファンの間で最強キャラクターの予想や強さランキングの考察はどのように考えられているのでしょうか。ここではキャラの強さに対する世間での評判や人気を調べるため、SNSに寄せられているコメントを参照しながら内容をまとめていきます。

ファンによる七つの大罪強さランキング考察で最も話題になっていたキャラクターはエスカノールでした。太陽が昇ることで闘級が大幅に増幅するエスカノールは、作中でメリオダスや魔神王と渡り合う活躍を見せていたことからファンの間で最強ではないかと噂されています。

エスカノールの他にはアーサーの強さも評価されていました。アーサーは中盤まで際立った活躍を残していませんでしたが、混沌の王の力を持って復活してからは最強格の強さを手に入れ魔神王にも匹敵していたのではないかと考察されています。

一部のファンは最強キャラはホークママと熱弁していました。ホークママは移動酒場『豚の帽子亭』を動かす巨大な豚で、その正体は混沌の母だったことが明かされました。作中で直接誰かと戦闘したことはありませんが、インデュラの攻撃にひるまず吹き飛ばしたことがあり、侮れない存在であることは間違いなさそうです。

【七つの大罪】ゼルドリスは恋人のために魔神王を目指した?ゲルダとの関係も

あわせて読みたい

【七つの大罪】ゼルドリスは恋人のために魔神王を目指した?ゲルダとの関係も

『七つの大罪』のゼルドリスは恋人のために魔神王を目指したのかを考察します。ゼルドリスが魔神王を目指した理由、過去、関わった人物や最後はどうなったのかを解説しています。またアニメ『七つの大罪』でゼルドリスを演じた声優と世間での評判もまとめています。

【七つの大罪】強さランキング1位の最強キャラは魔神王メリオダスだった

七つの大罪強さランキング1位は魔神王メリオダスでした。全反撃でどんな魔力も跳ね返し、魔神化や殲滅モードを習得し魔神王を撃破した活躍はまさに本作最強と言っても過言ではないでしょう。本記事でまとめた強さランキングは独断と偏見が混じっているため、他の意見を見てみたいと言う人はぜひネット上の意見・感想をチェックしてみてください。

【七つの大罪】最終回のあらすじまとめ!結末の詳細や続編についても解説

あわせて読みたい

【七つの大罪】最終回のあらすじまとめ!結末の詳細や続編についても解説

『七つの大罪』の最終回のあらすじについて紹介します。『七つの大罪』の最終決戦の行方と最終回の結末について解説するとともに、キャラたちのその後や見どころを紹介していきます。また、続編である『黙示録の四騎士』のあらすじなどについてもまとめています。

zeile

この記事のライター

zeile

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【七つの大罪】最強キャラは闘級で決まる?作中で一番強いのはどのキャラ?

七つの大罪

【七つの大罪】最強キャラは闘級で決まる?作中で一番強いのはどのキャラ?

本記事では『七つの大罪』に登場するキャラクターの闘級をまとめ最強キャラを紹介していきます。『七つの大罪』における戦闘力の指標となっている闘級の数値をまとめる他、作中での活躍や戦歴から強さを分析し最強である理由についてもまとめていきます。

【七つの大罪】キングは人気のキャラ!その魅力は?能力や強さについても紹介

七つの大罪

【七つの大罪】キングは人気のキャラ!その魅力は?能力や強さについても紹介

『七つの大罪』に登場する人気キャラクターであるキングを考察します。キングの魅力や名言、『七つの大罪』のディアンヌなどのキャラクターとの関係を徹底的に解説し、神器や能力、ゴウセルやディアンヌとの合体技についても紹介していきます。

【七つの大罪】ゼルドリスは恋人のために魔神王を目指した?ゲルダとの関係も

七つの大罪

【七つの大罪】ゼルドリスは恋人のために魔神王を目指した?ゲルダとの関係も

『七つの大罪』のゼルドリスは恋人のために魔神王を目指したのかを考察します。ゼルドリスが魔神王を目指した理由、過去、関わった人物や最後はどうなったのかを解説しています。またアニメ『七つの大罪』でゼルドリスを演じた声優と世間での評判もまとめています。

【七つの大罪】最終回のあらすじまとめ!結末の詳細や続編についても解説

七つの大罪

【七つの大罪】最終回のあらすじまとめ!結末の詳細や続編についても解説

『七つの大罪』の最終回のあらすじについて紹介します。『七つの大罪』の最終決戦の行方と最終回の結末について解説するとともに、キャラたちのその後や見どころを紹介していきます。また、続編である『黙示録の四騎士』のあらすじなどについてもまとめています。

【七つの大罪】トリスタンは黙示録の四騎士の一人!人物像を徹底紹介

七つの大罪

【七つの大罪】トリスタンは黙示録の四騎士の一人!人物像を徹底紹介

本記事では『七つの大罪』及び『黙示録の四騎士』に登場するトリスタンについてまとめていきます。『七つの大罪』の主人公・メリオダスの息子として登場したトリスタンの活躍や魔神族の力、アニメ版の担当声優などについて解説していきます。

【七つの大罪】ディアンヌのかわいい魅力とは?キングとの馴れ初めも解説

七つの大罪

【七つの大罪】ディアンヌのかわいい魅力とは?キングとの馴れ初めも解説

『七つの大罪』に登場するディアンヌの可愛い魅力について紹介します。どんなキャラクターでどういうところがかわいいのか、またキングとの馴れ初めや過去についても掘り下げて紹介します。更に『七つの大罪』ファンのディアンヌの評判や人気もまとめていきます。

【七つの大罪】バンは不死身の肉体を持っている?神器や登場キャラとの関係も

七つの大罪

【七つの大罪】バンは不死身の肉体を持っている?神器や登場キャラとの関係も

『七つの大罪』に登場する魅力的なキャラクター、バンの秘密を解き明かします。不死身の肉体や神器の力、そして「七つの大罪」での彼の役割に迫ります。あわせて、エレインを含む他キャラとの関係性や印象に残るバンの名言もまとめました。

【七つの大罪】作画崩壊で制作会社が変更された?原因の3期を徹底調査

七つの大罪

【七つの大罪】作画崩壊で制作会社が変更された?原因の3期を徹底調査

アニメ『七つの大罪』の第3期で発生した作画崩壊の理由と問題のシーンについて、徹底調査しました。長編アニメは何期かに分けて放送されることが多く、『七つの大罪』もその1つです。本記事では、作画崩壊して話題となった第3期のアニメ制作会社や変更理由を紹介します。

【七つの大罪】ランスロットはバンとエレインの子供!黙示録の四騎士について

七つの大罪

【七つの大罪】ランスロットはバンとエレインの子供!黙示録の四騎士について

『七つの大罪』で登場した七つの大罪の1人であるバンと妖精族の姫であるエレインの子供の「ランスロット」は、続編では「黙示録の四騎士」と予言された聖騎士の一人です。この記事では、ランスロットの能力や活躍、周りのキャラとの関係等を解説していきます。

【七つの大罪】ホークはただのブタではない?正体や強さについても解説

七つの大罪

【七つの大罪】ホークはただのブタではない?正体や強さについても解説

本記事では『七つの大罪』に登場するホークがただのブタではない理由について調査します。また『七つの大罪』におけるホークの正体や強さ・神器だけでなく、メリオダスとの関係や豚の帽子亭で残飯処理として活躍している情報についても詳しく解説します。

七つの大罪の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード