【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーはエレンの父!強さや最期について

お気に入りに追加

『進撃の巨人』に登場するグリシャ・イェーガーは、主人公エレンの父親です。地下室に行け、とエレンに伝えたまま消息不明となります。『進撃の巨人』の登場人物の中でもかなりの重要人物であるグリシャ・イェーガーはどんな人物だったのでしょうか。詳しく解説していきます。

【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーはエレンの父!強さや最期について

目次

  1. 【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーはエレンの父
  2. 【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーの強さや過去・活躍
  3. 【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーの名言
  4. 【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーの声優
  5. 【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーに対する世間での評判や人気
  6. 【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーはエレンの父で壮絶な過去があった

【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーはエレンの父

『進撃の巨人』に登場するグリシャ・イェーガーはエレンの父親ですが、過去の経歴など謎に包まれた人物です。一体どんな人物だったのでしょうか?また物語の中でどんな活躍をし、最期を迎えたのでしょうか?ここではグリシャ・イェーガーの人物像や『進撃の巨人』についてのあらすじを紹介していきます。

グリシャ・イェーガーのプロフィール

  • 名前:グリシャ・イェーガー
  • 身長:182cm
  • 体重:78kg
  • 誕生日:1月26日
  • 職業:医者
  • CV:土田大、上村祐翔(少年時代)

グリシャ・イェーガーはエレンたちの住むシガンシナ区で医業を営んでおり、以前に流行病から多くの人を救うという活躍をしたため、住人たちや駐屯兵団から厚い信頼を得ています。しかし、シガンシナ区に巨人が流出してから消息不明となります。

グリシャ・イェーガーの性格

グリシャ・イェーガーは、街のみんなから尊敬される優秀な医者です。物静かで理知的な人物で、息子のエレンが調査兵団に入りたい言った時も、否定することなく受け入れました。またエレンがミカサを助けるため、1人で強盗たちのところに向かい2人の強盗を倒すという活躍をしましたが、自分の命を軽々しく投げ捨てるな、と父親らしく厳しく叱る場面もありました。

進撃の巨人の概要

『進撃の巨人』は諫山創(いさやまはじめ)による漫画作品です。別冊少年マガジンの2009年10月号から2021年5月号まで連載されていました。海外でも大人気の作品で、ライトノベル、アニメ、ゲーム、映画などさまざまなコンテンツ展開をしています。

進撃の巨人のあらすじ

人類は突如現れた巨人から身を守るため、巨大な3つの壁を築き、100年もの間平和に暮らしていました。そんなある日、壁を越える「超大型巨人」と強固な肉体を持つ「鎧の巨人」が現れて壁を破壊し、大量の巨人が人々を襲います。主人公のエレン・イェーガーの母も巨人に捕食されてしまいました。怒りに震えるエレンは、巨人をこの世から一匹残らず駆逐(くちく)することを誓うのでした。

【進撃の巨人】最終回までのあらすじを解説!物語の最初から結末までを紹介

あわせて読みたい

【進撃の巨人】最終回までのあらすじを解説!物語の最初から結末までを紹介

巨人と人間の戦いを描いた進撃の巨人は、残酷な世界観や第1話から散りばめられていた伏線などが読者に絶賛されています。本記事では進撃の巨人のあらすじを解説していきます。1話から最終回までのあらすじを理解し進撃の巨人の大まかな流れを把握していきましょう。

【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーの強さや過去・活躍

『進撃の巨人』の序盤では謎に包まれているグリシャ・イェーガーですが、過去に一体どんなことをしてきたのでしょうか?グリシャの強さや過去、活躍について詳しく解説していきます。

グリシャ・イェーガーの過去

グリシャ・イェーガーは、壁外の世界から来た巨人化能力者でした。グリシャは幼い妹をマーレの憲兵に殺されたことから、マーレを強く憎みます。そのことから反体制組織であるエルディア復権派として活動していましたが、息子ジークの告発によって捕らえられ、パラディ島に連れていかれるという「楽園送り」にされました。そこで知性のない無垢の巨人となってしまうはずが、エルディア復権派の仲間である「フクロウ」に助けられます。そこで9つの巨人の1つである「進撃の巨人」の力を引き継ぎ、壁の中に向かいます。

グリシャ・イェーガーの強さや能力

「フクロウ」より「進撃の巨人」の力を受け継いだグリシャは、この力を使って「始祖の巨人」の力を奪うため、王家の血を引く一族であるレイス家の人々を皆殺しにします。この時「始祖の巨人」の力を引き継いでいたフリーダ・レイスと戦いますが、フリーダは力の使い方に慣れていなかったため、グリシャに捕食され「始祖の巨人」の力を奪われてしまいます。グリシャの巨人化が描かれたのはここだけなので、グリシャが「進撃の巨人」として活躍した唯一の場面と言えます。

グリシャ・イェーガーの最期

グリシャ・イェーガーは最期、エレンに自分の「進撃の巨人」の力を引き継がせるために、巨人に変身する薬をエレンに注射し、その後捕食され死亡します。自分の過去や巨人の正体が人間であること、壁の外の世界について記した日記を地下室に隠し、エレンにすべてを託します。

【進撃の巨人】エレンが巨人化できた理由は?条件や能力についても調査

あわせて読みたい

【進撃の巨人】エレンが巨人化できた理由は?条件や能力についても調査

『進撃の巨人』の主人公のエレンは、母親を殺した巨人を憎み、倒す決意をします。しかしエレン自身にも巨人化する能力があることが発覚します。この記事ではエレンが巨人化できた理由、条件、受け継いだ能力について詳しく調査しています。

【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーの名言

『進撃の巨人』に登場するグリシャ・イェーガーにはどんな名言があったのでしょうか?ここでは彼の名言について詳しく紹介していきます。

グリシャ・イェーガーの名言①「人間の探求心とは…」

「カルラ...人間の探究心とは誰かに言われて抑えられるものではないよ。」

出典: renote.net

エレンが調査兵団に入って壁の外に出たい、と言った時にグリシャが言ったセリフです。母親のカルラは怒りましたが、グリシャはエレンを受け止めます。グリシャ自身も過去に、「収容区から外に出てはいけない」と言われていたのに探究心から妹を連れて外に出してしまった経験があるため、他人事とは思えなかったのでしょう。エレンが過去の自分と同じ道を歩もうとしていることを知り、グリシャは「始祖の巨人」を奪還する決心をします。

グリシャ・イェーガーの名言②「これは被写体の光の…」

「これは被写体の光の反射を特殊な紙に焼きつけたもの。写真という」

出典: renote.net

ウォール・マリアを奪還し、ついに自宅の地下室に辿り着いたエレンたちは、グリシャの手記と家族写真を発見します。壁の中には写真の技術はなかったため、グリシャは壁の外から来た人間であり、『進撃の巨人』の世界の人類は絶滅したわけではなく壁の外の世界で生きているという衝撃的な真実を表しています。

グリシャ・イェーガーの名言③「ジーク…お前を愛している…」

「ジーク...お前を愛している。もっと...一緒に遊んでやればよかったのに...。」

出典: renote.net

グリシャ・イェーガーはジークに自分達の思想を押し付け、「マーレの戦士」にするべくいつも厳しく接していました。ジーク自身と向き合うことをせず、一緒に遊んであげることもほとんどなかったため、ひどい父親だったと後悔していましたが、ここにきてようやくジーク本人に伝えることができました。ジークも父が自分を愛していたこと知り、最期にようやく親子の想いが通じ合った感動的な場面です。

【進撃の巨人】名言をまとめて紹介!心に響くセリフや名シーンも

あわせて読みたい

【進撃の巨人】名言をまとめて紹介!心に響くセリフや名シーンも

大人気作品の『進撃の巨人』では迫力のある戦闘シーンの他にも、読者の心に響く登場キャラクターの名言や名シーンが魅力となっています。今回は『進撃の巨人』の登場キャラクターの中でも、特に活躍をしている重要キャラクターのかっこいい名言や名シーンについて紹介をします。

【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーの声優

アニメ版『進撃の巨人』でグリシャ・イェーガーを担当した声優は土田大さん、上村祐翔さんです。2人は今までどんな活動をしてきたのでしょうか?ここでは2人の経歴やこれまでの活躍について詳しくまとめました。

グリシャ・イェーガーの声優は土田大

グリシャ・イェーガーの声を担当した声優は土田大さんです。元々は俳優として活動しており、スーパー戦隊シリーズの『忍者戦隊カクレンジャー』でサイゾウ・ニンジャブルー役として役者デビューしました。現在は声優としての活動をメインに活躍しています。

土田大のプロフィール

  • 本名:土田大
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1972年2月8日
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:81プロデュース
  • 身長:180cm
  • 体重:66kg
  • 活動時期:1999年〜

−土田大の主な出演作品

  • 2001年:「オフサイド」熊谷五郎を担当
  • 2003年:「TEXHNOLYZE」大西京呉を担当
  • 2011年:「うさぎドロップ」河地大吉を担当
  • 2014年:「新劇場版頭文字DLegend」池谷浩一郎を担当
  • 2022年:「機動戦士ガンダム水星の魔女PROLOGUE」ナディム・サマヤを担当

グリシャ・イェーガーの少年時代の声優は上村祐翔

グリシャ・イェーガーの少年時代の声を担当した声優は上村祐翔さんです。4歳で劇団に入所し、子役としての活動を経て、2002年に声優としてデビューしました。少年役を多く演じており、アニメや映画の吹き替えなと幅広く活躍中です。

上村祐翔のプロフィール

  • 名前:上村祐翔
  • 出身地:埼玉県
  • 生年月日:1993年10月23日
  • 血液型:O型
  • 身長:173cm
  • 所属事務所:劇団ひまわり
  • 活動時期:2002年〜

上村祐翔の主な出演作品

  • 2014年:「神々の悪戯」の戸塚月人を担当
  • 2016年:「文豪ストレイドッグス」の中島敦を担当
  • 2018年:「僕のヒーローアカデミア」の天喰環を担当
  • 2020年:「憂国のモリアーティ」のフレッド・ポーロックを担当
  • 2022年:「シャドウバースF」の天竜ライトを担当
【進撃の巨人】声優を一覧で紹介!メインキャラからサブキャラまで

あわせて読みたい

【進撃の巨人】声優を一覧で紹介!メインキャラからサブキャラまで

テレビアニメ化したことで人気に火が付いた『進撃の巨人』。個性的なキャラと綺麗で迫力のある作画も人気の要因ですが、有名声優が数多く出演していることも話題となりました。本記事では、そんな『進撃の巨人』のメインキャラ37人分の担当声優を一覧で紹介します。

【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーに対する世間での評判や人気

幼い頃に両親が強盗に殺されてしまったミカサを、 グリシャは家に連れて帰り、実の娘のように育てています。 作中では、ミカサについてグリシャが「養子」ではなく「娘」と呼んでいるシーンもありました。こういった言動から、グリシャは愛情深い人物であると評価するファンもいました。

一方でグリシャは毒親だと評価するコメントもありました。ジークを育てていた頃のグリシャは、自分達の思想を押し付け、本人の意志と関係なくジークを「マーレの戦士」にしようとしていたため、ほとんど父親らしいことができませんでした。ジークの最期には愛情を伝えることができていましたが、過去のジークに対する態度には厳しい見方をする読者も少なくありませんでした。

「進撃の巨人」は、「未来の記憶を読み取る能力」を持っています。未来のエレンに導かれ、グリシャはレイス家を皆殺しにしてしまいます。私は人を救う医者だ、と一度は踏みとどまりますが、未来のエレンによって叱咤され「進撃の巨人」に変身し、ロッド・レイスを除く全員殺してしまうのです。その後、グリシャが激しく後悔するシーンは、声優の演技も相まってアニメ視聴者の心に響く名シーンとなっています。

【進撃の巨人】ジークは獣の巨人!人物像から目的まで徹底考察!

あわせて読みたい

【進撃の巨人】ジークは獣の巨人!人物像から目的まで徹底考察!

『進撃の巨人』に登場する「ジーク」とは主人公エレン・イェーガーの義兄であり、9つの巨人のうちの1つである「獣の巨人」を継承した人物でもあります。本記事では、進撃の巨人において非常に重要な存在であり、壮大な目的を掲げるそのジークの正体について迫っていきます。

【進撃の巨人】グリシャ・イェーガーはエレンの父で壮絶な過去があった

グリシャ・イェーガーの正体はエレンの父で、「進撃の巨人」の能力者でした。壁の外から来た人間で、妹は殺され、最初の妻であるダイナは無垢の巨人となってしまうという壮絶な過去がありました。さらに自分自身は巨人化したエレンに捕食されるという最期を迎えています。物語のキーパーソンであるグリシャの過去や、世界の真実を知った上で、もう一度作品を読み返してみてはいかがでしょうか。

【進撃の巨人】ダイナ・フリッツはカルライーター?最期のシーンも紹介

あわせて読みたい

【進撃の巨人】ダイナ・フリッツはカルライーター?最期のシーンも紹介

進撃の巨人にてエレンの父親の前妻だったダイナ・フリッツはかつてパラディ島に移住することを拒んだ唯一のマーレ一族の末裔であり物語の大きな鍵を握るキャラとして描かれています。本記事では進撃の巨人に登場するダイナ・フリッツの正体や最期のシーンについて解説します。

モノミ

この記事のライター

モノミ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【進撃の巨人】ザックレーの人物像まとめ!死亡したのかについても考察

進撃の巨人

【進撃の巨人】ザックレーの人物像まとめ!死亡したのかについても考察

『進撃の巨人』に登場するザックレーは、三兵団を統括する最高権力者というキャラです。王制に恨みを持っており、王制の重鎮に対して壮絶な拷問を行い読者に衝撃を与えました。本記事では、『進撃の巨人』におけるザックレーの活躍から正体、数々の謎や死亡について紹介します。

【進撃の巨人】ミーナのかわいい魅力は?死亡するのかについても考察

進撃の巨人

【進撃の巨人】ミーナのかわいい魅力は?死亡するのかについても考察

『進撃の巨人』に登場するミーナは、主人公・エレンと同期である訓練兵の少女です。物語の序盤だけに登場するキャラですが、読者からは「かわいい」と非常に人気があります。本記事では、『進撃の巨人』本編でのミーナの活躍や名言、かわいい魅力について紹介します。

【進撃の巨人】リヴァイの身長は低い?エレンやミカサ達との比較は?

進撃の巨人

【進撃の巨人】リヴァイの身長は低い?エレンやミカサ達との比較は?

『進撃の巨人』に登場するリヴァイは、人類最強の兵士と評される調査兵団の兵士長です。本編でも巨人相手に大活躍するリヴァイですが、身長は意外にも低く、主人公のエレンよりも低い為、読者に驚かれました。本記事では、リヴァイの身長を中心にプロフィールを紹介していきます。

【進撃の巨人】ユミルの呪いを徹底考察!寿命が13年?継承者の残り寿命は?

進撃の巨人

【進撃の巨人】ユミルの呪いを徹底考察!寿命が13年?継承者の残り寿命は?

進撃の巨人作中で九つの巨人の力を持つキャラは、ユミルの呪いによって、自身の寿命と引き換えに強大な力を得ています。この記事ではユミルの呪いとは一体どういったものか、呪いが嘘である可能性、進撃の巨人で登場した九つの巨人の継承者の残り寿命について考察します。

【進撃の巨人】名シーンをキャラ別にまとめて紹介!心に響く名言も

進撃の巨人

【進撃の巨人】名シーンをキャラ別にまとめて紹介!心に響く名言も

『進撃の巨人』ではたくさんの名シーンが登場します。生き残るため、大切な人を守るため、人類の救済のために必死なキャラクター達の名言は心に響く熱いものばかりです。そんな『進撃の巨人』の名シーン・名セリフをキャラクター別に紹介します。

【進撃の巨人】時系列や年表を徹底解説!あらすじや見どころも紹介

進撃の巨人

【進撃の巨人】時系列や年表を徹底解説!あらすじや見どころも紹介

『進撃の巨人』では作中で発生する出来事の時系列が、複雑なストーリーを理解する為に重要な要素となっています。今回は『進撃の巨人』に登場する出来事の時系列について、またアニメ版でも高い人気を誇る『進撃の巨人』の見どころについて紹介をしていきます。

【進撃の巨人】ストーリー中の謎や伏線10選!巨人が誕生した起源とは?

進撃の巨人

【進撃の巨人】ストーリー中の謎や伏線10選!巨人が誕生した起源とは?

進撃の巨人のストーリー中に描かれている謎や伏線について、特に注目されているもの10個をピックアップして解説していきます。巨人が誕生した起源やミカサに関する謎、進撃の巨人が何故ここまで人気になったかについても考察していきます。

【進撃の巨人】モブリット・バーナーとハンジの関係は?最期や声優情報も紹介

進撃の巨人

【進撃の巨人】モブリット・バーナーとハンジの関係は?最期や声優情報も紹介

『進撃の巨人』に登場するモブリット・バーナーは、いつもハンジ・ゾエに付き添い気遣っていた人物です。そんな二人の関係や最期について紹介すると共に、アニメ『進撃の巨人』で、モブリット・バーナーの声を担当した声優についてまとめました。

【進撃の巨人】リヴァイ兵長の髪型がかっこいい?オーダー方法やセット方法は?

進撃の巨人

【進撃の巨人】リヴァイ兵長の髪型がかっこいい?オーダー方法やセット方法は?

漫画『進撃の巨人』で厳格な性格と戦闘力の高さで人気を誇るリヴァイは、その髪型もかっこいいとファンの間でも話題です。この記事では、リヴァイの髪型に着目し、似ている髪型のアニメキャラや芸能人、また髪型のオーダー方法についてまとめていきます。

【進撃の巨人】フリーダ・レイスの苦悩や過去を解説!アニメ声優も紹介

進撃の巨人

【進撃の巨人】フリーダ・レイスの苦悩や過去を解説!アニメ声優も紹介

進撃の巨人に登場するフリーダ・レイスは、物語の鍵を握る重要な人物であり、強大な能力と、苦悩に満ちた過去を秘めています。当記事では、進撃の巨人の作品概要とフリーダ・レイスの基本情報、名言、声優などを紹介します。彼女の抱える苦悩とその過去を、紐解いていきましょう。

進撃の巨人の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード