【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

お気に入りに追加

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一(かしもはじめ)は、最強でありながら謎多き人物です。一見、中世的な面持ちですが、渋谷事変で封印された五条悟にも似ています。今回は、鹿紫雲一の正体と強さや五条家との関係について紹介すると共に、鹿紫雲一の過去にも迫ります。

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体とは?強さや五条家との関係性も紹介

目次

  1. 【呪術廻戦】鹿紫雲一とは?
  2. 【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体や目的
  3. 【呪術廻戦】鹿紫雲一の術式や強さ
  4. 【呪術廻戦】鹿紫雲一と五条家や他のキャラの関係
  5. 【呪術廻戦】鹿紫雲一に対する世間での評判や人気
  6. 【呪術廻戦】鹿紫雲一の術式は不明だった

【呪術廻戦】鹿紫雲一とは?

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一は、死滅回游の泳者(プレイヤー)で東京第2結界に参加します。158話で初登場し、死滅回游で初めてルールの追加を行ったキャラクターとなります。また、得点200超えと強く少なくとも40人を倒している惨忍性がうかがえます。158話のある場面で「400年前の方が幾文ましだった」と言っていることから400年前の術師ということです。

鹿紫雲一のプロフィール

  • 名前:鹿紫雲一(かしもはじめ)
  • 年齢:推定400歳以上
  • 生年月日:不明
  • 得点:100(元々は200以上ですが、総則追加に得点100を使用しています)
  • 術式:不明

『呪術廻戦』登場する鹿紫雲一は、中性的な面持ちで一見女性のようにも見える美形男子です。鹿紫雲一のセリフに「400年前」とあることから、現代の一般人が羂索に呪物を取り込まされたと言えます。また、158話の死滅回游で泳者(プレイヤー)を倒し得点200以上となります。この際、得点100を使い死滅回游で初めて総則(ルール)9を追加しました。ルール9の内容は、全泳者(プレイヤー)の情報を開示する事です。

呪術廻戦の概要

『呪術廻戦』は、漫画家・芥見下々が人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使い祓う呪術師の戦いを描いた漫画です。2018年14号から少年ジャンプに連載されています。2022年3月時点でコミックス本第19巻発売後、累計発行部数6500万部を突破しTVアニメ2期が2023年に放送決定している人気漫画です。

呪術廻戦のあらすじ

『呪術廻戦』は、2018年6月宮城県仙台市が舞台となり物語が始まります。主人公の高校生・虎杖悠仁は、運動神経抜群の高校1年生で、両親の顔を知らず祖父に育てられていました。祖父が逝去した日の夜、虎杖悠仁の学校に眠る「呪物」の封印がオカルト研究部の部員によって解かれ、人を襲う化け物・呪霊が現れます。虎杖悠仁は呪霊を倒そうとしますが、窮地に追い込まれとっさの判断で特級物である宿儺の指を飲み込んでしまうのです。

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

あわせて読みたい

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

「呪術廻戦」に登場する特級呪術師の1人、乙骨憂太の幼馴染だった折本里香は11歳で死んでしまう、あまりに不幸な少女でした。「呪術廻戦」0巻でのエピソードは折本里香の乙骨憂太への想いが描かれています。特級過呪怨霊とされた彼女の真の姿を解き明かしていきましょう。

【呪術廻戦】鹿紫雲一の正体や目的

『呪術廻戦』コミック本18巻158話で、虎杖と伏黒の前に突如として現れたコガネが、鹿紫雲一の存在を知らせます。新キャラクター鹿紫雲一の目的と正体について紹介します。数百年も前から続く戦いたいという思いを現代まで残した理由も必見です。

鹿紫雲一の正体

『呪術廻戦』に登場する、鹿紫雲一の正体は羂索と契約を交わした術師です。虎杖悠仁と同様、呪物を取り込ませた(受肉させた)と考えられます。また、漫画の1コマに「400年」という言葉があるため、最低でも400年前の呪術師です。400年前の呪術師が現代に生きているわけではなく、現代の人間に羂索が呪物を取り込ませ顕現しました。

鹿紫雲一の目的

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一の狙いは、両面宿儺でつまり主人公・虎杖悠仁です。鹿紫雲一は、両面宿儺に対し異様なほどの敵対心を抱いています。それは、鹿紫雲一が常に「強い者と戦いたい」と、戦闘狂な考えを持っていました。その強い思いから、羂索に最も強い敵は誰かと尋ね羂索が「宿儺」と答えたことで宿儺と戦いたいと切望しました。しかし、このとき鹿紫雲一の寿命は長くなかったため羂索と契約し呪物となることで、宿儺が復活する時代まで眠ることにしたのです。

400年の時を経て宿儺と戦うために死滅回游へ参戦します。『呪術廻戦』に出てくる両面宿儺の正体は、平安時代の呪術全盛期に術師が総力を挙げても倒せなかった「呪いの王」ことです。両面宿儺の死後、残った全20本の指は特級呪物扱いとなり、『呪術廻戦』1話でその指を虎杖雄仁が飲み込んでしまいます。普段の生活では宿儺の姿が抑え込まれていることから両面と言われるようになりました。

鹿紫雲一が死滅回游に参加?

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一は、宿儺と戦うために羂索と契約を交わし、400年の時を経て呪物になりました。虎杖悠仁宿儺を受肉したことで、両面宿儺として復活します。コミック本18巻において鹿紫雲一は、生前宿儺と戦いたいと強く思っていたことから、虎杖悠仁が参加する死滅回游に参加することにしたのです。

【呪術廻戦】コガネは死滅回游で登場するキャラ?式神の正体を考察

あわせて読みたい

【呪術廻戦】コガネは死滅回游で登場するキャラ?式神の正体を考察

呪術廻戦の死滅回游で登場するコガネというキャラクターは、一体どういった存在なのでしょうか。死滅海遊におけるコガネの役割や能力、式神の正体について考察していきます。あわせて死滅回游のルールと呪術廻戦ファンによるコガネの評判も紹介します。

【呪術廻戦】鹿紫雲一の術式や強さ

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一は、400年前の術師でした。宿儺と戦いたいという思いから、現代になるまで呪物となり眠っていました。コミックス本18巻他から眠りから覚めた鹿紫雲一の強さや術式について迫ります。

鹿紫雲一の術式

  • 電気を帯電し攻撃
  • 海水を電気分解して塩素系の毒を生成する
  • 水の中では、呪術が流れ出てしまう
  • 一度、術を使うと次に使えるようになるまで時間がかかる
  • 自ら爆発する

『呪術廻戦』に登場する、鹿紫雲一の術式は明らかになっていません。上記は、鹿紫雲一の呪術の特徴をまとめました。漫画では電気が走るような様子や、海水を電気分解し塩素ガスを発生させる様子が描かれています。鹿紫雲一の呪力特性は、伏黒の式神「鵺」と同様に電気のような性質を持つのが特徴です。ただし、一発しか使えないという発言を見ると1回呪力を使うと次に使うまで時間がかかるということが推測されます。

鹿紫雲一の武器は如意棒

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一の術式は不明ですが、戦うシーンで目にするのが如意棒です。パンダとの戦いの際、如意棒から電気を出すようなシーンが描かれています。

鹿紫雲一とパンダの戦い

本来であれば、『呪術廻戦』に登場する秤が鹿紫雲一を倒す役割分担でしたが、184話で鹿紫雲一とパンダは、東京第2結界に入りすぐに鉢合わせます。鹿紫雲一と対峙した際、可愛いパンダのふりをして泳者であることを隠そうとしましたが、コガネにより泳者であることが分かり戦いへとなったのです。鹿紫雲一は、パンダを「普通過ぎる」と評価を下し、一瞬で戦闘不能に追いやります。

『呪術廻戦』184話では、戦闘不能となったパンダが奥の手「お姉ちゃん核」を発動するも、鹿紫雲一の心中の稲妻を受け通用しませんでした。鹿紫雲一の圧倒的強さでパンダは反撃できず、体をバラバラにされていました。最終的にパンダは鹿紫雲一と戦い首だけになりましたが生きているということです。

鹿紫雲一は領域展開が使える?

『呪術廻戦』に登場する鹿紫雲一が、領域展開を使えるかは不明ですが、領域展開を使える説と、使えない説が出ています。領域展開を使える説では、「40人以上を殺害し400年以上前の術師」という理由です。領域展開を使えない理由は187話で「秤のに対して彌虚葛籠の領域展開発動を匂わせている」と言うことが推測されています。

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦の日車寛見の強さや能力、裁判と関係がある術式・領域展開について解説しました。呪術廻戦の死滅回遊編で重要な役割を担う日車寛見はどのような人物なのか、弁護士として担当した事件や、関係するキャラクターについても詳しく書いています。

【呪術廻戦】鹿紫雲一と五条家や他のキャラの関係

『呪術廻戦』に登場する、鹿紫雲一の面持ちが五条悟に激似であると言われています。コミックス11巻で封印された五条家とは、どのような関係だったのでしょう。また、他のキャラクターとの関係性も紹介します。

鹿紫雲一と羂索の関係

『呪術廻戦』に登場する、鹿紫雲一と羂索は顔見知りの仲になります。400年前、宿儺が復活した時に戦うため呪物となる契約を交わした間柄です。また、187話の回想の意シーンでは、検索に対して鹿紫雲一が「全くだやはり貴様と戦うべきだった」と話すシーンがあります。これは、強い者と戦いたい鹿紫雲一が、羂索のことを「強い者」と評価したことが分かります。

鹿紫雲一と石流の関係

鹿紫雲一と石流は『呪術廻戦』187話での回想シーンにて戦っていたと思われます。石流は鹿紫雲一と同じ400年前の術師です。羂索との会話の中に「陸奥に面白いのがいるらしい」など伝えると男性は「奥陸か、遠いな、もはや眉唾かどうかさえ」と言いながら吐血しています。このことから、鹿紫雲一と石流が戦ったと言われています。

鹿紫雲一と五条家の関係

『呪術廻戦』に登場する、鹿紫雲一と五条悟の目元や白髪、面持ちが似ていることから五条家の親戚関係ではないかと多くの読者が感じているようです。御三家の一つ五条家は「日本最大怨霊」の一人と称される菅原道真が祖先です。鹿紫雲一の術式は電気を帯電したものとすると、菅道真の雷・天神をつかさどる天神(雷神)と称されたことを考えると、五条家と全く関係はないと言い切れません。

鹿紫雲一と宿儺の関係

『呪術廻戦』に登場する、鹿紫雲一は宿儺に対して一方的にライバル心を抱きます。きっかけは、羂索に最も強い術師を尋ねたところ「宿儺」と答えていたことからその日以来、鹿紫雲一は宿儺と戦いたいと強く思うようになったのです。158話で宿儺に対する感情を読み取ることができます。

【呪術廻戦】五条家は御三家の中でも強い?メンバーや家系図を紹介

あわせて読みたい

【呪術廻戦】五条家は御三家の中でも強い?メンバーや家系図を紹介

『呪術廻戦』でも注目されている御三家の一つ五条家について紹介していきます。『呪術廻戦』の御三家内でも強さを持っている五条家の現当主でもある五条悟をはじめ、その他のメンバーや家系図にも触れていきましょう。また、五条家相伝の術式についても解説します。

【呪術廻戦】鹿紫雲一に対する世間での評判や人気

『呪術廻戦』コミック本18巻から登場する、鹿紫雲一は美形男子で優しそうに見えながらも、残虐性を持つ持ち主です。『呪術廻戦』の多くの読者からは「カッコイイ」「好きになった」との声が多く聞こえます。世間の声と評判を聞いてみましょう。

鹿紫雲一の謎多きキャラクターと「イケメン」が人気の一つと言えます。中世的な面持ちであるのに、残虐的な一面にギャップを感じてファンになる方もいます。

『呪術廻戦』コミック本18巻158話に初登場した鹿紫雲一は、すでに得点200と最強の術師です。登場シーンも術師を倒し涼しい表情で「どいつもこいつも貧弱」と言い放つ衝撃的なシーンでした。

『呪術廻戦』では、様々なキャラクターがいます。「イケメン」や「可愛い」の他中世的なキャラクターもいて物語が面白いのは勿論ですが、個性的なキャラクターにも魅力を感じます。特に、コミック本18巻では新しいキャラクターが2人も出てきています。

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

あわせて読みたい

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

『呪術廻戦』には既に回収されている伏線、また現在も回収されていない伏線も含めて様々な謎に関係する伏線が存在しています。伏線となる謎は虎杖悠仁という主要キャラクターだけでなく、その他のキャラクター達にも存在します。今回は『呪術廻戦』の伏線について紹介します。

【呪術廻戦】鹿紫雲一の術式は不明だった

『呪術廻戦』に登場する、鹿紫雲一の術式は電気を帯電したり海水を電気分解して塩素ガスを発生させることが分かりましたが、ハッキリした術式は不明です。領域展開に関しても、「出来る」意見と「出来ない」意見の両方が存在し最強でありながら戦闘方法が定まっていません。しかし、術師としての力の強さや中性的な面持ちと残虐性のギャップが多くの読者の心を掴みました。今後も、多くの読者を魅了する事でしょう。

【呪術廻戦】キャラ別の公式イメージソングを紹介!歌詞の意味も

あわせて読みたい

【呪術廻戦】キャラ別の公式イメージソングを紹介!歌詞の意味も

『呪術廻戦』には、キャラごとに公式のイメージソングがあります。どのような曲がイメージソングとして使われているのか、キャラ別に紹介します。イメージソングの歌詞の意味や、作者の芥見下々さんに関する詳しい情報もまとめています。

【呪術廻戦】鹿紫雲一(かしもはじめ)の術式・正体は?五条家との関係もネタバレ考察
ONIYOME

この記事のライター

ONIYOME

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【呪術廻戦】極ノ番の種類や使用できるキャラまとめ!強力な効果を持っている?

呪術廻戦

【呪術廻戦】極ノ番の種類や使用できるキャラまとめ!強力な効果を持っている?

『呪術廻戦』では様々な効果を持った技がたくさんありますが、その中で紹介する技は「極ノ番」です。今回の記事では極ノ番の種類や強力な効果だけでなく、『呪術廻戦』で極ノ番を使用できるキャラは誰なのかに関する情報についてもそれぞれまとめていきます。

【呪術廻戦】五条悟のかっこいいシーンまとめ!素顔もイケメンなのか調査

呪術廻戦

【呪術廻戦】五条悟のかっこいいシーンまとめ!素顔もイケメンなのか調査

呪術廻戦でも人気の五条悟のかっこいいシーンや名言をまとめて紹介していきます。五条悟のかっこいい魅力もポイント別に解説していくため、魅力を見出してみてください。強さや能力、声優のキャストについても説明していくため、参考にしてみてください。

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

呪術廻戦

【呪術廻戦】楽巌寺嘉伸の強さを徹底考察!ギターを使った術式で戦う?

楽巌寺嘉伸(がくかんじよしのぶ)は、『呪術廻戦』に登場するキャラクターです。呪術高専京都校の学長で、白く長い眉毛や顎鬚が特徴です。戦闘時はギターを使って術式を発動させます。今回は呪術廻戦に出てくる楽巌寺嘉伸の人物像をまとめ、術式や強さについて考察します。

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

呪術廻戦

【呪術廻戦】庵歌姫の術式について徹底考察!顔の傷の理由は?

「呪術廻戦」に登場し、かわいいと人気なのが庵歌姫です。巫女服と顔の傷が特徴的な庵歌姫の術式や、顔の傷の理由は謎となっています。庵歌姫の術式について考察し、庵歌姫の活躍した場面や他のキャラとの関係、顔の傷の理由についても紹介します。

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

呪術廻戦

【呪術廻戦】祈本里香とリカちゃんの関係は?怨霊になった理由や生い立ちも

「呪術廻戦」に登場する特級呪術師の1人、乙骨憂太の幼馴染だった折本里香は11歳で死んでしまう、あまりに不幸な少女でした。「呪術廻戦」0巻でのエピソードは折本里香の乙骨憂太への想いが描かれています。特級過呪怨霊とされた彼女の真の姿を解き明かしていきましょう。

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦

【呪術廻戦】存在しない記憶とはなに?作者が明かした真相についても

呪術廻戦で出てきた大きな謎があります。それは「存在しない記憶」と呼ばれる現象で、バトル中に経験していないはずの出来事を思い出すことです。存在しない記憶の正体は何なのか、呪術廻戦ファンの間で考察されている内容や、作者が明かした真相を紹介します。

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖悠仁の正体や母親を徹底考察!父親についても解説

これまで謎に包まれていた虎杖悠仁の正体とその家族ですが、虎杖悠仁の母親は一体どんな人物で、またその母親の正体は人間なのでしょうか?本記事では、母親の正体や父親について考察し、虎杖悠仁を語る上で欠かせない「両面宿儺」との関係についても紹介していきます。

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

呪術廻戦

【呪術廻戦】現在までの伏線まとめ!回収済から未回収まで徹底紹介!

『呪術廻戦』には既に回収されている伏線、また現在も回収されていない伏線も含めて様々な謎に関係する伏線が存在しています。伏線となる謎は虎杖悠仁という主要キャラクターだけでなく、その他のキャラクター達にも存在します。今回は『呪術廻戦』の伏線について紹介します。

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦

【呪術廻戦】日車寛見の強さや人物像を徹底考察!術式や領域展開も

呪術廻戦の日車寛見の強さや能力、裁判と関係がある術式・領域展開について解説しました。呪術廻戦の死滅回遊編で重要な役割を担う日車寛見はどのような人物なのか、弁護士として担当した事件や、関係するキャラクターについても詳しく書いています。

【呪術廻戦】花御の強さや術式は?死亡理由や逆再生すると分かる言葉も

呪術廻戦

【呪術廻戦】花御の強さや術式は?死亡理由や逆再生すると分かる言葉も

大人気漫画『呪術廻戦』に登場した特級呪霊「花御」。『呪術廻戦』の比較的早い段階から登場した「花御」を記事の主人公として「花御」の強さや術式の種類、そしてアニメ版『呪術廻戦』で明らかになった言葉のギミックや死亡した経緯をなぞっていきましょう!

呪術廻戦の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード