【BLEACH】浦原喜助の卍解!斬魄刀の能力や強さと比較!

お気に入りに追加

『BLEACH』には浦原喜助が登場します。浦原喜助は元護廷十三隊十二番隊隊長でしたが、斬魄刀を使うシーンは少なく卍解は物語終盤で使用されます。この記事ではそんな浦原喜助の斬魄刀の卍解の能力や強さについて詳しく解説していきます。

【BLEACH】浦原喜助の卍解!斬魄刀の能力や強さと比較!

目次

  1. 浦原喜助とは
  2. 浦原喜助の斬魄刀
  3. 浦原喜助の卍解
  4. 浦原喜助の卍解登場シーン
  5. 浦原喜助が卍解発動をためらう理由
  6. 浦原喜助の卍解の世間での評判
  7. 浦原喜助の卍解は都市伝説も囁かれる独自の強さ

浦原喜助とは

浦原喜助は『BLEACH』に登場するキャラクターです。最初は死神相手に闇商売をする駄菓子屋の店主として登場しましたが、後に元護廷十三隊十二番隊隊長であることが判明します。ここでは浦原喜助のプロフィールや担当声優についてまとめています。

浦原喜助のプロフィール

『BLEACH』に登場する浦原喜助は12月31日生まれの身長183cm、体重69kgの男性死神です。浦原商店という駄菓子屋を経営しています。101年前までは護廷十三隊十二番隊隊長で技術開発局局長でした。十二番隊隊長になる前は二番隊第三席で隠密機動第三分隊檻理隊分隊長を務めていた優秀な人物です。

しかし藍染惣右介に罪をなすりつけられて尸魂界を追放となり、現在は現世で暮らしています。藍染惣右介の謀反が判明してからは朽木ルキア以外の死神もよく浦原商店を利用するようになり、その後の戦いでも協力しています。

浦原喜助担当の声優

『BLEACH』のアニメで浦原喜助役を担当したのは三木眞一郎です。三木眞一郎とは1968年3月18日生まれの男性声優です。81プロデュースに所属しています。第4回声優アワード「助演男優賞」を受賞するなど実力の高い声優です。

三木眞一郎の出演作品には『ポケットモンスター』のコジロウ役、『頭文字D』の藤原拓海役、『D.Gray-man』のバク・チャン役、『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング役、『薄桜鬼』の土方歳三役、『幼女戦記』のレルゲン役などがあります。

【BLEACH】虚とは!能力や種類なども紹介!完全虚化とは

あわせて読みたい

【BLEACH】虚とは!能力や種類なども紹介!完全虚化とは

『BLEACH』には虚という悪霊が登場します。虚の中には破面と呼ばれる強い者たちも存在します。また死神もある条件で虚化し、虚の能力を使えるようになります。ここでは『BLEACH』に登場する虚の種類や虚化した「仮面の軍勢」と黒崎一護について紹介します。

浦原喜助の斬魄刀

浦原喜助は普段杖を持っているのですが、これが仕込杖となっており斬魄刀になります。ちなみに杖の状態だと義骸から魂魄を抜き出す悟魂手甲と同じ能力があります。ここではそんな浦原喜助の斬魄刀について詳しく解説していきます。

浦原喜助の斬魄刀は紅姫

浦原喜助の斬魄刀は「紅姫(べにひめ)」といいます。浦原喜助は自分が発明した物や鬼道を使って戦うので普段の戦いで「紅姫」を使うことはほとんどありません。

紅姫の解号

浦原喜助の斬魄刀「紅姫」の解号は「起きろ 紅姫」です。始解をすると仕込杖だった斬魄刀は柄の先が曲がり、赤い紐飾りのついた斬魄刀に変化します。また始解と同時に血のようなものが刀身から流れ出るのが特徴的です。

紅姫の能力

浦原喜助の斬魄刀の能力は明確には分かっていません。ただ『BLEACH』の考察では鬼道系の斬魄刀なのではないかといわれています。鬼道系といっても日番谷冬獅郎の「氷輪丸」ような氷雪系の能力から、綾瀬川弓親の「瑠璃色孔雀」のような霊圧を吸収するものまであります。

浦原喜助の「紅姫」は後ほど紹介する卍解の能力から血や霊子を違う物質に変化させる能力があるのではないかと考えられています。

紅姫の強さ

『BLEACH』では藍染惣右介との戦いで「紅姫」の強さを見せつけています。藍染惣右介はこの時すでに崩玉を取り込んでいましたが、そんな藍染惣右介を「縛り紅姫」という技で黒い網のようなものを出して拘束し、「火遊紅 数珠繋ぎ」という技で網を爆発させて隙を作りました。

その後すぐに倒されてしまったものの、黒崎一心との連携によって一太刀入れることができました。浦原喜助の戦い方や使用している技からして、「紅姫」は真っ向勝負だけでなくサポートや揺動にも使える事がわかります。またこの他にも防御にも使える技があります。

『BLEACH』の破面篇では「血霞の盾」で赤い盾のようなものを出現させてヤミーの拳から身を守ったり、「啼け 紅姫」とう技で近距離の虚閃を相殺しました。「紅姫」は『BLEACH』ではほとんど使われなかった斬魄刀ですが、攻撃・防御・揺動など様々な面で使える強さを持っていることが分かります。

【BLEACH】四楓院夜一の卍解や斬魄刀は?砕蜂など死神との関係なども!

あわせて読みたい

【BLEACH】四楓院夜一の卍解や斬魄刀は?砕蜂など死神との関係なども!

『BLEACH』には四楓院夜一というキャラクターが登場します。四楓院夜一は猫の姿で黒崎一護の前に登場しましたが、実は元死神でした。この記事では四楓院夜一の斬魄刀の卍解やアニメの声優について紹介します。また砕蜂や弟との関係についてもまとめています。

浦原喜助の卍解

『BLEACH』では千年血戦篇で初めて浦原喜助が卍解するシーンが描かれています。卍解の姿を見れば浦原喜助が自分の斬魄刀のことを「彼女」と呼んでいる理由が分かります。ここでは浦原喜助の卍解について紹介します。

浦原喜助の卍解は観音開紅姫改メ

浦原喜助の卍解は「観音開紅姫改メ(かんのんびらきべにひめあらため)」という名前です。発動した瞬間に巨大な女性が現れます。女性の体は人形のようなつなぎ目があります。ちなみに斬魄刀は通常時の仕込杖の形状に戻ります。

観音開紅姫改メの能力

浦原喜助の「観音開紅姫改メ」の能力は触ったものを作り変える能力があります。触れただけでその部分が裂け、何かに作り変えた後に勝手に縫われて外見は元通りになります。自分にもこの能力を使うことができ、浦原喜助は卍解する直前に失明しましたが、「観音開紅姫改メ」の能力で視力を戻しました。

またこの能力の効果は生命体だけでなく空間や無機物にも作用します。涅マユリや藍染惣右介が驚異的に思う浦原喜助の開発力の根源はこの卍解にあるともいわれています。

観音開紅姫改メの強さ

「観音開紅姫改メ」の強さはその作り変えるスピードが異常に早いところです。触れた部分を相手が驚いているうちに一瞬で作り変えます。何かされたという恐怖で作り変えられた体の部位を切り落とす者もいるほどです。このように一瞬のうちに何かをされたという恐怖によって相手を追い詰めることもできます。

そして戦闘では自分の体を作り変えながら戦います。例えばアスキン・ナックルヴァールとの戦いでは刃を交えながら左腕を改造して相手を吹き飛ばすほどの力を出しました。さらにはグリムジョー・ジャガージャックとの連携にも使っています。作り変えるという単純な能力に見えますがどんなシーンでも応用できる強さを持っています。

観音開紅姫改メと他の卍解との差

『BLEACH』の千年血戦篇では隊長だけでなく副隊長も卍解を使えるようになります。それらの卍解と比べても「観音開紅姫改メ」の能力はとても強いといわれています。ただ『BLEACH』ではアスキン・ナックルヴァールとの戦闘でしか描かれていないのでこの卍解によるリスクはないのか不明なところです。

『BLEACH』で描かれた能力だけを見ると、応用力が高いのでおそらくどの卍解にも対応できるのではないかといわれています。相手を改造する場合は触れなければならないのですが、接近戦もできるので触れることは容易いと考えられます。

涅マユリの卍解と比較をすると、涅マユリの場合は斬魄刀を改造したことによって敵の能力に適した「疋殺地蔵」を生み出す力を得ました。しかし「観音開紅姫改メ」は元から作り変える能力を持っています。このことから、涅マユリの卍解の上位互換ともいわれています。

ただ『BLEACH』の考察では涅マユリの開発力はすでに浦原喜助の卍解の能力を上回っているという説もあります。浦原喜助の卍解がどこまで作り変えることができるのか不明ですが、卍解の中でも圧倒的な強さを持つといわれる朽木白哉の「千本桜」には対応できる可能性があります。

観音開紅姫改メは卍解で上位?

「観音開紅姫改メ」は卍解の中でも上位の能力を持っているといわれています。『BLEACH』の読者の中には「観音開紅姫改メ」はチート能力だと評価している方もいるほどです。そもそもよく比較されている涅マユリの卍解が高評価を受けているので、その上位互換ともいわれる「観音開紅姫改メ」は卍解の中でもとても強いと考えられています。

【BLEACH】朽木ルキアまとめ!死神との関係や卍解など強さも考察!

あわせて読みたい

【BLEACH】朽木ルキアまとめ!死神との関係や卍解など強さも考察!

『BLEACH』には朽木ルキアという女性死神が登場します。朽木ルキアはもうひとりの主人公ともいわれている重要人物です。この記事では朽木ルキアが使う斬魄刀の卍解の能力や他の死神との関係を紹介します。またアニメの声優や実写版のキャストをまとめています。

浦原喜助の卍解登場シーン

『BLEACH』では千年血戦篇で浦原喜助が卍解を使います。ここまで卍解を使わなかった浦原喜助がどのような理由で卍解を使ったのか、また浦原喜助の卍解に関する都市伝説を紹介します。

卍解「観音開紅姫改メ」発動のきっかけ

『BLEACH』の73巻ではアスキン・ナックルヴァールとの浦原喜助の戦いが描かれています。アスキン・ナックルヴァールは黒崎一護を倒し、決着をつけようとしますがそこに四楓院夜一と浦原喜助が現れます。四楓院夜一によって一度は追いつめたものの、アスキン・ナックルヴァールは完聖体となり、「猛毒領域(ギフト・ベライヒ)」を発動します。

この能力は猛毒の結界の中に対象人物を閉じ込めることができる技です。絶対に脱出することはできない猛毒の空間で、浦原喜助は失明し四楓院夜一もすでに動けない状態となっていました。この状況で浦原喜助は卍解を使うことになります。

卍解「観音開紅姫改メ」発動のその後

『BLEACH』の千年血戦篇で卍解した浦原喜助はすぐに「観音開紅姫改メ」の能力を使ってアスキン・ナックルヴァールの左手を何かに作り変えました。そして失明した目を能力によって復活させます。その後アスキン・ナックルヴァールと刃を交えながら浦原喜助は刀を持つ腕を改造し、人並み外れた能力で吹き飛ばしました。

アスキン・ナックルヴァールは自分の思い通りの戦いができないことに怒り、「極上毒入りボール(ギフト・バル・デラックス)」を発動させてさらに毒の濃度を上げました。しかしこの瞬間アスキン・ナックルヴァールの胸がグリムジョー・ジャガージャックによって貫かれました。

アスキン・ナックルヴァールの能力は脱出とは言ったものの、侵入不可能とは言っていませんでした。そこで浦原喜助は能力で道を作ってグリムジョー・ジャガージャックを侵入させていたのです。

これによってアスキン・ナックルヴァールは心臓を潰されて死亡しました。しかし技は発動したままで毒の濃度はどんどん上がっていきます。危機的状況でしたがこの事も予想していた浦原喜助は、外で待機させていたネル・トゥによって救出されました。

浦原喜助の卍解の都市伝説とは

浦原喜助には卍解に関する都市伝説がいくつかあります。ここからは浦原喜助の卍解の都市伝説を紹介します。

卍解で女性を見せたくなかった説

浦原喜助の卍解は美しい女性の人形が現れるという珍しい卍解です。浦原喜助が卍解を使った時には、今いるメンバーの前では使ったことがないと言っていました。つまり幼馴染の四楓院夜一でさえ浦原喜助の卍解を見たことがなかったようです。

そしてユーハバッハも浦原喜助の卍解を知りませんでした。このことからめったに卍解をしないことが分かります。ではなぜ卍解をしないのかというと、なんらかの理由で卍解のときに現れる女性を見られたくないからではないかと考察されています。

卍解の女性が浦原喜助の妻説

浦原喜助は四楓院夜一と仲が良いのですが、男女の関係になっているようなシーンは描かれていません。その他の女性とも特に恋愛描写などはないので、実は妻がおり卍解の女性は妻の姿なのではないかと考えられています。

女性を封じ込めた斬魄刀説

浦原喜助の卍解が妻の姿をしているという都市伝説から派生した説がひとつあります。それは斬魄刀に女性を閉じ込めたという説です。その女性というのが妻です。つまりなんらかの理由で妻を斬魄刀に封印せざるを得なくなったのではないかと考えられています。

ちなみに封印ではないですが、京楽春水は「花天」に「狂骨」を産ませて伊勢七緒の斬魄刀を隠していました。斬魄刀の中に別の斬魄刀を隠すことができると判明したので、能力によっては人間を封印することもできるのではないかといわれています。

【BLEACH】猿柿ひよ里まとめ!斬魄刀や技など!死亡説や卍解なども調査

あわせて読みたい

【BLEACH】猿柿ひよ里まとめ!斬魄刀や技など!死亡説や卍解なども調査

『BLEACH』の破面篇では猿柿ひよ里というキャラクターが登場します。猿柿ひよ里は仮面の軍勢の一員で、劇中ではティア・ハリベルと戦います。しかしその後戦闘中に致命傷を負ってしまいます。この記事では猿柿ひよ里の卍解の能力や技、そして死亡説の考察をまとめています。

浦原喜助が卍解発動をためらう理由

浦原喜助が卍解の発動をしたのは『BLEACH』の千年血戦篇の終盤です。なぜここまで卍解を使用してこなかったのか、その理由について考察をまとめています。

卍解発動をためらう理由①発動の機会が無い

浦原喜助が卍解の発動をためらう理由は、そもそも発動する機会がなかったのではないかといわれています。浦原喜助が戦闘で追い込まれたのはアスキン・ナックルヴァール戦だけです。アスキン・ナックルヴァールとの戦いでは毒の空間に閉じ込められ、失明してしまった極限状態でやむなく卍解しています。

一方で藍染惣右介との戦いでは何度か倒されてはいるものの、そこまで追い込まれることはありませんでした。そもそも藍染惣右介を斬魄刀で倒すことはできないと考えていた浦原喜助は、鬼道を使って封印術を仕込んでいました。このように今までの戦いでは特に発動の機会がなかったので卍解を使わなかったと考えられています。

卍解発動をためらう理由②卍発動は想定外

そもそも『BLEACH』の劇中では卍解を描く予定がなかったのではないかといわれています。平子真子や藍染惣右介など卍解が使えるにも関わらず『BLEACH』では描かれなかったキャラクターも存在します。そのため物語の序盤では卍解する予定はなく、千年血戦篇で急遽卍解が考えられたのではないかと考察されています。

卍解発動をためらう理由③キャラのイメージ

浦原喜助はサポート役に徹しているというイメージがありました。戦闘でもメインで戦うことはほとんどありません。このように、サポート役の浦原喜助のイメージを崩さない卍解を考えるのに苦戦したのではないかといわれています。

卍解発動をためらう理由④性格

浦原喜助は開発や研究に関して自分の手でつくることをモットーにしています。しかし卍解は自分の思い通りになんでも作り変えてしまうことができます。浦原喜助にとって卍解の能力はそのモットーに反するものなので、使いたがらないのではないかといわれています。

【BLEACH】握菱鉄裁が強い?鬼道と禁術とは!浦原商店勤務中

あわせて読みたい

【BLEACH】握菱鉄裁が強い?鬼道と禁術とは!浦原商店勤務中

大人気漫画『BLEACH』には握菱鉄裁というキャラクターが登場します。握菱鉄裁は浦原喜助と共に浦原商店を営んでいる従業員の1人です。握菱鉄裁の強さや能力、禁術や握菱鉄裁の声を担当した声優などをご紹介していきます。

浦原喜助の卍解の世間での評判

浦原喜助の卍解は長い間謎でした。『BLEACH』で描かれたのも物語の終盤です。そのため、浦原喜助が卍解した時にはネット上でも話題になりました。ここでは浦原喜助の卍解に関する評判をまとめています。

世間での評判①

『BLEACH』のアニメは死神代行消失篇までしか放送されていません。そのためアニメで浦原喜助の卍解を見たいという声がたくさんありました。実は2020年には千年血戦篇のアニメ制作が発表されています。千年血戦篇は浦原喜助だけでなく京楽春水や更木剣八の卍解も描かれているので、楽しみにしている方もいるようです。

世間での評判②

斬魄刀の性格は持ち主の性格に影響されることが多いのですが、浦原喜助の「観音開紅姫改メ」はイメージどおりだという声がたくさんありました。浦原喜助は技術開発局を立ち上げた人物で、元12番隊隊長です。開発をメインとする死神だった浦原喜助らしい卍解です。

世間での評判③

浦原喜助の卍解は自分の体を改造しながら戦う事ができるので、チート能力だといわれています。しかし浦原喜助は藍染惣右介との戦いで卍解は見せませんでした。

原作でなかなか浦原喜助の卍解が描かれなかったのは、卍解に頼らず様々な手札を持っているからだと考察する方もいました。実際にアスキン・ナックルヴァールも、浦原喜助の用意した手段の数には驚いていました。

【BLEACH】平子真子の卍解は?斬魄刀や能力も!他の死神との関係も考察

あわせて読みたい

【BLEACH】平子真子の卍解は?斬魄刀や能力も!他の死神との関係も考察

『BLEACH』には平子真子という仮面の軍勢のリーダー格の男が登場します。実は元五番隊隊長で卍解も使うことができます。この記事では平子真子の斬魄刀の能力や山本元柳斎重國・黒崎一護など他の死神との関係を紹介します。またプロフィールや声優などもまとめています。

浦原喜助の卍解は都市伝説も囁かれる独自の強さ

『BLEACH』に登場する浦原喜助は謎の多い人物なので、卍解に関して様々な都市伝説が囁かれていました。またその卍解はチートだといわれるほどの強さがあります。浦原喜助の卍解は『BLEACH』の73巻で描かれているのでぜひ読んでみてください。

セオ

この記事のライター

セオ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【BLEACH】cまとめ!メンバーと能力や強さは?破面大集合

BLEACH

【BLEACH】cまとめ!メンバーと能力や強さは?破面大集合

本記事では漫画『BLEACH』に登場する十刃(エスパーダ)の能力や仕組み、死神との関係性などについて詳しく紹介していきます。十刃の最強ランキングなども紹介していきますので、『BLEACH』を見た事ない方や見た事ある方も是非最後までご覧ください。

【BLEACH】黒崎一護まとめ!技や能力も!結局何者?これが黒崎一護!

BLEACH

【BLEACH】黒崎一護まとめ!技や能力も!結局何者?これが黒崎一護!

『BLEACH』の黒崎一護は家族思いで心優しい主人公で家族の血統や声優なども注目される人気キャラであり、斬魄刀も人気があります。今回は『BLEACH』の主人公・黒崎一護についてプロフィールや声優や家族、斬魄刀『斬月』や技など様々なことを紹介していきましょう。

【BLEACH】ユーハバッハまとめ!能力や技は?チート級キャラの倒し方

BLEACH

【BLEACH】ユーハバッハまとめ!能力や技は?チート級キャラの倒し方

『BLEACH』の千年血戦篇に登場するユーハバッハは滅却師の始祖で、黒崎一護が戦意喪失するほどの強敵でした。ここではユーハバッハが『BLEACH』の劇中で使用した技や能力について紹介します。またその正体に関する考察などもまとめています。

【BLEACH】フラシオンとは!各メンバーを紹介!従属官まとめ

BLEACH

【BLEACH】フラシオンとは!各メンバーを紹介!従属官まとめ

『BLEACH』にはフラシオン(従属官)が登場します。フラシオン(従属官)はエスパーダ(十刃)の側近のような破面です。『BLEACH』では護廷十三隊の隊長や副隊長達と戦いました。ここではフラシオン(従属官)にはどんなキャラクターがいるのかを紹介します。

【BLEACH】最強は誰?最強キャラランキング!

BLEACH

【BLEACH】最強は誰?最強キャラランキング!

「BLEACH」はキャラクターが多数登場します。どのキャラも個性的でバトルシーンを盛り上げてくれます。この記事では「BLEACH」に登場するキャラクターで誰が最強なのかをランキング形式でまとめていきます。「BLEACH」の最強キャラをぜひ知っていってください。

【BLEACH】黒棺とは!鬼道最強?藍染惣右介や鹿児島との関係も?

BLEACH

【BLEACH】黒棺とは!鬼道最強?藍染惣右介や鹿児島との関係も?

『BLEACH』の藍染惣右介が詠唱する「黒棺」はその文言や発動時のカッコ良さも相まって人気の技の一つです。それと同時にネット上での「黒棺」は面白いネタという認識があります。今回はそんな『BLEACH』の鬼道「黒棺」について強さや面白さを紹介していきます。

【BLEACH】滅却師とは!能力や死神と関係などまとめ

BLEACH

【BLEACH】滅却師とは!能力や死神と関係などまとめ

滅却師は『BLEACH』の最終章である「千年血戦篇」で死神たちと全面戦争をする存在であり、能力や死神との関係、「最後の生き残り」石田雨竜についてなど多くの点が注目されています。今回は『BLEACH』の『滅却師』について、様々なことを紹介していきましょう。

【BLEACH】千年血戦篇まとめ!見えざる帝国?星十字騎士団?ネタバレも

BLEACH

【BLEACH】千年血戦篇まとめ!見えざる帝国?星十字騎士団?ネタバレも

『BLEACH』の千年血戦篇では新たなる敵・ユーハバッハが登場します。ユーハバッハは見えざる帝国の星十字騎士団を率いて尸魂界を襲撃しました。黒崎一護が戦いで最も苦戦した相手でもあります。ここでは『BLEACH』の千年血戦篇の最後についてネタバレを紹介します。

【BLEACH】名言一覧!オサレポエムの宝庫?厳選名言祭り

BLEACH

【BLEACH】名言一覧!オサレポエムの宝庫?厳選名言祭り

『BLEACH』にはキャラクターの名言がたくさんあり、単行本には毎回巻頭ページにポエムが掲載されています。ファンからはオサレポエムと呼ばれる人気ポエムでもあります。この記事では『BLEACH』の名言やオサレポエムを一覧でまとめて紹介します。

【BLEACH】最終回まとめ!ネタバレ要素盛り沢山!各キャラのその後なども

BLEACH

【BLEACH】最終回まとめ!ネタバレ要素盛り沢山!各キャラのその後なども

『BLEACH』は2016年に最終回を迎えました。最終回では黒崎一護の子供が登場します。この記事では、『BLEACH』のこれまでのストーリーのおさらいをしながらネタバレを紹介します。また原作漫画とは違うアニメの最終回もまとめています。

BLEACHの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード