【ナルト】志村ダンゾウの強さや正体とは?目的や声優情報も調査

お気に入りに追加

ナルトに登場した志村ダンゾウは木の葉隠れの暗部『根』の創設者でリーダーであり、その強さはカカシやイタチ等の実力者に評価されています。この記事では、ダンゾウの強さや目的・正体、ナルトのアニメでダンゾウを演じた声優や作中での台詞等を紹介していきます。

【ナルト】志村ダンゾウの強さや正体とは?目的や声優情報も調査

目次

  1. ダンゾウとは?
  2. ダンゾウの強さや術
  3. ダンゾウの正体や目的・最後
  4. ダンゾウの声優
  5. ダンゾウの名台詞
  6. ダンゾウに対する世間での評判や人気
  7. ダンゾウは写輪眼を使う強いキャラだった

ダンゾウとは?

志村ダンゾウは木の葉隠れの里暗部『根』の創設者でリーダーであり、ナルト作中では一時的に火影候補に就任しています。ナルトが差別を受けるきっかけとなったのもダンゾウが影響している事が、アニメでは描かれています。まずはダンゾウがどのような人物か、プロフィールを紹介していきます。

ダンゾウのプロフィール

  • 本名:志村ダンゾウ
  • 年齢:72歳(第2部)
  • 所属:木の葉隠れの里
  • 階級:上忍
  • 身長:170cm
  • 体重:52kg
  • 声優:糸博、加藤将之(幼少時)

ダンゾウは顎に☓印の傷が特徴の人物で、木の葉隠れの里にある暗部養成部門『根』の創設者でリーダーを務めていて、人の良い三代目火影・猿飛ヒルゼンに変わり里の汚れ仕事を引き受けています。ダンゾウとヒルゼンは幼馴染で、共に二代目・千手扉間の教え子でありライバルといえる関係です。実力も高く、カカシ・イタチ等の実力者からもその強さを認められています。

ナルト(NARUTO)の概要

ナルトは岸本斉史さんが1999年から2014年まで週刊少年ジャンプに連載していた漫画作品です。原作は全700話で単行本72巻が発売されています。アニメは第一期が220話、第二期は500話が放映されています。2016年からはナルト最終話以降の話を描いた『ボルト』が連載されています。

ナルト(NARUTO)のあらすじ

ナルトは忍者を目指し、アカデミーに通っていますがイタズラ三昧の落ちこぼれの生徒でした。ナルトは卒業試験に3回連続で落ちてしまい、とある事件に巻き込まれてしまいます。事件を解決したナルトは担任のイルカに認められ、卒業の証である額当てを与えられ晴れて下忍となります。ナルトは火影を目指し、第7班の隊長を務めるはたけカカシの下で、うちはサスケ・春野さくらと共に任務をこなしていきます。

【ナルト】ヤマトの強さや正体まとめ!意外な過去や大蛇丸との関係は?

あわせて読みたい

【ナルト】ヤマトの強さや正体まとめ!意外な過去や大蛇丸との関係は?

ヤマトとは【ナルト】に登場するキャラクターの一人です。【ナルト】には第2部から登場し、カカシの代わりにカカシ班の隊長として就任しました。班長として慕われる一方、暗い過去の影も引きずっています。今回は【ナルト】の登場人物ヤマトについてご紹介します。

ダンゾウの強さや術

ダンゾウは、ダンゾウと戦って生き残ったサスケに対してイタチが『お前よく生き残ったな』と驚愕するほどの強さを持つ実力者です。作中でダンゾウは風遁の術と木遁の術や、包帯が巻かれている右眼と右腕の下に埋め込まれている写輪眼を使用して戦っています。ダンゾウの使用する術や術の強さ等を解説していきます。

強さ①風遁系の術が中心

ダンゾウは木の葉隠れの里の中でも使用者が少ない風遁を使用します。『風遁・真空玉』『風遁・真空大玉』『風遁・真空波』『風遁・真空連波』を作中で使用しました。ダンゾウの風遁の強さは20人程度の暗殺部隊を一蹴し、風遁・真空連波でサスケの第2段階の須佐能乎に隙間を開けるほどの強さを発揮しています。ちなみに、サスケの第1段階の須佐能乎ですら我愛羅・カンクロウ・テマリ・ダルイの攻撃でも傷一つつけられないほど強固です。

強さ②木遁の術も使用できる

ダンゾウの右肩には初代火影の千住柱間の細胞が移植されているため木遁を使用する事ができます。しかし、木遁を使用するとチャクラを大量に消費してしまうためやむを得ない場合以外は使用は控えています。

強さ③右腕には多数の写輪眼がある

ダンゾウの右腕に巻いてある包帯の下には、写輪眼が埋め込まれています。さらにダンゾウの右腕は大蛇丸の実験台であったうちはシンの腕を移植し、柱間細胞を埋め込んで写輪眼使用時の負担を軽減しています。柱間細胞の制御ができてないため不完全ですが、うちはの禁術のイザナギも使用する事ができます。柱間細胞は、ダンゾウの右眼に埋め込まれたうちはシスイの万華鏡写輪眼の瞳術の別天神の使用サイクルの短縮もしています。

【ナルト】 暗部メンバーを一覧で紹介!正式名称や弱いと言われる理由を調査

あわせて読みたい

【ナルト】 暗部メンバーを一覧で紹介!正式名称や弱いと言われる理由を調査

『ナルト』にはいくつかの特殊部隊が存在しますが、その中でご紹介する部隊は「暗部」です。今回の記事では暗部の正式名称や所属メンバーの一覧だけでなく、『ナルト』における木ノ葉隠れの里以外の暗部はどういったものなのかについてご紹介します。

ダンゾウの正体や目的・最後

ダンゾウはイタチがうちは一族を虐殺した事件等、ナルトで起こった事件の多くに関わっています。それらは里や忍界のことを考えての行動だったようです。しかし、雨隠れの半蔵と手を組んで暁の弥彦を殺害した事で後に長門が木の葉隠れの里を襲撃する事態を招き、薬師ノノウを現役復帰させた事でカブトの里抜けを招いています。ダンゾウが行動した結果、里や忍界に多くの窮地を引き起こしているのです。ここでは、そんなダンゾウの目的や最後のシーンについて解説していきます。

ダンゾウの正体や目的

ダンゾウは木の葉の里の人間からも野心家と思われていますが、その目的はただ木の葉の里を守る事です。『自己犠牲は忍びの本分』という考えをしていて、自分が疎まれることも承知でどんな手段を使っても里を守ろうとし、人の良いヒルゼンが出来ない事をやっています。実際に自分を犠牲にして里を守ったイタチの忍びとしての評価は非常に高く、サスケを守るというイタチとの約束はダンゾウは守っていました。

ダンゾウは、師である扉間の効率や合理性を重視するやり方を受け継いでいます。しかし、ダンゾウは手っ取り早く物事を解決しようとして目先の事にとらわれて先の事を見なかったため、ダンゾウの行動は多くの危機を引き起こしてしまいました。そのため、『凡人が扉間の真似をするとダンゾウになる』等と言われてしまっています。

ダンゾウとヒルゼンの関係

ダンゾウと3代目火影の猿飛ヒルゼンは幼馴染で木の葉隠れの里の中で数少ないダンゾウの理解者です。かつて2人は、3代目火影の座を奪い合ったライバルでもあります。ヒルゼンが光を浴びる木の葉なら、自分は闇の中の根であるとダンゾウ自身が発言していますが、ヒルゼンはダンゾウに闇を背負わせた事を後悔しています。この事からヒルゼンが長期に渡って里を安定できていたのも、ダンゾウの功績が大きいと思われます。

ダンゾウはいいやつだった?

ダンゾウの行動は後に、『やり方に問題はあったにせよ、彼なりの里の為に動いていた』と評価されている事から里を守りたいという気持ちは本物です。やり方に問題はありましたが、火影であるヒルゼンが甘い人物であったためダンゾウが里の闇と言える部分を全部背負ってしまった部分もあります。一言でいい悪いと区別できる人物では無いです。

ダンゾウの最後の死亡シーン

ダンゾウは、ペインが木の葉の里に襲撃した時に里を守るため力を使い果たして倒れた5代目火影の綱手に変わり、6代目火影候補として鉄の国で行われた五影会談へと参加しました。会談中に襲撃を受けたダンゾウは逃走しますが、追いつかれて戦闘に突入した後ダンゾウは殺害され最後を迎えます。ダンゾウが襲撃された理由やどのような最後を迎えたのか解説していきます。

最後①サスケに負ける

五影会談を襲撃したのは、ダンゾウを仇と狙うサスケが率いる鷹小隊とトビです。五影会談でミフネを操っている事がばれ信用を失ったダンゾウは、サスケの襲撃を利用して会談から逃亡します。しかし、逃亡中に襲撃されサスケと交戦を開始しました。ダンゾウはイザナギを使用して戦いを優位に勧めますが、写輪眼の扱いの差でサスケに敗北しました。

最後②ダンゾウは自爆した?

敗北して追い込まれたダンゾウは隙をついて香燐を人質にとりますが、サスケは香燐ごとダンゾウの急所を貫きました。ダンゾウは自分が死ぬ事を予見し、忍の世界を守るために刻んだ術者の死をトリガーにして発動して周囲を封印してしまう裏四象封印術を発動しサスケとトビを道連れにしようとしますが、二人に避けられてダンゾウはそのまま最後を迎えて死亡しました。

【ナルト】うちはサスケのかっこいい魅力まとめ!強さや使用する忍術も紹介

あわせて読みたい

【ナルト】うちはサスケのかっこいい魅力まとめ!強さや使用する忍術も紹介

『ナルト』に登場する主要キャラの1人、うちはサスケはかっこいいとファンの間でも人気の高いキャラです。見た目だけではなく、強さや使っている技のかっこ良さも人気の理由です。この記事では、うちはサスケのかっこいい魅力や使用する忍術についてまとめていきます。

ダンゾウの声優

ダンゾウは現在と少年時代を担当した声優は違っていて、少年時代のダンゾウの声優を担当していたのは『加藤将之』さんです。加藤将之さんは他にも文殊や大筒木ハゴロモの青年時代等の声優を担当しています。現在のダンゾウを担当している声優も紹介していきます。

ダンゾウの声優は「糸博」

ナルトのアニメでダンゾウを演じているのは声優の『糸博』さんです。声種はバリトンで、アニメの声優だけではなく、外画やナレーターとしても活躍をしています。糸博さんはどのような人物かやプロフィール、出演作品を紹介していきます。

糸博のプロフィール

  • 本名:糸博
  • 出身地:福岡県
  • 生年月日:1933年3月15日
  • 身長:170cm
  • 体重:67kg
  • 職業:声優、俳優、ナレーター
  • 事務所:81プロデュース

糸博さんは西南学院大学を卒業後、多くの劇団や事務所を経て81プロデュース所属となりました。屈強な男性や老人の声を担当する事が多く、ドキュメンタリー番組ではミハイル・ゴルバチョフのインタビューの吹き替えも何度か担当しています。好きな色は茶色で、特技は釣りと書道です。

糸博の主な出演作品

糸博さんが担当した主なキャラは、天空の城ラピュタの『ダッフィー親方』、輪るピングドラムの『夏芽佐兵衛』、シャドウハーツ2の『ゼペット』、ポケットモンスターXYのジンゴロウ等を担当しています。吹き替えではジェームズ・クロムウェル、マイケル・ケイン、ブライアン・コックス等を担当しています。

 【ナルト】半蔵の強さや死亡理由を調査!ミフネとの関係や声優も紹介

あわせて読みたい

【ナルト】半蔵の強さや死亡理由を調査!ミフネとの関係や声優も紹介

ナルトにて雨隠れの里の長を務めていたキャラクターの半蔵。彼が作中で木ノ葉の伝説の三忍を追い詰めるほどの強さを見せるとファンの間で一躍話題になりました。本記事ではナルトに登場する半蔵の能力や死亡理由についてまとめる他、ミフネとの関係やアニメ声優も紹介します。

ダンゾウの名台詞

ダンゾウはナルトの物語の中では様々な事件を引き起こした原因となっていて嫌っているファンの方も多いキャラですが、ダンゾウの事を嫌いになれない読者の方も一定数存在します。好き嫌いが分かれやすいダンゾウですが、ナルト作中でのダンゾウの名台詞がどのようなシーンで使用されたのかを解説していきます。

ダンゾウの名台詞①「自己犠牲…」

自己犠牲・・・それが忍だ 日の目を見る事もなく・・・陰の功労者・・・それが昔からある・・・忍本来の姿

出典: manga-meigen.info

ナルトの原作の476話でダンゾウがサスケに言った名台詞で、この考え方は、最も忍者らしいと言われています。同じような考え方をうちはシスイもしていて、その考えはイタチにも受け継がれました。このシーンのすぐ後のサスケへのセリフは、サスケに対してぐうの音も出ないほどの正論になっています。

ダンゾウの名台詞②「次は眼で語る…」

「そうだな。次は眼で語る戦いにしよう」

出典: comic-kingdom.jp

ナルトの原作の476話で、須佐能乎を使用したサスケによってダンゾウは握り潰されたように見えました。しかし、ダンゾウはイザナギによってその事実を無効化し生き残り、万華鏡写輪眼同士の戦いの始まりを告げた時のシーンの名台詞です。

ダンゾウの名台詞③「次はワシの番のようだ…」

ヒルゼン・・・次はワシの番のようだ・・・だがワシは・・・結局・・・火影にはなれなかった・・・

どこまで行ってもお前には追いつけなかったよ・・・
お前は光を浴びる木ノ葉 オレは・・・闇の中の根
こんなオレをお前はどう思う?なあヒルゼン・・・お前にとってオレは・・・

出典: manga-meigen.info

ナルトの原作481話でのダンゾウが死亡するシーンでの名台詞です。死の寸前に、火影として死んだヒルゼンの事を思い出しています。若い時から幼馴染でありライバルでもあったヒルゼンには敵わないと感じているシーンです。

【ナルト】主要キャラの名言一覧!有名なものや感動するセリフまで

あわせて読みたい

【ナルト】主要キャラの名言一覧!有名なものや感動するセリフまで

『週刊少年ジャンプ』連載のマンガ作品には多くの名言が存在しますが、その中で紹介するものは『ナルト』の名言です。今回の記事では主人公うずまきナルトを含めた『ナルト』主要キャラ4人の名言や、その他のキャラの名言についてもお届けします。

ダンゾウに対する世間での評判や人気

ダンゾウはナルト作中でのその行いから、多くのナルトファンの方が嫌っています。しかもアニメではその悪行が増やされていたり、ナルトの最終話以降を描いたボルトではさらに追加される等嫌われる要素は増えています。

多くのファンの方に嫌われる一方で、必要悪とおっしゃる方やサスケとの戦いで見せた強さ等から割と好きというファンの方もいらっしゃいます。アニメや小説等の他の媒体で、悪行が増やされた事には同情的な意見もあります。

ダンゾウの行動については「擁護できない」「我愛羅の父親と並び真の邪悪」といった声が多い一方で、このように一定の理解を示しているファンの方もいらっしゃいます。ダンゾウは人によって大きく意見が分かれるキャラだと思われます。

【ナルト】水戸門ホムラの強さや能力は?経歴や声優についても調査

あわせて読みたい

【ナルト】水戸門ホムラの強さや能力は?経歴や声優についても調査

『ナルト』のキャラクターである水戸門ホムラは木の葉隠れの里のご意見番として有名ですが、『ナルト』の中でも屈指の嫌われているキャラでもあります。そんな水戸門ホムラの強さ、能力、経歴、声優について掘り下げてまとめていきます。

ダンゾウは写輪眼を使う強いキャラだった

この記事では、ダンゾウの強さや名台詞のシーンなどについて解説させてもらいました。ダンゾウの強さはサスケと戦闘するまで分からず、見た目から強そうに見えなかったためいざ戦闘が始まるとサスケと戦える強さや写輪眼を持っている事に驚愕した方も多いのではないのでしょうか。悪行の数々に対し「擁護できない」という声が目立ったものの、その強さや死に様に魅力を感じたファンも一定数いるようです。

【ナルト】万華鏡写輪眼の種類や所有者まとめ!うちは一族の秘術を紹介

あわせて読みたい

【ナルト】万華鏡写輪眼の種類や所有者まとめ!うちは一族の秘術を紹介

『ナルト』には、万華鏡写輪眼と呼ばれる能力が存在します。万華鏡写輪眼によって発動する能力は眼を使う事から瞳術と呼ばれ『ナルト』の作中でも最強クラスの能力となっています。そんな万華鏡写輪眼の能力や使用者との関係について紹介します。

【ナルト】志村ダンゾウの強さ・正体を考察!本当はいいやつ?目的と最後は?
kaewru

この記事のライター

kaewru

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【ナルト】我愛羅の結婚相手は誰?生い立ちやシンキとの関係を調査

ナルト

【ナルト】我愛羅の結婚相手は誰?生い立ちやシンキとの関係を調査

『ナルト』に登場する我愛羅は”砂漠の我愛羅”と呼ばれる砂隠れの忍びです。一尾を持ったせいで壮絶な過去を背負い生きてきました。仲間が結婚していく中で我愛羅は結婚したのでしょうか。今回は『ナルト』の我愛羅に結婚相手はいたのか、シンキとの関係についても紹介します。

【ナルト】傀儡師サソリの強さや能力まとめ!過去や声優も調査

ナルト

【ナルト】傀儡師サソリの強さや能力まとめ!過去や声優も調査

『ナルト』には「暁」という秘密組織があります。その一員であるサソリは、傀儡(くぐつ)を操る忍として知られています。しかし、サソリにも秘められた過去がありました。今回は、『ナルト』の登場人物サソリの特徴や過去、それにサソリを担当している声優を紹介します。

【ナルト】登場する術や必殺技を一覧で紹介!難易度が高いのは?

ナルト

【ナルト】登場する術や必殺技を一覧で紹介!難易度が高いのは?

当記事では「NARUTO」(ナルト)に登場する主な忍術を、各属性ごとに一覧で紹介していきます。また主人公であるナルトが使用する忍術や、取得難易度が高くその上で強い忍術も一覧で紹介しております。もしナルトの忍術に興味がある方は参考にしてみて下さい

【ナルト】感動の最終回まとめ!出演キャラのその後についても

ナルト

【ナルト】感動の最終回まとめ!出演キャラのその後についても

【ナルト】は2014年に完結しました。主人公うずまきナルトが憧れの火影になる為、仲間と一緒に成長していく物語です。この記事ではナルトの最終回に至るまでのあらすじ、ネタバレを紹介します。また最終回後の続編【BORUTO】の解説もします。

【ナルト】主題歌ランキングTOP5!OPとEDも一覧で紹介

ナルト

【ナルト】主題歌ランキングTOP5!OPとEDも一覧で紹介

2002年から2017年にかけて放送されたアニメ版ナルト。原作で描かれたキャラやストーリーが映像化されたことで話題を呼びましたが、中でも主題歌に対する人気は非常に高いです。本記事ではナルトの主題歌を一覧にまとめていく他、ランキングについても解説していきます。

【ナルト】声優陣を一覧で紹介!代表作や担当キャラクターも

ナルト

【ナルト】声優陣を一覧で紹介!代表作や担当キャラクターも

『ナルト』は海外でも有名な日本の人気漫画です。本記事では、アニメの『ナルト』でそれぞれのキャラを演じた声優さんを、一覧にして紹介します。声優さんたちの代表作や担当したキャラクターも一覧でまとめているため、ぜひ参考にしてください。

【ナルト】六尾の人柱力・ウタカタの人物像まとめ!強さや術を紹介

ナルト

【ナルト】六尾の人柱力・ウタカタの人物像まとめ!強さや術を紹介

『ナルト』の登場人物ウタカタは、原作にはほとんど登場しません。アニメ『ナルト 疾風伝』の「六尾発動の章」で登場し、やっと人物像が明らかになりました。また、ウタカタは体内に六尾を宿す人柱力でもあります。今回は、そんなウタカタを紹介します。

【ナルト】七尾・人柱力フウの人物像や強さまとめ!重明についても紹介

ナルト

【ナルト】七尾・人柱力フウの人物像や強さまとめ!重明についても紹介

ナルトに登場した七尾・人柱力の一人であるフウ。アニメナルトで詳しい能力や強さについて明かされました。フウの強さや性格、その身に宿る尾獣・重明とは一体どんな能力を秘めているのでしょうか?フウの強さや人物象、能力について解説します。

 【ナルト】スサノオとは?全種類の能力や使用できる忍を紹介

ナルト

【ナルト】スサノオとは?全種類の能力や使用できる忍を紹介

ナルトに登場する忍術の中で最強と謳われている忍術の1つ『スサノオ』。うちは一族に伝わる秘伝の忍術ですが、意外な人物もスサノオが扱えたことで大きな話題となりました。本記事ではナルトに出てくるスサノオについて、能力や容姿、使用できる忍などについてまとめていきます。

【ナルト】主要キャラの名言一覧!有名なものや感動するセリフまで

ナルト

【ナルト】主要キャラの名言一覧!有名なものや感動するセリフまで

『週刊少年ジャンプ』連載のマンガ作品には多くの名言が存在しますが、その中で紹介するものは『ナルト』の名言です。今回の記事では主人公うずまきナルトを含めた『ナルト』主要キャラ4人の名言や、その他のキャラの名言についてもお届けします。

ナルトの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード