【ナルト】うちはイタチの名言BEST10!心に響く男前なセリフを紹介

お気に入りに追加

ナルトの登場キャラクターで圧倒的人気を誇るうちはイタチ。彼の能力は勿論の事、その男前な生き様が多くのファンの心を掴んでいます。そんなうちはイタチは作中で多くの名言を残しています。彼の生き様を垣間見える名言達を紹介していきたいと思います。

【ナルト】うちはイタチの名言BEST10!心に響く男前なセリフを紹介

目次

  1. うちはイタチとは?
  2. うちはイタチの名言や台詞BEST10~4
  3. うちはイタチの名言や台詞BEST3
  4. うちはイタチの能力や技
  5. うちはイタチの過去の真実を考察
  6. うちはイタチに対する世間での評判や人気
  7. うちはイタチの名言は男前でかっこいい

うちはイタチとは?

うちはイタチとは、うちはサスケの実兄であり、木の葉隠れの里の抜け忍です。犯罪組織「暁」のメンバーの一人で、うちは一族に伝わる「写輪眼」と呼ばれる特殊な瞳を持っています。そのカッコいいルックスと高い能力からナルトの中でも高い人気を誇るキャラクターです。

うちはイタチのプロフィール

  • 名前 うちはイタチ
  • 忍者登録番号 012110
  • 誕生日 6月9日
  • 血液型 AB型
  • 身長 175.2cm(18歳) → 178cm(21歳)
  • 体重 57.1kg(18歳) → 58kg(21歳)
  • 好きな食べ物 おむすび(こんぶ)、キャベツ
  • 嫌いな食べ物 ステーキ
  • 好きな言葉 平和
  • 趣味 甘味処めぐり
  • 忍者学校卒業年齢 7歳
  • 中忍昇格年齢 10歳
  • CV 石川英郎、寺崎裕香(幼少期)

うちはイタチの性格

うちはイタチは、かつてサスケ以外のうちは一族を皆殺しにし、里を抜けた経緯があります。また、能力が高く忍術や体術、写輪眼による幻術に秀でた天才とも呼ばれています。ナルトの第一部では、冷酷、怜悧な性格と紹介されていますが、第二部では自己犠牲的であると書かれており、本来の性格は温和で平和主義です。目的を達成する為に、己を押し殺していたうちはイタチは確かに自己犠牲的であると言えるでしょう。

ナルト(NARUTO)の概要

ナルトは、週刊少年ジャンプで1999年~2014年まで連載されていた「忍者」を題材にした人気少年漫画です。全700話、単行本は72巻と外伝1巻が発売されています。ナルトは「ワンピース」と並び、ジャンプ二大看板として国民的人気漫画として高い人気を誇り、2002年にはアニメ化され、アニメは10年以上放送されていました。「忍者」というコンセプトから、日本だけでなく海外人気も強い作品です。

ナルト(NARUTO)のあらすじ

主人公、「うずまきナルト」は木の葉隠れの里の中でも落ちこぼれの忍者でした。過去に里を襲った尾獣・九尾の狐がナルトの中に封印されており、里の中で嫌われ者という悲しい幼少期を過ごしていました。しかし、恩師に会い忍術を磨き、大切な仲間との出会いと別れを繰り返しながら里一番の忍者「火影」になるべく過酷な任務を全うしていきます。

【ナルト】潜影蛇手(せんえいじゃしゅ)は誰の技?強さや能力を徹底調査

あわせて読みたい

【ナルト】潜影蛇手(せんえいじゃしゅ)は誰の技?強さや能力を徹底調査

『NARUTO-ナルト-』に登場する「大蛇丸」の必殺技のひとつ「潜影蛇手」。SNSやYouTubeで大人気となった「とっくん」と「潜影蛇手」のエピソードから、「潜影蛇手」と「大蛇丸」の実際の強さまで『NARUTO-ナルト-』で人気の「潜影蛇手」を解説します!

うちはイタチの名言や台詞BEST10~4

ナルトの作品の中でも重要なキーパーソンとなるうちはイタチ。彼の生涯は悲しくも、弟を愛する気持ちで溢れていました。そんなうちはイタチの名言や台詞を紹介していきます。

10位:名言「一度でも仲間に手をかけた…」

一度でも仲間に手をかけた人間はろくな死に方をしないものだ。

出典: live-the-way.com

ナルト54巻、イタチと鬼鮫の会話シーンです。うちはイタチは過去にうちは一族を壊滅させています。仲間を裏切るという事は大きなしっぺ返しを食らうという事でしょう。うちはイタチがろくな死に方をしないと理解していながらも、里の為に身を粉にする姿はうちはイタチの自己犠牲的な性質も関係しているのでしょうか?

9位:名言「里がどんなに闇や矛盾を…」

里がどんなに闇や矛盾を抱えていようと オレは木の葉の うちはイタチだ

出典: meigenkakugen.net

うちはイタチは犯罪組織「暁」に所属していますが、実は木の葉の上層部の命を受けて潜入している二重スパイでした。里の平和の為に苦境に身を置くイタチは、周りからいかに裏切り者として見られていたとしても、自分は木の葉の所属であると語る所は、うちはイタチの忍としてのプロ意識の高さが垣間見えます。

8位:名言「知識や認識とは…」

知識や認識とは曖昧なモノだ、その現実は幻かもしれない。人は皆思い込みの中で生きている、そうは考えられないか?

出典: meigenkakugen.net

この台詞は、サスケに対してイタチが語ったシーンです。人の認識は確かに不確かで、知識も情報が更新されてしまえば容易に書き換えられるものです。人間の思い込みや偏見によって、実際に見ている現実が実は全然違った、という事は間々ある事でしょう。現代社会にも通用する深い名言です。

7位:名言「どんな術にも弱点…」

どんな術にも弱点となる穴は必ずある!

出典: meigenkakugen.net

第四次忍界対戦でカブトとの闘いで放った台詞です。ここでの「どんな術」とは、「穢土転生」と呼ばれる禁術で、生贄を用いて死者を蘇らせ術者の思い通りに操る術です。この後に続く台詞でイタチは「この俺の存在だ」と語っていることから、うちはイタチの強さと自信が良く分かる台詞になっています。

6位:名言「己自身を認めてやる…」

己自身を認めてやることができない奴は失敗する、かつてのオレのようにな

出典: meigenkakugen.net

この台詞は第四次忍界対戦、カブト戦でのシーンです。己自身を認めるという事は、自分が弱点としている事や、出来ない事を素直に認めるという事です。うちはイタチの様に、昔から「天才」と呼ばれている程能力が高い人は恐らくそんな自分の弱みを認める事が難しかったのではないでしょうか?自分にも欠点があると認める事で、他人を大切にしたり、仲間に助けを求める事が出来るようになり成功に繋がるとイタチは話しています。

5位:名言「オレは一人で何でも…」

オレは一人で何でもしようとし・・・失敗した・・・今度は・・・それこそ仲間に任せるさ

出典: meigenkakugen.net

この台詞は第四次忍界対戦でのナルトとの会話のシーンです。うちはイタチは昔から人よりも全ての事に秀でた天才でした。圧倒的な能力を持ってしまうと、自分は何でも出来る全能感に溺れ、他人を寄せ付けず全て自分で解決しようとしてしまいます。大きな目標であれば有るほど、一人で出来る事は限られてしまうので、仲間を頼る事の大切さを説いた台詞になっています。

4位:名言「火影になった者…」

火影になった者が皆から認められるんじゃない、皆から認められた者が火影になるんだ

出典: meigenkakugen.net

この台詞は第四次忍界対戦にて、火影となって力を手に入れたナルトが一人で無茶をしようとする際に放った台詞です。かつて、一人で全てを背負い込み失敗したうちはイタチだからこそ、仲間を頼る事を忘れるなとナルトに説いています。イタチが語るからこそ説得力のある台詞です。

【ナルト】暁のメンバーの能力や術を紹介!最強の忍集団の強さとは?

あわせて読みたい

【ナルト】暁のメンバーの能力や術を紹介!最強の忍集団の強さとは?

『ナルト』に登場する暁(あかつき)は、各里から抜けた抜け忍によって構成されています。暁のメンバーは桁外れの実力を持つものばかりです。暁は「犯罪集団」とされていますが、ファンからは人気が高い集団です。そんな暁のメンバーや暁の目的、強さや技についてご紹介します。

うちはイタチの名言や台詞BEST3

ついにBEST3の紹介です。ここからはストーリーの感動的なシーンが蘇る読者の方も多いのではないでしょうか?

3位:名言「お前とオレは唯一無二の…」

お前とオレは唯一無二の兄弟だ。お前の越えるべき壁としてオレはお前と共に在り続けるさ、たとえ憎まれようともな…それが兄貴ってもんだ。

出典: meigenkakugen.net

かつて、幼少期のサスケに言った台詞です。当時は里の平和の為か、一族を守るかという厳しい選択を迫られていたイタチですが、何も知らない最愛の弟に優しく語りかけています。まだ13歳の台詞とは思えない程、うちはイタチの器の大きさを感じさせます。いかにサスケが大切なのかが伝わってくる台詞です。

2位:名言「お前がこれからどうなろうと…」

お前が、これからどうなろうとオレはお前のことをずっと愛している

出典: meigenkakugen.net

この台詞は穢土転生で蘇った後、弟・サスケに言った最期の別れの言葉です。イタチのサスケへの深い愛が伝わる台詞です。このシーンは思わず涙が出た読者の方も多かったのではないでしょうか?里の平和と、愛する弟の為に命を賭して激動の人生を歩んだイタチの生き様は、サスケは勿論の事、多くの人々の心に多大な影響を与えました。

1位:名言「許せサスケ…」

許せサスケ、これで最後だ

出典: meigenkakugen.net

栄えある一位はやはりこちらの名言です。イタチVSサスケでのシーンにて、全ての事を隠し通して里や弟の為に死力を尽くしたイタチの最期のこの台詞は悲しくもありますが、感動的です。イタチはサスケに写輪眼の能力「天照」を授けた後、亡くなりました。弟を想う優しい兄であるイタチの本当の姿が見えた瞬間でもありました。

【ナルト】映画を見る順番のおすすめは?最新作までの時系列や見どころを紹介

あわせて読みたい

【ナルト】映画を見る順番のおすすめは?最新作までの時系列や見どころを紹介

「週刊少年ジャンプ」で連載され、長きにわたり愛されている人気作品『ナルト』はアニメ化だけでなく映画化もされており、数々の作品があります。今回はそんな『ナルト』の映画の見る順番や公開順以外での視聴順番など、あらすじや見どころと共にご紹介します。

うちはイタチの能力や技

うちは一族の中でも抜きんでた存在だったイタチ。どれだけ優れた人物だったのでしょうか?能力や技を紹介していきます。

写輪眼とは?

写輪眼とは、うちは一族に遺伝的に伝わる血継限界と呼ばれる特殊能力で、写輪眼が開眼すると瞳が赤くなり、瞳孔の周囲に巴型の模様が浮かび上がるようになります。写輪眼の能力は、開眼者の精神状態と連動しており、憎しみの感情が強くなると写輪眼の能力も上昇するという特性を持ちます。脳から特殊なチャクラが錬成され、それが視神経に影響を及ぼす事でチャクラを可視化出来たり、動体視力が飛躍的に上昇する為、見切った技をコピーする事が出来ます。

万華鏡写輪眼とは?

万華鏡写輪眼とは、写輪眼の究極の完成形と言われており、うちは一族の中でも開眼した者は数名しかいない程伝説級の魔眼です。写輪眼よりも圧倒的に能力が高く、最強の尾獣である九尾を封印する事が出来る程だと言われています。しかし、万華鏡写輪眼の開眼条件は、親しい者と死に別れる程に強い精神的ストレスを受け、深い負の感情を抱く事が条件であるとされており、術者に大きな代償を強いる能力の為、うちは一族の中でも秘匿情報とされてきました。

イタチの万華鏡写輪眼の技や能力

魔眼の中でも最強クラスの「万華鏡写輪眼」。その能力や技を紹介していきます。

技や能力①天照

イタチの右目に宿る能力で、敵を燃やし尽くすまで消えない黒い炎を出現させる事が出来ます。その威力は火遁の術と比べ物にならない程に強力で、対象を瞳の中に映すだけで発動する事が出来ます。しかし、威力が膨大な分、消費するチャクラの量も膨大であり、発動する度に血涙を流す程術者にとっても負担が大きい能力です。イタチは目を瞑る事で鎮火も可能です。

技や能力②月読

イタチの左目に宿る能力です。通常、幻術世界での時間は現実と同様に時間が経過していきますが、この能力は幻術のみならず、時間さえも術者の好きな様に時間を操る事が出来るという能力です。

技や能力③須佐能乎

万華鏡写輪眼最強の技と呼ばれる須佐能乎(スサノオ)。須佐能乎を発動できるうちは一族は極めて稀であり、膨大で高密度のチャクラで生成された巨大な骸骨を操る事が出来ます。この能力には段階があり、完全体は尾獣にすら匹敵する程の能力を持つとされています。しかし、膨大な量のチャクラが必要になるのと全身の細胞に負担がかかる為、最後の切り札となる技です。

【ナルト】穢土転生を徹底考察!復活したメンバー一覧や術の解除も解説

あわせて読みたい

【ナルト】穢土転生を徹底考察!復活したメンバー一覧や術の解除も解説

『ナルト』の穢土転生は作中では禁術として登場しており、特に第四次忍界大戦時にはストーリーを大きくかき乱す要素になっています。そんな『ナルト』の穢土転生について漫画やアニメの何話に登場したか、術の解除方法や欠点、作中で復活したメンバーなどをまとめました。

うちはイタチの過去の真実を考察

里の平和と弟の為に奔走し続けたイタチでしたが、その裏では多くの嘘で真実が隠されていました。イタチの過去と真実を考察していきます。

考察①クーデターを計画していたうちはフガク

イタチの実の父親、うちはフガクは木の葉隠れの里に対しクーデターを企てていました。クーデターに至る原因は、うちは一族と木の葉の里の確執にあるようです。その確執とは、80年ほど前の戦国時代に遡ります。かつて、2大最強忍と呼ばれた「森の千手一族」と「うちは一族」は長く対立してきました。しかし、お互いに疲弊していた千手とうちはは休戦し火の国との協定を結んで一国一里の「木の葉の里」を建国しました。

初代火影は千手柱間(せんじゅはしらま)になった事で、うちはマダラは千手一族にうちは一族が駆逐されてしまうと危機感を覚えます。うちは一族に千手と戦う様呼びかけますが一族は応じず、マダラは里を抜け木の葉の里に戦いを挑みますが、千手柱間に倒されてしまいます。その後、2代目火影の千手扉間はうちは一族に「木の葉警部部隊」の役職を与えますが、実際にはうちは一族を監視下に置き、政権から遠ざける為でした。その後、木の葉の実権は千手一族が掌握する事となります。

そして、木の葉の里から16年前に起きた尾獣・九尾による里の急襲はうちは一族の仕業ではないのかとあらぬ疑いを掛けられてしまいます。実際には違った訳ですが、この疑いによりうちは一族はさらに厳重な監視下に置かれる事により、里の隅に追いやられ、肩身の狭い生活を強いられました。このような背景から、うちは一族は里に対しクーデターを企てたのです。

考察②うちはイタチの極秘任務

イタチの極秘任務とは、「うちは一族の全員抹殺後、里を抜ける事」でした。木の葉の上層部は、一族のしがらみに囚われる事なく平和を好むイタチに目を付け、イタチに選択を迫ります。「うちは側に付いてクーデターを起こし全滅するか」、「木の葉側に付いてサスケを残しうちはを全滅させるか」という究極の二択です。齢13歳の少年に酷な選択をさせますが、イタチが選んだのは後者でした。

考察③サスケだけは殺せなかったイタチ

里の平和の為に、一族を皆殺しにするという選択をしたイタチでしたが、サスケだけは殺せませんでした。両親や恋人、師匠をこの手で殺してもサスケは殺せなかったという事実が、いかにイタチにとってサスケが尊い存在であったかが分かるかと思います。サスケには、いつか同じ瞳を持って来いと伝え、その場から去るのでした。

考察④極秘任務を与えられたイタチの心情

イタチの両親は、イタチが木の葉の里側に付いた事を知っていました。知っていながら、作戦決行の夜「考え方は違っても、お前を誇りに思う。お前は優しい子だ」「サスケを頼んだぞ」と言い残していました。イタチは泣きながらも任務遂行を果たすのでした。この時のイタチの心情は計り知れません。この時の深い悲しみが糧として、のちに写輪眼の能力向上に繋がるのは何とも皮肉です。

【ナルト】万華鏡写輪眼の種類や所有者まとめ!うちは一族の秘術を紹介

あわせて読みたい

【ナルト】万華鏡写輪眼の種類や所有者まとめ!うちは一族の秘術を紹介

『ナルト』には、万華鏡写輪眼と呼ばれる能力が存在します。万華鏡写輪眼によって発動する能力は眼を使う事から瞳術と呼ばれ『ナルト』の作中でも最強クラスの能力となっています。そんな万華鏡写輪眼の能力や使用者との関係について紹介します。

うちはイタチに対する世間での評判や人気

過酷な任務を背負わされながら、里や弟の為にその生を全うしたイタチ。そんなイタチの世間での評判や人気を紹介していきます。

イタチのカッコよさに関するツイートが散見されます。

これはファンならあるあるなのではないでしょうか?どうにかイタチが生き残れる方法はなかったのかと考えてしまう気持ちが理解出来ます。

やはりイタチとサスケの兄弟愛について言及されているコメントがかなり多かったです。ナルトの物語の中でも、この2人のシーンは見どころです。

【ナルト】うちはイタチの声優は石川英郎!代表作や出演作品を紹介

あわせて読みたい

【ナルト】うちはイタチの声優は石川英郎!代表作や出演作品を紹介

幅広い世代に人気の漫画『ナルト』には魅力的なキャラクターが数多く存在します。今回はナルトのうちはイタチの声優『石川英郎』に焦点を当てて調査していきます。その他、うちはイタチ声優の代表作、出演作品、世間での評判を紹介します。

うちはイタチの名言は男前でかっこいい

うちはイタチの名言から、彼の壮絶な生き様が垣間見えたのではないでしょうか?本当に彼は愛の為に生きた男だったと思います。他人の為に自らの犠牲を厭わず死力を尽くす姿は、多くの人々の心に焼き付いて離れないでしょう。

【ナルト】デイダラとサソリはどっちが強い?二人の強さや能力から考察

あわせて読みたい

【ナルト】デイダラとサソリはどっちが強い?二人の強さや能力から考察

ナルトにて特にキャラクター人気が高かった暁のデイダラとサソリ。芸術コンビとしても知られている2人ですがファンの間ではどちらが強いのかで話題になっています。本記事ではデイダラとサソリの強さや能力をまとめていく他、2人の人気の理由についてもまとめていきます。

木戸里香

この記事のライター

木戸里香

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【ナルト】主要キャラの名言一覧!有名なものや感動するセリフまで

ナルト

【ナルト】主要キャラの名言一覧!有名なものや感動するセリフまで

『週刊少年ジャンプ』連載のマンガ作品には多くの名言が存在しますが、その中でご紹介するものは『ナルト』の名言です。今回の記事では主人公うずまきナルトを含めた『ナルト』主要キャラ4人の名言や、その他のキャラの名言についてもお届けします。

ナルトとヒナタが結婚?馴れ初めや結婚式のシーンまで徹底紹介!

ナルト

ナルトとヒナタが結婚?馴れ初めや結婚式のシーンまで徹底紹介!

『NARUTO-ナルト-』の主人公・うずまきナルトは日向ヒナタと結婚しています。この二人が結婚に至るまでどのような経緯を辿ったのでしょうか?本記事ではナルトとヒナタの馴れ初めから結婚式までのシーンと併せて、二人の子供やナルトの初恋などを徹底紹介します。

【ナルト】ミツキの父親の正体は?仙人モードについても解説

ナルト

【ナルト】ミツキの父親の正体は?仙人モードについても解説

ナルトの続編である「ボルト」に登場する謎多き少年・ミツキ。ミツキの父親の正体がナルト本編でも良く登場した木の葉と確執あるあの人物であった事が話題になっています。ミツキの父親の正体とは一体誰なのか?ミツキが生得している仙人モードについても詳しく紹介します。

【ナルト】カルイの人物像や特徴まとめ!性格やチョウジとの関係を紹介

ナルト

【ナルト】カルイの人物像や特徴まとめ!性格やチョウジとの関係を紹介

ナルトに登場しているカルイは雲隠れのくノ一として活躍していたキャラクターです。第4次忍界大戦ではゼツと対決し、最後には秋道チョウジと結婚したことで話題になりました。本記事ではナルトに出てきたカルイの人物像や特徴、子供や結婚理由などについてまとめていきます。

【ナルト】ヤマトの強さや正体まとめ!意外な過去や大蛇丸との関係は?

ナルト

【ナルト】ヤマトの強さや正体まとめ!意外な過去や大蛇丸との関係は?

ヤマトとは【ナルト】に登場するキャラクターの一人です。【ナルト】には第2部から登場し、カカシの代わりにカカシ班の隊長として就任しました。班長として慕われる一方、暗い過去の影も引きずっています。今回は【ナルト】の登場人物ヤマトについてご紹介します。

【ナルト】作者の岸本斉史の現在の活動は?新作や弟についても

ナルト

【ナルト】作者の岸本斉史の現在の活動は?新作や弟についても

ジャンプ作品には人気マンガ作品を連載してきた数多くの有名作者がいますが、その中でご紹介する作者は『ナルト』を執筆した「岸本斉史」先生です。今回の記事では『ナルト』完結後の岸本斉史先生の現在の活動状況や新作について、また彼の弟の情報についてもご紹介します。

 【ナルト】登場人物を一覧で紹介!主要キャラの相関図や名前の由来も

ナルト

【ナルト】登場人物を一覧で紹介!主要キャラの相関図や名前の由来も

忍者とファンタジーを融合させた大人気漫画『ナルト』。個性的な忍術や独特な世界観が世界的にも受け入れられている本作品は、魅力的な登場人物とそれぞれの相関図が豊富なことでも有名です。本記事ではナルトの登場人物を一覧でまとめていきます。

【ナルト】日向ハナビが両目を失明した理由は?名言や名シーンも

ナルト

【ナルト】日向ハナビが両目を失明した理由は?名言や名シーンも

『ナルト』の登場人物で第八班のメンバーである日向ヒナタの妹の日向ハナビ。日向ハナビには作中で両目を失明するという衝撃的なシーンがあります。日向ハナビが両目を失明した理由について、『ナルト』に登場する日向ハナビの名言や名シーンと合わせて紹介します。

【ナルト】うちはオビトはトビの正体だった?能力や過去を紹介

ナルト

【ナルト】うちはオビトはトビの正体だった?能力や過去を紹介

『ナルト』には本来の正体を隠しているキャラがたくさんいますが、その中でご紹介するキャラは「うちはオビト」です。今回の記事では、うちはオビトの持っている能力や性格だけでなく仮面を被っているトビの正体がうちはオビトである情報についてもご紹介します。

【ナルト】君麻呂の強さや血継限界を紹介!壮絶な過去や大蛇丸との関係とは?

ナルト

【ナルト】君麻呂の強さや血継限界を紹介!壮絶な過去や大蛇丸との関係とは?

『ナルト』に出てくる敵キャラの君麻呂は音の五人衆で最も強く、リーダーも務めています。独特の雰囲気を持つ君麻呂はどんな人物なのでしょうか。本記事では君麻呂の持つ強さと技、血継限界について詳しく解説していくと共に、アニメ版『ナルト』の君麻呂の声優情報も紹介します。

ナルトの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード