【銀魂】ドラえもん回のあらすじやネタは?世間の評判なども

お気に入りに追加

この記事では、『銀魂』に数多くあるパロディのうち「ドラえもん回」と呼ばれるエピソードについて調査していきます。『ドラえもん』のパロディネタは「同窓会篇」と呼ばれる話の中で登場し、坂田銀時が関わることによって『銀魂』内でも強烈な印象を残すものとなっています。

【銀魂】ドラえもん回のあらすじやネタは?世間の評判なども

目次

  1. 【銀魂】ドラえもんネタ登場回が面白い!
  2. 【銀魂】ドラえもんが話題の同窓会篇とは
  3. 【銀魂】ドラえもん回に欠かせない黒子野太助
  4. 【銀魂】ドラえもんの歌と坂田銀時のエピソード
  5. 【銀魂】ドラえもん回(同窓会篇)の世間での評判
  6. 【銀魂】ドラえもんネタ関連の謎や真相
  7. 【銀魂】ドラえもんを歌う銀時は見逃せない

【銀魂】ドラえもんネタ登場回が面白い!

ここでは、様々な作品のパロディをしている『銀魂』において登場した『ドラえもん』のパロディネタ、及びそのネタが出たエピソードのあらすじを紹介していきたいと思います。

アニメ『銀魂』とは

アニメ『銀魂』とは、空知英秋先生原作の漫画『銀魂』をアニメ化したもので、2006年から2018年にかけて放送されたアニメとなります。第一期から第四期まで断続的に放送しており、原作漫画の最終章までしっかりとテレビアニメ化されているので、テレビアニメ版だけでも『銀魂』の世界を最後まで楽しむことが出来ます。

また、劇場版も計三作存在しており、原作エピソードのリメイクや原作者書き下ろしのストーリーで構成されています。

アニメ『銀魂』にドラえもん登場?

『銀魂』は随所にパロディを盛り込んだ作品でもあり、その中の一つに『ドラえもん』に関するパロディネタも含まれています。ドラえもんネタ自体の量は控えめですが、その出番は非常に印象深いものとなっています。『ドラえもん』のファンの方には特にオススメできますね。

 【銀魂】ナウシカパロディ回がやばい?本家も登場?声優や評判なども

あわせて読みたい

【銀魂】ナウシカパロディ回がやばい?本家も登場?声優や評判なども

『銀魂』にはジブリ作品ナウシカのパロディを描いたオリジナルのアニメ回が存在します。こちらの記事では『銀魂』のナウシカパロディ回は何話で見られるのか、実写版でナウシカは登場したのか、またナウシカパロディ回の評判についても併せて紹介しています。

【銀魂】ドラえもんが話題の同窓会篇とは

『銀魂』には数話単位の短編が数多く存在しており、その一つに同窓会篇というものがあります。ここでは、同窓会篇のあらすじ及びそこで出てきたドラえもんネタなどを紹介していきたいと思います。

アニメ『銀魂』の同窓会篇でドラえもんネタ

『銀魂』の同窓会篇の中には複数の作品のパロディが入れ込まれていますが、その中に『ドラえもん』に関するものも含まれています。一目で分かるような直球のネタが仕込まれているので、一見の価値があると言えるでしょう。

同窓会篇自体は二話構成の短編なので、気軽に見られる構成となっています。しかしながら、坂田銀時たちの過去に突っ込んだエピソードでもあるので、ネタとはいえなかなか重要な部分も見受けられます。

アニメの同窓会篇は何話?

同窓会篇は2015年5月ごろに放送されたアニメ『銀魂』の第271~272話の計二話で構成されています。以下の項目では、それぞれのあらすじについて書いていきたいと思います。

同窓会篇①第271話『同窓会は遅れてくると入りづらい』

同窓会篇の導入となる第271話のあらすじは、坂田銀時たちのかつての仲間である高杉晋助からの手紙や歩狩汗という清涼飲料水をきっかけとして、攘夷戦争時代の思い出を語り始める構成となっています。回想前には坂田銀時・桂小太郎・坂本辰馬が一堂に会し、高杉晋助を含めた四人の思い出を語っていきます。

タイトルにもなっている通り、話の途中で遅れてやってきた高杉晋助……ではなく、高杉晋助に扮した鬼兵隊の参謀・武市変平太(たけちへんぺいた)も登場しつつ、三人の昔話に花を咲かせていく事となります。また、第271話にはドラえもんネタは見受けられません。

同窓会篇②第272話『同窓会は思い出したくもない思い出も蘇ってくる』

第272話では、三人の回想が主なあらすじとなります。攘夷戦争時代の戦の合間に立ち寄った廃寺での休息時、気分転換と称して始めた缶蹴りが元で、坂田銀時らと行動を共にしていた人物に起こった悲劇が描かれていきます。

攘夷戦争とは主人公・坂田銀時たち侍と宇宙人である天人(あまんと)との戦いであり、第一次・第二次と二回に分けて戦いが繰り広げられています。坂田銀時たちが参戦したのは第二次の方で、作中のおおよそ十年ほど前の戦いだと言われています。ドラえもんネタは、この第272話の中盤から後半辺りで出てくるものです。

同窓会の主催者「黒子野太助」にも注目が

同窓会篇において、肝心の主催者となるのが黒子野太助(くろこのたすけ)という人物となります。彼は同窓会篇に置いての影の主役となる人物ですが、坂田銀時たちからは今の今まで忘れ去られていました。そんな彼に関して、次の項目でまとめていきたいと思います。

【銀魂】パロディ回まとめ!あんなアニメでこんなこと!?

あわせて読みたい

【銀魂】パロディ回まとめ!あんなアニメでこんなこと!?

『銀魂』にはたくさんパロディ回があります。『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』など同じ集英社の作品のパロディだけでなく、中には時事ネタを元にしたパロディもあります。ここでは、『銀魂』のパロディ回をまとめて紹介します。

【銀魂】ドラえもん回に欠かせない黒子野太助

ドラえもん回となる第272話では黒子野太助の出番が多く、彼はドラえもんネタの起点としても絡んできています。そんな彼に関して紹介していきたいと思います。

黒子野太助とは

黒子野太助とは、作中時間の十年ほど前と思われる「第二次攘夷戦争」において、坂田銀時たちと行動を共にしていた攘夷志士の仲間となります。黒子野太助自体も他作品のパロディと思われる人物で、元ネタと同じような特徴も持っています。

黒子野太助は「幻のファイブマン」

黒子野太助は坂田銀時・桂小太郎・坂本辰馬・高杉晋助の四人に続く五人目という意味で「幻のファイブマン」とも呼ばれており、坂田銀時たちを影から支えた功労者といった人物です。しかしながら、幻と言われるだけあって本人の印象が弱く、度々忘れられるような存在感の薄さが特徴だったようです。

元ネタの『黒子のバスケ』では主人公が「幻のシックスマン」と呼ばれており、名前や特徴と共に元ネタに寄せたデザインのキャラクターとなっています。

高杉晋助が語るヤクルコエピソードとは

同窓会篇の回想及び武市変平太の口から、高杉晋助とヤクルコという飲料についてのエピソードが語られています。攘夷戦争時代には高杉晋助が仲間たちにヤクルコを奢ったり、鬼兵隊の新年会にて不参加だった高杉晋助が大量のヤクルコと白子を差し入れた、冷蔵庫にヤクルコが冷やしてあるので自分の分を取っておいてくださいとの書き置きがあった、という三つが第271話で出たエピソードとなります。

また、第272話においてもヤクルコというワードが出ており、高杉晋助のキャラ付けに一役買っています。高杉晋助は現在は鬼兵隊の首領であり、基本的にはシリアスなキャラクターで通っていましたが、このエピソードにおいてはギャグチックな役回りもこなしています。

黒子野太助の元ネタはアニメ『黒子のバスケ』?

黒子野太助はアニメ『黒子のバスケ』が元ネタと思われるキャラクターです。読みは「くろこのたすけ」と「くろこのばすけ」で一文字違いであり、影が薄いところも『黒子のバスケ』の主人公である「黒子テツヤ」を彷彿とさせるキャラ付けとなっています。

『黒子のバスケ』のあらすじは、中学時代に「幻のシックスマン」と呼ばれていた主人公が高校に入学し、同じバスケットボール部の新入部員で相棒となる「火神大我(かがみたいが)」や他の仲間たちとチームを組み、別々の高校に行っている昔の仲間たちと戦いつつ全国大会「ウィンターカップ」を目指す、というものになっています。

黒子野太助の声優は小野賢章

黒子野太助の声優は小野賢章さんが演じています。小野賢章さんは元々俳優として活躍しており、声優業に携わるようになったきっかけは「ハリー・ポッター」シリーズの主人公、ハリー・ポッター役を演担当したことと言われています。

ハリー・ポッター役を演じていなければ声優関係の仕事はやっていなかったかもしれないとの話もあり、言い換えれば黒子野太助やパロディ元の黒子テツヤの声も変わっていたかもしれません。ハリー・ポッターシリーズは映画版の他に書籍もあるので、機会があれば触れてみるのもいいかもしれません。

小野賢章と言えば黒子テツヤ役

小野賢章さんは黒子野太助の元ネタと思われる『黒子のバスケ』の主人公・黒子テツヤを演じており、小野賢章さん本人が黒子テツヤ役を演じたことを「大きな人生の分岐点」として挙げているほどとなります。

ちなみに、小野賢章さんは『ドラえもん』への出演歴は無いようです。

第272話では『黒子のバスケ』OP曲?

『銀魂』の第272話では、アニメ冒頭で271話のあらすじが語られますが、このあらすじのバックミュージックとしてネタ元の『黒子のバスケ』のオープニング曲が流れています。 オープニングの曲名は「Can Do(キャン・ドゥ) 」となり、『黒子のバスケ』のアニメ第一期で流れたものとなります。

この曲の作詞・作曲は「GRANRODEO(グランロデオ)」という二人組のユニットで、作詞及び歌手は声優・歌手の谷山紀章さん、作曲は作曲家の飯塚昌明さんとなっています。

黒子野太助と黒子テツヤを比較

黒子野太助と元ネタの黒子テツヤは共通点も多く、声優・影が薄い・幻のファイブマン(黒子テツヤは幻のシックスマン)と呼ばれているという点が挙げられます。相違点としては主に見た目が挙げられ、本編で後ろ姿と口元だけ登場した黒子野太助は黒髪で和装、黒子テツヤは空色の髪で学生服やユニフォーム姿といった違いがあります。

 元ネタの黒子テツヤは身長的には高身長が多い周囲のキャラクターたちに比べ低め(168cm)であり、それに対し黒子野太助は坂田銀時(177cm)と比べてあまり変わらないように見えなくもない、少なくとも小さい印象は薄いキャラクターと言えそうです。

【銀魂】坂田銀時の過去が壮絶?家族は?過去エピソードなども

あわせて読みたい

【銀魂】坂田銀時の過去が壮絶?家族は?過去エピソードなども

『銀魂』の主人公・坂田銀時には壮絶な過去があります。坂田銀時の過去は物語が進むにつれて、次第に明らかになっていきます。この記事では、そんな坂田銀時の過去や家族について紹介します。また幼馴染の高杉晋助や桂小太郎についてもまとめています。

【銀魂】ドラえもんの歌と坂田銀時のエピソード

第272話において、『銀魂』の主人公・坂田銀時が『ドラえもん』の主題歌を歌うシーンが見受けられます。ここでは、肝心の主題歌のシーンについて書いていきたいと思います。

坂田銀時とは

坂田銀時とは『銀魂』の主人公であり、今回紹介している同窓会篇でもメインキャラクターの一人を務めています。『銀魂』はギャグやパロディをふんだんに取り入れつつシリアスな展開も挟んでいくというあらすじになっているので、それに従って主人公の坂田銀時もギャグ・シリアスの両面で活躍していきます。

同窓会篇においてはギャグの割合が高く、坂田銀時は変顔なども交えて八面六臂の大活躍を繰り広げます。第272話の終盤ではシリアスな雰囲気も醸し出しているので、そちらも必見です。

銀時がドラえもんの主題歌を歌い出す

同窓会篇では、第272話の中盤辺りで坂田銀時が『ドラえもん』の主題歌を歌い出すというくだりがあります。坂田銀時は過去回想で黒子野太助が死んだと勘違いし、271話冒頭で受け取った同窓会の誘いの手紙は誰が出したのか、黒子野太助は幽霊になって自分たちを恨んでいるのではないかと考えてしまい、どんどんと悪い予感が募っていきます。

 そんな中で厠(かわや)に行った桂小太郎の叫び声を聞き、 自分たちが厠に行った際に先に厠を出ていった坂本辰馬に対し「(近くにいるかどうかの確認の為に)一緒に『ドラえもん』の歌を歌ってくれ」と懇願し、その最中に黒子野太助と思われる声を聞き、恐怖で変顔になりながら必死に『ドラえもん』の主題歌を歌う、というあらすじになります。

銀時の歌声でファンも同窓会どころではない?

『銀魂』ではパロディネタが使われることも多いですが、元ネタを匂わせるだけでなく歌そのものを使用したことや、『ドラえもん』自身の知名度の高さからファンの間でもかなりの高評価となっています。

 元々パロディはパロディ元の作品を知っている方が面白く感じやすいですが、『ドラえもん』の知名度や主題歌のメロディ、それを歌う坂田銀時のオーバーリアクションも相まって面白おかしいシーンに仕上がっています。

【銀魂】登場人物一覧!モデルも調査!

あわせて読みたい

【銀魂】登場人物一覧!モデルも調査!

『銀魂』の登場人物一覧は多くのファンに注目されていて、キャラクターのモデルが歴史上の人物であることも話題になっています。『銀魂』の登場人物一覧やモデルとなった人物一覧『銀魂』の登場人物一覧やモデルとなった人物一覧などを紹介してきましょう。

【銀魂】ドラえもん回(同窓会篇)の世間での評判

ドラえもん回を含む同窓会篇は、いつも以上にネタに走っていることもあり、国内外のファンの間で様々な話題が見受けられます。ここでは、それらについて紹介・考察していきたいと思います。

世間での評判や人気①海外篇

同窓会篇は海外のアニメファンの間でも話題になったようで、特に当時放送中で知名度も高めな『黒子のバスケ』のネタが多く使われた部分が人気だったようです。『ドラえもん』の歌に関しても様々な感想があり、おおよそ評価が高いエピソードと言えそうです。

世間での評判や人気②国内篇

国内でもネタのインパクトから評価が高く、黒子のバスケやドラえもんネタで盛り上がっているようです。それに加えて、シリアスキャラで通っていた高杉晋助の意外な一面が見られたことも高評価の一因となっているようです。

高杉晋助や彼が率いる鬼兵隊は、序盤~中盤辺りの紅桜篇から最終章に至るまでシリアス中心での出番が多く、ギャグを言うのは主に武市変平太くらい、というバランスでした。同窓会篇でも武市変平太が登場しギャグシーンを披露していきますが、ここに高杉晋助のネタまで加わったことで破壊力が大きく増したと言えますね。

【銀魂】神回まとめ!人気エピソードはランキング形式で!

あわせて読みたい

【銀魂】神回まとめ!人気エピソードはランキング形式で!

『銀魂』はギャグ・コメディが基本ですが、まれにシリアスなエストーリーや泣けるストーリーがあります。たくさんのストーリーの中でも、ファンに人気の神回と呼ばれるストーリーがあります。ここでは『銀魂』の神回をランキング形式で紹介します。

【銀魂】ドラえもんネタ関連の謎や真相

ドラえもんネタは、『銀魂』内では主題歌が登場しただけではありますが、『ドラえもん』本編の話と絡めた考察なども存在するようです。こちらも面白いネタとなるので、拾っていきたいと思います。

パロディからホラー並みの展開

同窓会篇でのドラえもんネタが出るあらすじは「銀時が『ドラえもん』の主題歌を歌い出す」の項目でも書きましたが、坂田銀時が厠で黒子野太助の声を聞く、という形になっています。直前の昔話に花を咲かせていた和気藹々とした雰囲気から一気にホラー風味に転じるので、雰囲気の落差が大きく、よりインパクトの強いネタとなっています。

第272話はホラー風味とは言いますが、実際には幽霊などではなく、武市変平太たち鬼兵隊の策略によって引き起こされた騒動が繰り広げられます。その騒動を解決するにあたって黒子野太助が登場し、ギャグもありつついい話として締めくくられていきます。

一部ではドラえもんパラドックス説も浮上

一部のファンの間では、『銀魂』は『ドラえもん』のようなパラドックスの世界観ではないかという説も出てきているようです。パラドックスとは「一見、不合理であったり矛盾したりしていながら、よく考えると一種の真理であるという事柄」と定義されています。一言であれば逆説などとも言い換えられますね。 

これを『銀魂』に当てはめて考えると、坂田銀時たち登場人物が何をしようとも最終的には決まった未来に行き着くのではないか、という説がタイトルの「ドラえもんパラドックス説」の概要です。『銀魂』の映画版のネームでは作者が「歴史は繰り返す」と書き残していたり、作中でもパラドックス匂わせるような発言があるとの説で、興味深い内容となっています。

最終回に黒子野太助の登場は?

黒子野太助は坂田銀時たちの過去篇、攘夷戦争との関わりが深いシリアス寄りのキャラクターですが、過去の諸々の決着がついた最終回においては出番は確認できていません。黒子野太助は元々影の薄いキャラクターなので、存在(感)が無いことはキャラ付けと一致すると言えるかもしれません。

【銀魂】最終回のあらすじとネタバレ!その後についても考察!

あわせて読みたい

【銀魂】最終回のあらすじとネタバレ!その後についても考察!

人気ギャグ・コメディ漫画『銀魂』は2019年に完結しました。最終回で物語は2年後に進み、いよいよ虚との戦いの決着がつきます。この記事では、『銀魂』最終回のあらすじのネタバレを紹介します。また最終回のその後についてもまとめています。

【銀魂】ドラえもんを歌う銀時は見逃せない

ここまで同窓会篇についての諸々を紹介させて頂きました。特にインパクトの強いドラえもん回は272話となっているので、前話の271話と合わせて一見の価値があるかと思います。

【銀魂】主題歌一覧!アニメだけでなく劇場版も!人気はやっぱりあの曲

あわせて読みたい

【銀魂】主題歌一覧!アニメだけでなく劇場版も!人気はやっぱりあの曲

アニメや劇場版、実写映画などの様々な展開する「銀魂」はそれぞれのストーリーや雰囲気に合った主題歌も魅力の一つになっています。この記事ではそんなアニメ「銀魂」主題歌を劇場版・実写映画を含めた一覧と、人気曲や世間の評判を紹介していきます。

K.A./

この記事のライター

K.A./

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【銀魂】作者は空知英秋!性格や結婚は?リアル坂田銀時?

銀魂

【銀魂】作者は空知英秋!性格や結婚は?リアル坂田銀時?

連載終了後も人気が続く、週刊少年ジャンプの銀魂。最後の最後まで作者の素顔は不明のままで、このままでは世間に「ゴリラ」と認識されたままになる作者・空知英秋の素顔とは。銀魂の編集者の間ではリアル銀さんと言われる性格や、家族についても迫ります。

【銀魂】作者は空知英秋!性格や結婚は?リアル坂田銀時?

銀魂

【銀魂】作者は空知英秋!性格や結婚は?リアル坂田銀時?

『銀魂』の作者の空知英秋先生は切れ味のコメントをすることから作品以外のところでも様々な話題を集めている人物です。そんな『銀魂』の作者の空知英秋先生について、ゴリラの自画像や主人公・坂田銀時と似ている点、結婚の噂や関連エピソードなどを紹介していきます。

【銀魂】高杉晋助役は堂本剛!役や演技の評判は?関連エピソードなども

銀魂

【銀魂】高杉晋助役は堂本剛!役や演技の評判は?関連エピソードなども

漫画、アニメ、映画、実写化と数々の形でファンを魅了し続けている銀魂。そんな銀魂の中でも特に人気の「紅桜篇」では、高杉晋助を演じた堂本剛が話題になりました。そこで今回は銀魂の高杉晋作を演じた堂本剛の演技や評判、関連エピソードについて注目していきます!

【銀魂】主題歌一覧!アニメだけでなく実写や映画のも!銀魂といえば?

銀魂

【銀魂】主題歌一覧!アニメだけでなく実写や映画のも!銀魂といえば?

『銀魂』の主題歌一覧はファンにも好評を博しており、アニメだけでなく実写や映画の主題歌も高い評価を獲得しています。そのためアニメも映画も豪華ソングが集結していることでも知られています。今回は人気アニメ『銀魂』や実写映画の主題歌を紹介していきましょう。

【銀魂】外道丸まとめ!声優や名言は?各キャラとの関係も!

銀魂

【銀魂】外道丸まとめ!声優や名言は?各キャラとの関係も!

銀魂に登場する外道丸は可愛い見た目とは裏腹に外道の一面が垣間見える、魅力的なキャラクターです。今回はそんな銀魂の外道丸の魅力を徹底解説していきます。坂田銀時や結野クリスタルとの関係、外道丸の声優や名言、実写版女優予想など、合わせて注目していきましょう!

【銀魂】銀さんと土方のカップリング銀土まとめ!関係やエピソードなども

銀魂

【銀魂】銀さんと土方のカップリング銀土まとめ!関係やエピソードなども

週刊少年ジャンプで連載していた漫画『銀魂』は、男性だけでなく女性からの人気も高いです。本記事では、『銀魂』女性ファンから特に人気のカップリングである銀土について、二人の関係性や銀土の絡みの多いエピソードなどを紹介していきます。

【銀魂】新旧かぶき町四天王を比較!登場回のあらすじなども!

銀魂

【銀魂】新旧かぶき町四天王を比較!登場回のあらすじなども!

『銀魂』にはかぶき町四天王篇という人気の長編があります。かぶき町四天王篇では、新旧の四天王が登場し、勢力争いが勃発します。この記事では、新旧かぶき町四天王のメンバーと強さを紹介します。また、ストーリーのあらすじもまとめています。

【銀魂】ジャスタウェイの正体やその真相は?登場回やモデルも考察!

銀魂

【銀魂】ジャスタウェイの正体やその真相は?登場回やモデルも考察!

「銀魂」のジャスタウェイはキャラクターではありませんが、作中に様々な形で度々登場しており、一定の人気を誇っています。そんな「銀魂」のジャスタウェイがいったい何であるかについて、登場回や同じ名前を持つとあるものと比較しながら考察していきます。

【銀魂】江華まとめ!死亡説?神楽や神威との関係なども!

銀魂

【銀魂】江華まとめ!死亡説?神楽や神威との関係なども!

『銀魂』の江華は死亡してしまったキャラクターですが、神楽や神威との関係や声優なども注目されています。今回はメガヒット漫画『銀魂』の江華について基本的な情報、各キャラとの関係、名言、強さ、声優、ネット上の感想などを紹介していきましょう。

【銀魂】斉藤終の魅力とは?登場回や強さなども初回!声優や名言は?

銀魂

【銀魂】斉藤終の魅力とは?登場回や強さなども初回!声優や名言は?

人気作品『銀魂』に登場する『斉藤終』というキャラクターがいます。斉藤終とはどのようなキャラなのでしょうか。初登場した回はどこなのか、作中での強さはどれくらいなのか、さらにはアニメ銀魂で演じた声優や名言を掘り下げその魅力に迫ります。

銀魂の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード