【ダンまち】登場キャラを一覧で徹底解説!強さや能力についても紹介

お気に入りに追加

『ダンまち』では各ファミリアに所属するキャラが多数登場しており、それぞれ強い能力やかわいい魅力に溢れたキャラとなっています。そんな『ダンまち』のキャラについて、中心となるヘスティア・ファミリアの一覧やその他のキャラをファミリアごとに一覧で紹介します。

【ダンまち】登場キャラを一覧で徹底解説!強さや能力についても紹介

目次

  1. 【ダンまち】とは?
  2. 【ダンまち】ヘスティア・ファミリアのキャラ一覧
  3. 【ダンまち】その他のキャラ一覧
  4. 【ダンまち】キャラの強さや能力ランキングTOP3
  5. 【ダンまち】ベルと女性キャラの関係
  6. 【ダンまち】かわいいキャラランキングTOP3
  7. 【ダンまち】キャラに対する世間での評判や人気
  8. 【ダンまち】キャラは魅力的だった

【ダンまち】とは?

『ダンまち』は2023年9月時点で19巻が刊行されており、新しい巻数が出る度にかわいい魅力や圧倒的な強さを持つキャラが登場しています。そんな『ダンまち』の作者や作品概要を紹介します。

ダンまちの作者

『ダンまち』の作者である大森藤ノは2013年から活動しているライトノベル作家です。小説投稿サイト「Arcadia」に『ダンジョンで出会いを求めるのは間違っているだろうか』を投稿しており、第4回GA文庫大賞に『ファミリア・ミィス』として投稿したところ、大賞を受賞しました。その後、書籍化の際には元のタイトルに戻して刊行されています。

ダンまちの概要

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は、GA文庫として2013年から刊行されているライトノベル作品です。神が存在するファンタジー世界で、主人公が様々なヒロインと出会いながら冒険や戦いを繰り広げていきます。小説としてのスピンオフ作品も多数制作されており、アニメや劇場版、ゲームなど様々なメディアミックス展開もしています。

ダンまちのあらすじ

ベル・クラネルはヘスティア・ファミリア唯一の眷属であり、駆け出しの冒険者として活動していました。しかし、ある日に挑んだダンジョンで窮地に陥ってしまいますが、その時にロキ・ファミリアのアイズ・ヴァレンシュタインに助けられます。恐怖からすぐに逃げ出してしまったベルですが、アイズに一目ぼれしたことから冒険者として成長しようと決心しました。

【ダンまち】ベルがレベル6になるまでの経緯は?スキルや能力まとめ

あわせて読みたい

【ダンまち】ベルがレベル6になるまでの経緯は?スキルや能力まとめ

本記事では『ダンまち』に登場する主人公・ベルがレベル6になるまでの経緯についてまとめていきます。レベル5になるまでの経緯でベルが手に入れた最強スキルや能力はもちろん、既にレベル6の冒険者として活動しているメンバーなどについても解説していきます。

【ダンまち】ヘスティア・ファミリアのキャラ一覧

『ダンまち』のヘスティア・ファミリアは最初こそ少数のメンバーでしたが、ストーリーが進む中で新たなキャラが増えていきます。そんな『ダンまち』のヘスティア・ファミリアのキャラを一覧で紹介します。

キャラ①ベル・クラネル

『ダンまち』のベル・クラネルはヘスティア・ファミリアの最初の眷属であり、団長でもある14歳の少年です。種族はヒューマン、職業は冒険者で、初期はLv. 1でしたが、最新ストーリーではLv.5となっています。白髪と赤目、中性的な顔立ちをしており、性格的には臆病ですが、純粋で善良な心を持っています。ヘタレなせいで冒険者向きではないと見られがちですが、戦闘時には勇敢に立ち向かう姿を見せます。

スキルとしてはアイズ・ヴァレンシュタインに助けられた際に発現した「憧憬一途(リアリス・フレーゼ)」を持っており、相手を想う心に比例して成長できる能力となっています。また、片角のミノタウロスとの戦闘から「英雄願望(アルゴノゥト)」、アステリオスと再戦したいという想いから「闘牛本能(オックススレイヤー)」、フレイヤに対抗する形で発現した「美惑炎抗(ヴァナディース・テヴェレ)」も有しています。

キャラ②ヘスティア

『ダンまち』のヘスティアはファミリアの主神である竈の女神です。一人称はボクで、胸元が空いた白いワンピースと身体に巻き付いた青い紐やリボンが特徴となっています。神としてはやや小柄な体型で、ぐうたらな一面もありますが、歪んだ性格が多い神の中では優しく善良であることから、慈愛の心を見せています。実は故郷の天界においては十二神の地位に選ばれたこともある神格高い女神でした。

処女神としてつかさどる権能は『護り火』、『悠久の聖火』であり、下界ではあまり能力を発揮できないものでしたが、フレイヤの「美」に対して自身の神血を混ぜた「偽現・炉神の聖火殿(ディオスアエデス・ウェスタ)」によって、都市に万延していた魅了の効力を打ち消すことに成功しています。

キャラ③リリルカ・アーデ

『ダンまち』のリリルカ・アーデは、ソーマ・ファミリアに所属していた小人族で15歳の少女です。リリという愛称で呼ばれており、サポーターの役割を担っています。ソーマの元ではぞんざいな扱いを受けており、それ故に人を信用しない性格でしたが、ベルとの出会いや冒険を経て心を開き、ヘスティア・ファミリアに改宗しています。オラリオの出身であることから事情通であるものの、他の事にはやや疎い面があります。

キャラ④ヴェルフ・クロッゾ

『ダンまち』のヴェルフ・クロッゾは、ヘファイストス・ファミリアに所属していたヒューマンで17歳の男性です。職業は鍛冶師であり、ラキア王国で没落してしまった貴族のクロッゾ家の末裔でもあります。ベルと出会って友人となり、「戦争遊戯」においてベルに協力するためにヘスティア・ファミリアに改宗して、専属の鍛冶師となりました。戦える鍛冶師を自称し、実際に戦闘面では前衛として戦えるほどの実力を持っています。

キャラ⑤ヤマト・命

『ダンまち』のヤマト・命は、タケミカヅチ・ファミリアに所属していたヒューマンで16歳の少女です。職業は冒険者で、極東の国家系ファミリア「朝廷」の出身であり、刀での戦闘を得意としています。生真面目かつ義理堅い性格で、ベル達に「怪物進呈(パス・パレード)」を仕掛けた経緯を後悔していたことから、1年間限定でファミリアに所属することになりました。

キャラ⑥サンジョウノ・春姫

『ダンまち』のサンジョウノ・春姫は、イシュタル・ファミリアに所属していた狐人で16歳の少女です。イシュタルの元へいた際は娼婦として働かせていましたが、ヘスティアに改宗した後はサポーター兼妖術師の冒険者となっています。狐人であるため耳と尻尾が生えており、性格的には争いを好まない優しい性格です。しかし、他者をレベルアップさせられる強力かつレアな能力を有しています。

【ダンまち】ベルの強さや能力まとめ!最強説や登場キャラとの関係も

あわせて読みたい

【ダンまち】ベルの強さや能力まとめ!最強説や登場キャラとの関係も

『ダンまち』シリーズの主人公でもあるベルは、今では最強クラスの実力者であるとファンの間で噂されるようになりました。本記事では『ダンまち』内で実際に描かれていた内容を基に、ベルの強さや能力について、登場するキャラとの関係も交えて詳しく紹介していきます。

【ダンまち】その他のキャラ一覧

『ダンまち』のヘスティア・ファミリア以外のキャラも多くは他の神の眷族としてファミリアに属しています。そんな『ダンまち』の他キャラについて、属しているファミリアごとに一覧で紹介します。

ロキ・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の女神ロキを主神とするロキ・ファミリアでは、団長をフィン・ディムナ、副団長をリヴェリア・リヨス・アールヴが務めています。ベルの憧れの存在である剣士のアイズ・ヴァレンシュタインやベルと関係性を築く、双子のアマゾネス姉妹のティオネ・ヒリュテとティオナ・ヒリュが属しており、スピンオフ作品『ソード・オラトリア』ではアイズを主人公にファミリアの物語が描かれています。

その他のメンバー一覧としては、最古参のドワーフであるガレス・ランドロック、狼人族のベート・ローガ、エルフのレフィーヤ・ウィリディスとアリシア・フォレストライト、ヒューマンのラウル・ノールド、猫人のアナキティ・オータム、魔導士のエルフィ・コレット、治療師のリーネ・アルフィなど、多くのキャラが属しています。

タケミカヅチ・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の男神タケミカヅチを主神とするタケミカヅチ・ファミリアは、団長をカシマ・桜花が務めています。その他のメンバー一覧としてはヒューマンのヒタチ・千草や飛鳥が所属しており、ヘスティア・ファミリアに1年間所属することになったヤマト・命を含めて全員が極東出身者かつタケミカヅチが保護した孤児となっています。

ヘファイストス・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の女神ヘファイストスを主神とするヘファイストス・ファミリアでは、団長を椿・コルブランドが務めています。鍛冶師系ファミリアであり、元所属のヴェルフ・クロッゾを含めても主要なメンバーが3人しか明かされていません。ヘファイストスがヘスティアの神友であったことから何かと世話をしており、借金返済のバイトとして一時的にヘスティアが所属したこともあります。

ヘルメス・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の男神ヘルメスを主神とするヘルメス・ファミリアでは、団長をアスフィ・アル・アンドロメダ、副団長をファルガー・バトロスが務めています。その他メンバー一覧としてはイシュタル・ファミリアから改宗後のアイシャ・ベルカ、犬迅のルルネ・ルーイ、エルフのローリエ・スワル、小人族のメリル・ティア―などが所属しています。スピンオフ作品の『ソード・オラトリア』の漫画版ではオリジナルキャラも登場しています。

ミアハ・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の男神ミアハを主神とするミアハ・ファミリアでは、団長をナァーザ・エリスイスが務めています。その他のメンバー一覧としてはアポロン・ファミリアから改宗後のダフネ・ラウロスとカサンドラ・イリオンが所属していますが、「戦争遊戯」前には団員がナァーザのみという状態でした。

フレイヤ・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の女神フレイヤを主神とするフレイヤ・ファミリアでは、団員をオッタル、副団長をアレン・フローメルが務めています。その他のメンバー一覧として、幹部陣はエルフのヘディン・セルランド、ダークエルフのヘグニ・ラグナール、小人族の4人兄弟であるガリバー兄弟、団員として侍女頭のヘルン、治癒師のヘイズ・ベルベット、一般構成員で半小人族のヴァン、レミリア、ラスクなどが所属しています。

ガネーシャ・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の男神ガネーシャを主神とするガネーシャ・ファミリアでは、団員をシャクティ・ヴァルマ、副団長をイルタ・ファーナが務めています。その他のメンバー一覧としてはヒューマンのハシャーナ・ドルリアやイブリ・アチャー、男性冒険者のモダーカが所属しています。また、かつてはシャクティの実妹であるアーディ・ヴァルマも所属していましたが、闇派閥の攻撃によって故人となってしまいました。

イシュタル・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の女神イシュタルを主神とするイシュタル・ファミリアでは、団長をフリュネ・ジャミール、副団長をタンムズ・ベリリが務めていました。その他のメンバー一覧としてはアマゾネスのアイシャ・ベルガやサミラ、レナ・タリー、サンジョウノ・春姫、シャレイなどが所属していましたが、フレイヤによってイシュタルが天界に送還されてしまったため、ファミリアとしては消滅しています。

アレス・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の男神アレスを主神とするアレス・ファミリアは、国家ファミリアであるラキア王国であり、軍事王政国家として知られています。そのため、眷族は国家全体の兵士や軍人であり、60万を超える人数を有していますが、1人あたりの戦力は低く、軍神として君臨するアレスも見た目に対して実力が伴わないことから、作中ではアイズにあったり負けてしまっています。それでも好戦的な性格からオラリオに戦争を仕掛けています。

ソーマ・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の男神ソーマを主神とするソーマ・ファミリアでは、団長をザニス・ルストラが務めていましたが、そのザニトラによるファミリアの私物化が問題となり、後に新団長のチャンドラ・イヒトが就任しています。リリルカ・アーデが所属していた時点では、ソーマが趣味である神酒造りに傾倒していたことからファミリアは資金集めのための組織としか思っていませんでしたが、新団長になってからは徐々に改善しています。

アポロン・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の男神アポロンを主神とするアポロン・ファミリアでは、団長をヒュアキントス・クリオが務めていました。その他のメンバー一覧としては後にミアハ・ファミリアへ入団するダフネ・ラウロスとカサンドラ・イリオン、エルフのリッソス、小人族のルアン・エスペルが所属していましたが、戦争遊戯の敗北によりヘスティアの命令からファミリアは解散され、アポロンはオラリオから永久追放となりました。

イケロス・ファミリアのキャラ

『ダンまち』の男神イケロスを主神とするイケロス・ファミリアでは、団長をディックス・ペルディクス、実質的な副団長をグランが務めていました。かつては探索系ファミリアとしてそれなりの名を馳せていましたが、作中時点では「闇派閥(イヴィルス)」と結託しており、問題のある冒険者ばかりを集めた凶悪集団となっていました。「異端児」の一件に大きく関わっていましたが、最終的には壊滅しています。

ギルド関係者のキャラ

『ダンまち』の男神ウラノスを主神としてオラリオの運営を行うギルドでは、ギルド長をロイマン・マルディールが務めていますが、ファミリアではないため、メンバー一覧としてはウラノスの眷族にはなっていません。その他の職員としては受付嬢のエイナ・チュール、エイナと同期のミィシャ・フロット、狼人のローズ、エルフのソフィが働いています。また、ウラノスに仕える魔術師としてフェルズがいます。

豊穣の女主人のキャラ

『ダンまち』のオラリオで冒険者向けの酒場である豊穣の女主人では、元フレイヤ・ファミリアの団長であるミア・グランドが女将を務めています。その他の店員一覧としてはヒューマンのシル・フローヴァやルノア・ファウスト、猫人のアーニャ・フローメルやクロエ・ロロ、リュー・リオンがいますが、いずれも戦力を有しており、他の店員も元フレイヤ・ファミリアの関係者となっています。

異端児(ゼノス)のキャラ

『ダンまち』において高い知性を持ったモンスター達は自らを「異端児(ゼノス)」と称しています。主な人物一覧としては竜女のウィーネ、蜥蜴人のリド、歌人鳥のレイ、石竜のグロス、黒い猛牛のアステリオス、人魚のマリィ、人蜘蛛のラーニェ、一角兎のアルル、ゴブリンのレット、半人半鳥のフィア、黒犬のヘルガ、獣蛮族のフォー、一角獣のユーノ、半人半蛇のラウラなどが所属しています。

【ダンまち】原作は完結する前に作者が失踪した?最終回の予想も紹介

あわせて読みたい

【ダンまち】原作は完結する前に作者が失踪した?最終回の予想も紹介

『ダンまち』はアニメ化やゲーム化が行われる程に原作が大ヒットした作品となっていますが、原作では物語がまだ完結していない状況となっています。『ダンまち』の原作が完結する前に作者が失踪をしたのか、またどのような最終回を迎えるのかについての予想を紹介します。

【ダンまち】キャラの強さや能力ランキングTOP3

『ダンまち』では様々な能力や強さを持っているキャラがいますが、読者やファンの中で最強と言われるキャラが存在しています。そんな『ダンまち』のキャラの強さや能力ランキングTOP3を紹介します。

3位:アイズ・ヴァレンシュタイン

『ダンまち』の強さや能力ランキング第3位はアイズ・ヴァレンシュタインです。スキルとして「復讐姫(アヴェンジャー)」を有しており、怪物種全般に対して任意で攻撃力を強化できるようになっています。その能力により対モンスターでは圧倒的な強さを誇っており、精霊の血から関連する風属性の付加魔法であるエアリアルと合わせて戦闘しています。ただし、復讐姫については自身が制御し切れない部分があります。

2位:フィン・ディムナ

『ダンまち』キャラの強さや能力ランキング第2位はフィン・ディムナです。ロキ・ファミリアの団長であり、種族として貧弱と言われる小人族ながらもLv.6とオラリオン内では上位の能力有しています。戦闘では長槍の専用武装「フォルテイア・スピア」を装備しており、5つのスキルと魔法を織り交ぜながら戦っています。また、洞察力にも優れており自らの判断を活かしながら先陣を切って仲間を鼓舞する団長らしい才能もあります。

1位:オッタル

『ダンまち』キャラの強さや能力ランキング第1位はオッタルです。オラリオ最強の冒険者であり、作中初期では唯一のLv.7でもありました。現在は迷宮に入っていませんが、ロキ・ファミリアの総力を投じてようやく互角になると言われており、圧倒的な強さを誇っています。スキルとしては「戦猪招来(ヴァナ・アルガンチュール)」を有しており、任意に獣化可能で他にはないほどの補正の大きさで凶暴性を発揮します。

【ダンまち】3期のアニメの内容や結末は?新キャラクターはいる?

あわせて読みたい

【ダンまち】3期のアニメの内容や結末は?新キャラクターはいる?

原作を基に、アニメ「ダンまち」第3期の内容や結末を紹介します。また、「ダンまち」第3期では、物語のカギを握る新キャラクターが登場しました。アニメの内容を紹介すると共に、プロフィールや能力などから新キャラクターの人物像に迫ります。

【ダンまち】ベルと女性キャラの関係

『ダンまち』の魅力の一つはベルとヒロイン達の関係性であり、タイトル通り様々な出会いを経て行く中で信頼を築いていきます。そんな『ダンまち』のベルと女性キャラの関係性を一覧で紹介します。

ベルとヘスティアの関係

『ダンまち』のベルとヘスティアの関係性はファミリアの主神と団長ですが、ヘスティアにとってベルは初めてできた家族であり、人と神を越えて相思相愛になりたいと願っています。しかし、ベルは冒険を繰り返す中で様々な女性キャラに好意を寄せられており、ヘスティアは他からのアプローチに警戒することが多くなっています。ベルが孤独を感じた時にはずっと一緒にいると宣言しており、深い愛情が窺えるヒロインです。

ベルとアイズ・ヴァレンシュタインの関係

『ダンまち』のベルとアイズ・ヴァレンシュタインの関係は、ベルの方が憧れる存在であり、アイズの方も急速に成長するベルに注目しながら臨時コーチを務めています。ベルを特訓することで自身も成長させようとする一方で、ベルを異性として意識しているところもあり、一緒にいる際は素直になれない一面を見せています。ただし、ファミリア内で自身の人気が高いこともあって団員達がベルを嫌う原因にもなっています。

ベルとリリルカ・アーデの関係

『ダンまち』のベルとリリルカ・アーデの関係は同じファミリアの一員であり、リリルカにとってベルは自分を信頼してくれた人物となっています。初めはベルを騙すつもりで接触していたものの、純粋な性格や助けてもらったことから絆が深まり、尊敬と共に恋心を寄せるようになりました。それからはリリルカの方から積極的にアピールしており、ヘスティアと同様に他の女性キャラの好意を牽制しています。

ベルとサンジョウノ・春姫の関係

『ダンまち』のベルとサンジョウノ・春姫の関係は、ベルが春姫を救い出しており、その後は同じファミリアに属しています。この一件から春姫はベルへの好意を露わにしており、近くにいる際は尻尾を腕に巻きつけたり、抱っこされた時に嬉しそうな反応を見せたりしています。それ故にヘスティアやリリルカからは恋敵として警戒される対象となっています。

ベルとシル・フローヴァの関係

『ダンまち』のベルとシル・フローヴァの関係は、冒険者と酒場の店員ですが、偶然の出会いから交流を深めていくうちに好意を寄せています。その中でも冒険者として走り続けるベルのことが好きだと言っており、冒険に出かける前のベルに渡した物がベルのピンチを救うきっかけになっています。普段はドジっ子ながらもベルに対しては狙ったようなあざとさを見せることがあり、まだ明かされていない部分も多いキャラです。

ベルとリュー・リオンの関係

『ダンまち』のベルとリュー・リオンの関係は、初期から「豊穣の女主人」で知り合っていて純粋なベルにリューが惹かれる部分もありましたが、深層で共に窮地を脱したところから明確な好意を抱くようになりました。しかし、好意を意識してからはベルを前にすると普段のクールな一面はなくなり、ポンコツな行動を取ってしまようになり、元々やや偏った恋愛観を持っていたのも相まって自分の感情に戸惑っています。

ベルとカサンドラ・イリオンの関係

『ダンまち』のベルとカサンドラの関係はファミリアこそ違うものの、ベルがカサンドラの予知夢について信用してくれているため、カサンドラの方が好意を寄せる状態になっています。しかし、ベルはカサンドラの予言を信じた上で困難な未来にも立つ向かおうとするため、カサンドラは別の性格を理解した上で予知による最悪な結果を回避しようと自ら動き出しています。

ベルとアイシャ・ベルガの関係

『ダンまち』のベルとアイシャ・ベルガの関係は、イシュタル・ファミリアと春姫の一件で対面しており、その際にアイシャの方がベルの魅力的に思っていました。春姫の事件が解決し、イシュタル・ファミリアが消滅した後もベルのことは諦めておらず、戦いでの強さも含めたお気に入りの雄としてベルのことを狙っています。

ベルとエイナ・チュールの関係

『ダンまち』のベルとエイナ・チュールの関係は、冒険者と担当する受付嬢ですが、世話焼きな性格からベルに対しても弟のように面倒を見ていました。しかし、好みの男性のタイプが少し頼りないという点がベルと一致しており、ナンパされた際にベルを彼氏にして逃れようとしたりと少しばかりフラグが立っているようなシーンがあります。

ベルとティオナ・ヒリュテの関係

『ダンまち』のベルとティオナ・ヒリュテの関係は、ベルがミノタウロスと戦う姿を目撃した時、幼少期に好きだった童話『アルゴノゥト』の主人公と重なったことで、ベルのファンになりました。その後はベルに対して応援する立場になっており、異性として意識しているかまでは言及していないものの、好みのタイプがベルと一致していたり、自分が抱き着いた時にベルが意識してくれたことを喜んだりしていました。

ベルとウィーネの関係

『ダンまち』のベルとウィーネの関係は「異端児」を受け入れてくれたベルに対してヴィーネが懐いている状態です。生まれてから間もないことから、ベルに対する感情は他キャラと違って恋愛ではなく家族愛に近いものになっており、サンジョウノ・春姫に対しても同じような感情で懐いています。ただし、作品のストーリーとしてはヒロインとしての立ち位置として紹介されています。

ベルとフレイヤの関係

『ダンまち』のベルとフレイヤの関係は、フレイヤが偶然ベルを見かけて、能力や性格を気に入ったことから試練を与えながら自分に相応しい英雄として成長させようとしています。それによって実際にベルは成長し、ピンチの際は裏で動いてくれていますが、あくまでベルを独占したい感情で動いています。しかし、その感情が最新のストーリーでは思わぬ形で大きな事件へと発展していくことになりました。

【ダンまち】声優を一覧にして紹介!代表作や変更になったキャストについても

あわせて読みたい

【ダンまち】声優を一覧にして紹介!代表作や変更になったキャストについても

『ダンまち』の声優について解説します。アニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』の各キャラを演じる声優と、それぞれの過去の代表作をまとめました。また本作でキャストが変更された役柄や、変更前後の声優についても紹介します。

【ダンまち】かわいいキャラランキングTOP3

『ダンまち』のベルと女性キャラの関係性を見ていきましたが、その中でも読者やファンの中で特に人気を集める関係性があります。そんな『ダンまち』の女性キャラの中でかわいいキャラランキングTOP3を紹介します。

3位:リュー・リオン

『ダンまち』のかわいいキャラランキング3位はリュー・リオンです。初期から登場していたキャラですが、深層の一件からヒロインとして大きくピックアップされるようになり、普段はクールなのに恋愛が絡むとポンコツになるところがかわいいと言われています。年齢としては21歳で、14歳のベルとはかなり歳が離れていますが、その点もポンコツさと合わせて大人なのにかわいいと思われる要素になっています。

2位:アイズ・ヴァレンシュタイン

『ダンまち』のかわいいキャラランキング2位はアイズ・ヴァレンシュタインです。ベルが憧れる存在かつスピンオフ作品の主人公を務めるアイズですが、作中でも上位の強さを誇るかっこいい部分とベルに対して時折見せるかわいい部分が魅力となっています。他キャラの積極的なアプローチと比較すると、やや素直になれないところもありますが、その不器用な一面もかわいい魅力として好きな人が多いようです。

1位:ヘスティア

『ダンまち』のかわいいキャラランキング1位はヘスティアです。作品のメインヒロインの一人であり、魅力的な見た目と共にベルへの好意を隠さないところがかわいいと言われています。ベルのためには苦労を惜しまず動いたり、他の女性キャラと関わっている時はわかりやすく嫉妬したりと、作中で様々な表情を見せてくれるものかわいい魅力の一つとなっています。

【ダンまち】神様がファミリアを構成している!主神や主要メンバーを紹介

あわせて読みたい

【ダンまち】神様がファミリアを構成している!主神や主要メンバーを紹介

『ダンまち』の神様を紹介します。『ダンまち』のヘスティア・ファミリアや、ヘファイストス・ファミリア、ロキ・ファミリア、フレイヤ・ファミリアなどのランクや、作中での活躍などを徹底解説しました。また、その他の神様のファミリアについても紹介しています。

【ダンまち】キャラに対する世間での評判や人気

ここでは『ダンまち』のキャラに対する世間での評判や人気を紹介します。男女共に魅力的なキャラが多く、ベルを中心に様々なキャラの関係性が描かれているため、読者やファンもキャラについて能力の強さやかわいい魅力など、多様な楽しみ方を見出しています。

『ダンまち』のキャラについて、エルフなど種族ごとに魅力を感じている人がいました。ファンタジー世界が舞台であることからベルのようなヒューマンやヘスティア達の神以外にも様々な種族が登場しており、読んでいる人によって強さやかわいい部分など、魅力的に思うキャラの傾向があるようです。

『ダンまち』のキャラについて、ストーリーを読む中でどのキャラも好きになっていくという感想が出ていました。多数のファミリアがあるため、キャラ数が多くなっていますが、スピンオフ作品でバックストーリーが描かれています。そこで本編に描かれなかったキャラの心情や能力の強さ、かわいい魅力が見られるので、最終的に多くのキャラが好きになってしまう人もいるようです。

『ダンまち』のキャラについて、主人公のベル・クラネルに魅力を感じている人がいました。ストーリーではベルがヒロインと出会って関係性を深めていきますが、そのベルが嫌味なところがなく、純粋で決めるところは決められる強さを持つキャラになっています。そんなベルの強さに読者も気持ちよくストーリーを読んでいけるところが魅力の一つ思っている人もいるようです。

【ダンまち】死亡したキャラまとめ!亡くなった理由や登場キャラとの関係も

あわせて読みたい

【ダンまち】死亡したキャラまとめ!亡くなった理由や登場キャラとの関係も

本記事ではダンまちの死亡キャラについてまとめました。ダンまちこと「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」はファンタジーを題材とした作品であるため、戦いなどで死亡するキャラも存在します。各キャラの死亡理由やメインキャラの生死について調査しました。

【ダンまち】キャラは魅力的だった

『ダンまち』では主人公のベル・クラネルを中心に多数のキャラが登場しており、ファミリアを越えた絆やかわいいヒロインとしての恋愛感情など、様々な関係性が描かれています。ライトノベル本編以外にもスピンオフ作品やアニメで魅力的な一面を描かれており、見た人は様々なキャラを好きになっています。一覧で紹介したキャラやファミリアに興味を持った人は、自分の好きな媒体で『ダンまち』を楽しんでみてください。

【ダンまち】登場キャラを一覧で徹底解説!強さや能力についても紹介

あわせて読みたい

【ダンまち】登場キャラを一覧で徹底解説!強さや能力についても紹介

『ダンまち』では各ファミリアに所属するキャラが多数登場しており、それぞれ強い能力やかわいい魅力に溢れたキャラとなっています。そんな『ダンまち』のキャラについて、中心となるヘスティア・ファミリアの一覧やその他のキャラをファミリアごとに一覧で紹介します。

十文字猛

この記事のライター

十文字猛

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【ダンまち】リューは死亡するのか調査!過去やベルとの関係も解説

ダンまち

【ダンまち】リューは死亡するのか調査!過去やベルとの関係も解説

『ダンまち』の人気キャラクター・リューは死亡するのかを調査してみました。本記事では、リューが死亡すると噂された理由、彼女の過去、ベルとの関係を解説しています。あわせて、リューの魅力と『ダンまち』のアニメで彼女を担当した声優の情報も紹介します。

【ダンまち】厄災篇のあらすじを解説!正体や深層についても徹底調査

ダンまち

【ダンまち】厄災篇のあらすじを解説!正体や深層についても徹底調査

本記事では『ダンジョンに出会いを求めているのは間違っているだろうか(ダンまち)』の厄災編のあらすじと結末を紹介します。また『ダンまち』の厄災とは何なのか、その正体や深層についても解説します。さらに厄災編の主要キャラクターの声優についてもまとめています。

【ダンまち】ベルの強さや能力まとめ!最強説や登場キャラとの関係も

ダンまち

【ダンまち】ベルの強さや能力まとめ!最強説や登場キャラとの関係も

『ダンまち』シリーズの主人公でもあるベルは、今では最強クラスの実力者であるとファンの間で噂されるようになりました。本記事では『ダンまち』内で実際に描かれていた内容を基に、ベルの強さや能力について、登場するキャラとの関係も交えて詳しく紹介していきます。

【ダンまち】神様がファミリアを構成している!主神や主要メンバーを紹介

ダンまち

【ダンまち】神様がファミリアを構成している!主神や主要メンバーを紹介

『ダンまち』の神様を紹介します。『ダンまち』のヘスティア・ファミリアや、ヘファイストス・ファミリア、ロキ・ファミリア、フレイヤ・ファミリアなどのランクや、作中での活躍などを徹底解説しました。また、その他の神様のファミリアについても紹介しています。

【ダンまち】フレイヤは美の女神?正体は?シルとの関係も徹底調査

ダンまち

【ダンまち】フレイヤは美の女神?正体は?シルとの関係も徹底調査

『ダンまち』の美の女神、フレイヤを紹介します。プロフィールや強さ、能力、正体や、人間の少女であるシルとの関係、フレイヤはベルの味方なのかどうかを解説しました。また、アニメ『ダンまち』でフレイヤを演じている声優を紹介します。

【ダンまち】ネタバレを紹介!最終回の結末は?その後についても考察

ダンまち

【ダンまち】ネタバレを紹介!最終回の結末は?その後についても考察

本記事では『ダンまち』のあらすじをネタバレ解説してみました。あわせて『ダンまち』原作とアニメで描かれる最終回の結末とその後についても考察しています。作品の魅力と『ダンまち』に登場するキャラクターについてもネタバレ解説しています。

【ダンまち】アイズと登場キャラとの関係性は?強さや正体も徹底考察

ダンまち

【ダンまち】アイズと登場キャラとの関係性は?強さや正体も徹底考察

『ダンまち』のアイズ・ヴァレンシュタインと他の登場キャラとの関係性について詳しく解説していきます。アイズの強さや魔法、正体や知られざる過去についても徹底的に考察し、『ダンまち』ファンによるSNS上の人気や評判もまとめます。

【ダンまち】声優を一覧にして紹介!代表作や変更になったキャストについても

ダンまち

【ダンまち】声優を一覧にして紹介!代表作や変更になったキャストについても

『ダンまち』の声優について解説します。アニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』の各キャラを演じる声優と、それぞれの過去の代表作をまとめました。また本作でキャストが変更された役柄や、変更前後の声優についても紹介します。

【ダンまち】ベルがレベル6になるまでの経緯は?スキルや能力まとめ

ダンまち

【ダンまち】ベルがレベル6になるまでの経緯は?スキルや能力まとめ

本記事では『ダンまち』に登場する主人公・ベルがレベル6になるまでの経緯についてまとめていきます。レベル5になるまでの経緯でベルが手に入れた最強スキルや能力はもちろん、既にレベル6の冒険者として活動しているメンバーなどについても解説していきます。

【ダンまち】神様を一覧で紹介!性格は?ファミリアについても解説

ダンまち

【ダンまち】神様を一覧で紹介!性格は?ファミリアについても解説

『ダンまち』の神様について解説します。人気ライトノベル『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』に登場する神様の性格や特徴についてまとめました。また、神様がまとめる各ファミリアのメンバーや関係についても詳しく紹介します。

ダンまちの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード