【BLEACH】雛森桃の斬魄刀や能力は?日番谷や藍染など死神との関係も!

お気に入りに追加

「BLEACH」は作家の久保帯人さんによる日本の大人気アニメです。「BLEACH」に登場する雛森桃は日番谷冬獅郎と幼馴染であり、可愛らしい見た目をしています。この記事では雛森桃のプロフィールや斬魄刀、また、死亡説の真実や声優をまとめています。

【BLEACH】雛森桃の斬魄刀や能力は?日番谷や藍染など死神との関係も!

目次

  1. 雛森桃とは
  2. 雛森桃の斬魄刀や能力は?
  3. 雛森桃副隊長と隊長
  4. 雛森桃死亡説とその後
  5. 雛森桃の声優は?
  6. 雛森桃の世間での評判や評価
  7. もしも雛森桃が〇〇だったら
  8. 雛森桃の人生が心配

雛森桃とは

BLEACHに登場する雛森桃(ひなもりもも)とは、2001年から2016年まで週刊少年ジャンプで連載されていた「BLEACH」という漫画に登場するキャラクターです。アニメ版「BLEACH」24話で初めて登場します。雛森桃は日番谷冬獅郎と幼馴染であり、護廷十三隊五番隊副隊長として務めています。また、平子真子のサポート役をこなす、健気で純真な性格をしている可愛い容姿をした女性の死神です。可愛い見た目や実力の高さから男性隊士にモテる雛森桃ですが、不幸なことが多く、ファンから「可哀想」との声が多くあがっています。「BLEACH」のキャラクター内で一番幸が薄いとも言われている雛森桃は、作中で重傷を負ったことにより一時は「死亡したのでは?」と死亡説が浮上します。ここからは雛森桃のプロフィールや幼なじみである日番谷冬獅郎との関係について紹介します。

雛森桃のプロフィール

BLEACHキャラ雛森桃のプロフィールは、6月3日生まれの身長151cm、体重39kgと「BLEACH」の他キャラと比べると小柄な設定になっています。好きな食べ物は「桃」で嫌いな食べ物は「すもも」です。休日は、流魂街のおばあちゃん家へ行く事と、図書館で読書することが好きで、護廷十三隊五番隊副隊長の女性死神の彼女は、可愛い容姿や小柄なことから守ってあげたくなる雰囲気のある妹キャラです。

しかし、BLEACH作中では護廷十三隊という高い戦闘能力を持った人員が集まった隊に務めていて、可愛い見た目ですが副隊長を務める程、雛森桃の戦闘能力が高いことが伺えます。最初から「鬼道」の才能を持っていることから、「鬼道」は得意ですが、小柄な体格から、重量のある「剣戟」はあまり得意ではありません。そのため、「鬼道」を中心に鍛錬を積み重ね、鬼道の腕前は副隊長ではトップクラスに位置しています。斬魄刀は持っていますが、卍解は習得していません。

雛森桃はメインキャラと比べると「BLEACH」の作品中での登場回数は多い方ではありませんが、可愛い容姿や妹のような雰囲気から「BLEACH」ファンや他の死神からも愛されるキャラクターです。しかし、敬愛していた藍染惣右介に斬られてから死亡説が浮上します。その後はうつむきの姿勢が増え、雛森桃は可愛くて明るい性格から幸の薄い暗い子になってしまいます。

日番谷冬獅郎と幼馴染

幼なじみである護廷十三隊十番隊隊長の日番谷冬獅郎(ひつがやとうしろう)とは、雛森桃の出身地である流魂街西地区の「潤林安(じゅんりんあん)」で出会っています。流魂街に住む祖母の元で姉弟のように育っています。雛森桃のほうが年齢が上ということもあり、先に真央霊術院に入学します。普段は可愛がられる彼女ですが、日番谷冬獅郎と一緒にいる時はお姉さんキャラになります。彼のことを「シロちゃん」とあだ名で呼び弟のように可愛がっています。

BLEACH作中で出会いたての頃の日番谷冬獅郎は、銀髪で翡翠眼の特徴をしていて、周りから恐れられていました。その怖い容姿を気にすることなく接してくれたのが、幼なじみの雛森桃です。普通に接してくれた彼女に対し、日番谷冬獅郎は何か特別な思いを持っているようです

BLEACHキャラ日番谷冬獅郎は冷静でクールな性格にも関わらず、雛森桃が傷付いた時には感情的になる様子が描かれていることから考えられます。このことは「BLEACH」ファンからも「雛森桃に対して特別な感情を抱いていたのでは?」との噂があがっています。ただし雛森桃は日番谷冬獅郎のことを恋人というような立場で見ているわけではなく、家族のように守ってあげたい気持ちが強いため、恋愛関係に発展することはないと考えられます。

日番谷冬獅郎とは

日番谷冬獅郎は護廷十三隊の十番隊隊長の死神で雛森桃と同じ「潤林安」出身です。小柄な少年のような外見で、他の死神と違って物事を冷静に判断できる持ち主で、主にツッコミ役のとてもクールな死神です。本記事で紹介している五番隊副隊長の雛森桃と幼馴染で、幼い頃は流魂街に住む祖母の元で姉弟のように育っています。日番谷冬獅郎は「氷輪丸」という斬魄刀を持っています。卍解は「大紅蓮氷輪丸」です。史上最年少で護廷十三隊の隊長にまで上り詰めた日番谷冬獅郎は周りからは神童と呼ばれています。

雛森桃の斬魄刀や能力は?

斬魄刀は小説版BLEACHのみならず、アニメ版でも「BLEACH」に登場する死神は皆、持っている刀の事です。この斬魄刀はそれぞれ能力が異なります。斬魄刀の解放の際は解号(特定の言葉と斬魄刀の名前)を唱えなければなりません。解号を唱えると、斬魄刀の技を使えるようになります。ここからは本記事で紹介している雛森桃の斬魄刀の解号や能力、また卍解や鬼道について紹介していきます。

雛森桃の斬魄刀は飛梅

雛森桃は「飛梅(とびうめ)」という斬魄刀を持っています。ですが、雛森桃は小柄なために重量のある斬魄刀を使用する場面は少なく、自分が得意とする「鬼道」という死神が使用する術を使って戦うことが多いです。しかし藍染の裏切りの時にあまり使われていない斬魄刀の「飛梅」を武器に戦うことになります。

飛梅の解号

飛梅の解号は「弾け!飛梅」です。解号を唱えると飛梅は解放し、能力が発動できるようになります。解放後は「弾け」の解号の言葉に反応し、梅の木のように何本も枝分かれした刀身が七支刀のような形状に変化します。他の死神は、解放した状態から複数の能力を発揮することが多いですが、雛森桃は明確な必殺技の名前はBLEACH作中で登場しませんでした。

飛梅の能力

雛森桃斬魄刀「飛梅」の能力は、刀身が七支刀のような形状に変化したものから炎の玉のようなものを剣先に繰り出し飛ばす必殺技です。ただ、その威力は、相手にとどめを刺す程の威力はなく、雛森桃の得意とする「鬼道」程度の威力となってます。

飛梅の卍解は?

雛森桃は卍解を習得しておらず、斬魄刀「飛梅」の卍解は登場していません。雛森桃に限らず、「BLEACH」の護廷十三隊の女性副隊長は誰一人卍解を習得していません。ちなみに実際に卍解を習得している副隊長は護廷十三隊一番隊副隊長の雀部長次郎と、護廷十三隊の六番隊副隊長の阿散井恋次の二人だけです。

雛森桃は卍解が習得出来ていないから弱い訳ではなく、卍解の修行がかなり困難であるからだと考えられます。卍解を習得している死神はとても強いことが伺えます。

雛森桃は鬼道の達人

雛森桃は小柄な体格から、「剣戟」はあまり得意ではなく、最初から得意としていた「鬼道」を中心に鍛錬を積み重ね、鬼道の腕前は副隊長ではトップクラスに位置しています。このことから雛森桃は斬魄刀を使った場面は少なく、得意とする「鬼道」で戦うことが基本になっています。複数の鬼道を組み合わせるのが得意で、火を自在に操るような技となっています。また、回復することも多少可能であり、「鬼道」は一種の魔術のようなものといえるでしょう。

鬼道エピソード

何度か作中で登場する雛森桃の鬼道は、「破道の三十一赤火砲」という相手に火の弾を飛ばす鬼道や、「破道の十二伏火」という霊圧を蜘蛛の巣のように張り巡らせ、敵を捕まえて攻撃する技を習得しています。それだけでなく、この鬼道に赤火砲を練り込ませ縛道の二十六曲光と複合して糸を見えなくする技も登場しています。戦う機会は少ない雛森桃ですが、藍染惣右介の副官を務めていただけあって、それなりの強さを持っています。

雛森桃副隊長と隊長

「BLEACH」の物語の序盤で、雛森桃は護廷十三隊五番隊隊長の藍染惣右介というキャラクターのサポート役をします。その後、藍染惣右介は五番隊隊長から虚圏の虚夜宮へ移動し、次なる五番隊隊長の平子真子というキャラクターのサポート役をします。ここからは、雛森桃がサポートをした二人との関係をまとめています。

最初の隊長は藍染惣右介

最初に雛森桃が副隊長として仕えたのは藍染惣右介です。雛森桃は誰かに頼ろうとするところがあります。隊長職を真面目に勤めていた頃ずっと雛森桃は藍染惣右介に頼りっぱなしでした。

藍染惣右介とは

BLEACHキャラ藍染惣右介とは、身長186cm、体重74kgの長身の死神です。110年前は五番隊副隊長でした。当時五番隊隊長だった藍染惣右介の部下で後に平子真子が五番隊隊長になります。藍染惣右介は「鏡花水月」という最強の武器を持っていて、その鏡花水月の解放を目にした者は五感全てを支配され、姿形や質量、感触から匂いまでも錯覚させることができます。藍染惣右は、卍解を習得していますが、作中では登場していません。

普段はいつも笑顔で穏やかな性格からみんなに慕われていました。しかし藍染惣右介は本性である残虐な性格を秘めており、自分の目的を果たすためなら、どんな手でも使います。自分の部下は、皆「捨て駒」としか見ていません。

藍染惣右介との関係

複雑な関係の二人ですが、藍染惣右介との関係は、雛森桃が霊術院時代に見習いをしていた頃に隊長である藍染惣右介の直属の部下として配属されていました。雛森桃は恐ろしい力を持った虚の大群に襲われるところに藍染惣右介が現れ、命を助けられます。この時に見た彼の絶大な力に心を打たれ、その頃から藍染惣右介に憧れを持ち始め、敬愛していました。読書にハマったのも藍染惣右介がきっかけです。しかし雛森桃は藍染惣右介の斬魄刀である「鏡花水月」の能力である完全睡眠にかかり、騙され続けることになります。

次の隊長は平子真子

雛森桃は藍染惣右介との戦いが終了し、後釜にヴァイザードとなった平子真子が五番隊隊長に就任します。雛森桃は藍染惣右介に続いて同じように五番隊の副官として平子真子のサポート役になります。藍染惣右介は当時五番隊隊長だった平子真子の部下でした。

平子真子とは

BLEACHキャラ平子真子は5月10日生まれの破面篇にて登場した仮面の軍勢のリーダーです。容姿はキリッとした目に金髪のおかっぱ頭が特徴の男性死神です。「逆撫(さかなで)」という斬魄刀を持っています。性格はひょうきん者ですが頭の回転が早く、いつも関西弁で話しています。関西弁を喋る猿柿ひよ里と仲が良く、行動をいつも共にしています。空中浮遊しながら飲食をしたり逆さま書きで何かを書いたり、不思議な行動を取ることもあります。逆さにまつわる事は他にもあり、斬魄刀を解放するに刀を逆手に持って落とすという方法を使っています。

平子真子との関係

平子真子と雛森桃は同じ護廷十三隊五番隊に就いていて、雛森桃は五番隊の副官なので隊長である平子真子のサポートを務めます。平子真子は戦いで傷ついている隊士達に冷たく当たったり、職務が適当だったりとかなりのめんどくさがり屋さんなので、しっかり者の雛森桃は平子真子のサポート役にぴったりと言われています。冷たい平子真子とは異なり妹のような人懐っこさと天使のような優しさで隊士達をサポートします。平子真子は彼女のことを「桃」と呼ぶ唯一の存在でした。

雛森桃死亡説とその後

本記事で紹介している雛森桃は「死亡した」と思われるシーンがあります。ここからは、BLEACHファンの間で一時的に噂されていた死亡説の真相と雛森桃のその後について紹介していきます。

雛森桃死亡説とは

五番隊副隊長の雛森桃はなぜ死亡したと思われたのでしょうか。雛森桃がファンから「可哀想」との声や、後に明るい性格だった雛森桃から幸の薄い暗い子になってしまった理由は作中で描かれた2つのシーンにあります。

まず1つ目は、過去に五番隊隊長の上司である藍染惣右介を敬愛し、尊敬していた藍染惣右介に体を斬魄刀で貫かれ裏切られたことです。もう2つ目は、幼なじみである日番谷冬獅郎にも斬られてしまった事です。このふたりから斬られたことより死亡説が浮上します。

藍染と日番谷に斬られる

敬愛していた藍染惣右介が生存していた事に雛森桃は喜び、抱きしめた時に藍染惣右介の斬魄刀で斬られます。いつも笑顔で穏やかな性格の藍染惣右介が本性を表しました。藍染惣右介は自分の目的を果たすためなら、どんな手でも使う恐ろしい死神です。雛森桃のことも最初から「捨て駒」として見ていたため、最初から裏切りの計画していたのです。

その後幼なじみの日番谷冬獅郎に斬られます。これは日番谷冬獅郎の意思ではなく、藍染惣右介の仕業で、彼の斬魄刀である「鏡花水月」によって二人は催眠状態にかけられます。日番谷冬獅郎は藍染惣右介を切ったつもりでしたが、催眠状態のせいで雛森桃を斬っていました。この事で日番谷冬獅郎も衝撃のあまり冷静さを失います。なにも防御もせずに藍染惣右介に飛び掛かった為、返り討ちにあってしまいます。

致命傷ではなく死亡せず

雛森桃は2度に渡り斬魄刀に斬られ作中でしばらくは姿を見せなかったので、死亡したのかと思われますが、雛森桃は運良く助かっています。藍染惣右介に斬られた箇所は急所に近い事から、助かる可能性は低いと思われていました。しかし藍染惣右介に斬られた箇所は卯ノ花の手によって一命を取り留めます。そして、日番谷冬獅郎に斬られたのは腹部であり、急所とは離れたところだったことから、死亡せずに済みました。日番谷冬獅郎に斬られた場所は十二番隊のもとで「臓器回復」ができ、雛森桃はその治療のお陰で副隊長の復帰をすることが出来ました。

その後副隊長に復帰

死亡説が噂された雛森桃は、尸魂界の総隊長である山本源流斎と幼なじみの日番谷冬獅郎や仲の良い松本乱菊らが連絡をしている時、雛森桃がスクリーンに現れますが、しかし、まだ完全に回復してはいない様子です。二人は雛森桃が死亡せずに助かった事を知りますが、藍染惣右介に対する敬愛が強すぎたため、藍染惣右介の裏切ったという事実からショックが大きく立ち直れずにいます。ここから雛森桃はしばらく病み続け、うつむき姿勢が増えます。ときには思い込みが激しく、思いっきり暴走をするなど豹変してしまいました。この彼女のことを「ヤンデレキャラ」と呼んでいます。その後も五番隊副隊長として再登場していて、藍染惣右介の事をある程度ふっきれている様子も描かれていました。

最終回での雛森桃

最終回の千年血戦篇では元の可愛い明るさを取り戻しており、帝国侵攻以降はこれまでと同様、サポート役として平子真子と行動しています。藍染惣右介の件で立ち直ったのは平子真子の存在が大きかったようです。

10年後も副隊長をしていて、可愛い容姿は変わりませんが、以前よりも大人びた姿になっています。

雛森桃の声優は?

「BLEACH」は2004年にアニメ化されて2012年まで放送されました。自分の好きなキャラクターの声優はどんな方が担当しているのかは気になるところです。ここからは、雛森桃の声をどの声優が担当しているか紹介します。

雛森桃の声優は佐久間紅美

「BLEACH」アニメ版、雛森桃の声優は佐久間紅美さんです。声優の佐久間紅美さんは「BLEACH」第24話 「集結!護廷十三隊」から雛森桃の声優を演じています。可愛い容姿の雛森桃にはぴったりな優しく芯が通った声で演じています。

佐久間紅美のプロフィール

日本の女性声優兼女優である。佐久間紅美さんは1976年11月2日生まれ、千葉県出身のアミュレートという事務所に所属しています。特技はイラストを書くことや書道、ダンスを踊ることです。デビュー作は1998年「アニメがんばれゴエモン」のニャンコ、西村知笑役です。佐久間紅美さんの声には芯があり、芯のある声で高い音域から低い音域の声を幅広く演じています。2012年に結婚と妊娠を自身のブログで報告し、2013年5月1日のブログで女の子を出産したことを報告しています。

佐久間紅美の主な出演作品

佐久間紅美の主な出演作品は、デビュー作品である『がんばれゴエモン』でニャンコや西村知笑役、アニメ版「BLEACH」の敵として登場したキャラクター、アパッチ役の声や、『ガングレイヴ』の朝葱ミカ役、『東京ミュウミュウ』碧川れたす役、「ハチミツとクローバー」五月先生役などで声を演じています。そして最も有名な作品は2000年「学校の怪談」恋ヶ窪桃子役です。

雛森桃の世間での評判や評価

本記事で紹介しているBLEACHキャラ雛森桃の世間での評判や評価をまとめています。

雛森桃は、容姿がとても可愛いことから、「BLEACH」ファンの間では、トップクラスの可愛い死神と断言している意見が多く見られました。また、容姿だけでなく性格や面倒見も良い事から完璧な女性像とも言われています。

性格の良い雛森桃ですが、性格の良さを付け込まれ裏切られて、斬られるシーンがあります。その姿に自分が身代わりになって、雛森桃を助けたいとの声もあります。この意見は、登場シーンは多くはない雛森桃ですが、それ程愛されているキャラクターという事が伺えます。

敬愛していた藍染惣右介から裏切られ、斬られたしまう雛森桃は、藍染惣右介に対する敬愛が強すぎたため、ショックから立ち直れないシーンがあります。その様子を「健気で可哀想」や、「その健気さが可愛くてツボ」という声がありました。

もしも雛森桃が〇〇だったら

ここでは、もしも雛森桃が〇〇だったらと仮定して、クラスメイト、会社の後輩、彼女の3つのシチュエーション事に考察していきます。

雛森桃クラスメイト篇

もしBLEACHキャラ雛森桃がクラスメイトだったら、可愛い容姿から人気者になりクラスのアイドル的存在になっていると想定できます。しかし雛森桃は鈍感なので自分が人気者になっている事を気付かないまま学校生活を終わる事になるでしょう。なぜなら、「BLEACH」の原作の中でも雛森桃は隊士から人気だったり、吉良イヅルからの好意に気づいていない様子でした。

雛森桃会社の後輩篇

もしBLEACHキャラ雛森桃が会社の後輩だったら、真面目に仕事をしてくれるので業務を任せられる後輩になると想定できます。「BLEACH」の原作内でも五番隊の副官として藍染惣右介と平子真子をサポートしていました。きっとそんな風に先輩のサポートをしてくれるでしょう。

雛森桃彼女篇

もしBLEACHキャラ雛森桃が彼女だったら、モテるので心配をされるかもしれません。しかし雛森桃は自分がモテていることを気づかない為みんなに愛想よく振る舞うことから彼氏に嫉妬され、束縛をされると考えられます。雛森桃は、束縛されてるのか分からずに彼氏の言うことを全て従う彼女になると考えられます。雛森桃は藍染惣右介のような振り回す相手を好み、苦しむ恋を選択すると考えられます。

雛森桃の人生が心配

可愛い容姿の雛森桃ですが性格がよすぎるせいか、相手に付け込まれてしまうため今後の人生も心配です。健気で純真な性格の為裏切られた藍染惣右介のショックは大きく、長く引きずっています。しかし愛されキャラの雛森桃は周りに助けられて明るさを取り戻していきます。

本記事で紹介した雛森桃は「BLEACH」の小説やアニメで登場しています。是非雛森桃の健気で可愛い姿をチェックしてみてください。

道場さつき

この記事のライター

道場さつき

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【BLEACH】cまとめ!メンバーと能力や強さは?破面大集合

BLEACH

【BLEACH】cまとめ!メンバーと能力や強さは?破面大集合

本記事では漫画『BLEACH』に登場する十刃(エスパーダ)の能力や仕組み、死神との関係性などについて詳しく紹介していきます。十刃の最強ランキングなども紹介していきますので、『BLEACH』を見た事ない方や見た事ある方も是非最後までご覧ください。

【BLEACH】黒崎一護まとめ!技や能力も!結局何者?これが黒崎一護!

BLEACH

【BLEACH】黒崎一護まとめ!技や能力も!結局何者?これが黒崎一護!

『BLEACH』の黒崎一護は家族思いで心優しい主人公で家族の血統や声優なども注目される人気キャラであり、斬魄刀も人気があります。今回は『BLEACH』の主人公・黒崎一護についてプロフィールや声優や家族、斬魄刀『斬月』や技など様々なことを紹介していきましょう。

【BLEACH】ユーハバッハまとめ!能力や技は?チート級キャラの倒し方

BLEACH

【BLEACH】ユーハバッハまとめ!能力や技は?チート級キャラの倒し方

『BLEACH』の千年血戦篇に登場するユーハバッハは滅却師の始祖で、黒崎一護が戦意喪失するほどの強敵でした。ここではユーハバッハが『BLEACH』の劇中で使用した技や能力について紹介します。またその正体に関する考察などもまとめています。

【BLEACH】フラシオンとは!各メンバーを紹介!従属官まとめ

BLEACH

【BLEACH】フラシオンとは!各メンバーを紹介!従属官まとめ

『BLEACH』にはフラシオン(従属官)が登場します。フラシオン(従属官)はエスパーダ(十刃)の側近のような破面です。『BLEACH』では護廷十三隊の隊長や副隊長達と戦いました。ここではフラシオン(従属官)にはどんなキャラクターがいるのかを紹介します。

【BLEACH】最強は誰?最強キャラランキング!

BLEACH

【BLEACH】最強は誰?最強キャラランキング!

「BLEACH」はキャラクターが多数登場します。どのキャラも個性的でバトルシーンを盛り上げてくれます。この記事では「BLEACH」に登場するキャラクターで誰が最強なのかをランキング形式でまとめていきます。「BLEACH」の最強キャラをぜひ知っていってください。

【BLEACH】黒棺とは!鬼道最強?藍染惣右介や鹿児島との関係も?

BLEACH

【BLEACH】黒棺とは!鬼道最強?藍染惣右介や鹿児島との関係も?

『BLEACH』の藍染惣右介が詠唱する「黒棺」はその文言や発動時のカッコ良さも相まって人気の技の一つです。それと同時にネット上での「黒棺」は面白いネタという認識があります。今回はそんな『BLEACH』の鬼道「黒棺」について強さや面白さを紹介していきます。

【BLEACH】滅却師とは!能力や死神と関係などまとめ

BLEACH

【BLEACH】滅却師とは!能力や死神と関係などまとめ

滅却師は『BLEACH』の最終章である「千年血戦篇」で死神たちと全面戦争をする存在であり、能力や死神との関係、「最後の生き残り」石田雨竜についてなど多くの点が注目されています。今回は『BLEACH』の『滅却師』について、様々なことを紹介していきましょう。

【BLEACH】千年血戦篇まとめ!見えざる帝国?星十字騎士団?ネタバレも

BLEACH

【BLEACH】千年血戦篇まとめ!見えざる帝国?星十字騎士団?ネタバレも

『BLEACH』の千年血戦篇では新たなる敵・ユーハバッハが登場します。ユーハバッハは見えざる帝国の星十字騎士団を率いて尸魂界を襲撃しました。黒崎一護が戦いで最も苦戦した相手でもあります。ここでは『BLEACH』の千年血戦篇の最後についてネタバレを紹介します。

【BLEACH】名言一覧!オサレポエムの宝庫?厳選名言祭り

BLEACH

【BLEACH】名言一覧!オサレポエムの宝庫?厳選名言祭り

『BLEACH』にはキャラクターの名言がたくさんあり、単行本には毎回巻頭ページにポエムが掲載されています。ファンからはオサレポエムと呼ばれる人気ポエムでもあります。この記事では『BLEACH』の名言やオサレポエムを一覧でまとめて紹介します。

【BLEACH】最終回まとめ!ネタバレ要素盛り沢山!各キャラのその後なども

BLEACH

【BLEACH】最終回まとめ!ネタバレ要素盛り沢山!各キャラのその後なども

『BLEACH』は2016年に最終回を迎えました。最終回では黒崎一護の子供が登場します。この記事では、『BLEACH』のこれまでのストーリーのおさらいをしながらネタバレを紹介します。また原作漫画とは違うアニメの最終回もまとめています。

BLEACHの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード